« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

ゴーヤのサラダ

200800725_goya 暑い日が続いていますね、夏バテ防止にゴーヤ という事で「ゴーヤと鶏肉のマヨネーズサラダ」を作りました。

短時間で出来て 暑い日のお助けメニュー

 ゴーヤなど苦味のある食材をゆでる時は 
砂糖少々を加えてゆでると苦味がおさえられるとの事。

そのせいか今日はあまり苦くなかった気がしました。

蒸し鶏はレンジで作ります。
この蒸し鶏も美味しかったので、他の料理の時にも使いたいです。
レシピは「味の素」HPを参考に

<<蒸し鶏とゴーヤのマヨネーズサラダ>>

材料 と 作り方

  1. 鶏胸肉 1枚 
      
    → 均等に開き
          
    → A(下記) を加えて電子レンジで加熱(100gあたり3分が目安)
        
    → 一口大に切ります。
      
    A (ネギの青い部分4cm・しょうが薄切り1枚・酒 大さじ2・サラダ油 大さじ1・塩 少々)
       
  2. ゴーヤ 1/2本
       
    → タテ半分に切り、スプーン等で種を取り、5mm幅に切り、
          
    → ・塩・砂糖・油各少々を加えた湯で さっと茹でます。
      
  3. タレを作る
    (マヨネーズ 大さじ2、鶏の蒸し汁 大さじ1、しょう油 小さじ 1/2、顆粒だし 少々)
       
    味見してみて コショウや辛子をプラスしても良いと思います。
       
  4. 器に ゴーヤ・蒸し鶏・ピーナッツを盛り、3 のたれをかけ、トマトなどを添える。


    (今回は 玉ねぎのスライスを一番下に敷きました。玉ねぎはちょっと塩をしてしんなりさせ 水気を絞ります。)
   
 
追加 本館の備忘録に手軽で美味しい「 ニガウリと豚肉のポン酢炒め もあります。
  レシピは→ こちら
      

~~~ ~~~ ~~~

 散歩で出会った花 < ヌマトラノオ> 白い小さな花が涼しげでした。
Numatoranoo_20080726

☆沼虎尾

サクラソウ科  
学名:Lysimachia fortunei  
花期:夏  
多年草

| | コメント (2) | トラックバック (0)

炊き込みおこわ(中華ちまき風)

暑中お見舞い申し上げます。

20080722_yuri
暑い日が続いていますが、

夏バテしないように 美味しいものを食べて 

体調管理に気をつけましょう。

~~~ ~~~ ~~~

「あっとレシピ」の更新がなかなか出来ませんが(^^ゞ、食いしん坊ですから お料理は・・・作っていますよ~。

先日作った中華ちまき風の炊き込みご飯が美味しかったので、memoします。材料を切って 炊飯器にいれたら あとはお任せ 美味しく炊き上がるのを待つだけ~。炊飯器のスイッチを入れてから約1時間後、炊き上がって試食・・・わっ ちまきの味~、もちもちとして美味しかったです。

中華ちまき この時期は暑くて 蒸しものは敬遠してしまいますが、炊き込みご飯にしたらとても簡単にちまき味が楽しめました。

注:干しえびをちょっと少なめに(苦手なので)、ごま油も控えめにしました。

200800716_chimaki

中華ちまき風炊き込みおこわ

<材料(3~4人分)> → <下ごしらえ>

  • 米・もち米 各1合  → といでから水に1時間ほどつける
       
  • ☆焼き豚 150~200g → さいの目に切る

    ☆干ししいたけ 2枚  → 細切り(漬け汁はとっておく)

    ☆干しえび 大さじ0.5(レシピでは大1) → 水につけて戻し細かく刻む(漬け汁はとっておく)

    ☆きくらげ(乾燥) 4g →  〃   、細切り

    ☆ネギ 15cm  → 粗みじん切り
  • ウズラの卵10個 → ゆでて(水から7分)殻をむく  
       
  • ★(酒 大2、オイスターソース 大1、焼き豚のタレ 大1、ごま油 大1弱)
       
  • たくあん・黒コショウ 適量

<作り方>

  1. 米をといで 1時間漬けている間に 材料の下ごしらえをします。
      (下ごしらえは ↑材料の横に書きました(^^ゞ)
       
  2. 米・もち米をザルに上げ水気を切り、炊飯器にいれ、

    ★ と干ししいたけ・干しえびの戻し汁・水を加え、

    いつもの水加減にし、良く混ぜます。
       
  3. ☆を乗せて炊きます。炊き上がったらウズラの卵をくわえ、
      ↓
    焼き豚のタレ適量(分量外)をまわしかけ、
      ↓
    サックリ混ぜ、10分ほど蒸らします。
       
  4. 器に盛り 黒コショウ・たくあんを添えます。

参考「おかずとご飯の本」高山なおみ著

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »