« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

シュトレン( stollen)

ドイツのクリスマスケーキ シュトレン(stollen) 我が家では 6週間前の11月中旬から準備をします。

 X'masの 6週間前に ドライフルーツを漬け込み(下記) 

       4週間前に シュトレンを焼きます。

早くに焼くのは シュトレンの食べ頃が 「作ってから4~6週間後」で、味がなじみ美味しくなるからです。

レシピは 「NHK きょうの料理」S61.11月号を参考にしました。

作ってくれてありがとう~

ぴよさん 2005.12
orengeさん 2005.12
ジュリジュリさん 2007.12,
katzenmamaさん 2010.11
かっつんさん 2011.12

  ~~~★~~~★~~~

*** 材料(4個分) と下準備 ***

  • 準強力粉 500g (ふるっておく)

  • 牛乳   180cc (90℃に熱してから20℃まで冷ます)
  • インスタントドライイースト 小さじ2.5
  • バター(無塩)
     └ 生地練りこみ用250g
       (室温に戻しておく又は電子レンジ600Wで2~3分 )

     └ 仕上げ用 溶かしバター・・・たっぷり(200gくらい)


      Spice2                      
  •  *グラニュー糖 大さじ 6  *塩 小さじ1/3
        
  • B スパイス類 (写真右)
    *カルダモン 小さじ1/2
    *ナツメグ    小さじ1/2
    *シナモン    小さじ1/4
    *バニラシュガー(あれば) 小さじ1/4
    *レモンの皮(国産) 3/4個分・・・皮をすりおろす
    (または レモンオイル少々)
         
  • Dryf_2

  •  アーモンドとドライフルーツのラム酒漬 
    よく混ぜて、室温に戻しておく。 
    (冷たいようなら電子レンジに1分ほどかける)
        
    *アーモンド(四つ割り)適量  15g~

    *ドライフルーツのラム酒漬け

    (サルタナ200g、カレンズ200g、オレンジピール+レモンピール 70gを ラム酒25cc)
    2週間以上漬け込む
     

***   作り方   ***

≪イーストだね作り≫

2

① ボウル(小)にイースト10gと牛乳80ccを入れ、だま にならないようよく混ぜる。

② 別のボウル(小)に 小麦粉100gを入れ 
①を加え、
スプーンでかき混ぜてひとまとめにし、
ぬれ布きんをし 
室温に約40分間おく。(予備発酵)

 気泡が沢山あいていれば 予備発酵完了。

≪生地作り≫

③ 別のボウル(中)にバター250gを入れ、クリーム状に練り 
  A・ の順に 加えては混ぜる を繰り返す。
3

④イースト種の予備発酵が終わったら

   ボウル(大)に 小麦粉400g・牛乳70cc・②を加え、軽く混ぜる。
     ↓
   ③のバター・残りの牛乳を加え、
    生地が均一の固さになるまで混ぜ合わせる

C を三回に分けて加えて混ぜ、生地を丸める。 
     ↓
 ぬれ布きんをかけ 室温で40~50分 一次醗酵。
  (見た目はあまり膨らんでいなくても、
  手でぽろぽろとちぎれるようであればOK、)

④-⑤
45

⑥ 生地を取り出し 4等分し → 丸める。(1個当たり 約380g)

⑦ 成形
 生地を楕円形にし、麺棒で中心部をのして薄くする。
 奥にくぼみをつけ、手前から二つ折りにする。
   ↓
 布きんをかけ、10~15分置く。
7

⑧ 200℃に温めたオーブンを180℃に下げ 30分間焼く。

9

⑨ 焼きあがったら、
箱型にしたアルミ箔に1個ずつのせ、
溶かしバターを はけで たっぷりぬる。

 (プロの人は 溶かしバターの鍋の中に焼きあがったシュトレンをさっとくぐらせていました。そのくらいたっぷりの溶かしバターを塗るということですね。)

      ↓
バターが乾かないうちに、
バニラシュガーをふりかけ
グラニュー糖をたっぷりかける。 

冷めたらラップをして、冷蔵庫または冷暗所で寝かせます。

⑩ 食べ頃は 作ってから4~6週間後。味がなじみ美味しくなります。

バニラシュガーの作り方

  • バニラビーンズ 1本
  • グラニュー糖 200g
  • 瓶に一緒に入れて1週間ほど置き、
    バニラビーンズを取り出す。
    バニラシュガーの完成で~す♪

続きを読む "シュトレン( stollen)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

塩豚で ぽとふ

最近 豚肩ロースの塊肉で 塩豚をよく作ります。

塩豚にしておくと長く保存でき、色々なお料理に使えて便利です。

きょうはその塩豚で ぽとふ を作りました。お肉が柔らかで美味しい♪

やさしい味の「ぽとふ」は ひらがながぴったり(^o^)丿

(塩豚のレシピは2007.08.24にup
https://zucca.way-nifty.com/piatti/2007/08/post_c467.html

塩豚は 豚肉に塩をして一日冷蔵庫に寝かせてから使います。)

~~~ ♡ ~~~ ♡ ~~~

20071211_1

 ♡ ぽとふ

≪ 材料(4人分)  ≫

  • 塩豚 400~500 g(豚肩ロースかたまり肉)
  • 玉ねぎ、じゃがいも、人参、キャベツ1/2個、セロリ1本、蕪 
  • A 水4カップ、白ワイン適量(あれば・入れなくても良い)、コンソメ 1個~、ローリエ1枚、パセリの茎2枝、塩 適量、こしょう少々

≪ 作り方 ≫

  1. 塩豚の塩分を水でさっと洗い流し、
    水気をふき取り、4~5cm3cm厚さに切ります。
       
  2. 玉ねぎ・蕪は大きめのくし型切り、
    じゃがいもは皮をむき半分~4つ切り、
    にんじんは皮をむき縦4等分に切り、
    キャベツは芯をつけたまま4等分に切り、
    セロリは葉を除き太目の斜め切り。
       
  3. 鍋に塩豚、Aを入れて強火にかけ、煮立ったら弱火
    アクを取り、ふたをして15分ほど煮ます。
       
  4. 2の野菜を加え、(野菜がスープに隠れないようでしたら 水(分量外)を ひたひたになるまで 加えます。)
        
    最初強火、再び沸いてきたら弱火、ふたをして30分ほど煮、塩、こしょうで味を調えます。
       
  5. 器に盛り、マスタードや粗塩を添えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フレンチトースト♪

S20071129_french_toast 先日クルミとレーズン入りのフランスパンを焼いた時、生地の1/4量を取り分け、何も混ぜ込まないプレーンなパンも焼きました。(備忘録07.11.28up

なぜプレーンなパンかというと、フレンチトーストを作りたかったからですバターで焼かずに低温のオーブンでゆっくり焼きました。

久しぶりに食べるフレンチトースト  思ったよりも甘くなく軽い感じ。フランスパンの生地なので、さくっと切り分けやすく、美味しかった!またつくろう~ッと(^o^)丿

作り方
 ・パンを2.5cm厚さに切り、卵液(★)に2時間ほど漬けます。(片面1時間)
  ★卵液 牛乳100cc + 卵3コ + 砂糖大匙5(50g) + バニラエッセンス
 ・りんごのバターソテーを上に乗せ、粉糖をかけ
 ・オーブン(140℃) 中段で 焼き色がつくまで焼きます。

 食べる時に シナモンパウダーと 粉等をかけます。

 

           参考「自然派志向のパンづくり」NHK出版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »