« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

塩豚

20070824_shiobuta

豚肩ロース チャーシューにしようと買ってきました。

しかし、たまには違うものをと思い、予定変更。

以前kayosanから「塩豚が美味しい」と伺っていたので、作ってみました。

塩豚のレシピ 参考にしたのは「味の素」のHP なので、うまみ調味料も使っていましたが、塩だけで漬け込んでも美味しいようです。

★調味料の目安 塩 豚肉の2.5%、うまみ調味料適量(0.25%)

★作り方
   塩とうまみ調味料を豚肉にまぶし

   ぴっちりラップし、ビニール袋(レジのポリ袋を利用)に入れて
   中の空気を抜き、  

   冷蔵庫でねかせます。

   3日~5日目ぐらいが食べごろだそうです。
     (漬け込み中に 水分が出てくるので、
      ビニール袋の口はぴっちり閉める事。)

★食べる時は 食べる分だけ切り分け、水で洗って、水気をふき取ります。

~~~★~~~★~~~

20070824_shiobuta_2

塩豚を使って チャーハンやスープやサラダなどに応用できるようですが、私はこんな1品→を作りました。

  • 塩豚を食べる量だけ切りわけ
  • 塩を洗い流し
  • 水からゆで(水+酒少々+ねぎ+しょうが) 
  • 少し厚めにスライス
  • 熱い内に漬け汁につける

  ・漬け汁 今回は 自己流のアバウトつけダレですが
    醤油・酒・砂糖・にんにくスライス・コンソメ顆粒
    こしょう・バルサミコ酢・味噌等 適量。

食べる時 からしを添えていただきました。

肉が柔らかで美味しかったです。

追記

♡塩豚で ポトフ 2007.12.11にup
https://zucca.way-nifty.com/piatti/2007/12/post_19a6.html

~~~★~~~★~~~

★ツリガネニンジン   雑木林で 7/19撮影
20070819_tsurigane_ninnjin

キキョウ科

 
和名は 
釣鐘のような花と
朝鮮人参に似た太い根茎から。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

手作りブランマンジェ♪

20070804_blanc_m_1 以前から自分で作ってみたかったブランマンジェ  本のレシピを参考にして作ってみました。

生クリームの半量を絹ごし豆腐に変えてカロリーダウンを図りました。(Kayosanの「チョコレート豆腐ババロア」にヒントを得て・・・ あっとレシピ 6/25の日記に)

作ってすぐに味見した時 少し豆腐の香りがしましたが、冷蔵庫で冷やすと豆の香りは気にならなくなります。オレンジソースがとてもよくあっています。     

ブランマンジェ

*材料*

  • 粉ゼラチン 3~4g + 水 大さじ3
  • 生アーモンド(製菓用)80g
  • 生クリーム 100cc
  • 絹ごし豆腐 100g
  • 砂糖大さじ3
  • グランマニエ 小さじ1(今回はブランデー)
       
  • オレンジソース  下記材料を合わせ冷やしておく。
    オレンジジュース 大さじ4 グランマニエ(ブランデー)大さじ1/2 レモン汁少々

* 作り方 *

1.水に粉ゼラチンをふり入れしとらす。
   
2.アーモンドを鍋に入れ ひたひたに水を加え中火にかけ、
 沸騰後1分ほどでザルにあげる。
   
 熱いうちに皮をむく。
    
3.ミキサーに水200cc(分量外)と 2のアーモンドを入れて攪拌、
   
 細かくなったらさらし布巾でこし、
   
 さらにもう一度布巾で漉し、アーモンド液を作る。
    
4. 3を鍋に入れ、砂糖、ゼラチンを加え弱火にかけ、ゼラチン・砂糖をとかす。
    
 ボウルに移し、氷水に当て、かき混ぜながら冷やす。 
 (マヨネーズくらいのとろみがつくまで)
             
5. 絹ごし豆腐をミキサーにかけ、クリーム状にしておく。
      
6.別のボウルに生クリームを入れあわ立てる。8分だて
   
7. 6に 4・5 を少しずつ加え、さっと混ぜる。
   
8.グランマニエをくわえ、型に流しいれ冷蔵庫で半日程寝かせる。
 食べる時にオレンジソースをかける

               参考 「とろとろぷるぷるデザート」葛西 麗子〔著〕

~~~★~~~★~~~

20070803_kin_mizuhiki 昨日 散歩中に見かけたキンミズヒキです。

赤いミズヒキも

もう咲いていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »