« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

三色丼

0220tre

短時間でサッと作れる三色丼 

時間の無い時に便利なメニューです。

具をぜ~んぶ混ぜて食べると美味しいです~♪

野菜不足になるので、具沢山の汁物も良いですね。煮物やサラダ、和え物などもあるといいかな。

甘い味付けばかりでと思われるようでしたら、炒り卵は塩味でも良いかもしれません。

材料 

鶏ひき肉 200g、卵 3個、グリーンピースや絹さや 適量

1.鶏そぼろ を作ります。 

  • 鶏ひき肉 200gを小鍋に入れ、
      
  • 酒大さじ3を加えて弱火で炒り、水気が出てきてから、
       
  • 砂糖大さじ3を加え約1分間炒り、
         
  • 醤油大さじ2と1/2を加え、
    汁けがなくなるまで焦がさないように炒リます。

2.炒り卵を作ります。

  • 卵3個を割リ入れ、
        
  • 砂糖大さじ2と1/2塩一つまみ酒小さじ2を加えて加熱、
    菜ばし4~6本くらい使ってかき混ぜながら、炒り卵を作ります。

3.グリーンピースは塩茹で。(絹さやの時は塩茹でし、細切り)

お米は薄い醤油味でたいておきます。(米3Cの時、醤油大さじ2)・・・今回は白いご飯にしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イタリア風お好み焼き フリッコ

0207fricco

玉ねぎの甘味、じゃが芋しっとり  チーズの旨味で、
シンプルだけど美味しい~\(^0^)/

玉ねぎをじっくり炒め、レンジで茹でたじゃが芋と
とろけるチーズを加えて炒め合わせ、水分が飛び
カリカリになったら出来上がりです。

冷蔵庫に残っていたチーズの切れ端も一緒に加えてしまいます。

カロリーは約200kcal(一人分)です。

材料(4人分)
☆チーズ150g・・・今回はpizza用 溶けるチーズを使いました。
       (硬質タイプの パルメザン、エダム、ゴーダなどが良い。
        または市販の粉チーズ)
    └粗めにすりおろします

☆玉ねぎ 小2個・・・薄切り
☆じゃが芋大1個・・・皮ごとゆで、皮をむき、
             熱いうちにつぶしておきます。
☆バター 少々

続きを読む "イタリア風お好み焼き フリッコ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カルダモンのケーキ レシピ

0206_cardamon_2_3

カルダモンは 

ドイツのクリスマスケーキ「シュトレン」の材料なので、
毎年冬に購入しますが、いつも残ってしまいます。

スキッとした清涼感のある香りで好きな香りですから、
有効利用したいと思っていて、
このお菓子にめぐり合いました。

「おいしいね焼き菓子」中村 史著 を参考にして、カルダモンのお菓子を作ってみました。

材料を少々替えて少しカロリーダウン。(^^ゞ

とってもスパイシーなお菓子です。

~~~★~~~★~~~

【材料】と 【作り方】 直径18センチ エンゼル型

準備 ・無塩バター・卵・ヨーグルトは室温に戻しておきます。
    ・焼き型にサラダ油やバターを塗っておきます。
    ・オーブンを 170℃に温めておきます。 

クランブル用材料

無塩バター・砂糖・薄力粉 各15g・カルダモン 小さじ 1/3

★生地用材料

無塩バター100g・砂糖 80g・ヨーグルト 100g・卵 2個

A (レモンの皮すりおろし 1/3個分・オレンジピール 50g
  ・カルダモン 大さじ 0.5)

B (薄力粉 100g・強力粉 35g・BP 大さじ 0.5)

  1. まずクランブルを作ります。

    ビニールの袋などにクランブル用材料を入れて混ぜ混ぜし、
    冷蔵庫で休ませます。
        
  2. 生地作り

    ボウルに無塩バター100gをいれてクリーム状に練り、
          ↓

    砂糖 80gを加えて混ぜ
          ↓

    卵 2個  ヨーグルト 100gの順に少しずつ加えて混ぜます。
    (バターと分離しないように注意、すべて室温に戻しておく)
          ↓
    A を加えてまぜ、
          ↓

    B 粉類を加え、ゴムベラでさっくり混ぜます。
          ↓
    型に流し入れ、
    クランブルをのせ、
          ↓
    170度のオーブンで約30分間 焼きます。

カルダモンの事は↓ GABANのHPに
http://www.gaban.co.jp/catalog/product/ss/cardamon.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春にぴったりパスタ! トレッチェ・デロルト

0203_trecce001s_1

カラフルな ショートパスタ をいただきました。

名前は Trecce Dell'Orto トレッチェ・デロルト 
野菜畑のわら を意味するイタリア語だそうです。

     
      
原材料には粉類のほか 
乾燥野菜(トマト・赤ビート・ホウレン草・バジル・人参)いか墨・スパイス。

イカ墨がちょっと苦手なので、使わないままでいたら そろそろ賞味期限(^^ゞ。

続きを読む "春にぴったりパスタ! トレッチェ・デロルト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

肉まん

0201nikuman_1

手作り肉まんの良さは なんと言っても 

アツアツを食べられる事でしょうか。 

初めて作った肉まんでしたが、思ったより簡単で、そしてとっても美味しかったので早速リクエストがありました(^^v

レシピは 「中村成子の母の味を食べさせたい」NHK出版 を参考にしました。

   

皮の材料 10個分

  • 強力粉100g、薄力粉 200g・・・ふるいにかけてよく混ぜておく。
       ・・・今回は準強力粉 300gで作りました
  • A(インスタントドライイースト 4g、砂糖 大さじ1、ぬるま湯 200cc)
  • B(サラダ油大さじ1、塩小さじ1)

あんの材料 (豚肉以外はみじん切りにします)

  • 豚ひき肉 250g
  • ネギ 1/2本、ゆでキャベツ 4~5枚、ゆでタケノコ 100g、
    干ししいたけ(戻したもの) 3~4枚・・・各みじん切り
       
  • 調味料(酒 大さじ1、砂糖 小さじ1、しょう油 大さじ2、塩 小さじ1、
         生姜汁 小さじ1、ごま油 大さじ1)

★その他 クッキングシート5cm×5cm角を 10枚

   

作り方

  1. ボウルに、粉の半量Aを入れて混ぜ、しばらく置きます。
        
  2. 残りの粉Bを加えて混ぜて良く捏ね、
       ↓
    耳たぶほどの柔らかさになったら丸めてボウルに入れ、ラップをして
       ↓
    一次発酵(約 1時間)
         
  3. 0201nikuman_3

  4. 一時発酵中に「あん」を作ります。
    (上記 あんの材料・調味料をよく混ぜ、10等分して、涼しい場所に置きます。)
       
  5. 生地が約2倍に膨らんだらガス抜きし、台に取り出し、しっかり捏ねます。
    生地が台につくようなら、適宜 打ち粉をしてください。
       
  6. 生地がなめらかになったら、棒状にして10等分
       ↓
    1個ずつ丸めて 15分間ベンチタイム
       
  7. 0201nikuman_2

  8. 生地を直径12cmほどに麺棒などで広げ
       ↓
    あんをのせて丸く包み
       ↓
    クッキングシート(5×5cm角)に乗せます。

    (丸く広げる時には、中心部よりも外側を薄くしたほうが良さそうです。最後に外側を閉じるので、外側が薄めのほうが良い感じに蒸し上がりそうです。)
        
       
  9. 0201nikuman_4

  10. セイロに並べて二次発酵 15分間
       ↓
    全体に霧吹きし、蒸気の上がった蒸し器で20~25分間蒸します

※肉まんのあんは 春巻と同じあんでも美味しいようです。

※misaoさん、orengeさん、ジュリジュリさん、ぴよさんにTBさせていただきました。

| | コメント (10) | トラックバック (4)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »