« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

栗のロールパン

0927_037s160 製菓用のマロンペーストマロンクリームを使って、栗のパン作ってみました。 ほんのり甘くて、朝食向きのパンになりました。美味しいです♪

「自然派志向のパンつくり」の本にあった「まめまめパンのレシピ」を参考に、少しアレンジして。

前種をつくっているので、後の作業がラクでした。

おおまかな手順
 
1.前種を混ぜ60分発酵   2.その間 本種準備 3.前種・本種混ぜてよくこねる 
4.一次発酵  5.6分割 生地をのばしマロンクリーム・甘栗を巻き込む 
6.ベンチタイム  7焼き型に移し黄な粉をかけ 二次発酵  8.焼成

Marrone

★材料
 
1.前種用:強力粉200g インスタントドライイースト9g、
      砂糖50g、卵100g、水125g
2.本種用:強力粉300g(うち 全粒粉 50g)塩5g、
      水25g、牛乳100g
3.他に・・・無塩バター30g、マロンクリーム75g、
      栗の甘煮100g、きな粉
      (反省:マロンクリーム・甘栗はもう少し多めに)

続きを読む "栗のロールパン"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

セロリの佃煮

Serori_1

セロリの葉が沢山あったので、

(いつもはベーコンと炒めたり、スープにしたりするのですが、)

今日は いつもと違って 佃煮を作りました。

    

Serori セロリの葉を細切りにし、
   ↓
 ごま油で炒め、
   ↓
 みりん・しょう油各大さじ1を加えて煮詰め、
   ↓
 ゴマを加えて完成です。

★★大葉の佃煮のようスッキりしていて、美味しかったです。

追記
★★セロリの茎は味噌漬も美味しいです。作り方はこちらです。
   https://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/06/post_e979.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナスとピーマンの味噌炒め

Nasu_piman

これは 何度も作っているお料理ですが、
きょうは 先日「ゆで卵と茹でキャベツ」に
かけたのと同じ辛みそを 利用してみました。

辛みそを多めに作っておいたので、今日の味噌炒め とても簡単に出来ました。
他のお料理にも応用できそうですね。

いつもはナスだけで作りますが、今日はナスが少なかったので、ボリュームを出す為にピーマンも加えました。  

  1. ナス(縦半分に切り皮目に格子の包丁目)・ピーマンを食べやすい大きさに切ります。
       
  2. フライパンにごま油を入れて熱し、ナス・ピーマンを炒め
       
  3. 砂糖 と 出汁(粉末のだしとお湯でもOK) と 辛みそを適量加え、少し煮詰めて完成。

    辛みそがない場合 
    ②で ごま油と一緒に赤唐辛子を熱
    ③で 出汁と味噌・酒各大2 すり白ゴマ大1 大1/2 
        砂糖大1~(甘さはお好みで

ピリッと唐辛子がきいていて、美味しかったです。

豚肉も一緒に炒めてご飯にのせたら 美味しい「丼」になりそう♪

なすの鍋しぎ」は 

なす(6~7個)の皮をしまにむいて、縦半分に切り、斜め切り
    ↓
ごま油で炒め、砂糖大さじ3を加え、味噌大さじ3(砂糖・味噌 同量)を加えて
    ↓
強火で絡めるように炒めます。(粉末のだし少々加えても良い)

~~~★~~~★~~~

続きを読む "ナスとピーマンの味噌炒め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たこのマリネ と簡単小皿

レンコンとタコ 好きなもの同士の組み合わせなので一度作ってみたいなぁと思っていました。

レンコンがお買い得だったので、チャンス到来!

Taco_1

   
材料:
  ・ゆでだこの足適量 
  ・レンコン 300g、 
  ・ピーマン 4個・・・一口大の乱切りにします。
  ・タマネギ1/2個・・・くし型に切ります。
  ・マリネ液( 酢大4、みりん大2、しょう油大1、
         粒入りマスタード小4、塩・コショウ少量

作り方

  1. Taco 漬け込む容器にマリネ液を入れて混ぜ、タマネギを入れます。
  2. 揚げ油を中温に熱し、レンコンを入れ、透き通ったら揚げて、すぐにマリネ液に漬けこみます。
  3. たこ・ピーマンをさっと揚げてマリネ液に漬けこみます。
  4. 冷めたら冷蔵庫で冷やします。

お昼に作って夕食にちょうど良い感じでした。

マリネ液の粒マスタードは少し多めでも良さそうですが、後からでも足せますね。

~~~★~~~★~~~

続きを読む "たこのマリネ と簡単小皿"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スパゲッティ カルボナーラ

Calbonala 今日のお昼は スパゲッティ カルボナーラ 涼しくなってきて少しこってりしたものが食べたくなりました。でも今日は 台風の影響か 暑い!  なんちゃ それ!

お店では食べるのですが、自分で作った事がなくて初挑戦! 

味の素のレシピ大百科を参考にして作ってみました。

☆☆ スパゲッティ カルボナーラ ☆☆ 2人分

ベーコンを1cm巾に切り、タマネギ・ピーマンは1cmの角切り

②ボウルに↓の材料を入れ、混ぜ合わせておきます。
 (卵黄 1個、粉チーズ 25g、生クリームと牛乳 100cc、塩・コショウ少々)
  ※生クリームがなくて牛乳だけの時はスープの素少々を砕いて加えます。

③スパゲッティをゆでている間に、
 フライパンで、ベーコンをカリカリに炒め、タマネギ・ピーマンも加えて炒め

④茹で上がったスパゲッティと②を加えて手早くあえ、半熟状にし、

⑤手早く器に盛って、粗びき黒コショウをふります。
 (あればイタリアンパセリなどを添えます。)

美味しく出来ました~♪

追記:カルボナーラの本場 イタリアのローマでは「絶対に生クリームは使わない」そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バナナジャムⅡ,Ⅲ

追記(09.06.29) 

 バナナ+ブルーベリー(冷凍)
    かなり美味しかったのでオススメ♪ 
    一度お試し下さい。
レシピは→ 09.06.28のあっとレシピ

  
ブログのカテゴリーに「ジャムを追加しました。あっとレシピ内のジャムブログが見られます。
  
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
  
追記(09.06.07) 
   
 バナナ・砂糖・
オレンジジュース・ラム酒少々で煮詰めたら とても美味しかったです。
  
     

追記が多くなりましたが ここからが 今回の本文です(^^ゞ

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

いがらしろみ さんのコンフィチュールつくりを先日テレビで見ました。
(コンフィチュールは仏語 で ジャムの意味だそうです。)

その時は バナナとブルーベリーのコンフィチュールを放送していましたが、見ていると、特別な材料は使っていなくて・・・これなら私にも作れそう・・・早速 本を借りてきて作ってみました。

今回はバナナが沢山あったので、

Banana

Ⅱバナナのジャム(キャラメルバナナのジャム) を。

  1. バナナ正味400g 皮をむいて輪切りにし、レモン汁1/2個分をかけて置きます。
  2. 次にキャラメルをグラニュー糖150gと水50ccで作ります(強めの中火)。
  3. 砂糖がキャラメル状になったらバナナと砂糖200gを加え、アクを取りながら つやが出るまで煮ます。バナナを入れるとキャラメルが固まってしまいますが、そのまま続けて煮ていると、塊がとけます。
  4. フードプロセッサーなどでピューレ状にして完成です。

    出来たてはさらっとしていますが、冷めるとトロットしてきます。
    キャラメルの苦味があって、変わった味のジャムです。
    今回キャラメルの煮詰め方が弱かったようで、本ではもう少し濃い茶色になっていました。

                      参考「ジャムのお菓子」いがらしろみ著

~~~☆~~~☆~~~

Banana_paine

Ⅲ バナナとパイナップルのジャム (パイン缶を使って)

これは電子レンジ付属本のレシピにあったもので、以前バナナジャムⅠ(バナナとラズベリーのジャム)のコメント欄に書き込んだものを転記しました。

★レシピ

・バナナ2本(正味150g)・・・うすい輪切り 
・パイナップル(缶)1枚(40g)みじん切り 
・グラニュー糖30~45g 
・レモン汁小さじ1・・・全部混ぜて、レンジ(600W)で2~4分。
加熱後は十分に練る事。

☆ホイップした生クリームと合わせ、シュークリームなどに・・・シュークリームはmisaoさんのブログにあります。

写真はアイスクリームにジャムをそのままのせたものです。これも美味しい。

misaoさんにTBさせていただきました。

~~~☆~~~☆~~~

コンフィチュール この言葉を初めて聞いたのは何年前だったでしょう、 とってもおしゃれな言葉♪に聞こえて(横文字に弱いなぁ(^^ゞ

なぁーんだ ジャムの事・・・と分っても、普通のジャムとどこか違うのではないかと、少し興味がありましたがそのままで時は過ぎ・・・。

今回テレビで見たことがきっかけとなり、作ってみたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »