« お惣菜2品 切り昆布 モロヘイヤ | トップページ | 野菜の揚げづけ »

バジルとトマトのロールパン

美味しそうなパンが本に載っていたので、少々アレンジして 作ってみました。

バジルとトマトのロールパン・・・パン生地にドライトマトとバジルペースト、松の実、pizza用チーズで、250℃で15~20分焼きます・・・

いつも作りなれてるパン生地に、この具材を利用されても良いかと思います。

その場合、パン生地は糖分控えめに、油脂類はオリーブオイルにされたほうが良いかもしれません。

~~~☆~~~☆~~~

「バジルとトマトのロールパン」

      パン生地の作り方 1~5(一次発酵後、分割まで)は
       「本文続きに」 あります。

具材は・・・①バジルペースト 市販品 ②松の実 ③ピザ用チーズ④セミドライトマト

セミドライトマトの作り方 

  1. トマト2個は皮を湯むきし、縦半分に切り種を除きます。
  2. 塩・コショウ各少々をふり、切り口を上にして天板に並べます。
  3. 150℃のオーブンで30~40分乾燥焼きします。
    (セミドライトマトは、パスタなどにも利用できるので
        多めに作っておかれるのも良いと思います。)

~~~☆~~~☆~~~

パン生地の作り方 1~5(一次発酵後、分割まで)は 「本文続きに」 あります。

Bagiru_tomato

6.パン生地を長方形(約25cm×15cm)にのばし、
片側1/3を残してバジルペーストを塗り、
その上に松の実・ピザ用チーズ・細切りにしたセミドライトマトを乗せます。

7.具を乗せていないほうから折って、
三つ折にし3等分します。

Bagiru_tomato_1

8.片方の切り口を指でつまんで押さえて閉じ、
反対側の切り口を上にし
その切り口を広げるようにします。

9.二次発酵 
26~28℃で20~30分間。

Bagiru_tomato_21

10.焼成 250℃のオーブンで15~20分間焼きます。

(最初 16分間焼いて、良い感じに焼きあがっていたのですが、
焼き色が薄いような気がして、もう3分間追加で焼いたら、
写真の様に焼きすぎになってしまいました。 (^^ゞ)

ぴよさんの「ドライトマト」にTBさせていただきました。

~~~☆~~~☆~~~

パン生地(フォカッチャやpizza生地にも)
  ・・・一次発酵後375gを切り分け冷蔵→田舎パンつくりの発酵生地にします。)

< 材料 >

  • 全粒紛150g、 ・フランスパン専用粉 350g
  • インスタントドライイースト 2g
  • モルト2.5g(または砂糖少々)
  • 水 315g(水温10~20℃)
  1. 塩 10g
  2. オリーブ油15g  

< 作り方 >

  1. 塩・オリーブ油以外の材料を混ぜてひとまとめにし、ボウルの中で1~2分捏ねてまるめる。
    ラップをして室温に15分間おきます。(ルポ・オートリーズ)
       
  2. 生地を台に取りだし、を加えてよく混ぜ、オリーブ油を2回に分けて加えてよく混ぜ、全体が滑らかになるまで良く捏ねます。(捏ね上げ温度 22~23℃)

    (翌日 パン・ドゥ・カンパーニュに利用するので、
    生地375gを切り分け、ラップして冷蔵保存します

    生地全部をロールパンにする場合は、
    5では生地を3等分し、三つ折にして4等分=12個作ります。)

        
  3. 一次発酵 
    生地を丸めてボウルに入れ、ラップをして室温で2~3時間、生地が2倍から2.5倍になります。
        
  4. 打ち粉をふった台に取り出し、
  5. 生地を2等分し、1コの生地を長方形に、めん棒でのばします。

    このあとの作業は ↑上に書きました。

※バジルとトマトのロールパン・・本には

    「インスタントドライイースト0.5g、一次発酵:室温で8~10時間」とありましたが、
    その日の夕食にしたかったので、

         ①イーストを多めにし、
         ②生地の捏ね上げ温度も少し高めにして、21℃→23℃
         ③発酵時間を短めに・・・・しました。

☆パン・ドゥ・カンパーニュの作り方、近いうちに載せられたらと思っています。

 パン・ドゥ・カンパーニュ=田舎パン

昨日のパン生地375gを取り分けて、冷蔵庫で低温発酵させたものを生地に練り込みます。こうすると発酵の失敗が少ないとか。

(NHK出版「自然派志向のパンづくり」を参考にしました。)

|

« お惣菜2品 切り昆布 モロヘイヤ | トップページ | 野菜の揚げづけ »

コメント

これは美味しそうですね~♪
やはりこのパンを作るには、甘くない生地のほうがいいのですね?
ピザのような、ピタパンのような・・・具がいっぱいで栄養も満点ですね。
焼きすぎも、香ばしくて美味しそうです。
私はチーズの焦げたのが大好きなので・・・
休日のランチにみんなでのんびり食べたいパンです。

zuccaさんの田舎パンは本格的なのですね。
私はちょっと手抜きの方のレシピで作りました。
生地の作り方は普通のパンとほとんど同じ。
違いはスチームを入れて焼く事くらいでしょうか・・・
zuccaさんのレシピがアップされたら、私も一度本格的な作り方で作ってみようかな・・・

投稿: misao | 2006年8月 9日 (水) 23時13分

こちらもちょっとのぞいてみたら、
あらら!美味しそうなパンが!

セミドライトマト、作られたんですね~。
そして、美味しそうなパン!
ふむふむ、そっか、バジルとの相性は
抜群ですよね。(^-^)
このところパンを焼いていないので、
久しぶりに作るのも良いかなぁ。

松の実って、使ったことがないのですが、
どんなお味なんでしょう?

投稿: ぴよ | 2006年8月10日 (木) 13時27分

misaoさん、こんばんは~。
休日のランチに ぴったりのパンかもしれませんね~♪
パン生地は 甘くないほうが良いような気がします。
チーズとバジルとトマトですから、砂糖は控えて(イースト用に少し)おいたほうが、無難な気がします。
いかがでしょう?
チーズのこげたの美味しいですよね、私も大好き。
チーズが溶けて、うすくぱりぱりになったのも美味しいですよね。

田舎パン まだ2回しか作っていないので良く分りませんが、発酵生地を使うので、失敗が少ないとか。
こんど(気長に待っててね)レシピを載せますので、比べてみてくださいね。
発酵時間を長くとっているので、もし作られるのでしたら、所要時間を確認してから、パンづくりに入ったほうが良いですよ。
でないと 夕食に間に合わなかったり・・・なんてこともありえます(^^ゞ でも美味しいです、おすすめです。

投稿: zucca | 2006年8月10日 (木) 21時26分

ぴよさん、こんばんは~。
ぴよさんのとこでドライトマトを見て、気になっていました~。
トマトをオーブンで焼くとおいしいですねー味が濃くなる気がします。パスタにも良い見たいだし、これからどんどんドライトマト使ってみたいと思います。
私の持っているパンの本にも ドライトマトを使ったパンのレシピがあったので、ちょっと作ってみました。
このパンはバジルペーストと一緒に焼いてるので、ゴールデンコンビですね。
松の実がなかったので、私はひまわりの種をチョット煎って使いました。(ひまわりの種は、シジュウカラ用のですが、富澤商店でお菓子用のを買ってきているので、料理にも使えます)
私も松の実食べた事ないんです。どんな味なのかな?
他のナッツがあれば乗せても良いと思います。

後ほど ぴよさんのドライトマトにTBさせていただきますので、宜しくお願いします。

投稿: zucca | 2006年8月10日 (木) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バジルとトマトのロールパン:

» ドライトマト、今度は高温で [ふたご座。]
先日、友人から野菜をいただいたので、 おいしくサラダや漬物、天ぷらなどに。(^- [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 07時10分

« お惣菜2品 切り昆布 モロヘイヤ | トップページ | 野菜の揚げづけ »