« 画像テスト2 | トップページ | 豚肉とゴボウのかき油炒め »

ヨーグルトレーズンケーキ

ケーキの生地がしっとりして美味しいケーキです。
一度に食べきれないときは、1ピースずつラップし、冷凍可。

如何にレーズンを均一な状態で焼き上げるか、が難しいです。

ヨーグルトレーズンケーキ レシピ  【カロリー 全量で約 2360kcal】

【材料】 直径18センチのエンゼル型 

  • 薄力粉 150g、B.P 小さじ2・・・合せてふるっておく)
  • 無塩バター 120g・・・室温に戻しておく (レンジ150Wで約4分)
  • 砂糖 80(~120)g
  •  2個・・・割りほぐす。
  • プレーンヨーグルト 120g
  • レーズン(orカレンズ サルタナレーズン 80g・・・
    ぬるま湯で洗い水気を切る。粉の一部をまぶしておく。
  • 型に塗るサラダ油 少々

【作り方】

①オーブンは170℃にセットし、型の内側にサラダ油をぬる。

バターをボウルに入れ、クリーム状に練る。砂糖を3回に分けて加えて混ぜて、白っぽくふわふわにする。
溶き卵を少しずつ加え、混ぜる。

Aを3回に分けて加え入れ、切るように混ぜる。

ヨーグルト全量とレーズン半量を加え、均一に混ぜる。

⑤生地を型に流し入れ、表面に残りのレーズンを載せ、ゴムベラで少し押しこみながら、生地を平にする。

⑥170℃のオーブンに入れ、25~30分焼く。(下段で 40分

評価 ☆☆☆☆(5点満点で)
    バターを少し減らしても良いかと。

※料理上手の友人からのレシピを参考に。

|

« 画像テスト2 | トップページ | 豚肉とゴボウのかき油炒め »

コメント

パウンドにレーズンは入れますが、ヨーグルトとレーズンの組み合わせは意外でした。
やはり、湯洗いしたレーズンは粉をまぶした方が生地に馴染みますよね。
レーズンは、買ってもそのまま食べるのでは減らないので無駄になりがちですが、ヨーグルトと混ぜたケーキを焼のがいいですね!!ポリフェノールも摂れますし・・・・

私黒豆煮るの手間が掛かるので、もっぱら煮たのを買って来て寒天の角切りに混ぜて食べていましたが、寒天作る時に黒豆の煮たのを入れて作るようにしました。

黒豆もレーズンも体にはいいんですよね!!

投稿: キッコちゃん | 2006年4月13日 (木) 13時03分

キッコちゃん、こんばんは~。
ヨーグルトレーズンケーキ しっとりしていて美味しいです。
レーズンが使い切れずに困った時にはオススメですね。
レーズンが均一に散らばらずに、下のほうに沈んでしまうので、均一に焼き上げるのが難しいです。

黒豆の寒天は 豆だけでなく煮汁も一緒に入れて作った方が美味しいみたいです。
(この後に 煮汁も入れて作ってみましたら、こっちのほうが美味しかったです。)
健康に気を使って(いちおう)ゼラチンよりも寒天を良く使います。

黒豆とレーズン、チョッと調べてみましたら
黒豆は、大豆とほぼ同じ栄養素を含んでいて、黒い色素は血液サラサラ・抗酸化力の強いアントシアニンの色だそうです。

レーズンは、鉄分・カルシュウムなどのミネラルや食物繊維が豊富に含まれているそうです。

両方とも からだに良いみたいですね(^o^)

投稿: zucca | 2006年4月13日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーグルトレーズンケーキ:

« 画像テスト2 | トップページ | 豚肉とゴボウのかき油炒め »