初挑戦です。本は実ざんしょう500gのレシピでしたが、買ってきたのは1パックだけ。計量したら50gの実ざんしょうでした(^_^.)
そこで、レシピの1/10の調味料に水を加え、煮込むことに。
材料が少なく、1時間も煮詰められないので、煮汁を少し残して余熱で味を含ませることにしました。
冷めてから もう一度火にかけ、残りの煮汁をいりつけて完成。
すっきり清涼感があって、美味しい。辛くありませんでした。
この後、おジャコと一緒にちりめんざんしょうを作りました♪

*** 実ざんしょうの佃煮 ***

(つくりやすい分量) 実ざんしょう:500g



【調味料】  しょうゆ:150cc  酢:15cc  酒:100cc  砂糖: 大さじ1



1 実ざんしょうは、実をはさみで切り取る。その時、枝を少し残す。
  熱湯でゆで、再び沸騰したらざるに上げ→冷水につける。
  水を2~3回替えてアクと辛みを抜く → 水けをよくきる。



  R: 出始めの小さなものは、ゆでなくてよい。



2 鍋に【調味料】を入れて煮立て、(1)を加えて落としぶた →約1時間弱火で煮る。



煮汁が少なくなってきたら、ふたを取り、混ぜながら水分をとばし、いりつける。



密閉容器に入れ、常温で1年間保存可



memo 秋になって成熟した実は 粉末にして粉ざんしょうになる



(「ラクラクまとめ作り」NHK出版参考)