2007.04.11 雑木林にて

☆新種の桜 ホシザクラ(マメザクラ+エドヒガンザクラ)
2003(H15)年春、多摩丘陵でヤブ桜に似た少し変わった桜が自生していることが分り、新種として報道されました。 

5枚のがく片が星の形に見えることからホシザクラと呼ばれ、次のような特徴があります。

 ・花弁はピンクで抱え咲き
 ・がく片は長三角形でやや尖り、縁は内側へ巻き込む、がく片の膨らみは弱い
 ・葉緑は 単の鋸歯と重鋸歯が混ざる
 ・蜜線は葉身基部にある
    (参考:「由木地区環境市民会議」のポスターより)