野鳥

お団子  2021.04

202104enaga-w1250

まだまだ気の抜けない日常ではありますが、
散歩途中にエナガの巣立ち雛が一塊の団子になっているのを見る事ができ、世の憂さを いっとき忘れました('◇')ゞ

エナガの雛たち 巣だった直後は こうして一塊になって親が来るのを待っています。
可愛かったです💕

お団子は これまで毎春「見たいみたい」と
エナガの子育てをウオッチングしていたにも関わらず叶わなかったのに、
今年は 偶然・あっけなく見られてしまった・・・

見れる時って・・・こんなものなのかもしれないね。

   

お団子は しばらくするとばらけ、雛たちが小さな冒険をはじめました。

202104-enaga-w1100
すこし遊んでは雛たちのいる藪の中に戻ってゆきます。

  

202104-enaga-w1000

雛の顔 目の周りが黒っぽいです。

~~~~ ~~~~

お団子の動画です。 お時間がありましたらどうぞ・・・

 追記 シマのママさんも
     エナガのお団子をブログにUPされてますのでご紹介 ⇒ ★★★

| | | コメント (6)

キビタキ 2021.04.22

いつの間にか夏鳥の季節 公園散歩は花から鳥見のスタイルになりました。

W9000422hana

 

シメ 冬鳥ですがまだいました。

W640-0422shime

~~~ ~~~

キビタキの声は先週から聞こえていましたが、今日 姿を見られました(^^)/

W110004225x7a2805

W11000422kibi

きょうも良く囀っていました。

W120004225x7a2804

W14000422kibi

これからどんな出会いがあるか 楽しみにしています。

キビタキの鳴き声を録音 ウグイスの声も入っていますが、ガビチョウが賑やかなので音量に気を付けて。

| | | コメント (0)

今年のステッチ 2021.02.05

NHKのニュースで知ったのですが・・・

今日 2月5日は 笑顔の日なんだそうです。

 2・5 ⇒ ニコッ     

コロナ禍も笑顔を忘れず乗り切りたいものです。

~~~~ ~~~~

今年も カメラを持って散歩する機会が少ないので 少し前に撮った写真から 春らしい?2枚をUPします。

前回ブログの写真は梅の花 梅と言えば・・・

ウグイス
202102w1200uguisu  
藪の奥から笹鳴きが聞こえていたのでじっと待っていたら
珍しく表に出て来てくれました。 久しぶり!

蝋梅が良い香り~(^^)/
202102w1000roubai

~~~~ ~~~~

さて 今年の「おうちじかん」は クロスステッチをする事にしました。

クラッシックカーが8台並びます。

まずはそのフレームのステッチをします。

01120112

W40002a0201
横からと縦からのステッチが交差する点に近づいた時が一番ひやひや うまくいった時にはホッとします。

大きな作品なので ひとりマンスリー 年内に完成を目指します(^^)/

   

途中 気分転換に 小さな作品で息抜き 
0204

おうちじかん 楽しんでます(^^)/25

| | | コメント (2)

いい湯だな! 2020.11

前回の続き これでラストです。

ヤマガラが水場にやって来て、水に浸かり念入りに水浴び 

とっても気持ち良さそうで 見ていて和みました。

可愛い表情にも癒されますね。

202011_w1200ya2

似たような画像ですみません。 2枚とも可愛かったのでUP

202011_w1200ya

プチ遠征 完

| | | コメント (2)

ヒガラ・コガラ・ミソサザイ 2020.11

前回の続きです。

今回は地元で見られないコガラやヒガラなども見られ ちょっと嬉しい。

コガラ 寒くても水浴び キレイ好き
202011_w1350ko

背中もオシャレ
202011_w1150ko

ヒガラはシジュウカラによく似てるけど胸のネクタイがありません。
202011_w1000-2

 

ミソサザイもいるらしいよ・・・とバーダーさんの話でしたが、水の流れもないし「まさか」と半信半疑でした。

ホントに見られるとは ラッキー

ミソサザイ そぅっと現れてそぅっと森の奥に・・・スタスタスタ
202011_w1030mi

他に見られたのは・・・

カシラダカ
202011_w930

ジョウビタキ メス
202011_w1280jo

続く

| | | コメント (0)

アトリとマヒワ 2020

先月の中旬 富士山のふもとへ・・・・プチ遠征
202011_w1000

イスカが見られるかな・・・と思っていたのですが、半日待っても現れず

その代り今シーズン初見の冬鳥たちが見られました。

~~~~ ~~~~

マヒワ ひわ色がとても綺麗

202011_w1100ma4

202011_w1100ma3
背中がバッチリ見られました(^^)/

202011_w1250ma2
メスかな? ほんのり色がありますね

202011_w1270ma
水場にて ここには野鳥たちが入れ替わりで水飲みに来ていました。

~~~~ ~~~~

アトリ

202011_w1100at3
メス

オスは顔が黒くてちょっと凛々しいかな?
202011_w1050at2

続く

| | | コメント (0)

ベランダ鳥見 ヤマガラ・ツミ 2020.10

台風一過 曇天ではありましたが、
ベランダのフィーダーでは
シジュウカラと一緒にヤマガラがやって来てヒマワリの種をついばんでいます。

ちょっと顔を見せた事はあったけど ここのヒマワリの種を食べるのは初めて。
20201011_w950a
10.11撮影

20201011_w950b

よく来たねぇ~! 

20201011_w1000 20201011_w1250

ヤマガラは以前一度来ましたがその後全然寄り付かず・・・それが どうした事でしょう。
きょうは何度もやって来て 水を飲んだりもして 早くも慣れた様子。

この分だとこれからずっと来てくれるかもしれません。

楽しみ~。

~~~ ~~~

先週は 猛禽も見られました・・・というのも、来ていたシジュウカラ3羽が 3羽ともに突然動きを止めフリ-ズ。

もしかして猛禽?・・・しばらくしてシジュウカラが解凍 飛び去ったので

窓から身を乗り出して探して見ると 電線にとまる野鳥発見。

かなり遠くてうまく撮れませんでしたが・・・ツミ(♂)のようです。

20201004_tsumi

ツミが背中を向けてる間にシジュウカラは身を隠したのですね!

| |

ウグイス若 2020.08

8月初旬の雑木林の散策 野鳥も避暑に行ってるのか出会いが少ない中
ウグイスとヒヨドリの若が見られました(^^)/

ウグイスの若は初めて見ます。 ボサボサ頭がヒナっぽい
20200811_w900

20200811_w1300

20200811_w1350

ヒヨドリ若
20200811_w1300hiyo

この林ではあまり見かけないホトトギスの花を見つけてちと嬉し

20200811_w920

ムラサキツバメ ムラサキシジミより少し大きい
20200811_w1100

 

| |

ソックニッティング5&キーケース&シジュウカラ

今度の靴下は 掛け目と2目一度を交互に編んで 涼しげな穴あき模様。

202007socks2

夏用に短めに仕上げてみました。(かかとは ラップ&ターンで編みました)

202007socks

 

編み物が続いたので気分転換に苦手なミシン掛け・・・
在庫布の整理もかねて キーケースを作成、前のが古くなってしまったので・・・。

Keycase1202007
白いのは内布でレース模様。

黄色のワンポイントが良い感じ(^^)/
Keycase800202007b
やっぱりミシンはへたっぴー デシタ(-_-;)

~~~~ ~~~~

シジュウカラの雛

シジュウカラが雛を連れてやって来るようになってから だいぶ経ちます。

雛の胸のネクタイの色も黒っぽくなり もう若鳥ですね。

202007siju

でも・・・親鳥が来ると甘えて餌をおねだりしています。
独り立ちしても親の前では子供ですね。 楽しませてくれます。

202007siju2

動画もあります。お時間がありましたらどうぞ・・・

 

ポチッとよろしく!

| |

夏は来ぬ・・・ホトトギス 2020.06.20

自粛中の6月の事 買い物帰りにマンションのアンテナにとまる大きな鳥を見つけました。

猛禽かな? 

カメラを向けると なんと ホトトギス! 

ホトトギスは 鳥見に行っても鳴き声だけで姿を見る事は滅多にありませんし、
時々鳴きながら飛んでいるのを見つけますが 写真も難しい。

なのに・・・そのホトトギスが 住宅街で見られるなんて・・・今年は鳥見にも行けないので嬉しい出会いでした。

アンテナにとまるホトトギス  羽繕いもしていました(動画あり↓)
20200620tori1200

ホトトギスは 主に ウグイスに托卵するとの事、
この辺でもウグイスの声が聴かれるので、納得です。

はたしていくつの巣が托卵されてしまうのでしょうか。
気の毒なのはウグイスですが、
ホトトギスは ウグイスの巣を見つけるのも上手いんでしょうね。

~~~~ ~~~~

今年のホトトギスの鳴き声

"Wikipedia"より
日本では、激情的ともいえるさえずりに仮託して、古今ホトトギスの和歌が数多く詠まれ『万葉集』では153例、『古今和歌集』では42例、『新古今和歌集』では46例が詠まれて・・・ 

夜に鳴く鳥として珍重され、その年に初めて聞くホトトギスの鳴き声忍音(しのびね)といい、これも珍重した。『枕草子』ではホトトギスの初音を人より早く聞こうと夜を徹して待つ様が描かれる。

♪♪♪ 忍び音もらす夏は来ぬ・・・フム やっと意味が分かりました('◇')ゞ

ポチッとよろしく!

| |

より以前の記事一覧