パン

初チョコブレッド 美味♪

久しぶりの更新になりました。

Img_6523kouyou800s 公園の紅葉は まだ始まったばかりですが、この所急に寒くなってきましたね。

きょうも朝から曇り空だったので 久しぶりに パンを焼こう~ヽ(´▽`)/

Img_3142chocobread500s

前から Johanのチョコブレッド 食べたいなぁ~ と思っていたのですが、近くにお店はないし・・・

自分で作れるかしら?・・・レシピを探していたら、
チョコシートも自分で作れるレシピがあったので初挑戦(^o^)丿

午前中から取り掛かり 焼きあがったのは4時半過ぎsweat02

早速 焼きたてチョコブレッド試食、 見た目以上に 美味しくできましたsign03

チョコシートの間隔が粗いけれど・・・パン生地の折畳み回数をもっと増やすと良いのかな?

レシピは CookPadの「ショコラブレッド」(みんりんさん)を参考に。

今回は 失敗が色々ありましたがそれは次回の課題 また作ろう~note

flagmemo パン生地には全粒粉を混ぜ、
      チョコシートの砂糖は半量に・・・ほんのり甘いパンになっています♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ きのこのクリームスープ つぼ焼き風♪

久しぶりに つぼ焼風のスープ 作ってみました。

20110207kinoko03

4_img_7952kinoko850s

美味しかったよ~。

蓋はいつもは パイ生地なのだけど、今回は ちゃんとパン生地を作ってかぶせました♬

パン生地だと けっこうボリュームがありますね(^o^)丿 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

1_img_7952kinoko850s

きのこのクリームスープ レシピはこちら→ 
  今回きのこは しめじ・まいたけ・エリンギ
  いつもはpigカロリーが気になって牛乳だけだけど、
    今回は生クリームもいれました

2_img_7952kinoko850s

3_img_7952kinoko850s

パン生地は甘くない方が良いかなと思い、
バターロール用の生地で 砂糖を控えめにして・・・全粒粉も入ってます。 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

beer きのこのクリームスープ つぼ焼き風

 パン生地材料 (作りやすい分量) 
  ☆1.ぬるま湯(40℃) 60cc
  ☆2.砂糖 小匙1
  ☆ドライイースト 小匙 1と2/3
   
  △強力粉 350g・・・ふるう
  △砂糖 大匙1強
  △塩 小匙1
  △卵 中1個
  △牛乳 110~130cc レンジで1分20秒加熱 40℃に冷ます

  バター 10g

  ※ ドリール(卵1/2個 + 塩 小匙 1/4)

 きのこのスープ材料 直径9cm 深さ5cmのココット型 2個分
     ・きのこ 2~3種類
    ・玉ねぎ 1/4個、にんにく1/2かけ、ベーコン30g
    ・調味料  バター  大さじ1、 小麦粉 大さじ1
          チキンスープ 1カップ 生クリーム 25cc

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

手順

<< まず パン生地を作り、一次発酵の間に スープを作ります >>

①  小さめの器に☆1・2を入れ 
    ☆ドライイーストを振り入れ、5~15分おきます
       (表面がもったりあわ立つ)

②  ボウルに △と①を入れて こね、粉がまとまったら
  バターを 3・4回に分けて加え 更にこねます 
   指が透けて見えるくらいに生地が薄く延びれば こね完了

③  一次発酵 1時間 

  (この間にスープを作っても良い、レシピはこちら→ 

④  生地を 8等分し、丸くまとめ 
   ぬれ布巾をかぶせベンチタイム 15分ほど

 オーブンを200℃に温めておく

⑤ スープを器に注ぎ ④の生地を 器にかぶせ しっかり貼り付け
  (生地は 器より大きめにのばします。)
  表面に ドリールをぬります

⑥. 200℃のオーブンで12~13分焼いて完成♪

note 残りのパン生地は 薄く延ばしてフライパンで焼きました。
   冷凍も出来ます。

memo パン生地は pizza用のでも良いみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イングリッシュマフィン

20090129_muffin_2 今年初のパン焼きは朝食用のイングリッシュマフィンでした。

初めて作るのでWeb検索・・・

沢山のレシピの中から、今回は e-パン工房さんのレシピを参考にさせていただきました。

材料が揃わないものは家にある材料で作ってみました。

cafe イングリッシュマフィン 

flag 材料(10個分)  

  • 強力粉 270g
  • ドライイースト 4g
  • 砂糖   8g
  • 食塩  5g
  • スキムミルク 5 g
  • バター 5g
  • 白ワインビネガー 5g
  • 水 202cc
       
  • コーングリッツ(替わりに全粒粉をつけました(^^ゞ)

flag  作り方

  1. パン捏ね機に コーングリッツ以外のすべての材料を投入し 13分15分ほどミックス
      
    (追記:生地がとてもやわらかいので、一次醗酵まで捏ね機でする事)
        
  2. 一次醗酵 40分 1.7倍ほどに
      
  3. 取り出し、パンチ無しで 10分割(1個 約50g)
    丸く成形し コーングリッツをつけてセルクル型に入れ
    (今回コーングリッツはパス 替わりに全粒粉を(^^ゞ ) 
       
  4. 二次醗酵 40分
       
  5. 焼成 240℃で12~13分11分 (250℃では11分程)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

オーブンで焼く時に

なるべく白く焼くために、上に天板を乗せて焼くと良いそうです。                   

20090129_muffin

乗せる天板がないので、角あみで代用
   
←オーブンシートと
  アルミ箔をかぶせました。
(写真はアルミ箔をはがしたところ)
    

 
   
   

20090129_muffin_4  ← 焼き上がり

アルミ箔からはみ出た部分だけ
焼き色がついてしまいました(^^ゞ

アルミ箔効果ありです、大成功~。
   
  
   

ちょうど夕飯の時間に焼きあがったので、 具沢山のトマトスープと一緒に マフィンの夕食にしました~。

20090129_muffin_3 ハムや溶けるチーズ スクランブルエッグ 野菜サラダなどと一緒に食べたら けっこうボリュームがありました。

朝食には 苺ジャムで(^o^)丿(写真上↑) 

美味しくできました~♪~♪~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フレンチトースト♪

S20071129_french_toast 先日クルミとレーズン入りのフランスパンを焼いた時、生地の1/4量を取り分け、何も混ぜ込まないプレーンなパンも焼きました。(備忘録07.11.28up

なぜプレーンなパンかというと、フレンチトーストを作りたかったからですバターで焼かずに低温のオーブンでゆっくり焼きました。

久しぶりに食べるフレンチトースト  思ったよりも甘くなく軽い感じ。フランスパンの生地なので、さくっと切り分けやすく、美味しかった!またつくろう~ッと(^o^)丿

作り方
 ・パンを2.5cm厚さに切り、卵液(★)に2時間ほど漬けます。(片面1時間)
  ★卵液 牛乳100cc + 卵3コ + 砂糖大匙5(50g) + バニラエッセンス
 ・りんごのバターソテーを上に乗せ、粉糖をかけ
 ・オーブン(140℃) 中段で 焼き色がつくまで焼きます。

 食べる時に シナモンパウダーと 粉等をかけます。

 

           参考「自然派志向のパンづくり」NHK出版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金時豆のパン

先日朝食用にふわふわパンを焼き、今回は

・ベーコン・玉ねぎ・チーズ入りと 
・煮豆入り                  2種類作ってみました。

~~~★~~~★~~~

20070724kintoki_pane

★煮豆(金時豆)パン は

以前 パン屋さん(「アンデルセン」だったかな?)のを買って食べたら、ほんのりとした豆の甘みで美味しいパンでした。

自家製の煮豆↓があったのでロールパンにしてみました。

自家製金時豆パンもまぁまぁ成功、美味しく出来ました♪

パン生地はバターロール用の生地などが合うと思いますので、お試しあれ!

~~~★~~~★~~~

20070720_1

★金時豆は

先日梅雨寒の日に作ったものなので、
少し多めに パンに入れてしまいました。(^^) 

金時豆のレシピはこちらです。(2005.10.03の備忘録)
http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/10/post_2f41.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライクランベリー入り食パン

20070621_pane

食パン生地に ドライクランベリーとカレンツ(フサスグリのみを乾燥させたもの)を加えて焼いてみました。

ドライクランベリーは初めて使うので、どんな味か楽しみ~(^o^)丿。

2時間ほど水につけてから使うとの事。
水で戻したら、実がだいぶ大きくなっていました。(^o^)丿

パン作り 今回は パン捏ね機に パン捏ね~1次醗酵までお任せ、

生地捏ね終了直前に 良く水を切ったドライフルーツ投入。

20070621_pane_1 二次醗酵とパン焼きは 手動でしましたが、焼き上がりは
キャッ ぺったんこ(^_^;)
      
あまり膨らまなかった~~~。(^^ゞ

原因は 途中で混ぜたドライフルーツかも?
水分が良く切れてなかったのかな。 
そして 少し温めればよかったかも

けど クランベリーの酸味が程よくて、美味しい(^o^)丿
全粒分の入った茶色いパンも、独特の香りがあって好き。

材料 

A:ドライイースト 大さじ 1/2・砂糖 少々・ぬるま湯(30℃) 60cc
   (ぬるま湯に砂糖・ドライイーストの順にふり入れ 
   表面がもったり膨らむまでおきます。)
B:砂糖 25g、塩 小さじ1、牛乳(150~170cc)・・・
    レンジで1分20秒加熱、25℃に冷ましておく
C:強力粉 200g、全粒粉 100g・・・良くふるっておきます。
D:ドライクランベリー 80g、レーズン少々・・・水に二時間漬けてから良く水切りし、少し温めてから生地に加えること。
 (量はお好みで加減してね)         

・バター 25g・・・室温に戻しておきます。   
・型に塗るバター 適宜

作り方(今回の反省点を踏まえて、作り方をアレンジ)
 
・C+A+Bを混ぜて捏ねバターを加え、さらに良く捏ね
 生地の表面が滑らかになりのびがよくなったら捏ね終わり
  
 生地を長方形に伸ばし、D(温めたドライフルーツ)を2/3量広げで三つ折
 90度まわして生地を広げ、残り1/3量を広げもう一度三つ折にし
    
 ボウルに入れてラップし、  一次醗酵 (1時間)

・生地のガス抜きをし、2等分して丸め ぬれぶきんをかけて、30分ベンチタイム
    
・型にバターを塗っておきます

・1個ずつ麺棒で長方形に伸ばしくるくる巻きます。

・もう一度 長方形に伸ばしくるくる巻き、型に入れ、パンと庫内に霧吹きし、
 二次醗酵 40分~1時間 (表面が型より1~2cm高くなるまで)
 (二次醗酵の途中 霧吹きします。醗酵には水分が必要なんだそうです)

・焼き上げ  190℃で 30~35分

~~~☆~~~☆~~~

20060605cberry_o_1

★ドライクランベリー
ツルコケモモの赤い実を乾燥させたもので、
酸味が強いそうです。
    
(写真をクリックすると、「マイフォト花」に飛びます。
・一口メモなどあります)

クランベリーの名前の由来はその花にあります。
イギリスからメイフラワー号で入植したピルグリム達は、春に咲くクランベリーの小さなピンク色の花が鶴(クレイン)に似ているので、 クレインベリーと名付けました。
クレインベリーでは言いにくいので、それが変化してクランベリーとなったというわけです。

 http://cranberry.co.jp/1004_whats.html より引用しました。
  (クランベリーのレシピも沢山載っていましたよ。)
flag追記:こちらも参考に http://www.usa-cranberry.com/(米国クランベリーマオケティング協会)
     
 
 ・実はこちらに、ぴよさんのブログにあった写真にLINKさせていただきました。
  熟すと赤くなって可愛いです。  
 (http://iroironagomi.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_2774.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひよこ豆&フォカッチャ

0111hiyokomame

いつもの乾物屋さんでひよこ豆を買ってきました。

豆の戻し方は ネット検索で見つかるでしょう と思っていたのですが、なかなか見つかりません。

それで大豆の茹で方を参考にして、戻してみました。

参考までにmemoです。

ひよこ豆の戻し方

  1. 虫食いの豆を取り除いて2~3回洗い、水につけて一晩置きます。
       
  2. 水を替えてそのまま火にかけ煮立つまでは中火より少し強めの火加減で、
    煮立ったらあくを取り、中火で30分ほど煮ます。
    (一粒食べてみる・・・中心部が少し固めですが、ほとんど火は通っています。
        
  3. ここで火からおろし、そのあと新聞紙とバスタオルにくるんで冷めるまで置きます。
    冷める間に中まで火が通ります。
    (省エネとガス代節約も出来ますね。環境にも優しいです。(^^ゞ )

★ひよこ豆はmisaoさんのブログを参考にしてトマトスープに入れてみました。

★スープに合いそうなパンも作っちゃおうと、フォカッチャを・・・。初挑戦です。

0112p_1 フォカッチャの生地にはフランスパン粉(準強力粉)を使いました。

フランスパン粉は捏ねる時間が少なくて良いので、肩の弱い私にはとてもラクちん。

3分ほど捏ね、後はゆっくり発酵で、ほかほか軽いパンが出来ます。

生地にはローズマリーを混ぜ込み、上にはクレイジーソルト、ニンニクのスライスと黒コショウ セミドライトマトも少しのせてみました。

~~~★~~~★~~~

フォカッチャ 初めて食べましたが、美味しいですね~。

「スープによく合うね、ニンニクのトッピングがいけるね~♪」 ・・・などと話しながらの夕食中に

「ピンポ~ン」とドアチャイム、なんだろうと少し期待してドアを開けたら・・・・\(~o~)/なんとPCから応募していたプレゼントが届きました。

0112p 年明けから縁起が良いことで嬉しいですね~♪

ありがとうございました~。

   

   

~~~★~~~★~~~

スープ&フォカッチャは
misaoさんのブログ 
ぴよさんのブログを参考にさせていただきました。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

栗のロールパン

0927_037s160 製菓用のマロンペーストマロンクリームを使って、栗のパン作ってみました。 ほんのり甘くて、朝食向きのパンになりました。美味しいです♪

「自然派志向のパンつくり」の本にあった「まめまめパンのレシピ」を参考に、少しアレンジして。

前種をつくっているので、後の作業がラクでした。

おおまかな手順
 
1.前種を混ぜ60分発酵   2.その間 本種準備 3.前種・本種混ぜてよくこねる 
4.一次発酵  5.6分割 生地をのばしマロンクリーム・甘栗を巻き込む 
6.ベンチタイム  7焼き型に移し黄な粉をかけ 二次発酵  8.焼成

Marrone

★材料
 
1.前種用:強力粉200g インスタントドライイースト9g、
      砂糖50g、卵100g、水125g
2.本種用:強力粉300g(うち 全粒粉 50g)塩5g、
      水25g、牛乳100g
3.他に・・・無塩バター30g、マロンクリーム75g、
      栗の甘煮100g、きな粉
      (反省:マロンクリーム・甘栗はもう少し多めに)

続きを読む "栗のロールパン"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

バジルとトマトのロールパン

美味しそうなパンが本に載っていたので、少々アレンジして 作ってみました。

バジルとトマトのロールパン・・・パン生地にドライトマトとバジルペースト、松の実、pizza用チーズで、250℃で15~20分焼きます・・・

いつも作りなれてるパン生地に、この具材を利用されても良いかと思います。

その場合、パン生地は糖分控えめに、油脂類はオリーブオイルにされたほうが良いかもしれません。

~~~☆~~~☆~~~

「バジルとトマトのロールパン」

      パン生地の作り方 1~5(一次発酵後、分割まで)は
       「本文続きに」 あります。

具材は・・・①バジルペースト 市販品 ②松の実 ③ピザ用チーズ④セミドライトマト

セミドライトマトの作り方 

  1. トマト2個は皮を湯むきし、縦半分に切り種を除きます。
  2. 塩・コショウ各少々をふり、切り口を上にして天板に並べます。
  3. 150℃のオーブンで30~40分乾燥焼きします。
    (セミドライトマトは、パスタなどにも利用できるので
        多めに作っておかれるのも良いと思います。)

~~~☆~~~☆~~~

パン生地の作り方 1~5(一次発酵後、分割まで)は 「本文続きに」 あります。

Bagiru_tomato

6.パン生地を長方形(約25cm×15cm)にのばし、
片側1/3を残してバジルペーストを塗り、
その上に松の実・ピザ用チーズ・細切りにしたセミドライトマトを乗せます。

7.具を乗せていないほうから折って、
三つ折にし3等分します。

Bagiru_tomato_1

8.片方の切り口を指でつまんで押さえて閉じ、
反対側の切り口を上にし
その切り口を広げるようにします。

9.二次発酵 
26~28℃で20~30分間。

Bagiru_tomato_21

10.焼成 250℃のオーブンで15~20分間焼きます。

(最初 16分間焼いて、良い感じに焼きあがっていたのですが、
焼き色が薄いような気がして、もう3分間追加で焼いたら、
写真の様に焼きすぎになってしまいました。 (^^ゞ)

ぴよさんの「ドライトマト」にTBさせていただきました。

続きを読む "バジルとトマトのロールパン"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

☆カッテージチーズのパン

misaoさん や ぴよさんのブログで見たチーズのパンが美味しそうだったので、
私も 昨日 カッテージチーズを入れて挑戦してみました。
(「自然派志向のパンづくり」NHK出版・・・を参考にして。)

生憎の雨で気温もいつもより低め、パン作りには最適の気温だと思って・・・。

しか~し、パン生地はやはり発酵が早かったので、レシピの時間よりも早めに、次の作業に入ることが多かったです。

カッテージチーズがインパクトがないので、干しアンズも入れてみました。
これがアクセントになって美味しい~~♪
(アンズを入れなければ、なんにでもあいそうで、それもまた良しです)

生地もふかふかで大変よく出来ました♪♪ 

自画自賛で~す(^^ゞ (家族にも好評でした)

~~~☆~~~☆~~~

続きを読む "☆カッテージチーズのパン "

| | コメント (4) | トラックバック (1)