« 塩豚 | トップページ | 簡単料理!春雨と肉の炒め物 2品 »

こしあんで お萩つくり♪

20071020_1

こし餡のおはぎ 餡も自家製で~す。

使わずに残っていた水羊羹用の さらしあん 100gで、

「練りあん」を作りました(^o^)丿

以前は小豆餡ばかり作っていましたが、だんだん漉し餡も美味しいと思えるようになりました。上品な餡という感じがします。

焦げつかないように混ぜ続けるのがちょっと腕力いるかも(^o^)丿 

~~~☆~~~☆~~~

  ☆☆ 練りあん(400g)の材料と作り方 ☆☆

   ・さらしあん100g、水300ccを鍋に入れて火にかけ、煮立ったら
   ・砂糖 約200gを加え 好みの硬さに練り上げます。
   (砂糖は グラニュー糖を使用)

20071019_3  

   材料を火に掛けて 約20分ほどで完成です。
   今回 しゃもじですくって傾けても落ちない程度まで煮詰めました。

★あずき餡の作り方はこちらにあります。

小豆餡は 2006.02.05のあっとレシピに
http://zucca.way-nifty.com/piatti/2006/02/post_288d.html

☆シオン 今朝の散策で。
      気候も良くなり花色が綺麗になった様な気がします。

20071020_shion_2

20071020_shion

|

« 塩豚 | トップページ | 簡単料理!春雨と肉の炒め物 2品 »

コメント

おはようございます。
美味しそうなお萩、秋はおはぎという名前になるようですね。
春はぼた餅、どっちでも食べたいですぅ(~_~;)

餡を練るのは和菓子の基本で、お菓子屋さんでは餡練り機などが餡を作っていますよ。
最後の水分がとんだ頃、焦がさぬよう練るのが難しいのですよね。

こちらにもシオンが秋の風情で素敵ですね♪

投稿: シマのママ | 2007年10月21日 (日) 09時53分

シマのママさん、こんにちは。
おはぎ 美味しかったですぅ(^o^)丿
秋はお萩 春は牡丹餅 季節に合わせて呼び方を変えるなんて風流ね。
私たちは 風流よりも食い気のようね、どっちでもお腹に入ったら同じ・・・なんちゃって(^^ゞ
シマのママさんも 練り餡お作りになるのですね。
あんを練るのは力仕事ですね~。
最後のほうは結構力が要りました。私にはこのくらいの量を作るのがちょうど良いかも知れません。
2回目作るときには 焦がさないように気をつけなくちゃ、最初上手くゆくと すぐに気が緩みます。(^^ゞ
「餡を練るのは和菓子の基本」・・・私も和菓子つくり できるかしら。白あんに求肥を混ぜてちょっと作ってみたいです。

シオンは 昨日スーパーマクロで撮ったものです。綺麗でしょ!
マクロもスーパーマクロもそんなに変わりないと思っていましたが、ピント合わせが楽な気がします。
面白いですね。

投稿: zucca | 2007年10月21日 (日) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/16799181

この記事へのトラックバック一覧です: こしあんで お萩つくり♪:

« 塩豚 | トップページ | 簡単料理!春雨と肉の炒め物 2品 »