« トイレの手摺 1 | トップページ

トイレの手摺 2

  車椅子によるトイレ利用時の 手摺の取り付け位置ついて

 手摺の取り付け位置は、車椅子と便座との間で 体を移動する際の使い勝手を
考慮しなくてはなりません。
 一般的には、手摺の高さが 車椅子の肘掛の高さと同じであること、
また、車椅子の座面と大便器の便座の高さが同じであることが、
より移動がしやすい高さと言われていますから、
使用する車椅子の各部の高さが目安となります。

  車椅子の肘掛の高さは、床から約65~70cmの位置に、
車椅子の座面は床から約45cmの位置にありますから、
手摺りや大便器の便座の高さを それに合わせると良いでしょう。
大便器の便座の高さは、車椅子の座面より低い事が多いでしょうから、
その場合には 便器に台座を設けて かさ上げするなど、高さを調整する必要があります。
 また、市販されている便器には、便座面の高さが45cmに近い製品もあるようですから、
予算に余裕があれば検討されると良いでしょう。

なお、便座の高さを車椅子の座面と同じ床から45cmの高さにする場合に気を付けたいのは、
便座がかなり高いために、便座に座った際に足が床から浮いてしまうことです。
 足が床についていないことで、姿勢が不安定になったり、
緊張することで排泄に支障をきたすことがないよう、
障害の程度により 考慮・検討が必要です。

|

« トイレの手摺 1 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレの手摺 1 | トップページ