« 2007年3月 | トップページ | 2009年5月 »

マンションの間仕切壁

分譲マンションの間取りを検討する際に気を付けたい点があります。

将来家族構成がかわって間取りの改修を行ないたいと考えた時に、果たして 今在る間仕切壁を撤去する事が出来るのか という点です。

建物の構造には、

・柱と梁で構成されるラーメン構造や、
・壁と床版で構成される壁式構造などがあります 。

ラーメン構造は室内に柱や梁が現れることが多く、場合によっては部屋の使い勝手などに影響することがありますが、しかし、大きな空間を造ることが出来ますし、その中で間仕切壁を自由に配置することが出来ます。

壁式構造は室内に柱などが現れることはなく一見すっきりした印象になりますが しかし、構造的に決められた位置に、例えば厚いコンクリート壁を設ける事になり、改修を行なう際に邪魔だからと言ってその壁を撤去することは出来ません。

マンションの間取り図を見て 室内に柱型がなく壁式構造と思われる時は、どの壁が構造的に必要な壁(耐力壁)なのか確認すると良いでしょう。

将来子供が独立したら2部屋を1室に改修したいと思っていても、間仕切壁が耐力壁である場合には壁を撤去できず、 1室にすることが出来なかったり、たとえ1室に出来たとしても部屋の真ん中に耐力壁が残ることになってしまいます。

この事は壁式構造による戸建住宅についても同様でしょう。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2009年5月 »