« 玄関の部屋 | トップページ | 二階に居間 »

続・玄関の部屋

玄関の傍らになんにでも利用できる部屋を設ける・・・

ただいまァ~と帰宅してすぐに、廊下脇の部屋(扉はありません、あったほうが良い場合には、少し幅広の引き戸が何かと便利です)に寄って手にした荷物を棚に置き、左右に並んだクローゼットの一方で普段着に着替えた後、隣あるいは向かいの洗面室で手洗いにうがいなどして、さぁ夕食・・・

でも、まだ少し時間があるようなら、この部屋から着替えを抱えてパンツ姿で洗面室から浴室へ・・・そういう場合、いっそのこと、この部屋から廊下を介さずに直接洗面室へ入れる方が楽かもしれませんし、そうなれば着替えた後の衣類なども直接洗面室の洗濯機へ放り込めるでしょう。

ところで、2階に自室がある場合にこの部屋とを行き来するよな 梯子を設けてはどうでしょう。
朝寝坊した時など急ぐ時には利用して、この部屋へ直接降りて洗面着替えが出来れば、際どいタイミングで遅刻しないで済むかもしれませんし、いっそのこと消防署にあるようなステンレスのパイプで垂直にすべり降りた方が早いかもしれません。でも、ステンレスだと下りはともかく登るのが大変でしょうから、フルに利用するなら竹にして登りにチャレンジすれば、日頃の運動不足解消のストレッチにもなるかもしれません。

この部屋で着替えるのですから、やはりお化粧も出来るように程好い大きさのテーブルをひとつ置くと良いでしょう。このテーブルは、棚に置いておいた会社の仕事を独りになってやる時も使えます。

そうやって、この部屋にあれこれと機能を持たせていくと、できるだけ広い方が良いようにも思えてくるのですが、それなら、さらに「いっそのこと」、この部屋と廊下の壁を取っ払ってしまって、ひとつの部屋にするのはどうでしょう。
壁がない分洗面室にもすぐ移動出来るでしょうし、玄関と居間との行き来は家具や棚で仕切った通路を利用することも出来ます。ただ、玄関の扉を開けるといきなり部屋とならないよう、また寒風など空気の流れや目線の処理にも工夫が必要です。

もうひとつ、この部屋に置くテーブルを椅子にかけて使うならその部分の床はフローリングの方が良いでしょうが、しかしその他は畳敷の方が便利です。
衣類の中にはフローリングの上に直に置きたくない物がありますが、そんな時でも畳の上なら気になりません。特に和服の着付けの際にはやはり畳が必要です。

また、好みにもよるでしょうが、このテーブルも座卓にして畳に座して使う方が使い勝手が良いように思います。フローリングの上では書類や本などあれこれ散らかせませんが、畳の上ならそれが出来ます。それに、正座してお化粧をすれば、何かしら由緒正しいきちんとしたお化粧ができそうです(それはどんな化粧なのと問われても「正座だものねぇ、由緒正しいんじゃないの!」としか言えません。ゴメンナサイ)。
ただ、お化粧にかかる時間はまちがいなく短くなります。なにしろ現代人の足は、しびれに対してまったくと言って良いほど鍛えられていませんから。

|

« 玄関の部屋 | トップページ | 二階に居間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玄関の部屋 | トップページ | 二階に居間 »