« 玄関と ほっと ひと息 | トップページ | 廊下と歩き心地 »

納戸と ひろびろ

 今ある収納に増えた物を収めようとすると、その分なにかを捨てなくてはならなかったり、敷地のどこかに物置を設けなくてはならなかったりします。しかし、それで無事ことが収まるのであれば、問題はありません。 気を付けたいのは、家の中に収納のための家具を置く場合です。あたりまえの事ですが、置いた家具の分だけ、部屋が狭くなります。

 新築・改築いずれの場合でも、必要なスペース分の収納を造り付けます。その他に、たとえば長い間使い続けている愛着のある家具を部屋の中に置く場合など、やはり どうしてもその分部屋が狭くなります。購入したマンションに、収納スペースの不足分を補うために家具を置いたら、部屋が狭くなったという事もよくあることです。

 収納スペースは、基本的には造り付けることとし、家の中に持ち込む家具は、納戸を設けてそこにまとめて置くように出来れば、各部屋が狭くならず すっきりとするでしょう。また、納戸に棚を設けておけば各室の押入や収納には入らないものや、ちょっと別の場所に置いておきたい物などをなんでも収納しておけます。

 納戸の扉は開き戸(ドア)ではなく、少し大きめの引き戸にしておくと大変便利です。持ち込む家具の大きさによっては、両引き戸を設けて必要に応じて戸をはずすようにすれば、かなり幅の大きな物でも出入れが楽にできます。(その際 廊下の幅に要注意)ただし、床に引き戸用のレールは用いない事。家具を引きずることがある場合に支障がでます。出来ればハンガー式が良いでしょう。また、換気にも気をつけましょう。窓とガラリ付の扉を設けておけば廊下との通気が取れるでしょう。

 納戸は、一階二階それぞれに設けておくと、さらに便利です。きれいな箱、デパートの手提げ袋、何かに使えそうな空ビン・・・収納スペースさえあれば とっておきたいものが沢山あるように思うのですが。

|

« 玄関と ほっと ひと息 | トップページ | 廊下と歩き心地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玄関と ほっと ひと息 | トップページ | 廊下と歩き心地 »