« 浴室・洗面脱衣室・トイレ | トップページ | 納戸と ひろびろ »

玄関と ほっと ひと息

 玄関を考える際、道路に面して(道路に平行に)玄関扉を設ける場合には、道路側の外壁にいきなり設けるのではなく、たとえ半坪でも外壁から少し奥まった場所に設けたり、あるいは道路に対して直角に配置されている外壁に玄関扉を設けるなどして、玄関前にわずかでも屋根のあるスペースを設けると、家の佇まいに落ち着きをあたえることが出来ると思います。

また、この玄関前のスペースは、買物から帰ったときに ほっとひと息つける場所にもなるでしょうし、屋根があることで 例えば雨の日に雨に濡れないで雨具を出し入れすることができ、雨の中 家に走り着いた時の避難場所にもなります。この場所に小さな台でも置いておけば、買物帰りに荷物を置いて 小休止しながら扉の鍵を開ける事が出来るでしょう。

玄関の内にも 小さなベンチを設けて、簡単な応接に利用してはどうでしょう。農家では玄関脇に縁側があって訪れた人は玄関よりはこの縁側に掛けて 家人とくつろぐ習慣があるようですが、玄関に置いたベンチで そんな接客が出来るのも良いのではないかと思います。また、玄関には土足のまま利用できる収納を設けると大変便利です。家の中に持ち込みたくない子供の遊び道具やスポーツ用具、吊竿やゴルフクラブなどの趣味の道具などを仕舞って置けます。正直なところ玄関を少し大きめの土間にしてはと いつも思うのですが。

 玄関に入った時、左右が壁で正面はリビングの扉や廊下の壁であるために、玄関が閉じた空間となって、視線が壁にぶつかり 行き場をなくしてしまう場合があります。防犯上、支障のないようにする事はもちろんですが、出来れば外部からの目線は遮りながら、玄関に立つ人の視線は 外に開放されるような窓を設けたいものです。例えば、玄関の窓から玄関脇の庭が見えたり、正面に続く廊下の掃出し窓から中庭の緑が見えたり等々。      玄関に階段をもうけて吹抜けとすることがありますが、吹抜け部の高さに比べて玄関の広さが狭いと、折角の吹抜けが竪穴のような空間になってしまう事がありますから注意が必要です。

 勝手口を設ける場合に、キッチンに直接入るような間取りとなっていることがありますが、この場合には冬場の寒風が 勝手口の扉からキッチンに入り込むことになりますから、キッチンとの間に風除室のような小部屋を設けて、扉を二箇所に設けましょう。また、この勝手口の小部屋に棚などを設けておけば 食品庫としても利用できますから便利です。

|

« 浴室・洗面脱衣室・トイレ | トップページ | 納戸と ひろびろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浴室・洗面脱衣室・トイレ | トップページ | 納戸と ひろびろ »