«  寝室と 音と遮音 | トップページ | 浴室・洗面脱衣室・トイレ »

子供部屋と ちょっと窮屈

 以前リビング・ダイニングについて述べた折、ダイニングが家の中で一番居心地の良い場所となれば、自然と家族が集まってきて、より多くの時間をいっしょに過ごすことが出来るかもしれない と書きました。

しかし、ダイニングよりも自分の部屋の方が居心地が良ければ、子供はダイニングには来ません。もし家族いっしょにより多くの時間を過ごしたい、過ごした方が良いという思いがあるのであれば、子供を子供部屋から追い出すようにしてはどうでしょう。つまり、子供部屋を少々窮屈な居心地のあまり良くない部屋にするのです。

 間取りを計画する場合、子供部屋は寝るだけの機能と幾分かの収納があればそれで充分だと考えています。ただ、小さな部屋として壁で間仕切ったのでは、窮屈に加え 息苦しくなってしまいますから、壁を用いる場合には天井との間にあきを設けたり、造り付けの家具やベットなどを利用して間仕切るなどして、子供部屋間や廊下に対してオープンな間取りにしてはどうでしょう。

 オープンな間取りとして扉や鍵を設けなくても、親の保護下にある子供のプライバシーは、家族の申し合わせで充分に守る事が出来ると思います。

 余談ながら、夜間の外出を許していては、ダイニングではなく外へ出掛けてしまうでしょうし、子供部屋にパソコンを置いていたのでは自室にこもってしまいます。家族がいっしょに過ごす時間を出来る限り増やすためには、やはりそれなりの方策が必要だと思います。

|

«  寝室と 音と遮音 | トップページ | 浴室・洗面脱衣室・トイレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  寝室と 音と遮音 | トップページ | 浴室・洗面脱衣室・トイレ »