動画

秋の ホトトギス???  2018・晩秋

ついこの前まで暑い暑いと言っていたのに、この処 朝はめっきり冷え込んで寒くなりました。

明日は霜降 霜の降りる頃なんですね。

朝日を浴びて輝くアザミの花 あったかそう
201810hana_w600w600

少し前に 林の中でツツドリを見かけたので、その後も林の中を歩くたびに 出会いを期待していました。

ひっそり咲くトリカブトを 一株 見つけました。 
201810hana_w700w700

ベンチで休憩している時に 向こうから飛んできてくれたのは・・・♪

ヒヨドリかと思ったらちょっと違います。

201810hototogisu_w1270w1270

わっ ツツドリ!  (v^ー゜)ヤッタネ!!

201810hototogisu_w1100w1100

少し近くに来てくれた(^^)/
201810hototogisu_w1350_2w1350

可愛い表情してますね。

201810hototogisu_w1250w1250

葉裏にいる虫を探して上目遣い
201810hototogisu_w1300_2w1300

虫はなかなか見つからないようでした。
201810hototogisu_w1350w1350

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ツツドリなどトケン類の見分けは難しいのですが、図鑑やWeb検索から・・・

・ツツドリは下尾筒に横縞があり 無いのはホトトギス

・ツツドリは 虹彩が橙色、ホトトギスは暗色

虹彩が暗色で、下尾筒に横縞が無い等の点から 

ホトトギス に決定 (違っていたら教えて下さい)

若鳥でしょうかね、しぐさがとても可愛いかった。

秋に見るのはツツドリが多いので、ホトトギス?だったら嬉しい。

動画を見ると 表情も幼鳥っぽくて ・・・ 可愛いです。

| | コメント (6)

池のカワセミ 2018秋

きょうは曇の広がる空模様で肌寒いくらいでした。

先日の事
公園の池に寄ってみると カワセミがいて、水に飛び込んで魚とりfish 

時には小さな魚をくわえて上がって来たリして、

しばしカワセミの漁に見とれていました。 

飛び込む前
201810kawasemi_w1024

飛び込んで 水から上がって来た所 背中が綺麗ねshine
201810kawasemi_w900

時間がありましたらムービ-もどうぞ・・・背景があまり美しくないのがチョット残念ですが、何度も飛び込んでいるのが写っていたので動画編集してみました。

| | コメント (8)

エゾビタキ 2018・秋

201809ezo_w1100_2

胸に縦斑が特徴のエゾビタキは
ヒタキ3兄弟(サメ・コサメ・エゾ)の中で一番大きく 約15cm

秋になると 南へ渡る途中に立ち寄ってくれます。

この日はお天気も良く気温も上がり 
飛びだした沢山の小さな虫めがけて何度もフライングキャッチ 
楽しませてもらいました。

その様子をムービーで 

大画面は Youtube(https://www.youtube.com/watch?v=4YMNQEniRSw)でどうぞ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

201809ezo_w940

小さな虫めがけて発進!
201809ezo_w1000

201809ezo_w900

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

少し UPで

201809ezo_w1100

飛び出す瞬間 目はしっかりターゲットをとらえてる?みたいに見えます。201809ezo_w1150

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

木陰で一休み
201809ezo_w1200

なにかおしゃべりしていますヨ。
201809ezo_w1050

嘴がオレンジ色でコサメビタキみたいなこの子は 今年生まれの若でしょうかね?201809ezo_w850

小さな群れでしたが、今年も出会えて良かった(^^)/

| | コメント (0)

コサメビタキ 2018・秋

コムクドリと同じ頃 小さなヒタキもやって来ました。

201809kosame_w1275

丸い大きな目が可愛いコサメビタキ スズメより小さくて 大きさは13cmほど

201809kosame_w1030
上面は灰褐色 ですが、光の当たり具合で灰色っぽくも見えます↓sweat01

201809kosame_w1050

お腹は白っぽい

201809kosame_w1130

気温が上がると小さな虫が飛びだします。

コサメビタキは 木の天辺に陣取って この虫をフライングキャッチ(動画撮りました) 

見るだけでも楽しいのですが飛翔写真に挑戦、 
ボツ写真の大きな山を築きました('◇')ゞ
201809kosame_w1100

費用対効果 ではないですが、
虫の栄養と 飛翔時の消費カロリーとでは 元が取れそうにないけどなぁ!

続きを読む "コサメビタキ 2018・秋"

| | コメント (4)

 ツミとカワセミ   2018・盛夏

まだセミの声が賑やかだったsun夏真っ盛りの頃、

公園で顔見知りの人から
「池にカワセミがいたけど飛んで行ってしまった」と聞き、
戻っているかもと池へ行ってみましたが、やはりカワセミの姿は見えず。

201809cho_w1200
サトキマダラヒカゲが休憩中

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

公園をひと廻りして池に寄ってみると
ちょうどカワセミがやって来て池の中の枯れ木に止まりました。

胸や背中の翡翠ブルーがくすんでいるので 今年生まれの若いカワセミのようです。

201809kawasemi_w750

カワセミとほぼ同時に 頭の上に大きめの鳥も飛んできて 池に張り出した枝に止まりました。

わぁ ツミだsweat01 この池の周囲では時々目撃しています。

足もとにはセミ 
201809tsumi_w1200

ツミは、小型の猛禽なので、主に小型鳥類を食べるとの事。

201809tsumi_w1370

カワセミの位置は ツミから見て右斜め前方 downwardleft20~30度

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

気になってカワセミの方にカメラを向けると 
ツミのいる方に顔を向けて 微動だにしません。

その表情がなんとも不安げで痛々しい

201809kawasemi_w1150

カワセミ ヤバシ!

ツミはカワセミに気づいているのかいないのか カワセミを狙う様子は見られません。

201809tsumi_w1300_2

カワセミが気になり、ツミの近くに移動したところ、幸いに ツミは 飛んでゆきました。

自然界の成り行きに人が介入してはいけないと思いつつ、
カワセミ目線になっていました。

ツミ(雀鷹) タカ目タカ科ハイタカ属 全長オス27cm、メス30cm  留鳥

漢字表記の雀は「小さい」の意
和名はスズメタカが変化したメスに対しての呼称に由来する。(Wikipediaより)

| | コメント (8)

巣立ち 2018

鳥たちの秋の渡りの目撃情報が ちらほら聞かれるようになりました。

ぼやぼやしてられません、夏鳥ラスト サンコウチョウの巣立ちをUPします。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

それは7月始めの事 

サンコウチョウが水浴び場所のすぐ近くで巣作りを始めたのでした。
(水浴びに来るのとは別の個体らしい)

巣は底が抜けてるように見えたので、この巣は使わないだろうと思ってました。

次に行った時 何気なく巣を撮影したら・・・抱卵中のメスを確認
1_20180704w7507/4

子育てしてるんだ~とちょっと嬉しかったです。

2_20180710w10507/10

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そして7月末 もう巣立っちゃったろうな と、様子を見に行くと まだいました。

 

雛がしきりに羽をばたつかせて 今にも飛び出しそうな様子。
3_201807w800

「先ほど 一羽が巣立った」と聞き 次の巣立ちを待ちます。

4_201807w700

見始めてから約1時間ほどたって やっと一羽が飛び立ちました。

6_201807w750
後ろの雛が先に巣立ってゆきました。

巣立ちの瞬間は あっけないものでした。(ムービーに)

残る一羽は 一度巣から出ましたが 巣に戻ってしまったので、
7_201807w800_1
これで 巣立ちとしました。

この巣の雛たちは無事に巣立っていって良かったです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

営巣していた林道脇の樹には 大きな袋が巻かれていました。

つるつるしてて滑りやすそう、 蛇返し でしょうか。

201807w400営巣木は林道そばで、手が届くところでした。

バーダーさんの優しい心遣いに守られて 雛たちは 無事 巣立ってゆきました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

雛の巣立ちの瞬間は 1分20秒頃に写っています。

| | コメント (6)

ノビタキの羽繕い とウグイス 動画 2018

湿原散策中に動画を沢山撮ったので 時間がある時にでも見てくださいね~。(^^)/201807nobiw920

木道を動き回るノビタキ幼鳥の傍らで しきりに羽繕いしていたノビタキの父201807nobiw13501

こちらに気づいても 羽繕いを続けていたので 動画 撮りました。(1分48秒)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ノビタキのムービー撮影中もずっと聞こえていたウグイス 

声の主を探すとすぐ後ろにいました。

ウドに止まって 声を響かせていました。
201807uguisuw1150

遠くから聞こえるホーホケキョに負けじとばかりnotes

201807uguisuw1200

ウグイスの囀り(55秒)

これで 湿原のストックはおしまい。
暑さも手伝って のんびり更新してしまった('◇')ゞ

|

ノビタキ幼鳥 動画編 2018

湿原の木道の周りでちょこまか動き回っていたノビタキの若たち 4羽、可愛かったので動画を撮ってみました。

201807nobi_w1100_1

動画は1分19秒 ちょっと長めなので 時間がありましたらご覧ください。

|

湿原の花②シシウド と 野鳥のコーラス

朝の湿原は 鳥たちの鳴き声があちらこちらから聞こえて来て 心地良かった。

遠くから noteカッコー・カッコー ・・・久しぶりに聴けましたhappy01

カッコウの声は 夏の高原に良く似合っていますね。

 

鳥の声を録音しました。

動画を再生して鳥の声を聞きながら 見て頂けたら幸いです。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

池の周囲の木道沿いで見られた花たち 一部です。

tulip この湿原での楽しみは アカバナシモツケとヤナギラン

濃いピンクは アカバナシモツケ(バラ科)
201807_w900_2

201807_w920_2

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

木道沿いに沢山咲いていたシシウド

201807_w750_2_2

シシウド(セリ科) 

小さな花が集まって一つの大きな花になっているようです。

一花 ひとはなは 大きい割に繊細な感じでレースフラワーのよう、美しい!
201807_w1200_2

はじけた蕾 ↓ を撮って見たら 

蕾の中に花がぎっしり詰まっているのにはビックリ 超絶技!
201807_w1000_2

今回 一番の発見は この シシウドの蕾の中の様子が見られた事です。

撮って見なけりゃ分からない ね!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

他の花も どうぞ~

ツリガネニンジン(キキョウ科)
201807_w750_1

201807_w850

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

コウリンカ(キク科) 
201807_w600_6_2

咲き始めのもありました。
201807_w950

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヤナギラン(アカバナ科)
201807_w920_1

アカバナ(アカバナ科)
201807_w1075

イブキトラノオ(タデ科)
201807_w600_3

フウロソウ(フウロソウ科)
201807_w900_3

ヤナギランは咲き始めでしたが、今頃は一面ピンクになっているかな♪
201807_w600_5

続く

※ コメント欄は閉じています。

|

湿原の花① & ホオアカ

前回の続きです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

car 高原を走り抜け湿原へ到着

ここ数年 同じ時期に来ているので見られるものはほぼ一緒ですが、
今年は花が早いので いつもと違うのかな~と 気になります。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

駐車場から湿原へは鹿避けネットの垂れ下がる短いトンネルをくぐって入ります。

霧がたちこめて幻想的な風景 

20180731_w900_1

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今回は 朝一番の出会いをUP 

湿原へ下る木道で ・・・オレンジ色の綺麗なお花がお出迎え

コオニユリ 
20180731_w1000_1

20180731_w620

ハナチダケサシ  
20180731_w750

 ベニバナシモツケ 
20180731_w900_2

キバナノヤマオダマキ
20180731_w800

オトギリソウ 弟切草
20180731_w920

クルマバナ
20180731_w1000_2

  オミナエシ              クガイソウ
20180731_w1100jpg20180731_w900_5

花を撮影していたら 近くから聞きなれない野鳥の声が・・・

ホオアカでした。 
20180731_w1200_2

気持ち良さそうに鳴いていたので さえずりを録音しました。

時間がありましたら 聞いてみてください。ウグイスの声も入っています。

 
※コメント欄は閉じています。

|

より以前の記事一覧