河原にて①  秋の蝶 2018・10

河原にノビタキが来ているとの事で出掛けてみました。

河川敷はセイタカアワダチソウやセンダン草・ススキなどに埋め尽くされています。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

河原の 秋桜  こういう昔ながらの色のコスモスは安らぎます
201810hana_w800s

主役を待つ間 花に来る蝶々ウォッチング。

きれいな青色がちらちら見えて気になる・・・ 
写して確認すると ウラナミシジミでした。 

もともとは熱帯・亜熱帯に分布していて
春から秋にかけて温帯域に分布を広げるとの事

 こちらでは秋になるとみられます。

秋の蝶 ウラナミシジミ♂
201810cho_w1000_2

日当たりの良い草原に生息。

201810cho_w1200_2

後翅に メタリックなラインがありますshine

201810cho_w1150

201810cho_w1100

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

その他には・・・

ヤマトシジミ♂  ウラナミシジミより小さくて春~ずっと見られます
201810cho_w1000

ツマグロヒョウモン♀ 
201810cho_w1300

モンキチョウ
201810cho_w1100_2

キタテハ
201810cho_w750

イチモンジセセリ
201810cho_w1200

薄曇りのお天気で陽射しも弱かったけれど、けっこう見られるものですね。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

イチモンジセセリが吸蜜していた薄紫の可愛い花は 

アレチハナガサ 南アメリカ原産の帰化植物で、草丈1~2mの多年草 
           河川敷や道端で見られるようです。
201810cho_w1000_3

続く・・・

|

鳥見散歩 10月上旬

曇天続きの10月です。

お天気がぱっとしないので もっぱら近所をウォーキング、
鳥見散歩はあまり行ってませんが、
嬉しい出会いもあったので 記録までにUPです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ツリフネソウ   長い期間楽しませてくれました。
201810hana_w1100

雑木林に 小さな野鳥たちが戻って来たようで、カラ達の混群に出会います。

エナガは今季初撮り やっぱりキュートhappy01
201810enaga_w1300

渡り途中の鳥が カラ類と一緒に行動しているから 混群はよく見た方が良いですよ!

そう言われて よくよく探してみたら渡り鳥が混じっていました。

 

多分センダイムシクイだと思いますが・・・ 嬉しい出会いです。

201810musikui_w1080

キビタキ♀  黄色いオスもいたとの事(^^)/
201810kibi_w1200

 

アオゲラかと思ったら

ツツドリ  一瞬姿を見られただけで林の奥へ行ってしまった201810tsutsu_8w1060

どれも良い写真は撮れなかったので
この秋の証拠写真までに・・・

|

9月のステッチ

9月に入って新しい作品にとりかかりました。

「 女王様のブーケ 」

中央部分の緑には6~7色の糸が使われているので、今までで一番大変、それだけに少しずつ形になると充実感があります。

0930w500
(©Haandarbejdets Fremme ) 

色見本の続きです。

同系色でまとめたもの。(全色はそろっていないので隙間があります)

右端に 糸の取扱い記号(アイロンの温度や洗濯など)を入れたのがちょっと気に入ってます(^^)/

W11300930

番号順と 色系統との間に 15cmほどの空白部分があります。

気に入った図案がみつかったら ステッチする予定で、とりあえず完成!

0930w1000

強い台風24号の影響で雨と風の音がすごいです。

こちらは 今夜中に通過してゆきそうですが、
大きな被害が出ませんように祈るばかりです。

*** おまけ ***

続きを読む "9月のステッチ"

| | コメント (4)

湿原の花②シシウド と 野鳥のコーラス

朝の湿原は 鳥たちの鳴き声があちらこちらから聞こえて来て 心地良かった。

遠くから noteカッコー・カッコー ・・・久しぶりに聴けましたhappy01

カッコウの声は 夏の高原に良く似合っていますね。

 

鳥の声を録音しました。

動画を再生して鳥の声を聞きながら 見て頂けたら幸いです。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

池の周囲の木道沿いで見られた花たち 一部です。

tulip この湿原での楽しみは アカバナシモツケとヤナギラン

濃いピンクは アカバナシモツケ(バラ科)
201807_w900_2

201807_w920_2

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

木道沿いに沢山咲いていたシシウド

201807_w750_2_2

シシウド(セリ科) 

小さな花が集まって一つの大きな花になっているようです。

一花 ひとはなは 大きい割に繊細な感じでレースフラワーのよう、美しい!
201807_w1200_2

はじけた蕾 ↓ を撮って見たら 

蕾の中に花がぎっしり詰まっているのにはビックリ 超絶技!
201807_w1000_2

今回 一番の発見は この シシウドの蕾の中の様子が見られた事です。

撮って見なけりゃ分からない ね!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

他の花も どうぞ~

ツリガネニンジン(キキョウ科)
201807_w750_1

201807_w850

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

コウリンカ(キク科) 
201807_w600_6_2

咲き始めのもありました。
201807_w950

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヤナギラン(アカバナ科)
201807_w920_1

アカバナ(アカバナ科)
201807_w1075

イブキトラノオ(タデ科)
201807_w600_3

フウロソウ(フウロソウ科)
201807_w900_3

ヤナギランは咲き始めでしたが、今頃は一面ピンクになっているかな♪
201807_w600_5

続く

※ コメント欄は閉じています。

|

湿原の花① & ホオアカ

前回の続きです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

car 高原を走り抜け湿原へ到着

ここ数年 同じ時期に来ているので見られるものはほぼ一緒ですが、
今年は花が早いので いつもと違うのかな~と 気になります。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

駐車場から湿原へは鹿避けネットの垂れ下がる短いトンネルをくぐって入ります。

霧がたちこめて幻想的な風景 

20180731_w900_1

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今回は 朝一番の出会いをUP 

湿原へ下る木道で ・・・オレンジ色の綺麗なお花がお出迎え

コオニユリ 
20180731_w1000_1

20180731_w620

ハナチダケサシ  
20180731_w750

 ベニバナシモツケ 
20180731_w900_2

キバナノヤマオダマキ
20180731_w800

オトギリソウ 弟切草
20180731_w920

クルマバナ
20180731_w1000_2

  オミナエシ              クガイソウ
20180731_w1100jpg20180731_w900_5

花を撮影していたら 近くから聞きなれない野鳥の声が・・・

ホオアカでした。 
20180731_w1200_2

気持ち良さそうに鳴いていたので さえずりを録音しました。

時間がありましたら 聞いてみてください。ウグイスの声も入っています。

 
※コメント欄は閉じています。

|

高原で鳥見③ (2018.05) 2つ目の沢で

一番最初に見られたのはキビタキ 

キビタキ オス
19kibi_w1200

沢沿いの小径では オス同士が 縄張り確保のため追いかけっこしてとても賑やかでした。

のんびり囀っているキビタキしか見た事が無かったのでビックリ。

19kibi_w1150

キビタキ雌も見られました。
19kibi_w500

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ミソサザイの元気な声も聞こえて来ました。

2羽 交互に鳴きあっていたので たっぷりとさえずりを聞かせてもらいました。

ミソサザイ ♂
20miso_w1400

20miso_w900

午後に歩いた時には 巣材集めしていました。

22miso_w7000_2

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

涼しげな顔立ちのムシクイはチヨチヨピーと鳴いていたのでセンダイムシクイ23mushikui_w1000

24mushikui_w1150

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヒガラ 羽繕い中
26higara_w850

オオルリの力強く美しい声が楽しめた。写真はサッパリ┐(´-`)┌35ooruri_w1360

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

コルリ 食べ物を探して歩き回り 長い事居てくれました。
39koruri_w1000

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最後は ここで見るのを楽しみにしている ネコノメソウ 2種 

201805hanaw1300_1

201805hanaw1350_2

2018春の高原鳥見行 でした。

※ コメント欄は閉じています。

|

高原で鳥見② フクロウ  2018.05

前回の投稿から間が空いてしまいましたが、高原の鳥見の続きです。

 

次の沢へ向かう途中では思いがけない出会いがありました。

201805_fukurou_w1400
ふくろう

樹に掛けられた巣箱で子育て中との事、
もう今頃は巣立っているんだろうな(^^)/

201805_fukurou_w1100

201805_fukurou_w1100_2

201805_fukurou_w1100_3近寄って来たカケスの方にくるっと向きを変えたので、背中が見られた。

小高いポイントからは 巣箱が見えたので写してみたら・・・ 201805_fukurou_w900_2

UPで  
201805_fukurou_w540 

猛禽のふくろうがいては  小さな野鳥は来ないよね~。

子育ての邪魔をしてもいけないし早々に引き上げました。

道沿いで見られた野の花・・・

続きを読む "高原で鳥見② フクロウ  2018.05"

|

嬉しい出会い 4月

20180401_w1050

ミツバツツジ                   0401

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

4月は いろいろと忙しく ブログの更新もままならず。

印象に残った出会いをアップしました。

オツネントンボ (越年トンボ) 初見 

20180412_otsunenw1150
イトトンボの一種   大きさは 35-41mm

成虫で越冬するトンボが3種  
(オツネントンボ・ホソミオツネントンボ・ホソミイトトンボ )

そのうち、一種だけ未見で気になっていましたが、今月 林道を歩いていて出会えました。

地味なトンボですが、ここにいる事が分かって嬉しいです(^^)/ 

オツネントンボは 前翅と後翅の縁斑がずれているので見分けられます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

トラフシジミ 美しい翅表にハッとしてgoo (^^)/

20180410_trafw1050

蝶の翅の色は構造色なので見方により色が異なります。

後ろからだと・・・色がよく分からないけど・・・
20180410_traf_w1090

少し飛んだ先の翅色の美しさにハッとしました(^^)/20180410_traf_w1060

20180410_w1030

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

エナガの雛たち 

今年は エナガの巣3カ所をウオッチングしていましたが、巣立ちには立ち会えませんでした。 エナガのおしくらまんじゅうは今年も見られず、来季の課題となりました。 

でも皆 無事に巣立ったようで良かったです。

0421enagaw1250

幼鳥は瞼が赤い
20180423enaga_w9502

20180423enaga_w1100

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

キビタキ 今年も美しいさえずりを林内に響かせています。

20180423kibi_w900

20180423kibi_w1200

中旬からはキンランがあちらこちらで楽しめました。

0421kinranw750

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

・・・ オマケ ・・・ 

渡り途中のコマドリ が2週間以上の長期滞在中
姿はなかなか見られませんが 声だけでも嬉しいものです。

音声のみの動画ですが 時間があったら ヒンカラカラカラ 聞いてみてください。

| | コメント (6)

ギフチョウ動画 &スギタニルリシジミ他 2018.03

ギフチョウが梅の花で長い事吸蜜中でだったので 動画を撮ってみました。

ウグイスの声も入っていて良い感じだったのでUPします。

気が向いたらご覧ください。最後の飛び立つ瞬間はスローモーションにしましたが、動きをとめきれません。素早いんですね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

桜などはまだでしたが早春の花が見ごろでした。 

アブラチャン?
201803hanaw900
沢沿いには黄色い花があちこちで見られました。

W1200_69918
エイザンスミレはやっと咲き出したところ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ギフチョウ以外の出会いは・・・スプリングエフェメラルの蝶 2つ とタテハチョウ

 スギタニルリシジミ
201803sugitaniw910

沢山のスギタニさんが飛んでいました。

トチノキやキハダなどの花や蕾をたべるため
山地性の蝶なので 出会えると嬉しい

 ミヤマセセリ
201803miyamaw1000

ここでは 沢の方から威勢良いミソサザイの声も聞かれました。

思いがけずミソッチの囀りを聴けて ラッキーでした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

冬を越したタテハ蝶たちも出て来ました。暖かくなって良かったね。

 ヒオドシチョウ 電柱で日向ぼっこ
201803hiodoshi_w680

201803akaw970
翅裏に見られるブルー 翅表でも見られるのかと思ったら

翅表では見られないんですね。
201803aka_w1200

 アカタテハ
20180329akaw1400
白い梅林に アカタテハの紅色が美しかった。

※続くので コメント欄は閉じています。

|

高遠の・・・ 2018.03

公園の近くに咲く高遠小彼岸桜を見に出かけました。

農家の敷地内なので近寄れないため遠くからお花見・・・

2018.03.27
Img_0006w900
コンデジ撮影

下の写真は 5年前の撮影ですが 

上下の写真を見比べると 

幹も太くなり枝ぶりも見事で 立派な木に成長したのがよく分かります。

花もすごい沢山つけてて 風格さえ感じられます。

2013.03
201303takato500s

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

望遠レンズのワイド端で撮影

20180327_w750

20180327_w600

20180327_w7502

望遠ズームで撮影
20180327_mew1000

メジロも来てましたが、花に埋もれてうまく撮れません。

近所のソメイヨシノも 
この処の暖かさで あっという間に満開になりましたcherryblossomcherryblossomcherryblossom

| | コメント (10)

より以前の記事一覧