自然

夏の主役 2017.05-06

今年前半が過ぎようとしています。後半突入前に
こちらの林道の夏の主役 三光鳥の写真をUPします。

今季初UPだったので、 沢山の写真になりました('◇')ゞ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今年も5月の連休過ぎには到着した三光鳥、 

ホイホイホイと明るい声を聞いた時には嬉しくなりました(^^)/

着いてすぐには落ち着きかなくて・・・やっと見られてもすぐに移動してしまい

今年は なかなか良い写真が撮れません。

縄張り確保のため? 他のオスと戦闘モードのオス
201706tori_w1000_25/29 冠羽を逆立てて威嚇しているのでしょうか。

頭にリボンを付けてるみたい('◇')プププ 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こちらも 冠羽が逆立ってます。
201706tori_w9506/10

木陰で真っ黒sweat01
201706tori_w1000

長い尾がとても印象的で、シルエットだけでも楽しませてくれます('◇')ゞ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

全長は雄が約45cm(繁殖期)、雌 約18cm

201706tori_w760
良い場所に来てくれて 「絶好のチャンス」と思うと緊張してブレブレsweat01

水浴び後のようで、しきりに 羽繕い
201706tori_w1190

201706tori_w1130

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

テイカカヅラの花と一緒に♪
201706tori_w1050b

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

やっと 明るい光の中で写せました(^^)/

背中の色も分かりますね。
201706tori_tori_w1000_36/20

口の中も素敵な色♪
201706tori_w650

「クリームソーダを食べたのさ」 ・・・って  ホント?
201706tori_w750

サンコウチョウウォッチングは 継続中なので、
また写真がたまったら UPしたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

初夏のちょう 

5月・6月 鳥見の合間に写した花や蝶たちを 少しですが まとめました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

5月中旬 楽しみにしているのは 緑濃い杉の中で目をひく黄色い花

◆ ジャケツイバラ  花は 径2.5~3cm

201705hana_w650

ツル性の落葉低木で 
もつれ合う枝の様子がヘビが絡み合っているように見えるので”蛇結茨”

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

蝶では  

スプリングエフェメラルの・・・

 ウスバシロチョウ  半透明の翅に透ける花色を楽しんでます。

20170520cho_w950

年1回、5-6月頃見られる。
幼虫の食草:ケシ科のムラサキケマン、エゾエンゴサク、ヤマエンゴサク等
蛹時にマユを作るという数少ないチョウ。

 

 サカハチチョウ(春型) 黄色い筋が逆八に見える!

201705cho_w1100

年二回、春と夏に発生。幼虫の食草はイラクサ科のコアカソ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

6月には

林の中を ふわりふわり優雅に飛ぶ姿に見とれてしまう・・・

 アサギマダラ(浅葱斑) ずっと飛び続けやっと止まってくれました。

201706cho_w1000_2

201706cho_w1000

幼虫の食草 「キジョラン」の葉裏に産卵していた。

アサギマダラ(、学名:Parantica sita)
翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動する。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ツツジの花で 吸蜜中の美しいアゲハに見とれましたshine 

 カラスアゲハ メス

201706cho_w1200_2

201706cho_w1300

身体の上面も 翅と同じ色で保護色になっていて
すごい知恵だなと 感心させられます。

201706cho_w1200

  カラスアゲハ(烏揚羽、Papilio bianor) 

     本州南部では年2-3回発生し、4-9月頃に見られる。
     幼虫の食草 、カラスザンショウなど
     前翅長45-80mm。
     メスはオスに比べて後翅の赤斑が目立つ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

シジュウカラの幼鳥 2017

昨日(12日) 上野動物園でパンダ誕生の嬉しいニュースがありました。

きょうは 我が家にシジュウカラの幼鳥がやって来ました。 

数日前から声は聞こえていたので いつ見られるかなと
camera カメラを出して待っていました('◇')ゞ 

ハローpaper
20170613sijukara_w750

幼鳥は 一羽の時は ちゃんと自分で餌を探して食べますが、

親鳥が来ると 羽をばたつかせておねだり20170613sijukara_w900

親鳥から横取り
20170613sijukara_w700

20170613sijukara_w1100

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

シジュウカラにつられてやってきた オナガ   おっきい(^^)/ 

20170613onaga_w850

しばらくキョロキョロ探しものをしてましたが、
何もない・・・と、あきらめて飛び去りました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

フイリフモトスミレ ・・・駒鳥の続き・・・

待ち時間にうつした花や蝶達です。

コマドリのポイントは 標高1500mほどあり、朝は肌寒くて
足元には まだ春の花 スミレが見られました。

フイリフモトスミレはここで見るのを楽しみにしていたので、見られて良かった♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 フイリフモトスミレ
201706fumoto_w800

 スミレサイシン? or ナガバノスミレサイシン?
201706sumire_w1000

 シロバナノヘビイチゴ(別名: モリイチゴ)?
201706hana_w1024
沢岸一面の白い花 綺麗でした。
(0710 追記:栽培されているイチゴの原種)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

地元では サトキマダラヒカゲ を見ますが、ここでは 

 ヤマキマダラヒカゲ
201706cho_w1040

表翅はヒョウモンチョウに似てる。
201706cho_w700

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

鳥たちも たまに出て来てくれました。

 ソウシチョウ
201706koma_w1000

 ミソサザイ
201706koma_w900

 カケス
201706kakesu_w1150

声が聞かれたのは・・・センダイムシクイ・ウグイス・キビタキ・コガラなど

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

帰路も 富士山の眺めが素晴らしかった♪201706koma_w1600

途中 渋滞もなく無事に家につきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駒鳥 2017

6月に入ったと思ったら もう 梅雨入り 早いですね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて・・・先週 山梨へコマドリに会いに cardash 行ってきました♪

201706fuji_w900
高速のパーキングから

 

chick少し時期が遅いので もしかすると見られないかもしれないなぁ・・・ちょっと心配

最初のポイントの水場にはカメラマンが7~8人、
暇そうにしていたので さらに上のポイントへ ・・・・

上でも まだ一度も出ていないとの事でしたが、待ってみる事に・・・

しばらくすると近くの梢からコマドリのさえずりが聞こえてきました。

声の方をしばし探す・・・と、いました (v^ー゜)ヤッタネ!!

しかも 目線の高さに・・・♪

 コマドリ オス   全長13.5-14.5cm
201706komadori_w1600
(ノートリミング)  

201706komadori_w1300  

201706koma_w1280
   翼は橙褐色

201706koma_w1200

何度か大きな口を開けてさえずりを聞かせてくれて 森の中へ消えました。 

201706komadori_w1024

その後も 声は良く聞かれましたが、見られたのは この一度だけ。 

陽が高くなり 気温が上がってきたら ハルゼミの大合唱となり

コマドリの歌は聞かれなくなってしまった。

結局 ポイントには出て来てくれませんでしたが、
自然の中でたくましく生きているんだねと 少し嬉しかったです。

一年ぶりのコマドリ、可愛いかった♪lovelyheart04

続く

 ( 次は 待ち時間に写した蝶や花などを掲載する予定です。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コルリ

遅くなりましたが コルリの動画(33秒) です。

ここのコルリは とてもフレンドリー。 

近くに出てきたので 動くに動けず・・・お時間がありましたら 見てってください。

動画の中で チヨチヨピーと聞こえて来たのは センダイムシクイ

 センダイムシクイ   全長 12-13cm
201705mushi_w900
(良い写真が撮れなかったのでお蔵入り決定でしたが、ここで UPできて良かったです('◇')ゞ)

※今回はコメント欄は閉じています。

| | トラックバック (0)

夏鳥に会いに⑦ コルリ 2017.05

やっとラストです('◇')ゞホッ 

アサイチに 巣材集めをするコルリの雌に出会いました。

  ( 5/26 追記:  動画サイズを 16:9 に差し換えました。 )

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

落ち葉を嘴一杯にくわえて、飛んでゆき、すぐに戻って来て また 巣材集め、

朝早くから頑張っていました。

遠巻きにして写真を撮っていると わざわざ 近くにやって来る・・・これって もしかして威嚇? 

ずっと見ていたかったですが、
巣作りを放棄 なんてことになりかねませんから・・・shoerunスタスタ

雄は 時々 雌の近くに来てましたが、巣作りに協力する様子は見られません。

今頃は抱卵中かな?無事にかえってくれたら良いです。

コルリ ♀
201705koruri_w900

201705koruri2_w1150

201705koruri_w1280

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

  penguinオオルリは 16cm   コルリは 14cm 
   日本へは 繁殖のため北海道、本州中部以北に飛来する夏鳥。

メスの近くにやって来てた コルリ オス 
201705koruri_w12002
(ノートリミング)

201705koruri2_w1300
コルリブルーと白が美しいshine

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

上とは違うとおもうのですが・・・ 少し下流にいたオス 

201705koruri_w1200

コルリダンス も見せてくれた('◇')ゞ

両足に交互に体重かけて 
枯葉の下に隠れてる虫を探しているようでした。

201705koruri2_w1100_2

201705koruri2_w1280

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

5月の森でであった夏鳥 これにて完

🐢カメ更新に お付き合いいただき有難うございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夏鳥に会いに⑥ 2017.05   キビタキ

キビタキ 声はすれども姿はなかなか見られません。

やっと出て来てくれたのは 凛々しいオスでした。

◆ キビタキ オス   全長 13~14cm
201705kibi_w1150_4

201705kibi_w1150

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

上のオスから少し離れた場所でも キビタキが見られました。

こちらは若鳥からオトナへ 換羽中のキビタキ 
201705kibi_w1300

幼鳥の時は雌とよく似た褐色をしているそうです。
頭にも茶色っぽい羽毛がまだありますね。

201705kibi_w1150_2

201705kibi_w1200

chickどう きれい?      
201705kibi_w1050

メス    二羽のオスの近くで見られた♀     
201705kibi_w970
ちょっとピンボケ('◇')ゞスマヌ

キビタキは 
冬季はフィリピンやボルネオなど東南アジアで越冬し、
夏 繁殖のために日本にやってきますが、
このメスはどちらを気に入るのでしょうlovely

長々とすみません、 次でラストです。

| | トラックバック (0)

夏鳥に会いに⑤ 2017.05  サンショウクイ・オオルリ

桜の大木の近くでは サンショウクイ が見られました。

ヒリリーと特徴のある鳴き声なので、
姿を見なくても すぐに サンショウクイと分かります(^^)/

この時は複数羽で追いかけまわして 賑やかでした♪

 サンショウクイ  全長 約 20cm  
201705sanshou_w1300
名前の由来は
 ヒリリーの鳴き声が山椒(辛いもの)を食べたと連想される事から
  (Wikipediaより)

オス 頭頂部から後頭部が黒いので
201705sanshou_w1000

メス 頭頂部から後頭部が灰色
201705sanshou_w1050

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

樹上ではサンショウクイが賑やかでしたが、

その下の斜面ではクロツグミが・・・どんどん遠ざかって なかなか撮らせてくれません。 証拠写真sweat01

 クロツグミ   全長 約 22cm
201705kuro_w950

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

オオルリも何か所かで・・・

とても瑠璃色の綺麗なオオルリに見とれましたshine

 オオルリ オス    全長 約16cm
201705ooruri_w1400

羽をダラリとして 寛いでる風・・・
201705ooruri_w1300

尾羽を扇子状に広げて 何してるんでしょう  (^^)/プププ
201705ooruri_w1050

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

沢に水を飲みにおりたオオルリ こちらは別個体


このオオルリも 美しいshine
201705ooruri_w12002

真っ白なお腹は ゆで卵のよう('◇')ゞ
201705ooruri_w1160

近くにいたメス  オスと一緒に飛んで行きました、ペアのようです。
201705ooruri_w1200

雄のやさしい歌声 録音しました。 お時間ありましたらどうぞ・・・ 約30秒 

| | トラックバック (0)

夏鳥に会いに④ ミソサザイ(2017.05)

キバシリの後、沢で囀るミソサザイを見つける事が出来ました。

ミソサザイもここで会うのを楽しみにしている野鳥、
日本ではキクイタダキと1・2を争う小さな野鳥ですが、
声量はビックリするくらい大きくて
さえずりは森に響き渡ります。

 ミソサザイ 全長 約11cm

201705miso_w1200
尾羽をあげる仕草がいいですscissors

201705miso_w1100_3

201705miso_w1100

写真で見ると 囀る時に 目をギュってつむっているんですよね。

ありったけの力で囀っているのかな と思うと、よけいに愛おしくなりますheart04

201705miso_w750

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

動画も撮りました。 (13秒)   この声聞くと元気もらえます(^^)/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧