10月の蝶 

10月前半の公園散歩から

公園では野鳥が少ないので 狙い目は花と蝶・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

クロコノマチョウ ジャノメチョウの一種で 秋になるとよく見かけるようになります。

201710_w1000jpg

この時は数人で撮影していましたが 下に下りたので ・・・・

「翅を開いたのは見た事が無いので飛ばしてみよう~」と 誰かが提案、

みんな カメラを構えて準備 ・・・!

201710_w900_2

201710_w900_3

偶然 飛んでるのが写っていました(^^)/

肉眼でははっきり見えませんでしたが・・ 

  前翅表の上端に蛇の目があるんですね・・・(*^^)vヤッタネ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

アサギマダラもまだ健在 アザミの花で吸蜜中 

201710_w900_5

201710_w1000_2

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

サナギや卵で越冬するのではなく 蝶のまま冬を越す・・・

ムラサキシジミ 少しだけ綺麗な紫色が見えた♪

201710_w650b

ムラサキツバメ ムラサキシジミとの違いは尾状突起がある事。

201710_w1150
紫色は くすんだ深い色でした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

気になった植物たち

園路に顔をのぞかせていた白い花は・・・ オケラ  

 最近の鳥見と同じだ・・・(ρ_;)
201710_okera_w1200

201710_w700
低い場所のアザミの花を真上から('◇')ゞ

201710_w650
こわもて風の ウバユリの実  

芸術的にかじったのは誰? (^^)/プププ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湿原のちょう

蝶は 名前調べが難しく いつも時間がかかります。┐(´-`)┌

遅くなりましたが 見られた蝶たちを・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヨツバヒヨドリが群生してる場所で

アサギマダラが吸蜜する姿が何頭も見られ、
美しい浅黄色をしっかり見る事も出来ました。

翅には マーキングなし でした。

 アサギマダラ

A201708cho_w1000_2

続きを読む "湿原のちょう"

| | トラックバック (0)

7月の林道から 黄色い花等

7月中旬 裏高尾の林道へ 夏の花や蝶を見に出かけてみました。

峠まで出ると高尾山にも行けるのですが、カメラが重いので途中まで('◇')ゞ

沢沿いを約2キロ、往復4キロほどの距離をのんびり歩きました。

しばらく歩くと サンコウチョウの声 ・・・ ここにもいるんだ!

さらに進むと オオルリの声・・・ note

声をたよりに探して やっと青い鳥が見つかりました。

 オオルリ 
201707ooruri_w1180

クロツグミの声もすぐ近くから聞こえて来ますが、全然出て来てくれません。

オオルリとクロツグミ2羽の声を録音、時間があったら 聴いてみてね→(46秒)

その他キビタキやイカルの声も聞かれましたが、見られたのはオオルリだけでした。

帰り道でも 元気よい声を聴かせてくれた♪
20170713_56323w1300

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

蝶では・・・

◆ カラスアゲハ(ミヤマカラスアゲハ?)
201707cho_w1300

◆ サカハチチョウ 夏型
201707cho_w800

シャッター押した瞬間に飛び去ったので 撮れたのはこの2枚201707cho_w800_2

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

林道の花たち

◆ タマアジサイ
201707hana_w1024

◆ ショウマの仲間
201707hana_w1000

◆ ハエドクソウ
201707hana_w1260

蠅毒草:この植物全体に有毒成分があり、根をすりおろしたり、
煮詰めた汁でハエ取り紙をつくるのに使われていることに由来
(wikipediaより)

◆ ハグロソウ  本州(関東地方以西)、四国、九州に自生
201707hana_w1160

<< 黄色い花 3種 >> 

◆ ミツモトソウ 初見  山中の渓流のそばに生育する
201707hana_w1050
 ミツモトソウ(水元草、学名:Po tentilla cryptotaeniae)
 バ ラ科キジムシロ属の多年草。別名 、ミナモトソウ

◆ ヤマキツネノボタン  
201707hana_w1100
山地の湿気のあるところに生える

◆ ダイコンソウ
201707hana_w980

201707hikage_w60007.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏のちょう 

5月・6月 鳥見の合間に写した花や蝶たちを 少しですが まとめました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

5月中旬 楽しみにしているのは 緑濃い杉の中で目をひく黄色い花

◆ ジャケツイバラ  花は 径2.5~3cm

201705hana_w650

ツル性の落葉低木で 
もつれ合う枝の様子がヘビが絡み合っているように見えるので”蛇結茨”

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

蝶では  

スプリングエフェメラルの・・・

 ウスバシロチョウ  半透明の翅に透ける花色を楽しんでます。

20170520cho_w950

年1回、5-6月頃見られる。
幼虫の食草:ケシ科のムラサキケマン、エゾエンゴサク、ヤマエンゴサク等
蛹時にマユを作るという数少ないチョウ。

 

 サカハチチョウ(春型) 黄色い筋が逆八に見える!

201705cho_w1100

年二回、春と夏に発生。幼虫の食草はイラクサ科のコアカソ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

6月には

林の中を ふわりふわり優雅に飛ぶ姿に見とれてしまう・・・

 アサギマダラ(浅葱斑) ずっと飛び続けやっと止まってくれました。

201706cho_w1000_2

201706cho_w1000

幼虫の食草 「キジョラン」の葉裏に産卵していた。

アサギマダラ(、学名:Parantica sita)
翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動する。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ツツジの花で 吸蜜中の美しいアゲハに見とれましたshine 

 カラスアゲハ メス

201706cho_w1200_2

201706cho_w1300

身体の上面も 翅と同じ色で保護色になっていて
すごい知恵だなと 感心させられます。

201706cho_w1200

  カラスアゲハ(烏揚羽、Papilio bianor) 

     本州南部では年2-3回発生し、4-9月頃に見られる。
     幼虫の食草 、カラスザンショウなど
     前翅長45-80mm。
     メスはオスに比べて後翅の赤斑が目立つ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アオバの頃 -- GWの公園散歩から --

GWは渋滞を避けて すいてる公園へ鳥見&蝶を探しに・・・

池には コガモのペアがいました。随分のんびりさんです。

(蝶の苦手な方はスルーしてくださいね(^^)/)

◆ カマツカ 木の花も可愛いです、花びらの先が丸いのがいいな
201705kamatsuka_w1050

◆ キンランも沢山咲き出しました♪
201705kinran_w900

GWの頃に ミツバウツギの花が咲き出します。

この花には
アオバセセリ( セセリチョウでは国内で唯一 青い羽を持つ蝶 )が
やって来るので、今年も見られるかな・・・と出かけました。 

お天気が良かったせいか 待ってる間にも いろいろな蝶がやってきて退屈しません。

◆ ミツバウツギに カラスアゲハ♂201705ageha_w1000

◆ カラスアゲハ ♀ ?
201705ageha_w950

◆ ヒカゲチョウ  下羽の○が藤色できれいな蝶です。201705hikage_w850

とってもきれいなアゲハとシジミチョウが 羽を広げていました。

◆ ナミアゲハ 
201705ageha_w900

下羽をUPにしてみました。
201705ageha_up_w950

◆ ツバメシジミ ♀(春型)   すごく綺麗でした
20170tsubames_w1150
春型のメスは、羽の表面にブルーの光沢が現れるそうで、
初めて見ました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

お目当てのアオバセセリ 林の奥から 突然 姿を見せ 少しの間 吸蜜し、どこかへ消えましたが、今年も独特の青い色を見られ満足happy01

◆ アオバセセリ
201705aoba_w1150

光の中だと 青が良くでますshine
201705aoba_w1050

【アオバセセリ】
  ・前翅長 23-31mm
  ・セセリチョウとしては日本国内で唯一青色の翅を持つ種
  ・本州から沖縄にかけて分布   
  ・山地の林縁部や渓流沿いで見られる   
  ・幼虫の食草は、アワブキ、ヤマビワ、ミヤマハハソなど   
  ・成虫は年2-3回、5-9月頃に発生する。
           (Wikipediaより)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

雑木林から -- 4月下旬 --

4月下旬の散歩写真から 

今年はキビタキの歌声があまり聞かれないくてさみしい雑木林ですが、

ムシクイの声が聞こえてきたので ちょっと嬉しかったです。

元気良く囀る美しい夏鳥の声を聴くのも楽しみの一つなのに・・・
もうペアが成立して囀る必要が無くなったのか・・・

今年は少し ヘン だなぁ と思うのです。

◆ 久しぶりに見られたキビタキ   この時も静かでした。201704_w1300

201704_w1150

201704_w1000

◆ エナガ親子♪   下草の中にも4羽ほどの雛がいて賑やか
201704_w1050_2
小さな口を大きく開けて餌をおねだりheart04

◆ ツマキチョウ 
201704_w1050

◆ アツモリソウ   楽しみにしている山野草のひとつhappy01
201704_w1200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林道の蝶とトンボ 4/20

前回 林道に夏鳥探しに出かけた時、見つけた蝶とトンボをUP

この時は 珍しいトンボなども見られ ちょっと得した気分でしたconfident

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

新緑にヤマツツジ ヤマツツジも優しい色合いで若葉とよくあっていて好きな景色
20170420_w1100_2

20170419_w1000

枝に止まったシジュウカラ 何か口にくわえたまま・・・下の切株の中に消えた20170420_w1100
もう 巣立っているかなぁ~chickchickchickchickchick

 ホソミイトトンボ 名前の通り スレンダーなイトトンボ
20170420_w700

一昨年初めて見て、今回で2度目。

この林道で見られたのは 嬉しい驚き でした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

--- 蝶 2種 ---   

どちらも翅を開くと 青い色が見られるんですけど・・・開かず!

 トラフシジミ 春型   
20170419_w1100
この蝶も数が多い方ではないので、
シーズンに一度見られればラッキーと思えます♪

 スギタニルリシジミ  食草はトチノキで、やや山地性の蝶。
20170419_w960
毎年 ギフチョウの里で見るのを楽しみにしていますが 
今年は行くタイミングを逃したため、ここで見られて良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アカスジアオリンガ春型メス

桜も満開となり春たけなわですが、きょうは蛾の羽化です。

苦手な方はスルーしてくださいo(_ _)oペコッ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

先日 公園の草地で見つけたクリーム色の小さな生き物

とことこと草の間を歩いていましたが・・・

W500a
大きさは 
左上に写るオオイヌノフグリの花と見比べて・・・みてね。

細い木のところまできて登り始めました。
W500b

ピンクの縁取りからモンキチョウの春型かな?・・・

折りたたんだ小さな翅が伸びてくるのを じっと見守りました。W500d

緑の小さな翅は伸びるにつれ色が薄くなってクリーム色になるんだろうか???

W500e

W500f

W500g

W500h

W500i

翅が伸びても 黄緑色のまま、
期待していたモンキチョウでは無さそうですが、綺麗な色ですね。

W500j
この後 しばらく待ちましたが、飛び立つ気配もなくジッとしていました。
帰りに寄ってみたら、いなくなっていました。

きっと無事に 飛び立って行ったのでしょう!

pcsearch 帰って調べたら・・・

アカスジアオリンガ(ヤガ科) 春型メス という蛾でした。

名前にある アカスジ・・・は 雄に見られるようです。

分布:本州(関東以西)~九州  開長:40mm 年2回発生。

食草は ブナ科クヌギ属のコナラなどとの事、
外見も新芽によく似ています。 ↓

20170410_48544s

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

蝶だと良かったですが、綺麗な蛾もいます。

外国では 蝶も蛾も区別なく みんな 蝶 と呼ぶそうですし、

羽化は 自然の中ではめったに見られないと思うので、

貴重な瞬間を見られてラッキーでした(嬉)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

アカスジアオリンガ(春型メス)の羽化をスライドショーにしてみました。

興味がありましたらどうぞ・・・

※コメント欄は閉じています。

| | トラックバック (0)

9月の蝶と・・・

0910_w1000
セセリチョウの仲間

9月になると、
盛夏には夏眠をとっていたヒョウモンチョウ等も見られるようになり、
蝶の種類も増えて来ますね。

秋に羽化したのでしょうか、綺麗な蝶が多かったです。

ツマグロヒョウモン ♀
0917_w1000_2

キアゲハ   
0917_w1000

モンキチョウ
0926_w1100

 

モンシロチョウ           スジグロシロチョウ?

0926_w1050 0926_w1200_2

秋の蝶  ウラナミジャノメ  
0917_w1050
南方から徐々に北上してくるので当地では秋に見られます。

ルリモンハナバチ   今年はオオセイボウに気をとられて・・・でも見られて良かった
0910_w1200

ホウジャクの仲間    ちょっとメタボじゃない事('◇')ゞ
0910_w1150

ホバリングしながら吸蜜、 花に止まるのは 1秒もない 
少しもじっとしていなくてやっと写せましたsweat01

0910_w1250

こちらは蛾ですが、外国では蝶も蛾もなくて みんな蝶
蛾と蝶を区別するのは日本だけらしい。

と言うわけで 
綺麗なものは蝶でも蛾でも昆虫でも・・・撮りたいね! 

今回もコメント欄は閉じていますm(_ _)m

| | トラックバック (0)

湿原の花と蝶

標高約1632mの高層湿原では、標高が高いので 
お花たちも 一足早く 夏から秋へ移り変わってるようでした。

期待した花や蝶等の予想が外れてしまいましたが、
それでも 精一杯夏を謳歌する湿原の花たちに
元気をもらい癒されました♪ 

20160824_w900

ツリガネニンジンとヤナギラン
20160824_w600

可愛い ナンテンハギ   アクセサリーになりそうね♪
20160824_w850nanten

ハバヤマボクチ  地元で見られるのは オヤマボクチ でした。
20160824_w1100_2bokuchi

マツムシソウ
20160824_w930matsumusi

山地の湿地で見られる イワアカバナ 
20160824_w800iwa

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

sun陽がさすと蝶も出て来てくれました♪

ヒョウモンチョウ?  指どまり(^^)/ ミネラル補給でしょうかね
20160824_w1100_1
コヒョウモンも飛んでましたが、
ヒョウモン・コヒョウモン 見分けがややこしくギブアップ

ヒメシジミ♂ ?   
20160824_w1100hime

20160824_w1150hime
ヒメシジミ♀

シジミチョウも見分けが難しいですね、
名前違っていたら教えて下さい!

青い筋が目をひく ヘリヒラタアブ 
20160824_w1260herihirata

写真がイマイチと名前調べとでUPが遅くなりました。人( ̄ω ̄;) スマヌ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧