旅行・地域

高原へ 2019.06

ここ数年 夏に出掛けている高原へ 六月中旬に訪れました。

Mtview-w1150

遠くに富士山を眺めながらヒンヤリ心地よい高原の空気を満喫

どこからか カッコー カッコー と聞こえてきて高原気分を盛り上げてくれます('◇')ゞ

カッコウが飛んでるのは見られましたが 写真は間に合わず(^^;

声を録音してみました。↓ クリック で高原気分をおすそ分け(^^)/

 

実は・・・満開のレンゲツツジを期待していたのですが、少し早くて 蕾が多かった。

Renge-w750

でもあちらこちらでオレンジの群落が見られました。

  

ノビタキも飛んでいます♪

Nobi-w1150

 

ノビタキ♂
Nobi-w1250

虫を嘴いっぱいくわえて 忙しげに飛び回っていました。
巣の中では 雛が待っているんですね♡

ノビタキ ♀
Nobif-w1250
蕾の上に止まってくれました♪

~~~~ ~~~~ ~~~~

足元には 花の大きなスミレが咲いていました。 

サクラスミレ(名前の由来は 桜の花弁のように 花びらの先にくぼみがある事から)
Hana-w1200

チゴユリ
Hana-w935

レンゲツツジ 
Rennge-w900   

ヤマツツジとよく似ていますが 花の形で見分けるそうです。 

  • レンゲツツジ 花は細く先がとがっている
  • ヤマツツジ  花びらの先に丸みがある

※ 湿原へ につづく・・・

ポチッとよろしく!

|

ミソサザイ  2019-05

森では野鳥たちの綺麗な歌声を聴くのも楽しみ。

沢の主 ミソサザイは 今年も威勢良い声を張り上げていました。

1-misow1150

尾羽をぴょんとあげて お気に入りのソングポストで歌っています!

2-misow1200

動画に囀りが入っています(8秒・・・一番下に)

3-misow1200

~~~~ ~~~~ ~~~~

ミソサザイがもう一羽 近くにやって来た時の事

このミソッチはすぐに近づいてゆき 追い出しにかかりました。
その後 杭の先っぽにとまって 翼や尾羽も広げてしばらく震わせていました。
自分の縄張りを主張して威嚇してるのかな? 初めて見たので ちょっと得した気分('◇')ゞ

5-misow1200

6-misow1200

 

二つ目の沢のミソサザイは、ちょっと気がかり

尾羽がありません。また伸びてくるのかな?元気に歌っていたので大丈夫そうですが・・・。

4-misow900

~~~~ ~~~~ ~~~~

ミソサザイの囀り 

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (4)

ヤブサメの水浴び 2019.05

毎年 沢の近くで見かけるヤブサメですが 今年は なかなか出会えません。

お昼近くになってやっと 小さな池で水浴びするヤブサメを見る事ができました♪

W1300201905
全長 10cm

 

水浴び動画 お時間ありましたらどうぞ・・・ 16秒・No soundです。

yabusame

 ほんの一瞬の出会いでしたが 水浴びを見るのは初めてでラッキーでした(^^)/

※ コメント欄は閉じています。

ポチッとよろしく!

|

青い鳥 2 コルリ成鳥雄 2019.05

青い鳥が続きます。

沢の下流では若い子ルリが出てくれましたが、少し上流では成鳥にも出会いました。

真っ白な胸と 少しくずんだコルリブルーのコントラストが綺麗で印象的でした♪

1-w1368_90093

虫を探しながら沢を遡ったり下ったり・・・

2-w1100_90128

このコルリもたっぷり大サービス

3-w1000_90155

陽が高くなり 低い沢に日差しが届くようになり 沢の撮影は逆光に・・・(-_-;)
5-w1100_90672

新緑にも深いブルーが良い感じ
5bw1200_90694


水の模様が面白いです
6-w1368_90710

 

7-w900_90779

8-w1150_90786

9-w1250_8030
お昼過ぎには 水浴びも・・・(^^)/ 

続くのでコメント欄は閉じています。

ポチッとよろしく!

|

青い鳥 1 コルリ若 2019.05

随分間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

トップはコルリ この森で見られるのを楽しみにしています。

今回はコルリがよくでて来てきてくれました。

3w100_89968

まだ朝陽が射しこまないのですこし薄暗いですが、森の入り口にあるビジターセンターでお出迎え(^^)/オハヨー

頭や胸に茶色の羽毛は幼鳥の名残り 成鳥へ換羽中の若いコルリのようです。

1w1200_7760

足元までやって来ました( ワイド端・ノートリミングです )
1w1000_89924

2w1050_89948

すぐ前を横切って森の中へ
4w1000_89988

~~~~ ~~~~ ~~~~

沢でも若様を見つけました。朝一で出てきてくれたコルリと思われます。

2w1100_7997

3w1150_8007

4w1050_8010

続きを読む "青い鳥 1 コルリ若 2019.05"

| | コメント (8)

町の植物園 2019.05

先週 連休明けを待って鳥見に少し遠出し、帰りに その町の植物園 に寄ってみました。

クマガイソウを見れたらと思っていたのですが、少し早かったようです。

その代り 
深山や高山帯で見られる「シラネアオイ」が咲いていて嬉しかったです。

(鳥見の写真は後ほどUPの予定です)

シラネアオイ キンポウゲ科シラネアオイ属の多年草日本固有種の1属1種 
Shiraneaoiw1200
やさしいピンクをした気品ある花でした。山道で出会ったら疲れも忘れますね~(^^)/

  

他には フデリンドウなどの花が見られ、私の住む地域とは季節がひと月ほど違う気がしました。 

201905w900hana2
フデリンドウ

201905w1100hana
ニリンソウ

201905w750hana
サクラソウ サクラソウ科サクラソウ属の多年草

201905w900hanak
コンロンソウ 

201905w760hana
ラショウモンカズラ

201905w700hana
クリンソウ 日本原産 サクラソウ科サクラソウ属の多年草

池には・・・水芭蕉   花は終盤でしたが 久しぶりに見られて良かったです。

201905w650hana2

~~~~ ~~~~ ~~~~

ポチッとよろしく!

| | コメント (6)

ノビタキの羽繕い とウグイス 動画 2018

湿原散策中に動画を沢山撮ったので 時間がある時にでも見てくださいね~。(^^)/201807nobiw920

木道を動き回るノビタキ幼鳥の傍らで しきりに羽繕いしていたノビタキの父201807nobiw13501

こちらに気づいても 羽繕いを続けていたので 動画 撮りました。(1分48秒)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ノビタキのムービー撮影中もずっと聞こえていたウグイス 

声の主を探すとすぐ後ろにいました。

ウドに止まって 声を響かせていました。
201807uguisuw1150

遠くから聞こえるホーホケキョに負けじとばかり

201807uguisuw1200

ウグイスの囀り(55秒)

これで 湿原のストックはおしまい。
暑さも手伝って のんびり更新してしまった('◇')ゞ

|

ノビタキ幼鳥 動画編 2018

湿原の木道の周りでちょこまか動き回っていたノビタキの若たち 4羽、可愛かったので動画を撮ってみました。

201807nobi_w1100_1

動画は1分19秒 ちょっと長めなので 時間がありましたらご覧ください。

|

湿原の蝶 アカセセリ. コヒョウモンモドキ 2018

気温が上がって来ると 鳥と入れ替わるように蝶が飛び始めました。

絶滅危惧種のコヒョウモンモドキアカセセリ、綺麗なシジミチョウも見る事が出来、花・鳥・蝶と楽しめた湿原でした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

一番最初に見られたのは 

コムラサキ  
201807chow10002
地元でも見られるけど、前翅の紫が美しい事 

ヨツバヒヨドリで吸蜜中なのは アカセセリ(絶滅危惧種)かな?  
201807choakaw1080

嬉しい事に セセリチョウがクガイソウに止まってくれた(^^)/ 名前は不明
201807chosew1010

遠くを飛んでた コヒョウモンモドキ(絶滅危惧種)
201807chow850   
  

翅の格子模様が特徴です。
近くに来てくれず残念でしたが、今回も確認できて安心(^^)/

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

湿原で見られる ヒョウモンチョウ  

見分けが難しく名前に自信はないですが・・・
地元では見られないので 
見分けるポイントも少しメモして UPしておこう(^^)/

コヒョウモン
201807chow820a
見分けるポイント:前羽の黒い班紋(白い矢印)が続いている

翅表より 裏側のほうが特徴ありますね。
201807chow800

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヒョウモンチョウ? 

201807namiw820a
見分けるポイント:前羽の黒い斑紋が離れている。 
黒い斑紋が小さめで明るいオレンジ色をしている

翅裏は逆光で色が出ませんでした。
201807namiw1000

上の写真のコヒョウモン・ヒョウモンチョウ 並べてみたら201807chow1280
右側の方が 斑紋の黒い面積が少ない気もする?

ヒョウモンチョウでも 黒斑紋が繫がっているのもあり見分けは難しいようです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こちらは 地元でも見られるヒョウモンですが いちおうUP

ミドリヒョウモン
201807midoriw950

ウラギンヒョウモン
201807chow980

201807chow1050

後翅の一番上の銀紋が5つある (銀紋4つだとギンボシヒョウモン)
201807chow880

ウラギンヒョウモンは多く飛んでました。

のんびりしすぎて チコちゃんに叱られそうなので、続けてシジミチョウもUP。

|

湿原のシジミチョウ 2018夏

地元で見るヤマトシジミやルリシジミよりも 
湿原のシジミチョウは 翅の付け根部分が青みがかって
とても綺麗です。 

帰りに寄った 「池のくるみ」の湿原にて

皆 ヒメシジミかと思いますが・・・。

201807choshiw1190
翅のすれがなくて とても綺麗なシジミチョウです。

201807choshiw1100b

スニーカーに止まってくれました。  ほこりまみれでスマヌ
201807choshiw1100a

メスはちょっとベージュがかってますね。
201807choshiw1100

ツバメシジミ  後翅に尾状突起がある ツバメシジミもいました。
201807choshiw1050
ツバメシジミは地元でも見られるシジミですが、
見られると ちょっと嬉しいシジミです。

|