日記・コラム・つぶやき

夏鳥に会いに⑥ 2017.05   キビタキ

キビタキ 声はすれども姿はなかなか見られません。

やっと出て来てくれたのは 凛々しいオスでした。

◆ キビタキ オス   全長 13~14cm
201705kibi_w1150_4

201705kibi_w1150

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

上のオスから少し離れた場所でも キビタキが見られました。

こちらは若鳥からオトナへ 換羽中のキビタキ 
201705kibi_w1300

幼鳥の時は雌とよく似た褐色をしているそうです。
頭にも茶色っぽい羽毛がまだありますね。

201705kibi_w1150_2

201705kibi_w1200

chickどう きれい?      
201705kibi_w1050

メス    二羽のオスの近くで見られた♀     
201705kibi_w970
ちょっとピンボケ('◇')ゞスマヌ

キビタキは 
冬季はフィリピンやボルネオなど東南アジアで越冬し、
夏 繁殖のために日本にやってきますが、
このメスはどちらを気に入るのでしょうlovely

長々とすみません、 次でラストです。

| | トラックバック (0)

夏鳥に会いに⑤ 2017.05  サンショウクイ・オオルリ

桜の大木の近くでは サンショウクイ が見られました。

ヒリリーと特徴のある鳴き声なので、
姿を見なくても すぐに サンショウクイと分かります(^^)/

この時は複数羽で追いかけまわして 賑やかでした♪

 サンショウクイ  全長 約 20cm  
201705sanshou_w1300
名前の由来は
 ヒリリーの鳴き声が山椒(辛いもの)を食べたと連想される事から
  (Wikipediaより)

オス 頭頂部から後頭部が黒いので
201705sanshou_w1000

メス 頭頂部から後頭部が灰色
201705sanshou_w1050

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

樹上ではサンショウクイが賑やかでしたが、

その下の斜面ではクロツグミが・・・どんどん遠ざかって なかなか撮らせてくれません。 証拠写真sweat01

 クロツグミ   全長 約 22cm
201705kuro_w950

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

オオルリも何か所かで・・・

とても瑠璃色の綺麗なオオルリに見とれましたshine

 オオルリ オス    全長 約16cm
201705ooruri_w1400

羽をダラリとして 寛いでる風・・・
201705ooruri_w1300

尾羽を扇子状に広げて 何してるんでしょう  (^^)/プププ
201705ooruri_w1050

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

沢に水を飲みにおりたオオルリ こちらは別個体


このオオルリも 美しいshine
201705ooruri_w12002

真っ白なお腹は ゆで卵のよう('◇')ゞ
201705ooruri_w1160

近くにいたメス  オスと一緒に飛んで行きました、ペアのようです。
201705ooruri_w1200

雄のやさしい歌声 録音しました。 お時間ありましたらどうぞ・・・ 約30秒 

| | トラックバック (0)

夏鳥に会いに② ノジコなど (2017.05)

夏鳥に会いに行った森では 沢沿いを歩きながらの探鳥です。

二本ある沢で それぞれに違った野鳥が見られ、
嬉しい出会いが沢山ありました♪

その中で きょうは小さな野鳥をまとめてみました。

 コサメビタキ メスかしら?とても可愛いですよね(o^-^o)
201705kosame_w1080

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 コガラ 

沢沿いの道で 賑やかに群れで飛び回っていて、
この子は 餌をおねだりしてるように見えました。

嘴に黄色味があって 幼鳥かな?
201705kogara_w750

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 ヒガラ 巣材集めに夢中で、あまり人を警戒しない
201705hgara_w1100

正面顔
201705hgara_w950

後姿
201705hgara_w950_2

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 アオジ♀  私の地元では冬に見らる冬鳥です。
201705aoji_w990

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今回 出会えてうれしかった夏鳥のノジコ 
アオジのオスに似ていて 目にメジロのような白いアイリングがあります。

日本でのみ繁殖をするようなので
ノジコに良い環境がずっと変わらずありますように。

 ノジコ 草地を歩きながら餌探し
201705n_w850

羽虫をGet!
201705n_w1100

・繁殖地としては 日本のみが知られており、
 本州(青森から兵庫)に渡来するも局地的

・生息場所は 
 低山から山地の落葉広葉樹林・針葉樹林で
 明るい林を好むとの事  (日本の鳥 550 より)

201705n_w1030

下尾筒が見えた(^^)/ 薄い黄緑
201705n_w900_2

③へ 続く・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます   (2017)

201701_uguisu_w1200

皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。   zucca

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

201701uguisu_w900
おおいに羽ばたいて・・・

楽しい一年になりますように・・・。
201701uguisu_w1150

201701uguisu_w1270
この後 林の中へ・・・dash       (撮影  2016年12月)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

PS 鳥の名前 書き忘れましたm(_ _)m   ウグイス でしたchick

| | コメント (10) | トラックバック (0)

11月の初雪!    2016.11.24

20161124yuki_w500c 朝から雪でした。 

11月の降雪は54年ぶり、さらに 都内での積雪は観測史上初 との事。

20161124yuki_w500

snow 午後3時頃には 雪もやみ ほっとしました。

明日の朝の最低気温は -2℃の予報です。
凍結路面に気を付けて歩きましょう。

20161124yuki_w500b

まさか 11月に雪が降るなんて・・・

季節外れの雪の原因は温暖化との事ですが、この冬のお天気 どうなるんでしょう。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

午後も降りしきる雪を横目に見ながら、ステッチしてました。

白バラは    11/14 完成

20161124fremme_w550_2
(C)Haandarbejdets Fremme

最近は 裏も綺麗にステッチしようと思い試行錯誤、
そしたら左の花びらも間違えて・・・ほどいてやり直し
修正が小さな面積で 良かった(*_*;ホッ

 

今は クリスマス物のチャートを・・・

20161124fremme_w600_2
「星の輝く夜」  (C)Haandarbejdets Fremme

以前ブルー系の花糸で作った図案の色違いです。
暖色系のはやはり暖かな感じ、暖炉の上にでも飾ったらぴったりかも・・・

暖炉ないけど・・・ね('◇')ゞ

| | トラックバック (0)

秋の渡り 2 (2016)

今回は 良い写真が撮れなかったのですが、一応見られた という事でUPします。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

隣の県から 旅鳥 キマユホオジロ のニュースear

滅多に見られない野鳥なので お天気の良い日に出掛けました♪

ポイントは湖の堤防の下にある植え込み、
その中を移動して たまに上に出てくるようです。

キマユホオジロは 
ホオジロと違いお腹が白く、頭央線があるのが特徴

堤防は700mほどと長いので 自分の前に出てくれたら ラッキーなんですが・・・

朝からお昼頃まで待って やっと見られました。

生い茂る草の隙間に見えたのでパチリ、野草の種を食べているようでした。

 キマユホオジロ   初見
201610kimayu_w1180

若い♀ と言う事です。

初めての渡りなのでしょうか、無事に越冬地に着きますように。

201610kimayu_w950
黄色が分かりますか?

201610kimayu_w1050
全身がスッキリ写ってるのが撮れませんでした。sweat01

201610kimayu_w500
頭央線

植え込みの周りでは スズメ・ホオジロ・ノビタキ等が飛び回っていたので、長い待ち時間もあまり飽きることなく過ごせました。

201610kimayu_w900
ホオジロ ♀

201610kimayu_w1060
ノビタキ♀?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

湿原の花と蝶

標高約1632mの高層湿原では、標高が高いので 
お花たちも 一足早く 夏から秋へ移り変わってるようでした。

期待した花や蝶等の予想が外れてしまいましたが、
それでも 精一杯夏を謳歌する湿原の花たちに
元気をもらい癒されました♪ 

20160824_w900

ツリガネニンジンとヤナギラン
20160824_w600

可愛い ナンテンハギ   アクセサリーになりそうね♪
20160824_w850nanten

ハバヤマボクチ  地元で見られるのは オヤマボクチ でした。
20160824_w1100_2bokuchi

マツムシソウ
20160824_w930matsumusi

山地の湿地で見られる イワアカバナ 
20160824_w800iwa

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

sun陽がさすと蝶も出て来てくれました♪

ヒョウモンチョウ?  指どまり(^^)/ ミネラル補給でしょうかね
20160824_w1100_1
コヒョウモンも飛んでましたが、
ヒョウモン・コヒョウモン 見分けがややこしくギブアップ

ヒメシジミ♂ ?   
20160824_w1100hime

20160824_w1150hime
ヒメシジミ♀

シジミチョウも見分けが難しいですね、
名前違っていたら教えて下さい!

青い筋が目をひく ヘリヒラタアブ 
20160824_w1260herihirata

写真がイマイチと名前調べとでUPが遅くなりました。人( ̄ω ̄;) スマヌ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の湿原にて 2016.08

前回の続きです。

湿原では 蝶や花との出会いを期待していましたが、
前回(2年前)と違って 花もあまり咲いてなくて・・
花が無ければ蝶も来ない・・・ ちょっと時期が遅かったかもdown

それでも 木道を歩いていると ウグイスは綺麗な声で鳴いてくれるし 風もヒンヤリ涼やかで気持ち良く歩けます。

湿原を眺めていたら 草地を飛びまわる小さな野鳥に気づきました。

双眼鏡でチェック!    ノビタキ でした(^^)/ヤッタネ 

木道からは 15~20メートル離れていて遠くて camera難しい

20160818nobi_w1368b
    ノートリ     背景のピンクは ギボウシ?

 口に虫を咥えていますね ・・・  

後を追うと・・・

雛が二羽 大きな口を開けていました。
20160818nobi_w1200

この後も 親子の微笑ましいシーンを沢山見る事が出来ました。

20160818nobi_w1368

上の写真をトリミングしてみますね。
20160818nobi_w1000

20160818nobi_w920
幼鳥は 尾羽が短くて羽の色も茶色っぽい、これも保護色かも

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

真っ黒な夏羽のノビタキ♂  一度だけ近くへやって来てくれました。

20160818nobi_w1250

せっかくのチャンスだったのに 焦ってピンボケ量産( ̄Д ̄;;

20160818nobi_w950
喉のオレンジがカッコイイ 

20160818nobi_w1090

20160818nobi_w1350
シシウドに・・・

ヤナギランにも来てほしいなぁ~ の願いかなわず20160818nobi_w600

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こちらでも子育て中のホオアカが 見られました。

ノビタキやホオアカは湿原を代表する野鳥ですね。

特に 今回は 夏羽のノビタキをゆっくり見られて 良かった~♪

・・・Lastに 続きます ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

夏の高原にて 2016.08

お盆休み前 爽やかな風を求めて 長野県の高原へ出かけて来ました。 cardash

草原をぬって走るビーナスラインは なだらかな草原の
素敵な景色が広がっているので
最初は 「ドライブをメインに行こうね~」と話してましたが、
着いてみたらやっぱり cameraメインに・・・('◇')ゞ

車を降りると 渡る風はヒンヤリ心地よく、別世界ヽ(´▽`)/

Img_2078w750
さわやかな風が吹き上がって来ます♪

ニッコウキスゲは もう終わってましたが、色々な花に出会えました。 

20160813_w1000
コオニユリ 花期:7~8月

鹿の食害対策でロープが張られ、貴重な植物が守られています。

ここのナデシコは 花色が濃くて綺麗 と思ったら 
カワラナデシコとは別の エゾカワラナデシコ だった。  
20160813_w1000_2
エゾカワラナデシコ は、
  花がやや大きく,色が鮮やかな傾向があるとの事。
  本州中部以北,北海道に分布 
  カワラナデシコとの見分けは苞の数
   カワラナデシコは苞が3~4対、エゾ・・・は苞が2対
       「植物図鑑・撮れたてドットコム」参考

20160813_w900
ウメバチソウ 花の大きさは 2cmほど  花期:8月  
         花が梅に似ているところから名付けられました 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

風に揺れる穂先に野鳥が・・・ヽ(´▽`)/ ♪
20160813_w1600

ホオジロの仲間  ホオアカ でした。 

穂先にいるのが 幼鳥のようで、左下に親鳥!

ホオアカ幼鳥
20160813_w1368

20160813_w1300
ホオアカ 成鳥 全長15-16.5cm 

地元ではいない野鳥がいてくれて、
やっぱりcamera メインになっちゃいましたね('◇')ゞ

さぁ 次のポイント 湿原へ cardash    --- 続く ---

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石鹸玉

小春日和の休日 鳥見に出かけた公園の帰り道

どこからか  

ふわり ふわり 流れてくる 石鹸玉 ・・・ 陽光に輝いて綺麗shine

風に乗って 次々に流れ来るシャボン玉 に ココロ うきうき

童心にかえって 思わず レンズを向けました('◇')ゞ

今の石鹸玉は すぐには消えないので 写真も撮りやすかった。

20151224savon_1280_3

    流れつつ色を変へけり石鹸玉   松本たかし

20151224savon_1280

  一番上のシャボン玉は 3重になっていたんですね(^^)/20151224savon_1280_1

  しゃぼん玉底にも小さき太陽持つ   篠原梵

20151224savon_1280_2

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧