« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

松林の鳥 2019.02

薬草園の帰り 小さな松林の前を通りかかると 松の落ち葉の上を歩いている鳥が目に入りました。 

確認すると ビンズイ!  

ビンズイは主に松林で見られる事が多く、
雑木林の公園では遭遇する機会が少ないので
ラッキーな出会いでした。 

ビンズイ(セキレイ科) 体長15-16cm、雌雄同色。
201902binzuiw1070

冬は植物の種子など主食とし、主に地上で採食するとの事。201902binzuiw1150

木の陰に入って歩いてる事が多いです。
201902binzuiw950

201902binzuiw1250

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

途中のキクイタダキのポイントへも寄ってみました。

キクイタダキも 松や杉の木でよく見られます。

枝の下をのぞき込むように見上げて餌探し 頭の黄色も見えました。

UPにすると 動きが早い菊ちゃん故 見失いそうなので、少し引き気味で撮影。

201902kiku_1150

逆光で写しにくかったです。

201902kiku1280

逆光でのホバリング
201902_kiku1000

シジュウカラが良く鳴いていました。
201902toriw1100

帰りには あまり上手でないウグイスの初鳴きも聞こえました♪

春に向け 練習中? (^O^)/ププ

いよいよ「音の春」も到来かな・・・

| | コメント (4)

早春の花 オウレン 2019.02

早春の花に会いに 薬草園へ・・・

池にダイサギ?が来ていました。201902hana_w600

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2月も中旬になると小さなオウレンが気になり出します。

少し時期遅しかと思いましたが、美しい花を見られました。

コセリバオウレン 
201902hana_w900

この花を見ると 春がやって来た~ と思えます。

オウレンの足元の青い実(ジャノヒゲ)も宝石のように美しかった
・・・って 写真ボケボケですけど・・・('◇')ゞ
201902hana_w1140

紫がかった色の花びらは初めて見ました。
201902hana_w1020

こちらは

  バイカオウレン 丸みのある花びらが愛らしい♪
201902hana_w800

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

セツブンソウも早春の花 見られて良かった♪
201902hana_w1000

201902hana_w950

陽だまりにスミレも咲いていた(^^)/
201902hana_w700

まだ花の少ない薬草園ですが ジンチョウゲ科の花が咲いていました。

きっと本家の沈丁花も 芳香を放って咲いてるんでしょうね。

花の形が似ていますね♪
201902hana_w1050

ミスミソウやイチゲが少しだけ開花していたので、これから楽しみ。

| | コメント (2)

エナガ 巣作りの季節 2019.02

1週間ぶりに 鳥見散歩に出かけたら 雑木林ではエナガが巣作りの真っ最中。

シジュウカラやメジロやヤマガラの巣作りは見た事がありませんが、
エナガの巣は 落葉高木に作ったりもするので 
今のところは葉が無くて見つけやすいです。

といっても この日はお馴染みさんに教えてもらいました。

もう 4個も見つかっていました。

これから歩く楽しみが一つ増えたと同時に 天敵に襲われないかと 気が気でないなぁ。

巣の写真はありませんが 親エナガの写真をUP

201902enagaw1350

201902enagaw1000

201902enagaw980

メジロも もう巣作り始めてるのかな?
201902mejirow1300

※コメント欄は閉じています。

|

アートなヤーンで靴下 2019.02

冬も終わり近くになって 毛糸のソックスが編みあがりました。

今冬は 2足完成 少しずつでも毎年編みためてゆけば良いかと思っています。

201902socks

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

右側の靴下(紫・青系)の使用糸は いつものメーカーのOPAL

赤系の毛糸は 「アートなヤーン」と言う名前で今回初使用、

20190w7002

色が気に入ったのですが 
毛糸屋さんの在庫 一玉しかなかったので 今回は色合わせせずに編んでみました。

ひと玉50g(190m)を 半分ずつに分け、つま先から2足同時編み
(最近編む靴下は いつもこの方法です)

編み始めからすでに模様が合ってませんでしたが、最後まで見事に段違いでした。

・・・ あまり不自然さは感じない気もするけど・・・ 

深みのある色合いが とても温かく感じられます。

  毛糸 40g(アートなヤーン  ウール80%・ナイロン20%) 
  3号輪針(80cm) 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

次の手仕事はこちらの図案でステッチを・・・

201902_stitch  

野の花のリースにワクワク、ステッチが楽しみです。

※コメント欄は閉じています。

|

菊戴 2019

先日の事 公園でキクイタダキを見たとメール頂き、翌朝 探しに出掛けました。

この公園は鳥見の人が少なく 自力で探さなくてはいけません。

キクイタダキの来そうな スギや松の木の前で待ちました。

ヤマガラやシジュウカラがやって来ました。鳴き声に少しさえずりも加わり春めいてきました。

菊ちゃん混じっていないかな? 

しばらくして ホバリングする小さな野鳥が・・・

も もしかして ・・・ キクイタダキ!

急いでカメラを向けるも 小さいし忙しく動き回るしでなかなか捉えられない。

最初の一枚から 飛び去るまで わずか 20秒ほどのシャッターチャンスで 

あっという間の事、でも 嬉しい出会いでした。

帰って確認したら 数枚だけ写っていました(^^)/

20190204kiku_w100086502

頭の黄色い冠も写ってた(^^)/  オレンジ色がないので♀かな?
20190204kiku_w8002

20190204kiku_w1200
きゃ ホバリングも写ってた (^^)/ヤッタネ 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

帰り道 駐車場へ向かう途中に出会ったのは・・・

コジュケイファミリー 茂みから繁みへ 素早く移動中を 何とか間に合って写せました

20190204kojukei_w1350

ジョウビタキ♀   
20190204jobi_w1300

駐車場近くでルリビタキ♂ 
20190204ruribi_w1160
ここのルリビ君 背中の瑠璃色が少しくすんでいるので まだ若いようです。 

今季出会うルリビタキは なぜか若様ばかりです。

| | コメント (6)

立春に 2019.02

20190204stitch_w1000
(C)Haandarbejdets Fremme

2/3に完成した クロスステッチの「ラッパスイセン」

春らしいデザインなので早く完成させたいと、
ここ数日集中してステッチしました

小さいけど春がぎっしり詰まって お気に入りが増えました(^^)/

取り急ぎ 手元にあった 2L判のフォトフレームに仮額装

(後日 画材屋さんで あう額を見つけたいと思っています。)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こちらもお気に入り 青い鳥とセイヨウナナカマド 図案の直径7cmほど

20190204stitch_w600
(C)Haandarbejdets Fremme

 どちらの図案も 「クロスステッチで描く花図鑑」 日本ヴォーグ社より

    Design : Gerda Bengtson
    Linen: HF-Linen 12B
     Thread: :デンマーク花糸 flora cotton

   ★キットもあります。 
      ラッパスイセン Kit № 30-6324    
      青い鳥 Kit № 17-5620

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

きょうは立春、東京は日中の気温が20℃近くまであがり暖かな一日でした。

明日はまた冬に逆戻り、風邪ひかないように気をつけたいものです。

| | コメント (6)

ミヤマホオジロ 2019.01

ミヤマホオジロを探しに 毎年飛来しているポイントへ行ってみました。

いつもは11月頃行っていたので今年は遅め

姿を探しながら歩いていると、
数羽が斜面で 数羽が採餌しているのを見つける事が出来ました。

中に一羽 胸のエプロンが真っ黒でカッコイイ♂がいました。

ミヤマホオジロ♂
201901miyama_w800

この子は雌でしょうか?  どちらも足環をつけられていました。
201901miyama_w940

何に驚いたのか  皆一斉に飛び立ちました
201901miyama_w1000h1160
3羽は♂一羽 ♀2羽かな?   

こちらは二羽とも♂?
201901miyama_w1160
右端の植物はキジョラン 
アサギマダラの幼虫の食草です。
葉に丸い穴が開いてればアサギマダラの食痕、幼虫がかじった証拠です。

201901miyama_w1060
ミヤマにつられて シロハラも飛びあがりました。

可愛い表情なので メスかも?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

※コメント欄は閉じています。

|

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »