« 鳥見散歩 10月上旬 | トップページ | 河原にて② 秋ノビ 201810 »

河原にて①  秋の蝶 2018・10

河原にノビタキが来ているとの事で出掛けてみました。

河川敷はセイタカアワダチソウやセンダン草・ススキなどに埋め尽くされています。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

河原の 秋桜  こういう昔ながらの色のコスモスは安らぎます
201810hana_w800s

主役を待つ間 花に来る蝶々ウォッチング。

きれいな青色がちらちら見えて気になる・・・ 
写して確認すると ウラナミシジミでした。 

もともとは熱帯・亜熱帯に分布していて
春から秋にかけて温帯域に分布を広げるとの事

 こちらでは秋になるとみられます。

秋の蝶 ウラナミシジミ♂
201810cho_w1000_2

日当たりの良い草原に生息。

201810cho_w1200_2

後翅に メタリックなラインがありますshine

201810cho_w1150

201810cho_w1100

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

その他には・・・

ヤマトシジミ♂  ウラナミシジミより小さくて春~ずっと見られます
201810cho_w1000

ツマグロヒョウモン♀ 
201810cho_w1300

モンキチョウ
201810cho_w1100_2

キタテハ
201810cho_w750

イチモンジセセリ
201810cho_w1200

薄曇りのお天気で陽射しも弱かったけれど、けっこう見られるものですね。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

イチモンジセセリが吸蜜していた薄紫の可愛い花は 

アレチハナガサ 南アメリカ原産の帰化植物で、草丈1~2mの多年草 
           河川敷や道端で見られるようです。
201810cho_w1000_3

続く・・・

|

« 鳥見散歩 10月上旬 | トップページ | 河原にて② 秋ノビ 201810 »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事