« コムクドリ (2018 秋) | トップページ | コムクドリ オス  (2018・秋) »

 ツミとカワセミ   2018・盛夏

まだセミの声が賑やかだった夏真っ盛りの頃、

公園で顔見知りの人から
「池にカワセミがいたけど飛んで行ってしまった」と聞き、
戻っているかもと池へ行ってみましたが、やはりカワセミの姿は見えず。

201809cho_w1200
サトキマダラヒカゲが休憩中

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

公園をひと廻りして池に寄ってみると
ちょうどカワセミがやって来て池の中の枯れ木に止まりました。

胸や背中の翡翠ブルーがくすんでいるので 今年生まれの若いカワセミのようです。

201809kawasemi_w750

カワセミとほぼ同時に 頭の上に大きめの鳥も飛んできて 池に張り出した枝に止まりました。

わぁ ツミだ この池の周囲では時々目撃しています。

足もとにはセミ 
201809tsumi_w1200

ツミは、小型の猛禽なので、主に小型鳥類を食べるとの事。

201809tsumi_w1370

カワセミの位置は ツミから見て右斜め前方 20~30度

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

気になってカワセミの方にカメラを向けると 
ツミのいる方に顔を向けて 微動だにしません。

その表情がなんとも不安げで痛々しい

201809kawasemi_w1150

カワセミ ヤバシ!

ツミはカワセミに気づいているのかいないのか カワセミを狙う様子は見られません。

201809tsumi_w1300_2

カワセミが気になり、ツミの近くに移動したところ、幸いに ツミは 飛んでゆきました。

自然界の成り行きに人が介入してはいけないと思いつつ、
カワセミ目線になっていました。

ツミ(雀鷹) タカ目タカ科ハイタカ属 全長オス27cm、メス30cm  留鳥

漢字表記の雀は「小さい」の意
和名はスズメタカが変化したメスに対しての呼称に由来する。(Wikipediaより)

|

« コムクドリ (2018 秋) | トップページ | コムクドリ オス  (2018・秋) »

自然」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
おかげで、野鳥に随分関心を持つようになりましたが、カメラに納めるのは至難の業です。近頃は、見て楽しむだけにしています。
ツミが足元にセミを置いている写真は、貴重なものだと思います。

投稿: 正丸 | 2018年9月20日 (木) 15:01

こんばんは~
ツミの若鳥ですね。
正面から見た胸の縦斑と喉元の1本の縦斑が目印です。
こいつに近くに来られちゃ、カワセミのフリーズも当然ですが、まだ、若鳥だから蝉くらいが相手するにはちょうど良かったのではないかな?m9(^Д^)プギャー

投稿: せおと | 2018年9月20日 (木) 20:07

正丸さん、こんばんは!
コメントをありがとうございます。

野鳥は見るだけでも楽しいですね。
撮影してると、撮る方に気をとられ 鳥見がおろそかになるので、見るだけが 一番楽しめて良いと思います。
ツミはセミを捕まえたばかりのようでした。

投稿: zucca | 2018年9月20日 (木) 22:08

せおとさん、こんばんは!
コメントをありがとうございます。

ツミは若鳥でしたか、胸と喉元の縦斑目印なんですね(^^)/サンクス
それでかな? ツミは 少しおっとりしてたような印象もありましたが、
カワセミに気づいたら・・・と思うと、ハラハラドキドキでした。

投稿: zucca | 2018年9月20日 (木) 22:20

こんばんは!

ツミというんですね、ふーむハンターの目を
しています。

蝉が転がっている姿がちょっと憐れを感じさせ
ますが、生きていくためには食べていかないと
なりませんからね。

ずんぐりしたカワセミも真剣な眼差し? この
場面では、カワセミを応援したくなります。

でも、美しい=目立つ色なんで、狙われやすく
なっているよーな。

自然は意味のないものは造らないので、目立つ
ことに意味があるのでしょうか?

周囲に目を向ければ、たくさんの生き物が
一生懸命に生きています。

彼らの目線になれば、河を汚したり、ゴミを
散らかしたりすることはなくなるだろうね。

人間が一番の危険生物だと思います。

投稿: たろ | 2018年9月20日 (木) 23:24

最初のカワセミの画像可愛い💛色がちょっと薄いのは若いせいなのかな?猛禽が近くにいるとハラハラしちゃいますねー(;・∀・)何事もなくって良かった💦

投稿: シェル | 2018年9月21日 (金) 06:48

たろさん、こんばんは!
コメントをありがとうございます。

ツミは 小さいながらも猛禽、やっぱり迫力あります。
小さな翡翠に気づいてないようでしたが、
カワセミは何分もじーっとツミの方を注視して 痛々しい。
やっぱり カワセミを応援したくなりますよね('◇')ゞ

目立つ色は蝶もそうですよね。
メスよりオスの方が綺麗ですし、
これって

畑や田んぼには小さな生き物がたくさん生活しているから、
間近に接すると
たろさんのような自然に優しい考えになるんでしょうね。
私も散歩写真で小さな生き物を見たり撮ったりするようになって、
見方が変わってきましたから、
自然を知るって大切だな と・・・。

あ コメント、たろさんが負担でなければ、
お好きな長さで 私は構いませんよ~。
お返事は短くしようと思っています。

投稿: zucca | 2018年9月21日 (金) 21:59

シェルさん、こんばんは!
コメントをありがとうございます。

カワセミ 久しぶりに見ました。
やっぱり可愛いし楽しい。
カワセミの色がくすんでいるのは 若いせいですね。
この時は ほんとに ハラハラドキドキでした。

投稿: zucca | 2018年9月21日 (金) 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コムクドリ (2018 秋) | トップページ | コムクドリ オス  (2018・秋) »