« 湿原のシジミチョウ 2018夏 | トップページ | ノビタキ幼鳥 動画編 2018 »

湿原の蝶 アカセセリ. コヒョウモンモドキ 2018

気温が上がって来ると 鳥と入れ替わるように蝶が飛び始めました。

絶滅危惧種のコヒョウモンモドキアカセセリ、綺麗なシジミチョウも見る事が出来、花・鳥・蝶と楽しめた湿原でした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

一番最初に見られたのは 

コムラサキ  
201807chow10002
地元でも見られるけど、前翅の紫が美しい事 

ヨツバヒヨドリで吸蜜中なのは アカセセリ(絶滅危惧種)かな?  
201807choakaw1080

嬉しい事に セセリチョウがクガイソウに止まってくれた(^^)/ 名前は不明
201807chosew1010

遠くを飛んでた コヒョウモンモドキ(絶滅危惧種)
201807chow850   
  

翅の格子模様が特徴です。
近くに来てくれず残念でしたが、今回も確認できて安心(^^)/

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

湿原で見られる ヒョウモンチョウ  

見分けが難しく名前に自信はないですが・・・
地元では見られないので 
見分けるポイントも少しメモして UPしておこう(^^)/

コヒョウモン
201807chow820a
見分けるポイント:前羽の黒い班紋(白い矢印)が続いている

翅表より 裏側のほうが特徴ありますね。
201807chow800

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヒョウモンチョウ? 

201807namiw820a
見分けるポイント:前羽の黒い斑紋が離れている。 
黒い斑紋が小さめで明るいオレンジ色をしている

翅裏は逆光で色が出ませんでした。
201807namiw1000

上の写真のコヒョウモン・ヒョウモンチョウ 並べてみたら201807chow1280
右側の方が 斑紋の黒い面積が少ない気もする?

ヒョウモンチョウでも 黒斑紋が繫がっているのもあり見分けは難しいようです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こちらは 地元でも見られるヒョウモンですが いちおうUP

ミドリヒョウモン
201807midoriw950

ウラギンヒョウモン
201807chow980

201807chow1050

後翅の一番上の銀紋が5つある (銀紋4つだとギンボシヒョウモン)
201807chow880

ウラギンヒョウモンは多く飛んでました。

のんびりしすぎて チコちゃんに叱られそうなので、続けてシジミチョウもUP。

|

« 湿原のシジミチョウ 2018夏 | トップページ | ノビタキ幼鳥 動画編 2018 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事