« ♡ハナネコノメ 2016 | トップページ | ミソサザイ 2016.03 »

今季初 コツバメ! 03.22(2016)

年に一度 早春にのみ発生する蝶 コツバメ
地味な色ですが、小さいのに敏捷に飛び回るコツバメを見るのは楽しいです。 

20160313_6110_8603/13撮影
コツバメは蛹で越冬して翌春羽化、
食草はアセビ等の蕾だそうですね。
  

22日、公園のアセビの生垣の前を通りかかると 黒っぽい小さな蝶が飛び回っているのが見られました。

flairもしかして・・・ ヽ(´▽`)/ 

アセビに止まったのは コツバメ でした♪
20160322_16128_12003/22撮影

葉の上で 太陽に向けて体を横倒しにして じっと日光浴、

ちょっと見にくいのでトリミングしてみました。 

翅裏は茶色一色ではなく、濃淡あります、翅表は鈍い紺色。
20160322_16135_1000p25
止まってる時は翅を開きません。

椿の花にも止まってくれて 花と蝶と・・・嬉しい一枚♪
20160322_16112_950a

 

アセビでは テングチョウも吸蜜してました。

20160322_16199_1150tengu

コツバメはまだこれからも見られると思うので、綺麗な写真が撮れたらよいなぁ(^^)/

( コメント欄は閉じています。)

【 コツバメ  】(小燕、学名:Callophrys ferrea)
・年一回早春に発生 寒冷地ではやや遅い
・幼虫は晩春に蛹化 翌春羽化。
・体温を飛ばさないように体が毛深くなっている。
・食草はガマズミ・ヤマツツジ・ドウダンツツジ・アセビ・石楠花・りんご
  ボケ・イヌザクラ・ウワミズザクラ・ユキヤナギなどの花・蕾・実など
・翅表基部の明るい青色部 ♂では狭く、♀では広い。
・♂の前翅に無光沢・長楕円形の小型性班あり、♀にはない
・北海道・本州・四国・九州に分布
              (「日本産蝶類標準図鑑」参考

|

« ♡ハナネコノメ 2016 | トップページ | ミソサザイ 2016.03 »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/63390805

この記事へのトラックバック一覧です: 今季初 コツバメ! 03.22(2016):

« ♡ハナネコノメ 2016 | トップページ | ミソサザイ 2016.03 »