« + 春の渡り マミチャジナイ + | トップページ | ☆ ハナネコノメ 2012 ☆ »

*バックコーラス隊(^^ゞ & イチゲの花 *

前回の動画では 留鳥たちが 鳴き声賑やかにバックコーラスを勤めてくれました。

5種の野鳥の声が入っていたようですので、出演者の一部を・・・
camera今回も沢山載せていますので 時間があったらご覧になって行ってください。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

①ジュリジュリと鳴いていたエナガ 

ご夫妻で巣材集めに大忙し 何度もやってきて、
落ちていた羽根を 2枚3枚と口にくわえては 林の中へ・・・

Img_0445enaga950s

巣は 苔などを蜘蛛の糸でからめてつくり、
    羽毛は 多分 床に敷くのでしょうから
    巣作りも終盤なのかもしれません。

Img_0321enaga980s

狭い巣の中にいるため長い尾の先がカーブしている尾曲がりさん♪
今年も見られました(^o^)丿
Img_0619enagaomagari800s

シジュウカラは10羽以上いて 絶えず飛び回り一番賑やか 楽しませてくれました。
Img_0625sijukara1000s

③キョッキョッ アオゲラの声も入っていたかな? 
          大物の飛び入りでした♪  写りイマイチですが・・・(^^ゞ
Img_0639awogera1000s

アオジの声も聞き取れたようです(By せおとさん)
 確かに 藪の中にいるアオジを一枚写しましたが ボツ写真sweat01
 本によると「アオジの地鳴きは チッという つまった声」との事

⑤そしてなんと言っても主役は ウグイス! 
  声はすれども 姿は見られませんでした。

5種の野鳥の声 動画で 分かりましたか? 私は アオジの声が分からなかったです(^^ゞ

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

バックコーラスに出演はなかったですが・・・

パフパフと 初めて聞いたシロハラの鳴き声はツグミに良く似ていました。
林の中から飛んできて マミチャを追い払っていました。

なにか・・・悪い?   とでも言いたげなお顔ですね(^^ゞ
Img_0798shirohara1000s

シロハラ(24cm)の方が マミチャ(21.5cm)より大きいです
Img_0608shirohara950s

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

帰りに寄った公園では・・・

アオイスミレが見つかりました♪スミレの中でも花期の早いもののひとつです。   
201103_aoisumire1000s
葵菫の名前の由来は 
 葉の形が徳川家の家紋(双葉葵)に似ているところから
(名前が違っていたら教えてください o(_ _)oペコッ )
  

林床では 青花のキクザキイチゲが開花♪ 

キクザキイチゲ(菊咲一華)  別名:キクザキイチリンソウ,アメフリバナ  
201103ichige_2
近畿以北~北海道に分布。花色は白から紫まで様々あるようです。

ユキワリイチゲ(雪割一華)  別名ルリイチゲ201103ichige_1
 西日本・九州に分布。 初見でした♪

少しUpで・・・
201103ichige

春の花の便りも届いていますね、これから忙しくなるなぁ~(^o^)丿

flag面白い動画を見つけました。
下の単語で検索すると エナガの巣作りから巣立ちまでの動画を見られます。
 「エナガの巣作り  NHK for School」をフラッシュさせて 検索してみて下さいね。

|

« + 春の渡り マミチャジナイ + | トップページ | ☆ ハナネコノメ 2012 ☆ »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
エナガの巣作りも始まりましたね。
今年はいつ「エナガの団子」が見られるか?楽しみです。
鳥や花いろんなものが撮れて羨ましい~!!!

投稿: ソングバード | 2012年3月25日 (日) 21:40

sign05 ソングバードさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

エナガの巣作りも終盤のようです。
いつも 尾曲がりさんどまりなので、エナガ団子 一度は見たいなと思います。
ソングバードさんも 今年 見られると良いですね♪
>鳥や花いろんなものが撮れて羨ましい~!!!
エヘッ この時だけでしたよ、でもそろそろお花も咲きだしてきましたし、夏鳥も早く到着してほしいですね♪
可愛い椿の素敵な写真を楽しませていただきましたhappy01

投稿: zucca | 2012年3月25日 (日) 22:25

こんばんは
森のコーラス団登場ですね。(*^-^)
アオジの声、中間ちょっと前に、ほんのちょっとだけ囀りが入っているように思います。
短く小さな声なので・・・聞き間違いだったら(*_ _)人ゴメンナサイ
もう、スミレもキクザキイチゲも咲いているんですね。w(゚o゚)w 
森を歩く楽しみいっぱい増えて、い~い季節になりましたね~。
ユキワリイチゲ、初見です。
いいですねshineこの花sign01
この花もSpring ephemeralのようですが、キクザキイチゲと比べると、花びらが凛としているみたいで、春の力強さも感じられるような気もします。
こちらでは見られない花のようですから、見せていただきさんくす♪(o ̄∇ ̄)/

投稿: せおと | 2012年3月25日 (日) 22:36

おはようございます。
バックコーラスの鳥さん達の姿をたくさんありがとうnotes
シーズン中に冬鳥との出会いが少なかったぶん楽しめました♪
巣材運びに忙しそうなエナガやお曲がりさんも見られて
今年はおしくらまんじゅうも見られると好いですね。
こちらでは、春になっても会える鳥さんはまだ少ないです。
早春の花たちも清楚で綺麗ですね~shine

投稿: シマのママ | 2012年3月26日 (月) 09:23

sign05 せおとさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

主役不在の時も立派に間を埋めてくれた森のコーラス団notes 巣材集めを見せてくれたり、バトルしたり・・・声だけでなく演技もGoo、いつもの留鳥たちも可愛いですね♪ (^o^)丿
聞き覚えの無い声があったので、あれがアオジなのかな?
地鳴きの聞き分けは難しいですけど、さえずりは大丈夫でしょう!教えていただき有難うございました。

ユキワリイチゲはせおとさんの方にも自生していませんから、公園でないと見られないお花ですね。
キクザキイチゲは咲き始めでしたが、今頃は賑やかなことと思います。 
Spring ephemeral素敵な名前にピッタリのお花たちですよね。
春の花達 ちょうどの花の時期に訪ねたいと思うので、どこへ行こうか迷ってしまいますが、明日は風も弱そうなので どこかへ行きたいと思います。

投稿: zucca | 2012年3月26日 (月) 14:13

sign05 シマのママさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

notesバックコーラスの鳥さん達、声だけでなく 巣材集めに来たり、バトルをしたり 楽しませてくれました。
留鳥たちがのびのびとしていて、楽しかったですよheart04
シマのママさんにも楽しんでいただけて嬉しいです、(^o^)丿アリガトオ~
どこのエナガも巣作りに忙しい時期なのですね、毎年尾曲がりさんどまりなので、今年は見たいなーおしくらまんじゅう♪
シマのママさんも頑張ってね!
シジュウカラは巣作りの気配はなくてお気楽にさえずっていましたよんchick
冬鳥少なかったから これから会える鳥さんがふえてくれるといいですね!
早春の花たち 綺麗ですよねnote 毎春の楽しみです、いろいろなお花が咲きだしてるので、見に行きたいと思っています。

投稿: zucca | 2012年3月26日 (月) 14:25

小鳥たちの巣作りの様子、けなげで可愛いですね!
たまに雀が巣材を咥えていくのは見ますが、エナガが羽を咥えていく様子は貴重です。
>狭い巣の中にいるため長い尾の先がカーブしている尾曲がりさん♪今年も見られました(^o^)丿
個体識別ができるとはさすがです。

投稿: 正丸 | 2012年3月28日 (水) 08:15

sign05 正丸さん、こんばんは!
こちらにもコメントありがとうございます。

小さな嘴に巣材をたくさんくわえて 巣材集めに忙しく動き回る様子を見ていると いとおしくなります。
尾曲がりさんは、この時期の楽しみです。
子沢山のエナガ 子育てはさぞ大変と思いますが、頑張って・・・と応援したくなります。
個体識別は・・・うちに来るシジュウカラも良く分かりませんので、ましてたまに会うエナガの個体識別はとても出来ません。
尾曲がりエナガも多いと思うので、それだけで識別もできないかな・・・と思うのであります。

投稿: zucca | 2012年3月28日 (水) 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/54304045

この記事へのトラックバック一覧です: *バックコーラス隊(^^ゞ & イチゲの花 *:

« + 春の渡り マミチャジナイ + | トップページ | ☆ ハナネコノメ 2012 ☆ »