« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

夏の池 Ⅱ

前回の続きは・・・トンボ編です。

水辺に咲いていたお花と一緒に お付き合い下さい(^_^.)

(夏は鳥も少なくなるので 散歩の遊び相手はもっぱらチョウやトンボです。)

小鬼百合?が見頃でした。
       葉の付け根にむかごがあれば鬼百合だそうです。
201107oniyuri950

夏の池には トンボもたくさん飛んでいました。

続きを読む "夏の池 Ⅱ"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

夏の池 Ⅰ

前線が居座り 記録的豪雨が観測されました。
被害にあわれた皆様に お悔やみとお見舞いを申し上げます。

*** *** *** *** *** *** ***

先日 友達に誘われて大きな池のある公園に出かけました。

 見た目にも涼しげな白い睡蓮
201107suiren1000

201107suiren1000_1

 蕾にはトンボも止まっています。
201107suirentonbo850

向こう岸にはゴイサギが 羽づくろいに 余念がありません。
201107goisaghi1000

お立ち台に止まったまま 動く様子が無いので・・・バイバイ
201107goisaghi950

別の池に バンの親子がいました。

バンの親鳥 
201107ban800

子供はだいぶ大きくなっていますが、まだ親鳥から給餌もしてもらっていました。
201107ban1000_1

 翼も小さいですね。
201107ban950

幼鳥達 何をおしゃべりしているのかな? 201107ban1000
     右の子の足見てください、大きい足ですね 。

こちらは カイツブリの若鳥、スイスイ一人で泳いで、すでに独立しているようでした。
201107kaitsuburi1000

次回に続きますので、コメント欄は閉じておきます(^^ゞ

| | トラックバック (0)

撫子と・・・

今週は なでしこウィークでしたね。

女子W杯決勝戦で日本がアメリカに2-2(PK1-3)で勝ち、優勝したのが18日の月曜日(現地では17日) 
それから何度 テレビで試合を観戦した事でしょう(^^ゞ

ついに とうとう 世界一・・・おめでとうナデシコジャパン!

きょう久しぶりに公園を散歩したら ナデシコが咲いているのを見つけたので・・・ 
遅ればせながら お祝いの言葉を添えてUPします。
201107nadeshico800

ねむの木も咲き出していました。
201107nemunoki900

ショウジョウトンボが休憩中 足も身体も真っ赤、でも赤とんぼの仲間ではありません。
201107_shojo800

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

赤い色つながりで この夏初めて見ることが出来た
 モートンイトトンボ をアップしますね。

尾の先の赤い色がとっても綺麗な 小さな小さなイトトンボ♪

 上がオス 下の緑色がメス、大きさは2.5cmほど
201107mortonagrion950

201107mortonagrion950_1

 ↓ 後ろから見ると 雄の複眼に三日月が見えますね、
    これが特徴のようです。
201107mortonagrion700

  ↓ メスの複眼は 縦に筋が入っているように見えます。
201107mortonagrion800

 ↓ 未成熟のメスは オレンジ色 
    アジアイトトンボのメスも未成熟の時は赤い色、見分けが難しそうです。
201107mortonagrion900

地域によっては 準絶滅危惧種のモートンイトトンボ 
来年もここで会えることを祈りつつ・・・。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

久しぶりに コゲラ が出てきてくれました。
幹に隠れる前にと 急いでパチリ!

ちょっと凛々しい感じです(^o^)丿201107kogera900
7/4撮影

| | コメント (12) | トラックバック (0)

コアジサシの雛

先日 子育て中のコアジサシを見に 臨海公園に行きました。

コアジサシは多分初めて見ます。
すっきりしたフォルム 飛ぶ姿はカッコいいですね、
写真もたくさん撮ったのですけど 
レンズの汚れが目立ち upできません(悲・泣)  
強い潮風でレンズに砂埃とかついたのかもしれません。

201107koajisashi

夏鳥として日本にやって来るコアジサシ 
冬は大陸の赤道付近で過ごすそうです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

魚をくわえたコアジサシが巣に戻ってきました。
抱卵中の相方にプレゼントするのかとカメラを構えていたら・・・ 

201107koajisashi_1a

魚をくわえたままだんだん離れて行きます。
抱卵中の雌(?)も ぷいっっと 横を向いてしまいましたね。
どうなってんのかなこの関係は・・・ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
201107koajisashi_1

抱卵は雌雄交代で行い、雌の方がかなり多いとの事、
またコアジサシは雌雄同色なので、この場合どっちがどっちかな(^^ゞ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて お待ちかねのコアジサシの幼鳥たち 
2羽が砂地の植物の間をちょこちょこ動き回っていました。

ロープで仕切られた保護区の奥のほうにいたので
双眼鏡でのぞくと 可愛いお顔が見えました。
雛たちは 砂地と同じ色で ほとんど目立ちません。

写真は ほぼピクセル等倍にトリミングしています(^^ゞ

  コアジサシの雛 
201107koajisashi_4

 小高い砂丘をえっちらおっちら登ってきてくれました♪   
201107koajisashi_3

が・・・また奥の方へ すたすた 行ってしまいました。
201107koajisashi_5

 大きく口をあけて 餌のおねだりかな? それとも羽ばたきの練習? 
201107koajisashi_2

  親鳥が戻ってきて 雛たちも一安心 
  やはり親子一緒が安心してみていられます(^o^)丿
201107koajisashi_6

抱卵中のコアジサシもずいぶんいたので これからもまだ雛が見られそうです。

台風6号の進路が気になりますね。
いつもはこんなに早くやってこない台風、無事にやり過ごせるように・・・。

続きを読む "コアジサシの雛"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

オオムラサキ & 布ぞうり♪

林道の帰り道 木洩れ日の中に大きな蝶が吸水しているのを見つけました。

国蝶の オオムラサキ!
201107_oomurasaki_w1000

雌は一度目撃してますが、雄は初めて。

しばらく吸水してましたが、時々移動する時に翅を広げてくれました。

さすがに国蝶 美しく そして風格も感じられます。

青紫色 綺麗♪

201107_oomurasaki_w1100   

  前から写すと青がきれいに撮れるのだそうです♪
201107_oomurasaki_w800

このあと 森の上へ飛び去りました。

”縄張り飛翔は午後に行われることが多く、西日を浴びて高い樹冠を活発に飛び回る姿を見かける。”(ウィキペディアより)  

201107_oomurasaki_w750

flagオオムラサキ(タテハチョウ科)
 ・幼虫の食樹はエノキやエゾエノキ
 ・花の蜜は吸わず、クヌギやコナラといった広葉樹の樹液などに集まる
 ・成虫は年に1回だけ6–7月に発生
 ・成虫は前翅長50–55mmほどで
 ・北海道から九州まで日本各地に分布し、
  日本以外にも朝鮮半島・中国・台湾北部・ベトナム北部に分布

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今年はタオルで 布ぞうり作りました。ふかふかで気持ちよい履き心地♪

  20110711nunozouri

梅雨明け前に完成させたいと準備していたのに、梅雨明けが早すぎて、アウト。

間に合いませんでしたが やっと きのう完成。

タオルのぞうりは 編み紐の準備に時間がかかって大変ですけど、編むのはすぐに出来ますね。 

ナデシコジャパンのドイツ戦(再放送)を見ながら 編んでいました。日本はドイツに勝ってベスト4 すごいですね~。

準決勝 スウェーデン戦は 応援しなくちゃ(^o^)丿 

flag今回のぞうりのmemo

バスタオル1枚(長さ122cm)を9本にカット、1本は約7cm幅
8本を編み紐に 1本を鼻緒用に。
編み紐の芯には同じ幅の古シーツを利用
タオル地の端をボンドで所々止める。

片足は 編み紐4本で出来ました。

かかとにフェルトを貼って、カバー。滑って歩きにくいかと思ったら大丈夫でした。

20110707nunozouri

20110711nunozouri_1

| | コメント (10) | トラックバック (0)

富士を眺めながら・・・その2 &梅雨明け

今日(7/9) 関東も梅雨明けしました。  去年より8日早いとの事。

日中は暑かったですが、
夕方になって 遠くの山がくっきり見え 風もヒンヤリ、
空気が入れ替わったようです。

昼間暑くても 夜過ごしやすいとラクですねbeer

明日も この調子で夜涼しいと良いけどなぁ(*^-^)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

前回の続きです。

富士の裾野の高原はとても広くて 
鳥見のポイントが良く分からない(;´д`)トホホ…
バーダーらしき人も歩いていないので
とりあえず高原の道を歩いてみたら・・・
夏鳥たちの声が聞こえ 
そしてお出迎えしてくれました(v^ー゜)ヤッタネ!!

幼羽のノビタキ   あどけない表情がとっても可愛い♪
201107nobitakiwaka800

flag草原や農耕地など 野で見られるヒタキなのでノビタキ
      

こちらは ノビタキ(♀?) 道のすぐ横に張ってあるロープに止まってくれました。 
201107nobitakif750
頭の真っ黒なオスも一瞬止まってくれたのですが、カメラが間に合いませんでした、残念。

日本へは夏鳥として本州中部以北で繁殖、
      旅鳥として全国を通過
      冬は東南アジア・中国南部へ渡る、
      先島諸島でも越冬しているとの事。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

コヨシキリ 近づくと葦原に逃げ込んでしまいます。
       ノビタキはすぐ近くに出てくれたのに、警戒心が強いです!
201107koyosikiri_900

華麗に毛づくろいの最中(^^ゞ
201107koyosikiri480

flag葦に限って巣をかけるので葦切(きりは「これっきり」の「きり」)

頭側線と過眼線は黒褐色

日本へは夏鳥として渡来、
北海道・中部以北の本州・九州の高原に渡来しますが局地的との事。
冬は中国南部・タイ・ミャンマーへ渡るそうです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜    

ここにも ホオジロ がいました♪
201107hoojiro1000

 

こちらは ホオアカ(♂)

     ホオアカもわりと近くまで寄らせてくれました♪
     杭の天辺がお気に入りのようです。
     草地と行ったり来たりして 何度も囀っていました♪  
201107hooaka_1000_1

喉から胸にかけて模様があります。ネックレスみたい(^o^)丿
201107hooaka_850

生息場所:平地から山地の草地・農耕地・河川敷・アシ原

九州以北で繁殖、北方のものは冬季南方や暖地に移動。
西日本では冬季に多いそうですよ!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

モズの特徴ある声が聞こえてると思ったら 

アカモズ でした。 鳴き声はモズに良く似ていました。
201107aka_w1000_2

雌雄ほぼ同色(雌は雄より全体的に色が淡い)
額から眉斑は白・頭頂からの上面は赤褐色で、風切りは黒褐色

201107aka_w1000

日本には夏鳥として亜種アカモズが
      北海道から本州に渡来するも、やや局地的との事。
      冬季はインド・中国南部・東南アジアで越冬

 

道路の水溜りでは 

カワラヒワとホオアカ 仲良く水浴びしていましたsweat01sweat01
201107mizuabi_800
遠くて小さかったので大トリミングゥ・・・

今回は 雄大な富士山を眺めながら、草原の鳥達にも出逢え大満足でした。

ホオジロ・カワラヒワ以外は 初めて見る野鳥達、
開けた原っぱが好きな鳥たち・草原でなければ出会えない鳥たちなのでしょうね。

 

(参考書籍「野鳥の名前」山と渓谷社・「日本の鳥550」文一総合出版)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

富士を眺めながら・・・その1

富士の裾野に広がる高原にて

日差しは暑いけれど 爽やかな風が通り抜けてゆきますsign04   

 富士山の眺めは最高happy01 裾野が長~いo(*^▽^*)o
20110705_mtfuji1200

山頂にズームイン(^^ゞ
20110705_mtfuji_1000

小さい点は 一羽のヒバリです、雄大な富士をバックに・・・良い場所を飛んでくれました♪(ホントは ここに飛んでくれるのを待っていました (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャ)

20110705_mtfuji_1100

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

飛んでいたのは鳥だけではありません。

草地では 初めて見るヒョウモンチョウがヒラヒラ

ウラギンヒョウモン 翅裏の丸い斑がきれい♪
20110705_uraginhyoumon_w900

アサマイチモンジ こちらも初見♪ 20110705_asama_w750

同じ場所では 良く似たイチモンジチョウ(↓)も飛んでいましたが、
先日シマのママさんのブログで見せていただいてたので、見分ける事が出来ました。

アサマイチモンジは イチモンジのラインの斑が違う他、 上翅に白い筋もあります。
良い写真が撮れ無くて分かりにくいかもしれませんね。

イチモンジチョウ
20110705_ichimonji_w800

再び空に目を向けると・・・ふわりふわり

20110705_800

鳥見 ?  ・・・もちろんです~(^^ゞ 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

dogの可愛い動画 見つけたので・・・


| | コメント (12) | トラックバック (0)

尾の短い・・・雄?

最近サンコウチョウに逢いに行っても声だけで姿をしばらく見ていません。

姿を見たいなぁと思い、曇り空でしたが また出かけてみました。

歩き出すとすぐに 近くから声が・・・
見上げると杉木立の中に 盛んに虫をフライングキャッチするサンちゃんらしき姿・・・よく動いてくれますねぇ♪

 尾が短いので サンコウチョウのメスかな?
201107_sankouchou_2

尾の長いサンコウチョウも見つけました♪ しかし 高くてオマケに暗い(泣)

シルエット状態の写真を明るさ調整してみたら・・・何とか見れるくらいに(^^ゞ

尾 長いですね~、30cnくらいあるんですよ~♪

201107_sankouchou

      (サンコウチョウ♂は 5/31のブログにあります)

かなり近くに来てくれたけど暗すぎて写真がイマイチ 心残りはあるけれどお昼近くになったので帰る事に・・・。

帰りにも ホイホイホイと鳴くサンちゃんを 見つけることが出来ました。

けれど ホイホイホイと鳴いていたのに尾が短い、アレーッ 若鳥なのかな?

201107_sankouchou_1

サンコウチョウは今 抱卵中との事です。

ウシキペディアによると
”抱卵日数は12-14日で、雌雄ともに抱卵する。雛は孵化後、8-12日で巣立つ。”

去年は巣立ち雛の写真を7月末にアップしているけれど、今年の巣立ちはいつ頃でしょう。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ネジバナ(小町蘭)にスジグロシロチョウ 姿がメルヘンチックで可愛いsign05

201107_sujiguroshirocho_2

 チダケサシも咲いていました(^^ゞ
201107chidakesashi

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

soccer今 サッカーが面白いですね。

U-17W杯がメキシコで、女子W杯はドイツで開催中、
日本はそれぞれ勝ち残っていますし
コパアメリカ2011 始まりました。

これから楽しみnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »