« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

鳥見の別の楽しみ♪&オオタカ

鳥見の帰りには 「道の駅」に寄る事が良くあります、なんといっても地場産の野菜が楽しみですが・・・

6月始めには  実ざんしょう を買ってきました。

.お料理した事ないのに 実山椒のスキッと清涼感のある香りつられて・・・大丈夫カナsweat01

次の日 レシピを見ながら佃煮に初挑戦sign01  (レシピはこちら

memoレシピにある分量は 実ざんしょう 500g、
しかし今回買ってきた1パックは たった50gでした。(^^ゞトホホ

量が少なすぎてレシピは参考にならないけれど 調味料を同じ比率で炊いてみたら、曲りなりに良い感じに出来ました♪

その後 チリメンジャコと実山椒の佃煮と一緒に ちりめんざんしょうも作ってみました。

ジャコも実ざんしょうと煮ると とっても美味しくなりますね♪

やみ付きになりそう、今度見かけたら たくさん買ってこよう~っと!!

201106_sanshoutsukudani

201106_sanshou_1

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そのうちアップしようと思ってすっかり忘れていた写真がありました(^^ゞ

この春に目撃したオオタカの食餌風景です。 

ちょっとショッキングでしたが、オオタカの鋭い目と嘴はとても迫力ありました。

小さな野鳥が木の影に紛れて 餌探ししているのは見かけますが、猛禽のオオタカも木の影に入って食餌していました。

猛禽でもやはり警戒するんでしょうか。誰を警戒しているんでしょう???

 

201103_ootaka_1 

201103_ootaka_2

201103_ootaka_3

201103_ootaka_4

201103_ootaka

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ヒガラと6491 o(*^▽^*)o

昨日も今日もとても暑くて 夏本番といった感じです。風があったので ウチワだけで頑張ってみました(^_^.)

水場の鳥たち 最後はこの子たちです。少し 涼を感じてもらえるでしょうかsweat01sweat01

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

☆メボソムシクイ (?)

201106_mushikui_w1000

お目々 クリクリなのに目細なんてね 

201106_mushikui_w1000_1

水浴びしては羽をブルブルッと震わせて水をはじき 何度も水浴びしてゆきました。 

201106_mushikui_w1000_4

初見 のメボソムシクイ とっても可愛かったhappy01 

201106_mushikui_w1000_2

201106_mushikui_w1000_3

201106_mushikui_w880

201106_mushikui_w900

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

一番良く水浴びに来ていたのは ヒガラ、人懐っこいですね♪

 ペアでも水浴びして行きました(^o^)丿  

201106_higara_w1000_1

201106_higara_w1000

201106_higara_w850

今回は水場ならではの可愛い表情に出会え 楽しい鳥見となりました♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

清楚な白い花が一輪だけ咲いていました。

ツバメオモト この花も初めて見ます、清楚な感じで涼しげshine
                      (名前が違っていたら教えてください) 
     
I201106_tsubameomoto_900
葉が万年青のようで、燕のような実の色になる所からの命名との事。

ずいぶんのんびりペースのアップになりましたが、お付き合い頂き有難うございました。

また いつか行きたい水場でした♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

キクイタダキ♪

前回の続きです。

落葉松林の中に続く遊歩道 前回の天辺で囀るルリビタキはこの奥にいましたnote

201106_yuhodou02_w700

201106_pinetree_w700

カラマツの雌花(?)

パイナップルみたいな
形で可愛い
  
ホシガラスが実を食べに
来るそうです。

一度会いたいなlovely 

 

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

水場に来た鳥 3番目は キクイタダキ(菊戴)です。 お付き合いくださいね(=゚ω゚)ノペコッ。

大きさ約10cm 体重 3~5グラム と日本で一番小さい鳥 この鳥も冬は平地に下りて来る漂鳥ですが、冬にも出会ったことが無いので初めて♪

キクイタダキ(菊戴) スズメ目キクイタダキ科 
       頭頂部に黄色い冠羽があるため、
       『菊を戴く』という意味から命名された。(ウィキペディアより)
201106_kikuitadaki_w950

 冠羽にオレンジ色が見えるのは雄
201106_kikuitadaki_w750_1

  冠羽にオレンジ色が無いので 女の子♪
201106_kikuitadaki_w750_3

動きがすばやくて撮りにくい鳥さんと聞いていましたが、じっくり水浴びしていってくれました(^o^)丿

つぶらな瞳で とても可愛かった、女の子は やはり表情が優しい気がしますね。

この表情に胸キュン(^^ゞ
201106_kikuitadaki_w750

帰りには 巣材集めする姿も見られました!
201106_kikuitadaki_w480_1

は針葉樹の樹幹部の小枝の間にハンモック状に吊るした椀形である。
外装には地衣類や蘚類、ダケカンバの樹皮などを使用し、
内装には獣毛やシダ類の仮根を使う。雌雄で作る。その比率は番によって異なる。
卵数は5~8個。」 (オンライン野鳥図鑑より)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

camera たくさん撮らせてもらったので 写真で遊んでみました(^o^)丿

マウスオンすると ・・・

↓クリックで水浴びを始めます。
201106_kikuitadaki_w480_2_2

flag 水場の鳥 今回で完結するつもりでしたが、梅雨空が続きそうなので、もう少し引っぱる事にしました~ m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

| | コメント (12) | トラックバック (0)

夏は・・・初見の野鳥たち♪

高地の水場にて・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

駐車場に着くと 鳥たちの賑やかな歌声が聞こえてきました。

なかでも ひときわ綺麗な鳴き声が・・・ 探し歩いて 梢の天辺に小さな鳥を見つけました。

遠くて肉眼では ダレなのか良く分かりません。

camera カメラのファインダーをのぞいて見ると ルリビタキ♪
201106_ruribitaki_1200_1
(ちょっと小さいけど 分かるかな ルリビタキって(^^ゞ )

冬鳥として平地に下りて来るルリビタキ、夏は涼しい場所にいるんですね~、うらやましい! 

冬は地鳴きだけなので 夏のさえずりは初めて、ほんとに綺麗な声ー!lovely 

201106_ruribitaki_1100

水場にもやってきました♪ 羽の色からしてまだ若い?夏羽も冬羽も変わらないように思いました。

ルリビタキ (♂) ツグミ科  全長 14cm
201106_ruribitaki_700

気持ち良さそうに 勢いよく水浴びして行きましたよ。

凛々しいルリビタキ! マウスオンすると 水浴びを始めます(^o^)丿

 山頂は 一日 雲の中でした(ρ_;)
201106_oyama900

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ウソも時々水浴びに現れました。

赤いマフラーが 冬より鮮やかな感じ、落葉松の新芽に映えて綺麗♪

201106_uso_1200

ちょっと水浴びsweat01
201106_uso_900_2

びしょ濡れになったウソは、とっても愛嬌があってnote、 強面のイメージが ガラッと変わった瞬間かも です(^o^)丿
201106_uso_900_1201106_uso_900

水浴びするウソ子さんも可愛いかったです。
201106_uso_900_f201106_uso_800

仲良しペアheart04

201106_uso_650

水浴び終えるとすぐに木立の奥へ隠れてしまうウソでしたが、フィーフィーと口笛のような鳴き声も聞けましたnote 

201106_uso_1100
ウソ  全長15-16cm  アトリ科

flag 冬のウソはこちら→ マイフォト「野鳥たち」 )

水場の野鳥は 一度に載せきれないので次回も続きます。

*** オマケ ***

続きを読む "夏は・・・初見の野鳥たち♪"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

花菖蒲 その2 赤紫と白花

薬師池公園の花菖蒲 その2は 赤紫~ピンク系と白花をアップしました。

見てやってくださいね~。


20110615_hanasyoubu_aka_2


20110615_hanasyoubu_aka_1


20110615_hanasyoubu_aka_3


20110615_hanasyoubu_aka_4


20110615_hanasyoubu_aka_9

⑥ この花はこれで開花状態のなのか咲きかけなのか 良く分かりませんが・・・
20110615_hanasyoubu_aka_5


20110615_hanasyoubu_aka_6


20110615_hanasyoubu_aka_7

⑨ カルガモも草取りのお手伝い 雛も見られる頃ですが、雛は連れてなくて残念でした。
20110615_hanasyoubu_aka_8

白花たち 
20110615_shiro_hanasyoubu 

20110615_shiro_hanasyoubu_1

その1・その2 気に入ったお花はありましたか?

spadespade きょうの別記事「花菖蒲その1 ブルー系の花」 も 見てね♪
    →  こちら 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

追記(6/16)

fullmoonnewmoonfullmoon 今日(6/16)のgoogleロゴ ご覧になりましたか? 

まだの方は こちらを見てね → クリック

今朝(16日)未明に 皆既月食が世界各地で観測されましたが、それにちなんだ特別バージョンになっていますよnote

| | コメント (12) | トラックバック (0)

花菖蒲 その1 ブルー系の花たち

梅雨のひぬま 町田市の薬師池公園に花菖蒲を見に出かけました。

ちょうど見頃で 大勢の人で賑わっていました。

写真をたくさん撮ってきたので 2回に分けてアップの予定です。

きょうはブルー系のお花をメインに・・・お付き合い下さいね。

20110615_hanasyoubu

20110615_miwake

flag アヤメ科の見分け方
    花菖蒲は 花の基部が黄色
    アヤメは 花の基部が網目状
    カキツバタは 花の基部が白色

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

黄ショウブ
20110615_kihanasyoubu

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

spadespade ブルー系の花たち spadespade


20110615_ao_hanasyoubu_4


20110615_ao_hanasyoubu


20110615_ao_hanasyoubu_1


20110615_ao_hanasyoubu_2


20110615_ao_hanasyoubu_3

⑥ 名前は 唐辛子! じゃなくて 「鷹の爪」  20110615_takanotsume
この名前から推察するに この花は (良く分かりませんが)これで開花状態なのかな?

spadespade きょうの別記事「花菖蒲その2 赤紫と白花」 も 見てね♪
    →  こちら 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

梅雨時の楽しみ♪

年に一度梅雨時に見られるゼフィルスと呼ばれるシジミチョウ そのチョウ達を探すのがこの時期 散歩の楽しみのひとつです(*^-^)

久しぶりにいつもの公園に・・・ shoe shoe ・・・

201106kusaichigo_950
ピンクの花が可愛い ナワシロイチゴ 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

平地で見られるゼフィルスは6種 そのうち5種が この公園で見られます。

中でもミドリシジミやオオミドリシジミは 翅表がメタリックブルーやグリーンに輝きとても綺麗。

縄張りを持ち、他の雄が侵入するとスクランブル発進して激しいバトルを繰り広げます。

その時が 小さな蝶を見つけるチャンスsign01、この日も バトルする蝶がいました♪

オス2頭で追い掛け回してクルクル回転(卍飛行)するので、表翅のキレイな色を見られました。

オオミドリシジミの 卍飛行
20110613_oomidorisijimi_850

侵入者を追い払うと葉に止まり  ささっと葉先へ移動し また見張ります。
20110613_oomidorisijimi_1200

高い場所で見張っているので翅表を写すのは難しい、けどチョット見えました♪
20110613_oomidorisijimi_1000

オオミドリシジミ   (幼虫の食樹はコナラ)
20110613_oomidorisijimi_700

flag表翅の色に興味のある方は→蝶のアルバム:オオミドリシジミをご覧くださいな(手前味噌で 人( ̄ω ̄;) スマヌ)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こちらもゼフィルスです

栗の花に アカシジミ  (幼虫の植樹 クヌギ、コナラ等)が好き201106_akashijimi_1000

ウラナミアカシジミ (幼虫の植樹 クヌギ、コナラ等)
201106_uranamiakashijimi_720

翅の表も綺麗そうですねぇヽ(´▽`)/
201106_uranamiakasijimi_1000

ミズイロオナガシジミ 表翅は黒っぽい灰色 (幼虫の食樹はコナラ)
201106_mizuiroonagashijimi_1000
上からポトッと落ちてきたミズイロオナガ・・・羽化したてだったのかな?

今のところ 合計4種のゼフィルスを見られました(*^-^)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

我が家のベランダでは ツクシカラマツがだいぶ咲いてきました。

線香花火のような面白い花です。

20110613_tsukushikaramatsu_1000

flag シマのママさんのブログ「キセキレイとシジミチョウ」にTBさせて頂きました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

♪♪♪ コマドリに会えましたよ!

コマドリは日本三鳴鳥の一つ ウグイスとオオルリは今年声を聞けました、コマドリの美しい声もぜひ生で聞いてみたい・・・

コマドリは夏鳥として九州以北に渡来し、
亜高山の笹のある針葉樹林や針・広混交林で夏をすごします。

朝 森につくと気温は14度 標高があるだけに木々も新緑の頃といった感じでした。

森の中ではまだスミレも見られました。

斑入りフモトスミレ
201106_fuirufumotosumire_1000

ワダソウかと思って写してきたら 花びらの先が違う・・・でsearch

ワチガイソウ(?)のようです。
201106_wachigaisou_900

名前を知っている花では マイヅルソウが蕾で、ツクバキンモンソウが少し咲いていました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

shoe shoe 森の中を歩いても コマドリの気配がありません。で、出会った人に コマドリの事を earちょっと聞いてみました。

教えていただいたポイントで待っていると・・・ヒンカラカラnotes 割と近くから声が聞こえてきました(*^-^)heart04

何度も鳴いてくれるけど お出ましになりません。 
しばらく待つと 声がだんだん近づいてきて・・・ワクワク 

コマドリ(駒鳥)   笹薮の縁に姿を現しましたnote
201106_japanese_robin_w900

苔むした倒木の緑にコマドリのオレンジ色が映えて綺麗shine

思っていたよりも小さくて足が長く、とっても可愛いlovelyheart04

 さえずりも何度も聞かせてくれましたnotesnotes
201106_japanese_robin_w800

201106_japanese_robin_w800_3201106_japanese_robin_w800_1

クロジも姿を見せました。 冬鳥かと思ってましたが、漂鳥なんですね(^^ゞ

 「コンニチハ!待ってるのは あっし? じゃないよね (`ε´)プンプン」    201106_kuroji900_1

可愛かったよ、コマドリ♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヤマキマダラヒカゲ(ジャノメチョウ科) 初見 道路や草地の上で良く見かけました。
201106_yamakimadarahikage850
(幼虫の食草は ジャノメザサ等)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

森の散歩から帰って・・・ 水羊羹、 ヒンヤリ美味しかった♪

Mizuyoukan02
市販の漉し餡で前日作って冷蔵しておきました^^v (レシピはこちらで、ページの下の方にあります)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ハンミョウ・ミスジチョウ

最近のバードウオッチング中に撮りためた虫とチョウ・鳥など ランダムにアップしました。

お付き合いしてくださいね♪

(写真クリックで拡大写真が見られるのもあります)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

まず 最初に虫から・・・sweat01

 ぴょんと地面で飛び跳ねた虫 ・・・ ハンミョウ 
 小さいので近寄らないと気づかない eye      

良く見るととってもカラフルshine、  sunの下 色が良く出ました(^o^)丿

鮮やかでキレイ or 毒々しい 意見の分かれるところですね(^^ゞ

 ハンミョウ(ナミハンミョウ)斑猫 ハンミョウ科  
201106_hanmyou_1000
flagウィキペディアによると
  ハンミョウ科の昆虫は毒はない(毒があるのは ツチハンミョウ科)
  但し、大あごでかまれるとかなり痛いので 要注意

  ・学名:Cicindela japonica 、
  ・体長 約20mm、日本に分布するハンミョウ科の中では最大の種類
  ・体の下面は金属光沢のある青緑色

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 ウスバアゲハがまだ健在、翅の透明感が撮れたのでアップしました。
201106_usubaageha_1000 

 満開の更紗空木には・・・イチモンジチョウ 白い筋が青みを帯びて見えました。
201106_ichimonji_1000

 スジが3本のコミスジ  翅を水平に広げて 独特の飛び方をします♪
201106_komisuji_480

コのつかないミスジチョウ 初見です。  

 コミスジよりだいぶ大きかった、筋の模様も少し違いますね。
201106_misujicho1000
 この仲間のチョウには 他に
  フタスジチョウ・オオミスジチョウや ホシミスジ等もいます。
  (ホシミスジはシマのママさんのブログで。TBさせて頂きました、宜しく(*^-^) )

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

林の中はヒンヤリ気持ちよい。

shoe shoe  動物が枯れ枝の中に飛び込んで行くのを目撃(^o^)丿

よーく見ると 目が分かりました・・・でも 完全な保護色

野ウサギ? 2~3匹いました、1匹は子供のよう
201106nousagi700

短い耳が可愛いnote       この後見失っちゃった
201106nousagi750

雑木林の中では 7~8羽のシジュウカラ幼鳥
201106_sijukara_hina_800
ビービーと賑やか、自分で餌探ししていました。

シジュウカラよりチョット甲高い声でニィニィと鳴くヤマガラ 「ここだよー」
201106_yamagara_1000

林縁に満開の マルバウツギ (?)
201106marubautsugi480

少しUpでnote
201106marubautsugi950

草はらに出ると暑~い、夏の陽気ですsweat02 

見上げると 太陽の廻りに暈が・・・ 日暈  大きすぎて全体が入りません。
201106higasa480

鳥を優先しちゃうので、虫や蝶はつい後回しに(^^ゞ(^^ゞスマヌ

追記:シジュウカラの雛 きょうは4羽一緒に来ていました。
    別の時間帯に 一羽の雛と二親とで来ていたので 
    おそらく 2家族が来ていると思われますが、観察続行中。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

ひとりっ子?

冬にベランダのバードカフェに来るシジュウカラ、子育て期間中は忙しいかな?と思い 親用に向日葵の種だけおいてあります。

雛たちも 親と一緒に 毎年顔を見せてくれます。 今年はいつかな♪・・・幼鳥の声は 先日から 時々近くで聞こえていたので楽しみにしたいたら きょう ひょっこりやって来ました。

来たのは一羽、 お父さん、お母さんから何度も向日葵の種をもらっていました。

甘え盛り やっぱり可愛いo(*^▽^*)o

20110607_sijukara_oyako_1

20110607_sijukara_oyako_2

20110607_sijukara_oyako_11
何故か お父さんも口をあけています。

20110607_sijukara_oyako_13 

20110607_sijukara_oyako_14
羽をパタパタふるわせて おねだりしています

20110607_sijukara_oyako_16

動画(スライドショー)もあります。毎年同じ情景ですが、親が何度も給餌するシーンはとっても微笑ましかったです。

nifty動画のサービスは6月末で終了ですが、終了までの間だけでも見ていただけたらと思い投稿します。

なお、私のパソコンでは スライドの流れる間隔が不規則になっていますので、見づらい場合はごめんなさい(^^ゞ (元動画はOKなので、原因不明で困ります)

chickchick昨年(2010)は
   5/2五右衛門ファミリ5/205/22 
   に見られました♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

水田のアマサギ♪

6月になりました。 雨の季節 なのに 水無月 とはこれ如何に?

水が無い月かと思っていたら大違いでした。
search語源由来辞典より 
   水無月の無は 「の」 の意味で 「水の月」という意味・・・
   陰暦6月は 田に水をひく月であることから 水無月となった

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

市内の田んぼでアマサギが見られると教えて頂きました。

二年前に一度行った事がある水田でかなり広く、果たして見つけられるか自信はありませんが、とりあえず様子見に出かけてみました。

しかし 案ずるよりなんとか・・・田んぼ脇の道路を走っている時 なにやら撮影しているカメラマンが・・・!

もしかして・・・flairflair  近くへ行ってみると やはりアマサギ・・・あっけなく出会ってしまいました(^^ゞ

アマサギのいる風景をお届けしますね(^^ゞ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

アマサギ(飴鷺)
201105amasagi_w_1100_1

日本へは夏鳥として飛来し本州・四国・九州で繁殖、南西諸島では冬鳥(冬羽では全身が白いそうです)
アマサギ(飴鷺)名前の由来は 夏羽の色が飴色になることから 

201105amasagi_w_950_2

真ん中の小さい鳥はムクドリです♪
201105amasagi_w_1100_3

時々軽やかにフワッと飛び上がったり優雅♪
201105amasagi_w_1200_1
頭や胸の色が薄いアマサギもいますね。

   

代掻きするトラクター の後を追うように ついてゆきます。

代掻きで出てくる餌を狙っているのでしょう。

201105amasagi_w_1100

トラクターを方向転換させる時 運転する方も 後ろのアマサギに注意して曲がっているみたいでした。

トラクター 今度は左方向へ    アマサギも左へ・・・
201105amasagi_w_1100_2

ハイッ 方向転換、今度は右だよ・・・
201105amasagi_w_1200_2

トラクターを怖がるどころか・・・すぐ近くで後をおっているのにはビックリ!
201105amasagi_w_950

カエル get! この後なかなか呑み込めず苦戦していましたsweat01sweat01
201105amasagi_w600

猛禽が近づいたら一斉に飛び立ってしまいましたが・・・しばらくしてまたトラクターの所に戻ってきました♪

201105amasagi_w_1200_3
翼の先は コサギやチュウサギより丸みがかって見える との事。

初めて見る飴鷺は 思っていたより小ぶりで可愛い感じのサギでした。

いつも野鳥を見に森ばかりで見通しが悪かったのですが、
今回は田園地帯 広々と開けた景色を堪能してきました。

flag追記(7/20) シマのママさんのブログ(こちら)にTBさせて頂きました。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »