« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

ルリタテハ(*^-^)

201104yamabuki

オオルリカワセミと青い鳥が続きました。今度は蝶の青・・・

先日森の出口で飛んでいたルリタテハ   石の上に止まり、翅を広げました。

蝶は白っぽい場所に良く止まりますね、 そこが光を反射して(?)暖かい(?)と分かっているから?

▼ ルリタテハ
201104ruritateha

翅に西日が当たりとても綺麗な色に  こんなにきれいなルリタテハの色は初めて見ます。

越冬固体にしてはあまり傷んでいなくて、今年孵ったルリタテハなのかな?

201104ruritateha_2

 

アカタテハ も翅を広げていました、葉っぱの上でしたが・・・キレイ。

近くにヤマルリソウが沢山咲いていましたが、花にはちっとも止まりません(^_^.)

201104akatateha

 

廻りに同化して全然目立たない枯葉のような蛾もいました。 web検索して名前が分かりました。

キノカワガ(木の皮蛾) 名前もぴったり、見事な擬態だと思いませんか(^^ゞ

201104kinokawaga

 

初見 ムカシトンボ  羽化したてのようです。オオルリを探していた時に見つけました。初見の種類って やっぱり嬉しいね。

201104mukashitonbo

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

森の花たちも写してきました。

ミヤマキケマンの他は 初めて見る花ばかりでsearchsweat01、名前が違っていたら教えてくださいね。 

ミヤマキケマン
201104miyamakikeman

ミヤマハコベ
201104miyamahakobe

ツルカノコソウ
201104tsurukanokosou

ヒロハコンロンソウ(?)  ユリワサビに似ています。 
201104marubakonron

他には ムラサキケマン、ジロボウエンゴサク、ラショウモンカズラ、クサイチゴ、ニリンソウ、イチリンソウ、ミミガタテンナンショウ、ウラシマソウ等など

| | コメント (12) | トラックバック (0)

アッ 翡翠だ♪

そろそろ近くの公園にも夏鳥が来てるかな と、先日様子を見に寄ってきました。

公園入り口ではムラサキハナナが満開 クロアゲハが忙しげに飛び回っていました。

☆ クロアゲハ   今シーズン初認
201104kuroageha

林では ガマズミに似た可愛い花が咲いていました。

☆ オトコヨウゾメ  秋には赤い実をつけます(→こちら
201104otokoyouzome

夏鳥では キビタキの声が聞こえてきました♪ 
林の中で姿を探したのですが、見通せる場所にはいません、次の出会いに期待して・・・・帰ることにしました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

池の側を通ったら・・・・池にカメラを向けている人を発見sign01 

何かな?・・・と、ちょっとワクワクしながらのぞくと・・・ カワセミだ!

201104kawasemi

小さな池ですが、小魚もゲット   (画像クリックでダイビングsweat01sweat01
201104kawasemi_4_2

 お魚をくわえて嬉しそうな表情♪
201104kawasemi_3

この後 葉陰にいた子に お魚をプレゼント、カップルが成立している模様です(^o^)丿、

もしかしたら カワセミの雛が見られるかも(*^-^)

あまり邪魔しないでね、ツン     そっぽを向かれてしまいました(^^ゞ
201104kawasemi_1 

この時、右に左に良く飛び回ってくれました。

画像クリックで 飛び出します♪
201104kawasemi_5

*** オマケ ***

201104kawasemi1000

続きを読む "アッ 翡翠だ♪"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

森にて・・・春の蝶&夏鳥♪

月曜日 出かけたついでに森へ寄ってみました。

4月始めに来た時は咲き始めだったニリンソウやスミレなどの野の花達が花盛りですっかり春cherryblossom

きょうは 初めての動植物に出会えたので、初物づくしでまとめてみましたo(*^▽^*)o

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

その1 初見 ギフチョウ   

ギフチョウの生息地が隣県にあるので、今年は行って見たいと思いながら行けなかったので、ほんの数分でしたが、思いがけない憧れの蝶との出会いに(v^ー゜)ヤッタネ!!

  ☆ ギフチョウ((岐阜蝶) 日本固有種
     ・学名 Luehdorfia japonica アゲハチョウ科・ウスバアゲハ亜科
201104_gifucho

ウィキペディアによると
「日本の固有種で、本州の秋田県南部から山口県中部にいたる26都府県(東京都・和歌山県では絶滅)に分布する。」

なんと 東京都では絶滅 と記されていましたがここは東京、まだ東京でも命を繋いでいたんですね、良かった(o^-^o)

この蝶もスプリング・エフェメラルといわれる蝶です。 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

その2 スギタニルリシジミ 初見 

平地の公園では見た事がありません (v^ー゜)ヤッタネ!!

近寄っても逃げないので 近くで撮れました。車が通り過ぎても 飛び立たなかったのには ビックリでした Σ(゚д゚lll)アブナッ !

ミネラルを補給しているようです。

☆ スギタニルリシジミ(シジミチョウ科)
201104_sugitanirurisijimi_1
白っぽいのがルリシジミ、少し銀色っぽいのが スギタニルリシジミ。翅表の色は ルリシジミよりくすんだ青だったような(ちょっと自信なし(^^ゞ) 

桜の花びらと・・・(この写真はクリックしても拡大しません)
201104_sugitanirurisijimi

食樹はトチノキ科のトチノキ。
近縁種ルリシジミより色が濃く、
食樹の制約からやや山地性である。
年1化のみで、
蛹で越冬する。
成虫はオオイヌノフグリ、
カタクリなどの花に訪れる。
数匹が鳥糞に群がって
ミネラルを補給する姿も
しばしば見られる。
(ウィキペディアより) 

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

その3  オオルリ 今シーズン初 (* ̄ー ̄*)  

201104_oorurim

201104_oorurim_1

201104_oorurim_2

201104_oorurim_3

歩いていると 綺麗なさえずりが聞こえてきたので、必死に探したら(^^ゞ
川の対岸に・・・♪

遠くて・高い場所の枝被りでしたが、なんとか撮れていました。鳴き声は他からも聞こえていたので複数いたようです。 オオルリは毎年ここで子育てするのでしばらくは見られそうかな?

センダイムシクイのチヨチヨピー も聞こえていましたけど、見つけられません、残念sweat01

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最後は ルリつながりで ヤマルリソウ です。(初ではありませんが・・・)

花色が 水色~ピンク~白っぽいものまで様々で、沢山の花をつけていました。

  ☆ ヤマルリソウ   可愛いお花ですね♪
201104yamarurisou4

201104yamarurisou_2

201104yamarurisou_3

201104yamarurisou

(写真はクリックで拡大します)

スミレなど花もたくさん撮ってきたので、写真の整理が出来たら順次アップする予定です(^^ゞ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

☆ コツバメ ☆

冬は鳥が少なくてあまり行かなかった公園、春になり花が咲き 蝶が飛びまわるようになって、また出かけるようになりました。

先日は 春先にしか見られない コツバメという蝶を見ることが出来ました。

コツバメもスプリング・エフェメラル

 飛んでもしばらくすると戻ってきてじっとしているので、近くで撮影できます。
201104_kotsubame750
毛深い体は保温のため。

 ↓ 止まると体を傾けます。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

201104_kotsubame_7501 

大概の蝶は 止まると 体を温めるために翅を広げて日光浴をしますが、コツバメは止まっても翅は開きません。

その代わりに 翅を太陽の光に直角になるように傾け、陽の光が沢山あたるようにしています。

小さな蝶のそんな知恵を見ると ちょっといとおしい(^o^)丿

(飛び回っている時に ちらちら見える翅の内側(翅表)は濃紺or紫色でとっても綺麗そうなので、翅を広げてほしいのですけれど・・・ムムム)

この日はホオジロペアとアオジペアものんびり散歩。

アオジは 目の周りがいっそう濃くなって サングラスをかけたよう(^o^)丿

201104_aojim

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

今日(4/24)は そろそろ夏鳥の声が聞かれるかもしれない・・・と、選挙の投票の後に公園へshoe

林床で イチリンソウがひっそり咲いて・・・ 201104_ichirinsou900

満開のハナミズキ 見上げると白い花の赤い点々がアクセントになって可愛い

201104_hanamizuki1000

 管理センターでは チューリップが満開
201104tulip750

キビタキの声は聞かれず・・・でしたが、綺麗な花たちに楽しませてもらいましたhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

薔薇 & 矢羽根 &・・・ (加賀ゆびぬき)

久しぶりの加賀ゆびぬき アップです。

春らしく 花の模様をかがりました。最初の2つは かがり方を間違えて、3個目でやっと花らしくなりました。

☆ 薔薇 ☆  3個目です。後ろに写っているのが1個目と2個目(^^ゞ
Rose_201104_3

 2個目  写真では分からないけど、白い花びらのくぐらせ方をチョット失敗(^^ゞ
Rosewhite201104

バラは 「くぐりざし」を多用しているので難しかったです。

模様の出方を考えながら糸をくぐらせてゆきますが、思うように模様が出ません(;´д`)トホホ…・・・。

それに5つ出来た花びらの重なり方が違うので、同じになるようかがるのが次の課題ですね。
くぐりざし 苦手かもι(´Д`υ)アセアセ

 ☆ 矢羽根 ☆  春らしい配色でnote
Yabane_201104_1
 こちらは くぐり刺しは無いので、サクサク(*^ω^*)ノ彡

そのほか カーブの練習などもしてみました。

Curve_2

違う角度で写すと・・・
 
 ↓ウルトラマン

  シュワッチ ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

Curve_1

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

桜も散り、山の景色も春めいて「山笑う」季節、日中は素足で布草履が気持ちよく感じられます。

そろそろ 新しい布草履も作らなくちゃ・・・o(*^▽^*)o

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ワダソウ♪

良いお天気に誘われて、久しぶりに春の林を歩いてきました。

梢には若葉が萌え出し・・・これからは鳥を見つけにくくなるなぁ・・などと風情の無い事を思いながらshoe

ミズキかな? 空に向かってパッと開いた若葉が爽やか

201104_mizuki900

林床では可愛い小さな白い花が・・・o(*^▽^*)o♪

ワダソウ ナデシコ科の多年草 草丈5~20cm 日本固有種だそうです。

 白い花びらに赤い葯はハナネコノメを連想させますね。
201104_wadasou750

林床では ↓ こんな感じに咲いていました

201104_wadasou950

201104_wadasou850

恥かしがりやさんのチゴユリ 下向きに咲くので花の中は見えません。
201104_chigoyuri1000

小さな花には小さな虫  フデリンドウにはツリアブが来ていました。
201104_rindou1000

十二単も沢山花をつけて見頃でした♪
201104_junihitoe800

あまり目立たないけど何となく気になる花たちもひっそりと開花していました。

ミミガタテンナンショウ 
201104_mimigatatennansho75

ウラシマソウ
Img_2025urashimasou800s

林床には開花を待つ花も沢山ありました。次回が楽しみです(*^-^)

 山桜(?)の枝で大あくびのツグミ   つぐみも春眠の季節?
201104_tsugumi1000

| | コメント (10) | トラックバック (0)

渡去の前に・・・♪

前回の公園の続きです・・・

公園に入ってすぐに、鳥見の方から
「イカルの群れがいるよ、群れの中に コイカルが一羽いるらしいけど分からなかった」と、教えていただきました。

イカルは漂鳥ですがコイカルは冬鳥、
本州中部以南に大陸から飛来、その数も少ないので、
東日本ではあまり見かけない鳥のようです(v^ー゜)ヤッタネ!!

動いている群れの中から たったの一羽探すのは大変、
ファインダー越しに見ても見分けられません。   
脇腹が橙色という事は知っていたので、 
とにかくオレンジ色のお腹をなるたけ沢山写そう~。

   (すべての写真はクリックで拡大します)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

70~80羽ほどのイカルの群れ  写真はその一部です(^^ゞ
201104ikaru 

通行人に驚いて時々枝に飛び移ります。
201104ikaru_1

 イカル
201104ikaru_3

新緑をバックに イカル
201104ikaru_4

 chick コイカル 見つかりましたか?      (゚ー゚;・・・ ま・・・まだsweat01
201104ikaru_6

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

撮った写真をPCで確認したら コイカルが写っているのが分かり大喜び♪
その場で判別できたらもっと良かったのにね。

 happy01 見つかりましたよ♪ 一羽写っていますよね!
201104koikaru_10

  コイカル(♂)  (全長 19cm) イカルより小さめで チョット愛らしい感じ
201104koikaru_8
 ・羽の白斑は風切および外側初列雨覆先端
 ・脇腹は橙褐色
 ・雄は頭部が青い光沢のある黒、雌は頭部は黒くない

 後姿 
201104koikaru_1

 何 食べてるのかな?   (木の新芽や実をついばむとの事 )
201104koikaru_2

イカルもコイカルも夏羽になり クチバシの基部の色が青みがかっていました。

flagイカルの鳴き声も聞かれました。
 迫力ある顔のイカルですが、さえずりは素敵(*^-^)
 さえずりは「野鳥の歌」HPで聞けます→こちら

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

flag追記(2011.04.26) シマのママさんのコイカルのブログ(4/26「いつの間に」)にTBさせていただきました。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

花も蝶も 春爛漫

いつも野の花を見に行く公園に 野草を見に出かけてみました。

この公園は2ヶ月ぶり

早春の花は見逃してしまいましたが、この日は フデリンドウなど色々な花が楽しませてくれました。

桜は満開を過ぎたものの お花見の人も多く賑やかでした。 

2011044/13撮影

フデリンドウ  あちらこちらで開花していましたが、まだ蕾もたくさんあります。
201104_fuderindou

ヤマブキソウ
201104_yamabukisou

ジロボウエンゴサク  花びらが浮かんでいる! 違うけどネ(^^ゞ
201104_jirobouengosalu

ラショウモンカヅラ   ビロウドツリアブが蜜をすって(?)いました。
201104rashomonkadura

イカリソウ 爽やかな白花
201104_ikarisou

201104_ikarisou_2

ちょうどキチョウがやってきて チュッ

201104_ikarisou_1

ニリンソウ(二輪草)  
201104_nirinsou

201104_nirinsou_1

ツバメシジミ  今シーズン初見
201104_tsubamesijimi

↓に蝶が写っているのですが 分かりますか。

ツマキチョウ 羽根の先が黄色いのですけれど・・・。

この時期だけに見られる蝶で、スプリング・エフェメラル(春の儚きもの)と言われています。

今日の目的はこの蝶だったのですけど、日中だったので元気良く飛び回り ちっとも止まってくれませんでした。 

201104_tsumakicho

flag今年のはシマのママさんのブログで見られます→こちら
  去年は4/24にアップしていました(こちら

 ここでは 思いがけず初見の鳥に遇えましたが、それは次回に・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

雉 国鳥なんですね

201104kiji_5

窓際に立って外の桜を眺めていたら プリウスの緑ナンバーが通り過ぎました。

タクシーみたいでしたけど、あるんですねプリウスタクシー 知らなかったー。夫に話したら 「ずっと前から走っている」との事、利用しないから気づかないだけだったのか(^^ゞ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて、前回と同じ公園で・・・。

この日は公園に着いてすぐから ケーン・ケーン と雉の声が遠くから聞こえていました。

アオゲラの巣作りを観察したあと shoe 遊歩道を歩いてゆくと
林の笹薮が開けた場所にじっとしているを見つけました。

雉は しばらくの間身動きせず こちらを警戒しているようにも見えました。

写真を撮るには好都合♪ そして双眼鏡でじっくり観察・・・

背中の羽根の色や模様、顔から胸にかけの紫から深い緑色など とても美しかったshine

▼ キジ 初見です♪ (雉子、雉、キジ目キジ科)

  しばらくこのままのポーズ・・・
201104kiji

  足にも緑色の羽毛が・・・
201104kiji_1

こちらに向かって歩いてきました( ^ω^)おっおっおっ
201104kiji_2

  前を通過。 口に枯れ草をくわえているかな?
201104kiji_3

   尾が隠れていますが・・・綺麗でしょ背中も胸もshineshine
201104kiji_4

(すべての写真はクリックで拡大します)

国鳥は鶴かと思っていました(^^ゞ

| | コメント (16) | トラックバック (0)

アオゲラ巣作り中♪

公園では 約ひと月滞在していたレンジャクがいなくなりちょっと寂しくなりましたが、静けさが戻ってきました。

タンポポやオオイヌノフグリに続き モミジイチゴ・クサボケ・ミツバツチグリ 等の春の野草も次々と咲きだしていました。

201104murasakikemansムラサキケマン 

冬鳥のツグミやシロハラがまだいました。

そして トラツグミも飛び出してきて トラダンスも見せてくれました♪

  トラツグミ 
201104tratsugumi

  シメ  冬の間肌色だったクチバシが鉛色(夏の色婚姻色)に変わってきた
201104sime

いつも見られたジョウビタキやルリビタキ、カシラダカなどは見られませんでした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

これからの主役は 留鳥たち 

エナガと一緒に、コゲラが目の前で活発に行動していました。日本で一番小さいキツツキなのに、木をつつく音は大きくて、とんとんと小気味良く響き いる場所を教えてくれます。

後姿もカッコいいですね!

Kogera3

ロケットコゲラdash (こちら↓は在庫写真から、やっと日の目が見られました(^^ゞ)

飛び出し寸前、水平になると頭も尾も同じよう どっちがどっち?

Kogera

  

アオゲラの notesピヨー と鳴き声が聞こえてきたので探したら、
木の幹に止まりじっとしているところを見つけました。

双眼鏡で見ると木に丸い穴が・・・巣作り中だったのですね。

「見つかっちゃった 、内緒だよ シーッ」
Aogera1

巣穴は入り口直径5cm、
深さ30cmくらいに
なるそうです。

アオゲラは一夫一妻、
気が多いミソッチとは
違うみたいですね(^o^)丿

(すべての写真は
    クリックで拡大します)

201104aogeragif
新居建設中

見られた生き物
アオゲラ・雉・トラツグミ・尾曲がりエナガ・ヤマガラ・シジュウカラ・ヒヨドリ・メジロ・シロハラ・ツグミ・ムクドリ・トビ・カラス・コゲラ・ルリシジミ・ルリタテハ等

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

動画も撮ってみました。写りイマイチですが・・時間があったら 巣作りの雰囲気だけでも見てあげてくださいネ。(22秒)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

櫻 ふたつ

東京多摩地域の一部に自生しているホシザクラはガク片が☆形をしていて、数年前に新種の桜として登録されました。

例年 3月末には見頃となるホシザクラ 今年は開花が遅れやっと見頃となりました。

花は下向きの抱え咲きなのでパッと開きませんがそこがまたいい感じ、でもこの桜は 花よりもガクが気になる 不思議な桜です(^^ゞ

今年は 2箇所で撮影してみました。

 cherryblossom ホシザクラ
Hoshizakura

Hoshizakura_1

花のつき方が控えめ

Hoshizakura_2

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

もうひとつの桜は、先日丘に咲いていた桜(こちら)  名前が分かったので再掲します。

先日は気づきませんでしたが名札がありました!名前が分かってすっきり♪

高遠の小彼岸桜 

Kohigan 名札は彼岸桜となっていますが、小彼岸桜のようです。

cherryblossom小彼岸桜  ヒヨドリやメジロが沢山やってきて賑やかでしたnotes
Kohigan_1

満開です♪ 

Kohigan_2

ホシザクラと小彼岸桜 二つの桜は 花の咲き方が全然違いますね。

控えめな咲き方のホシザクラは、山で自生しているのを見たらとっても素敵だろうなと思います。
小彼岸桜はとても華やかでお花見向き、花色も綺麗ですね~shinelovely

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そして こちらでも見つけました、エナガの尾曲がりさん♪ もう卵抱いているのかな?

Enaga_omagari

| | コメント (16) | トラックバック (0)

苔をくわえたミソサザイ♪

前回の続きです。

思いがけずニホンリスを見ることが出来、もしミソサザイに会えなくても満足~ と思いながら
沢沿いを歩きました。・・・shoeshoedashdash

 

この綺麗な白い花は初めて見ました。調べると 

カントウミヤマカタバミshine  花の大きさは2.5~3cmくらい

201104kantoumiyamakatabami700
Oxalis griffithii var.kantoensis (カタバミ科)山地の林内に生える多年草。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

shoe 3月にミソサザイを目撃した場所の近くで 美しいさえずりが聞こえてきました。

声は 時々途切れ またしばらくすると囀りが聞こえてくるものの遠いので

探すのはあきらめベンチで休憩していたら なんとすぐ近くから力強い鳴き声が聞こえてきました。

木陰からこっそり覗いて見たら 向こう岸にいましたヨ!

  木の根についてる苔を集めているようです、巣作り中なのでしょうか。

201104_1057miso750

何度も苔をつつき、クチバシいっぱいに挟んだ後 沢の大きな岩の下の隙間に飛び込んで行きました。

201104_1073miso500

出てきた時 クチバシの苔はなかったので、やはり巣作りしているのですね。

クチバシが自由になったから? 岩の上でまた気持ち良さそうにさえずってくれましたnotes

ミソッチが静かな時って 苔を銜えている時だったのですね♪

   尾羽をピョンと立てて カッコいいですね。
201104_1118miso1000

201104_1114miso900

201104_1112miso1000

別の場所では ヒガラが・・・シジュウカラと思ったらネクタイがない

急いでカメラを向けて、一枚だけ撮れましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ  

  ヒガラ 初見でした(*^-^)
201104higara900

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

+++ オマケ  +++
201104_1103misogif

| | コメント (6) | トラックバック (0)

リスに遇えました♪

もう一度ミソサザイを見たいと林道へ出かけて・・・ flair珍しい動物にあいました♪

小さな沢の向こう岸に リスの姿を発見( ^ω^)おっおっおっ

沢にお水を飲みに来たのでしょうか、
何度か立ち止まって愛らしいポーズを見せてくれましたが、
暫くして茂みの奥へ行ってしまいました♪

リスさん、カメラを向けてゴメンね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

まさかリスに会えるなんて思ってもいませんでしたからちょっと嬉しかった♪

ラッキーな出会いに 写真を沢山載せてしまいました(^^ゞ

                 (すべての画像はクリックで拡大します)

   ニホンリス(?)
401104_1011lisb

201104_1013lis

201104_1015lis

201104_1019lis

201104_1023lis
(↑暗い画像だったので PCで明るさを調節したため粗い画像になりました)

201104_1029lis

野生のリスは初めてeye、とても可愛かったです。

ミソサザイにも遇えました、次回に・・・つづく(^^ゞ 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

丘は春色

いつも行く公園にある大きなコブシの木、冬のうちから花を楽しみにしていましたが、花が見頃と聞いて出かけてみました。

公園の林の向こうに広がる草地が、きょうはピンクの優しい春の色になっていました。

ソメイヨシノよりピンクが濃いですね。ヒカンザクラでしょうか。

201103
3/30撮影

201103_1

cherryblossom 追記  満開の桜の様子は→こちら(桜の名前もわかりました♪)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

桜の奥のコブシの花・・・ ( ^ω^)おっおっおっ・・・ すご~い♪♪ 

201103_2

201103_3

flair コブシ・シデコブシ・ハクモクレン 良く似ていて見分けが難しいですけど、近寄って見て若葉が一枚ついていればコブシです。(コブシの実は→こちら

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

野鳥では、この冬居ついたレンジャクを4羽ほど見る事が出来ました。

帰りにバーダーさんの側を通りかかったら

 「草陰で水浴びしてる野鳥が出てくるのを待っている」との事、

しばらくすると レンジャクではなく なんと 猛禽が飛び出してきました♪

   ツミ(♀) 虹彩が黄色いので雌のようです、雄の虹彩は暗赤色。
201103_6

この後カラスに追われて遠くへ行ってしまいましたが、猛禽って、カラスに良く追われていますよね(^^ゞ

初めて見たツミの鋭い目とクチバシ 迫力あります!

(すべての写真はクリックで拡大します)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »