« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

ユキチ君 高台に登れたかな? 10/30(生後約4ヶ月) 

20091030_yukichi10/30
            (全ての写真は クリックで拡大画像になります)

当ブログではおなじみのユキチ君、先日 約ひと月ぶりに会いに出かけました。

今年7/2生まれなので 生後約4ヶ月となりました。

今回はどんな成長ぶりを見せてくれるのか・・・た・の・し・みhappy01note

20091030_yukichi02w1000

20091030_yukichiw00850 

20091030_yukichi03w1100
ユキチ君の この↑表情が なんとも好きです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ユキチ君の公開時間は 9時半から2時間、前回は10時15分頃に着き、開園からだいぶ時間が過ぎて ユキチ君も少々お疲れモード、しばらくは元気良く遊んでいましたが 岩で うとうと しはじめました。

今回は元気なユキチ君を見たかったので、開園時間に合わせて出かけたのですが、
  
なんと ユキチ君の公開時間が2時間ずれて 11時半からに変更になっていました(^_^;)

時間が出来たので、テクテク坂道を登り 蝶を見に昆虫館に行きました。9月には見られなかったきれいな蝶が見られ収穫でした。

さて ユキチ君ですが 期待通り 活発に動き回り 元気の良い姿を見せてくれました。

大きな岩にかかる丸太 先月は途中で落下してましたが 今回はスイスイ。お母さんにどんどん飛び掛ったり、足取りもしっかりし コケルことも無いようですが、相変わらず とっても可愛い♪

movieお母さんが避難(?)していた台の上には登れなかったユキチ君でしたが生後4ヶ月・・・・どうだったのでしょう!続きは ムービーをどうぞ。 お時間のある方は見てあげてください。

flag ユキチ君のカテゴリもあります→こちら

flag flag 追記:2009年11月12日~15日は入園無料との事
        (天皇陛下御在位20年を記念して)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ジョウビタキ 10/28

コスモスを見に行った昭和記念公園では鳥見もできました。

コスモスの丘への途中 ヒッヒッと高い声が聞こえてきました。声の方を探すと 高い場所でジョウビタキが鳴いています。少しはなれた場所にもう一羽 確認できました。

本によると・・・ 冬の間は 自分の食べ物を維持するために、一羽ずつで縄張りを持つ。自動車のサイドミラーに映ったわが身でさえも激しくライバル視する・・・(「鳥のおもしろ私生活」より)

2羽いるということは まだ縄張りが確立されていないということでしょうか?それともここは終着ではなくて まだ途中なのかしら ジョビコさんに聞いてみないと分かりませんね(^^ゞ

この子たち しばらく 木の上の方を行ったりきたりしていましたが、二羽とも飛んでいってしまいました。

▼ジョウビタキ A子
20091028_joubitaki_mesu_1

20091028_joubitaki_mesu_2

▼ジョウビタキ B子 (A子もB子も同じに見えて見分けられませんので意味無い写真かもしれませんけれど ・・・(^^ゞ)
20091028_joubitaki_mesu

一瞬ですが ホオジロも見られました。こちらもお嬢さん 優しい表情ですね~。

▼ホオジロ ♀
20091028_hoojiro

ジョウビタキもホオジロも今季初めての対面でしたが、みんな 懐かしい面々です。地元の公園ではいつ会えるでしょう、早くおいでー♪

エナガ・シジュウカラの混群にもあいました。エナガは相変わらずチョコチョコと良く動いてくれて ボケ写真ばかり かろうじて一枚だけ(^^ゞ

▼エナガ 
20091028_enaga

大きな池の対岸にいたマガモの群れ、「頭部の緑色の光沢が美しい!」とカメラを向けたら 一斉に飛び立ってしまいました(^_^;)

▼マガモ (写真クリックで 中央部の拡大写真です)
20091028_magamow980

(どの写真もクリックで拡大画像になります)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

園内を歩いているとどこからともなくこの時期特有の匂いが・・・(^^ゞ

見上げると 銀杏の木に実が沢山ついていました。実は美味しいのですけれど・・・。20091028_ginnan02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

昭和記念公園 黄色いコスモス

きょうも爽やかな秋晴れのお天気となりました。
昭和記念公園のコスモスが見頃と聞いて、見に行ってきました。

ピンクのコスモスは終わってしまい、今はイエローキャンパスやクリムソンキャンパスなど、黄色やオレンジ系のコスモスです。

今日のメイン みんなの原っぱ西花畑の70万本のコスモスですshine
20091028_cosmos_12_2

20091028_cosmos_6

20091028_cosmos_8

20091028cosmos_1

(写真クリックで拡大写真になります)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

きょうも 西立川口から入場し みんなの原っぱでコスモスを、日本庭園では紅葉を、

そしてもう終わってしまったピンクのコスモスを見にコスモスの丘へ コスモスの丘では刈り取りの最中でした。

広い園内 今日も良く歩きました!(^o^)丿

コスモスの丘への途中では鳥見も出来ました♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

月と木星 ’09.10.27

今夜の月と木星 とってもきれいでした~、ご覧になりましたか?

20091027_18h3918時39分
 木星のあたりは 山羊座です(木星のガリレオ衛星も写っていました→こちら

20091027_20h2720時27分

(写真クリックで拡大写真になります)

昨日が「上弦の月」 だったとの事、満月は11/3だそうです。

今年 オリオン座流星群の流れ星は見られませんでしたが、今夜のお月様と木星には ちょっと星空ロマンをかきたてられ 写真を撮ってみました。

flag以前にも月と星たちの共演が見られましたねnotes

  shine2008.12.01 月と金星と木星 が →こちらです
  shine2008.12.29  水星と木星と金星 → こちらです

flagflag追記:  '09.10.28の月と木星はこちら→ぴょんぴょんさんのブログで見られます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花ふきんとランチョンマット

朝夕 ひんやりしてきて針仕事に良い季節となりました。そろそろ加賀ゆびぬきも作りたいなと思うこのごろですが、まだ花ふきんをチクチクしています。

 いつもはCADで製図してもらうのですが、今回はエクセルを使って自分で製図してみました。(セルに斜線を引いただけで~す(^^ゞ )

  clipPDFファイルも作成しましたので、↓この模様でよかったらご利用下さい。
     「matsukawabishi03.pdf」をダウンロード 
     
(A4サイズが2ページありますので、印刷してつなげるとA3サイズになります)

「松皮菱」   花ふきんの大きさは おおよそA3サイズです。

200910_matsukawabishi_02

糸を切らずに縫いつなぐ模様をと この模様を選んだのですが、全面に模様をさすよりも 少しさっぱりさせたくて、結局 糸を切る模様になってしまいました(^^ゞ

ゆびぬきも早く作りたいけれど、
さらしがまだあるので 

もう少し花ふきんを続けます(^o^)丿

20091015_sashiko

ランチョンマットも・・・

先日ぶらっと寄った手芸材料のお店に 
素敵なカットクロス(50×35cm)があったので
ランチョンマットもつくってみました。

今使っているのはサイズが小さいので、 ちょこっとだけ刺し子をして・・・大きめのランチョンマットの完成です!

裏地は晒し木綿です(^^ゞ
家庭用なので裏地はこだわらない事にして・・・晒しを消化しないとね(^^ゞ

20091015_sashiko2

桜色の生地には 生成りの糸で刺し子をしました。 
※の模様あと1個で完成 というところで 
ちょうど糸が終わってしまいました。

新しいのを使うのもなんだかな(ケチ!)という訳で、
赤の残り糸を利用しました。
ちょっとワンポイントになって 好かったかも?
  

20091015_seigaiha青海波の模様のも

出来上がって水洗いし、アイロンをかけたら・・・とても好い感じー♪ で使うのがもったいなくなり 引き出しにしまってしまいました~。

来客用にとっておきます(^o^)丿 ワレながら ホント貧乏性(^^ゞ

さて次は何を縫おうかな~。

 apple  「花ふきん」のカテゴリには、これまで作った花ふきんがあります。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 

shoe 先日の散歩から 

綺麗な色の朝顔が咲いていました。青空に溶け込みそう  Heavenly Blue ~天上の青~ という朝顔のようです。違ったら教えてね。

20091018_heavenly_blue82w950 20091018_heavenly_blue79w850

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

同じ花でも大違い ツリフネソウとキツリフネ

20091004_kitsurifune_gunraku38w1100

今月4日 秋の花を見に行った公園は ちょうど赤と黄色のツリフネソウが咲いていて見事な群落でした。

キツリフネにはこんなお客様も隠れていました。

▼オオアオイトトンボ
20091004_ooaoitotonbo35osuw1000

動いてくれたので気づきましたが、ジッとしていたら全然目立ちません。見失ってしまうのでピントが合わせにく~い(^_^;)  ここは近くを川が流れているので トンボも沢山見られます。前に来た時はハグロトンボが沢山いました。

▼ツリフネソウ(キンポウゲ科) 花は天辺に沢山咲いています。
20091004_tsurifunesou88w900
キツリフネは前に見たことがあったのですが、赤いツリフネソウは初めてです♪
   

▼キツリフネ(キンポウゲ科) 花は葉の下に。
20091004_kitsurifune37w950

   mobaq ツリフネソウは 花が天辺に咲いていますが、
      キツリフネは葉の下に隠れるように咲いていますね。
  
      お花の数もツリフネソウのほうが多いように思いました。

      同じ種類で花のつき方が違う~、なぜなんでしょう???

この答えは 公園の管理センターの掲示板にありました。

以下はその内容の写しです。

釣舟草と黄釣舟(ツリフネソウ科の生態)
   
半年余りの限られた一生の中で、とにかく種子を作らねば子孫を残せない1年草、同種でありながら種子生産方法が全く違う両種。
・・・(略)キツリフネ・・・(略)・・・株がたくさんさ或る割には咲いている花がまばらです。そこには子孫を残すための数々の工夫が凝らされています。

one繁殖形式の違い
   キツリフネ 
      まず閉鎖花(自家受粉)を沢山つけ、資力に余裕があれば
      花を咲かせ優良な子孫を残そうとしている。
      花期が長い(6月下旬~10月中旬)

   ツリフネソウ 
     短期間に沢山の花を咲かせ(他家受粉)花バチ類を集める。
     花期が短い(9月中旬~10月下旬)

two受粉形式の違い
   ★キツリフネ 
      開放花(咲いている花)は、雄性先熟・雌性後熟(自家不和合性)

   ★ツリフネソウ 開放花は、雌雄同熟(自家和合性)

flair花のつき方の違いには 深い意味があったのですね~。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

20091004_tsurifunesou66w1000
落ちる瞬間をキャッチ・・・だったらスゴイけど(^^ゞ

flairこの日 公園で一緒に写したサクラタデやイヌショウマなどをマイフォト(花7-12)にアップしました。時間があったらのぞいてみてくださいね。(左サイドバーの下のほうです)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

セキヤノアキチョウジ咲きました♪

20091015_sekiyanoakichoji(10.15)

種まきから育てたセキヤノアキチョウジの鉢を 先月 知り合いから頂きました。

その時 蕾はまだ伸びていませんでしたが、 葉の付け根を指差して「ここから蕾が伸びて・・・きっと咲くからね」とhappy01にこにこ。

それから約ひと月 長さ13ミリほどの青紫色の可憐な花が咲きました♪ 
我が家のは淡い色ですが、他の方のをHP等で見ると、もう少し濃い色をしていました。

自生種は草丈50cm以上にもなるとの事、今のところまだ小さいです。

シソ科で湿りけのある場所がお好みのよう・・・風通しの良いベランダでも大丈夫かな?風除け あったほうが良いかな?様子を見ながら大事に管理しなくては・・・。

寒くなると霜柱も見られるようです。 ベランダなのではたして霜ができるかどうか分かりませんが、楽しみにしたいと思います。

flagセキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子 学名:Plectranthus effusus )
  ・シソ科  ・花期 9~10月
  ・アキチョウジの変種(アキチョウジは岐阜県以西、四国・九州に分布)
  ・関東・中部地方の山地の木陰や林に自生(半日陰を好む) 
  ・多年草

セキヤノアキチョウジは 箱根に多く見られたことから 関所の番小屋→ 関屋の秋丁子と呼ばれたとの事。  
    

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

紅葉し始めたブルーベリー

20091016_40kara

シジュウカラのお気に入りの場所です。最近 常連さんの数がふえはじめたシジュウカラに 久しぶりにカメラを向けました。

メジロも来て水浴びして帰りました。
メジロ用のジュースや柿はもうちょっと先までお預け。蜂が飛んでいるうちは まだまだだよーん。

cherryそうそう ブルーベリーの実がまだ枝に残っている頃の事、
  シジュウカラがブルーベリーの実をくわえていたので、どうするのか見ていたら・・・
  なんと   食べ始めました。
  実が減っていたので、食べたのはヒヨドリとばかり思っていましたが、
  シジュウカラも食べるんですね~。 新発見です!(ヒヨちゃん ゴメンネ)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ガーデンシクラメン

 20091015_shikuramen

夏の間、北側の涼しい場所で管理していましたが、秋になって葉が伸び始めたので 新しい土で植替え。そしたら 蕾が伸びて少しですが花が咲きました♪

これからどんどん蕾を付けてくれる事を期待していますよ!

市販の草花培養土で植え替えたので 肥料はしばらく大丈夫 かな?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

瑠璃色の実 サワフタギ

いつもの林にて

20091012_sawafutaghiw800(10/12)

20091012_sawafutaghiw1000(10/12)

20080508_sawafutaghiw950
花は 5~6月ころ、円錐花序に白い花をたくさんつけます。(08.05.08撮影) 

(写真クリックで拡大写真に、ブラウザの「←」ボタンで戻ってきてくださいね)

shoe 春の花の頃には白い可愛い花をたくさんつけるサワフタギ ・・・沢をふさぐように茂ることから「沢蓋木」というようですが、林の道も枝に覆われ 実が青く色づいていました。

花は毎年見ていたのですが、実の季節には見忘れて 今年 初めて見ることが出来ました~(^o^)丿 

小さな実であまり目立ちませんが、美しい瑠璃色の実 珍しい気がします~♪

flagサワフタギ(沢蓋木)  ハイノキ科の落葉低木  

 ・学名:Symplocos chinensis var. leucocarpa form pilosa
 ・別名:ルリミノウシコロシ(瑠璃実の牛殺し)
 ・北海道・本州・四国・九州、朝鮮・中国に分布
 ・木の灰は媒染剤として染色に使われる

 ルリミノウシコロシ(瑠璃実の牛殺し)とは 
  実が瑠璃色で、牛の鼻輪を作るくらい木が硬く、頭をたたくと死んでしまうということから。
 
 

*** *** ***

とっても手軽にできるお赤飯パック 「らくらく炊きたて 赤飯おこわ」(イチビキ) をいただきました。

20091012_sekihan

パックの中には餅米(2合・無洗米)と
下拵えした具が・・写真クリックしてご覧になってくださいね(^^ゞ
  
 

20091012_sekihan02

ごま塩以外をお釜にいれ 水と塩を加えてあとは炊飯器にお任せ・・・・ 

20091012_sekihan03 
試食すると・・・flair 美味しいお赤飯でした~、お赤飯大好きなのでクセになりそう~(^o^)丿

2袋使用のとき(4合)の炊き方や、圧力釜や土鍋での炊き方なども裏側に記載されていましたので、炊飯器でなくとも炊けるようです。通販で購入できるようですが、スーパーにも置いてあるのか今度見てこよう~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

連休のなか日 快晴

20091011_asatsuyu3w900

三連休のなか日 朝から抜けるような青空が広がりました。朝の田んぼでは 葉に残る朝露が陽の光にshineキラキラ  

最近の散歩は午後が多かったので朝露を見るのは久しぶり 太陽を背にしてパチリッ!

時間がたつにつれて気温も上がり蝶やトンボも飛び始めました。

▼キタテハが翅を広げています。アカボシゴマダラもやってきました~。どちらもキレイな蝶でした、孵ってから日が浅いのでしょうかね・・・。
20091011_kitatehaw75020091011_akaboshigomadaraw800

アカボシゴマダラは南方の蝶、近くで見ると とっても大きい のが良くわかりました。先日の新聞記事に 奥多摩のほうでも観察された と載っており生息域を拡大しているようです。

▼オオアオイトトンボ
20091011_ooaoitotonbow600

田んぼでは
赤とんぼ・ウスバキトンボ・シオカラトンボなどが
たくさん飛ぶ中 オオアオイトンボも日光浴

アオイトトンボとオオアオイトトンボは良く似ていて
発生初期(初夏)には見分けが難しいのですが、
この季節になると アオイトトンボの瞳は青色に
なり体にも白い粉をふきます。

オオアオイトトンボは緑色の瞳で
体に粉はふきませんから見分ける事が出来ます。

でも このオオアオイトトンボは目が青く見える
ようですが、青空を反射しているのかな?
体に粉がふいていないのでオオアオイトトンボだと思います。

 

 

 

 最近 林では 嬉しい事に カラ類を見る機会が多くなりました。おなじみのエナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラそれにヤマガラも

ヤマガラの好物 エゴの実もまだたくさんありますよ!
20091011_yamagaraw800

今朝は珍しくアオサギも池に来ていました。日影にいたので全然目立ちません、教えてもらって初めてアオサギがいるのに気づきました。

このアオサギ じっとたたずんで身動きひとつしません。朝ごはんの邪魔をしてもいけないので そっと帰ってきました。

▼アオサギ(W=1100)
20091011_aosaghiw1100

(写真クリックで拡大写真に、ブラウザの「←」ボタンで戻ってきてくださいね)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

いよいよコワイ季節のはじまりです、食欲の・・・ (^^ゞ

20091007_mele 先日 スーパーで紅玉を見つけ、お買い得だったので多めにゲット

早速ジャムにしたりお菓子にしたり・・・お菓子はタルトタタンに バターも砂糖も控えめなレシピで気に入っています(レシピは「ぐるなび」を参考に)

今度は生地も自分で作りたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公園の虫たち

私自身 虫はどちらかと言うと苦手なので、散歩中に写真を撮っても いつもアップが後回しになります。そのうちに時機を失して・・・お蔵入り。

今回は そんな写真をアップしました。

けっこう面白い虫もいるんですけれど、虫が苦手な方はスルーしてくださいね。 サムネイル画像も小さめにしてありますが、写真クリックで拡大画像(ポップアップ)になります。

ここでは名前とmemoをチョコッと載せました。もし興味が沸いてもっと知りたいと思っていただけたら ちょっと嬉しいです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

最初はガ(蛾)です。 エーッこれが蛾なのーと思うキレイな蛾もいますよね。

公園でであったそんな蛾たちで 名前が分かったものを載せました。

20090804_osugurotomoew800

・オスグロトモエ(ヤガ科)

去年初めて見た時は巴紋に 目が点 でした~。紋付正装しているようです。

ハグルマトモエというよく似た蛾もいます、巴紋の大きさ等で見分けるようです。

20091004_hotarugaw950

20090828_oomizuaow800

・ホタルガ(マダラガ科)   ホタルガは白い線が逆への字、よく似たシロシタホタルガは白い帯が一直線

・オオミズアオ(ヤママユガ科)葛西にて  新鮮な個体はキレイな薄緑色をしています。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

次は エゴの実の天敵? エゴヒゲナガゾウムシ 眼が飛び出ているのがオス

7月末から8月にかけてエゴの実が大きくなると 穴のあいている実を良く見かけるようになります。20090903_egohigenagazoumu

どうしてなんだろうと不思議でしたが、穴をあけたのはこの虫達 。穴の中に産卵しています。

20080802_egohigenagazoumu

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

・アカハネナガウンカ           

20090826_akahanenagaunka_2

20090826_akahanenagaunka

去年ススキの葉裏で見つけ 、今年も会えるのを楽しみにしていました。写真を撮ろうと葉を裏返すと すばやく葉の裏側へ移動するので、こちらもすばやく写真を撮らないといけません。

正面顔を撮りたくて何度も通ってしまいました。小さいので(体長約4mm) ピンボケ写真量産でした(^^ゞ 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

・アカスジキンカメムシ(大きさは20mm程度。6月から9月ごろ出現 

成虫は去年8月に撮影したもの。肢まで金色できれいなカメムシでした。幼虫は月曜日に撮影。歌舞伎の隈取りみたいでかっこ良いですね? でも成虫と色が全然違います~。(

20080920_akasuzikinkamemu

↓は正体不明ですが、外見が変わっていたのでアップしました。
「葉っぱにゴミがついている」と見ていたら そのゴミが動き出したので ビックリ! ギャーッでした(^^ゞ

ミノムシかカゲロウの幼虫が植物片をまとっているようです。

20090909minokagerou

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

・サワガニ ですよね~? 公園の池へ向かう途中の小川で見っけ~。

20090617_sawagani02

・ニホントカゲ 今まで見たトカゲの中で一番キレイでした。尻尾が青いのは幼体、成長するにつれ青い色が抜けるようです。

20090804_nihontokagew650

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

・サンゴのような・・・

20090826_kusakoakasow1000 本名はクサコアカソです。
花は小さくて可愛い、サンゴのようでしょ。

   

とりとめもなく 撮りためた虫達をアップしました。

お付き合いいただきありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつもの林から・・・秋の花たち

20090821_waremokou
8月後半に撮影 のワレモコウ

天気予報を見ると typhoon台風の影響で今週はrain傘マークが続いています。 お散歩にでられないので写真整理ウィークにしようと思い・・・撮りためた写真の中から いろいろアップしてゆきたいと思います。

散歩に行くいつもの林から、9月に出会ったお花たちを・・・・。今日も写真をたくさん載せてしまいました(^^ゞ

▼アブノメ  ゴマノハグサ科 休耕田など湿地に生える一年草
20090928_abunome
ヒメミカンソウよりは大きいけれど これもとっても小さなお花です。以前から見たかったお花なのでちょっと嬉しい。(田んぼにて)

▼シオン ちょうどベニシジミが一緒におさまってくれました(^^V 
20090924_shion

▼イボクサ(ツユクサ科)  湿地に生える一年草。 
20090918_ibokusa17
お花はとっても可愛いのに、水田の害草のひとつなんだそうです。(田んぼにて)

▼フジバカマ(キク科)
20090918_fujibakama
お花はやっぱり良い香りでした。一緒に写っているアブ オレンジ色の丸いお尻が可愛いでしょ。アブの名前調べてみましたが、分かりませんでした。
 r-mark去年もアップしていました→こちら

▼アカバナ(アカバナ科) 湿地に生える多年草
20090918_akabana
花は1cm程、初めて見る可愛いお花でした。

▼マキエハギ(蒔絵萩) 
20090909_makiehaghi
去年は→こちらです(花の名前の由来など載せました)

▼ガマズミ 赤い実が夕陽に光っています。田んぼからの帰り道は いつもこの横を通ります。
20090928_gamazumi

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

先日写した蝶の幼虫の名前が ナガサキアゲハの幼虫 と最近分かりました。

ぴょんぴょんさん や orengeさん   のお庭で ナガサキアゲハが見られたそうですから、参考までにアップします。(お二人にTBさせていただきました。宜しくお願いしますね。)

▼ナガサキアゲハの幼虫
20090928_nagasakiaghehas写真はクリックすると大きくなります(W=320)
苦手な方はクリックなさらないようにねッ。

ミカンかな柚子かな? 柑橘系の樹木で育っています。

アゲハの幼虫はみな同じように見えますが、
種類によって 体の線状の模様が少しずつ異なったり、
線のないのもいるようです。

羽化すると ↓の蝶に(薬用植物園で9/19に撮影)

▼ナガサキアゲハ 尾状突起がないのが特徴  蛹で越冬 
20090919_nagasakiagheha
(赤い花は ダンドク(曇華)カンナ科 と言うお花で江戸時代に渡来。薬用にしたり、種子を首飾りや数珠にすることもあるそうです。)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

十五夜 

20090928_susuki ススキも風に揺れて 秋ですね~

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今夜は十五夜 先ほどまでの曇り空がウソのように、月明かりが部屋に差し込んできました。

 中秋の名月がこうこうと輝いて・・・

20091003_15ya

20091003_15ya02 ちょっと露出を落として写してみました。ウサギさんが見えますか?

   

movie 秋の夜長 夢を見るのは ひと だけではないようです
     →例えば 
こちら(YouTubeの動画へ)cat 猫好きさんにオススメ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ダイモンジソウとヒメミカンソウ

20091002_daimonjisou

先日咲き出した鉢植えのダイモンジソウ だんだん花数が増えて 大がいっぱいになりました。お花がきれいなうちに写真を撮ろう~。

園芸種にはピンクや八重のダイモンジソウもありますが、これは昔からあるシンプルなダイモンジソウ 

毎年写真を撮っているけれど進歩が感じられないなぁ、去年の写真のほうが良く撮れているかも(^^ゞちなみに去年は10/8にアップしました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

▼ヒメミカンソウ(フウロソウ目、 トウダイグサ科 ) Phyllanthus matsumurae 

20091002_himemikansou

去年秋に 散歩途中に実を収穫し 我が家のツクシカラマツの鉢に種をまいておきましたら ちゃんと芽がでて 9月には花 ↓も咲きました。

花はとっても小さくて1ミリくらい、そして・・・実もとっても小さいです。

夕方になると 合歓の木のように 葉を閉じてしまいます。

一年草で適度な湿り気のある場所が良いようです。

▼ヒメミカンソウの花(9/2撮影) と 実(10/2撮影)
20090902_himemikansou_001

▼自生するヒメミカンソウ 雑木林の林縁で
20090921_himemikansou

足元の低い位置にあって うっかりすると見落としてしまいますが、とっても可愛いんですよ♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »