« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

花ふきん 竪三枡 (図案あり)

晒し(さらし)で作る花ふきんは、汗ばむ季節でも さらっとした肌触りが気持ちよいので 時間があるときに少しずつ縫っています。

籠目(かごめ)の次にとりかかった竪三枡(又は立三枡)が 先日出来上がりました。

アバウトな性格ゆえ 枡の巾にバラつきが~(^_^;) でも柄自体は 枡と枡の間に空間があって すっきりして見えますね!

▼たて三枡 完成~♪

0908_tatemimasu_2

0908tatemimasu_1s

図案の段階では
← こんな感じです。

花ふきん これからは ふきんとして実用的に使おうと思い 食器を拭くのに使ってみましたら、キリッと拭きあがりとても使い勝手が良い事が分かりました。

それで 晒し一反買い足し これから 自宅用を作ることにしました♪

0908bishamonkikkou 次の図案は 毘沙門亀甲 です。→
直線で縫えないのでちょっと時間がかかりそう どうなる事やら・・・happy01sweat01

flag 竪三枡(又は立三枡)の図案をPDFファイルにしましたので、
    竪三枡を作ってみたいな という方は 
   一番下にあるPDFファイルを、PCにダウンロードしてご利用下さい。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

school 花ふきんの 基本的な縫い方はシマのママさんのブログを参考にしています→こちら

memo竪三枡(又は立三枡)の作り方 memo 

晒しのサイズに合わせて 縦3枡 横5枡 です。

本では ひと枡 1cmでしたが、大変そうなので ひと枡1.6cmの大きい柄に・・・(^^ゞ

0908_tatemimasu_1

free  竪三枡(又は立三枡)図案のPDFファイルはこちらから ↓   

「0908_tatemimasu_pdf.pdf」をダウンロード

 ・PDFはA4サイズです。
 ・ウイルスの心配はないと思いますが、
   ダウンロードし「保存」された後に必ずウイルスチェックなさってから 
   PDFファイルを開いていただくようお願いします。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ラベンダーセージに来たのは・・・

20090826_rurimonhanabachi

公園入り口のウエルカム花壇ではラベンダーセージが たくさん花をつけて歓迎してくれています。

その花に見慣れない青い色の虫が三匹 花の周りを忙しく飛び回っていました。

以前に見た青い虫は アオスジハナバチでしたが、もしかして これはルリモンハナバチ! ・・・去年 シマのママさんのブログで拝見して 一度見たいと思っていたハナバチです。 

アオスジハナバチよりも ブルーの面積が多く 体も少し大きいように思います。

▼ルリモンハナバチ

20090826_rurimonhanabachi_4

20090826_rurimonhanabachi_3

20090826_rurimonhanabachi_2_2

お花には他の蝶や虫達もやってきていました。お天気が良い日は蝶も元気に飛びまわってくれます。 

近くにあるブッドレアはどうかなと思って見に行きましたが、きょうはラベンダーセージのほうが賑やかでした。

写真は 撮り始めてから20分弱の間のことです。

20090826_kurocho

20090826_cho

20090826_sesericho

20090826_shiokaratonnbo
トンボが花に って珍しくないですか?

** オマケ ** 

写真を撮っていると ルリタテハがズボンに止まりました。樹液なども好む蝶 木と間違えたのでしょうか(^^ゞ

20090826_ruritateha

happy01 シマのママさんのブログはこちら→茶飲み話(08.08.21のブログ)

happy01 アオスジハナバチはこちら→09.08.01のブログ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

アジアイトトンボ 2009

朝夕 しのぎやすい日が続いています。
まだ8月と言うのに もう秋のような涼しさです。

最近の散歩写真から花とトンボをアップしました。

8月前半 オレンジ色だったエノキの実が さらに赤くなっていました。
20090821_enoki
8/21撮影

ガマズミの実も色づき始めました。
20090821_gamazumi
8/21撮影

秋のお花も咲き出しています。 

葛の花は秋の七草の一つ とてもキレイで好きなお花です。
20090825_kuzu

▼ミズオトギリ
20090821_mizuotogiri

▼タヌキマメ
20090821_tanukimame

ミズオトギリ は午後3時過ぎに開花するとの事、タヌキマメも正午頃から開花するので、この花たちは午前中の散歩では見られないんですよ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今の時期 散歩途中の田んぼでトンボさがしをするのも楽しみの一つですが、

もうそろそろ飛び回る頃のアジアイトトンボを今日の散歩で見つけることが出来ました。

小さくて目立たないのでなかなか見つけられません・・・が、稲の間を飛ぶイトトンボがいました!

今季初見初撮り

▼アジアイトトンボ

未成熟の♀は 赤い色をしています。

20090825_asia_itotonbo_1

アジアイトトンボ♀ のようですが、写真がイマイチで良くわかりませんね(^^ゞ
20090825_asia_itotonbo
   ↓
このトンボは未成熟で色がはっきり出ていませんが
多分 クロイトトンボ♀だと思います。

  shoe 去年のアジアイトトンボは→こちらから(08.09.07にup)

▼オニヤンマ 

散策路の上をブンブン飛び回っていたオニヤンマでしたが 枯葉に突然止まりました。2mほどの高さだったので近寄ってみたら とらえた獲物を食べているようでした。 

20090821_oniyannma

もうちょっときれいな場所に止まってくれるとよかったのにね(^_^;)

雑木林から でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タゲリ と・・・

先日の動物園で タゲリとソリハシセイタカシギを見ることが出来ました。

タゲリは大きなケージの中で放し飼いになっているので、じかに写真を撮れました。

▼タゲリ(チドリ目チドリ科)初見です♪  
200908_tageri
つぶらで大きな瞳、黒くて長い冠羽もカッコいい。おしゃれな帽子をかぶっているよう♪
こちらを気にしてるようなので、写真を一枚撮らせてもらってその場を離れました。

タゲリ 日本には主に冬鳥として飛来するそうです。
本州中部以西で越冬、北陸地方では繁殖記録も数例あるとの事。
生息場所は 水田や草地、河川の岸辺、内湾の干潟など

♀夏羽では喉は白い
♂夏羽 頭頂・胸・顔に黒色部がある。後頭には長い冠羽がある

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

▼ソリハシセイタカシギ(チドリ目セイタカシギ科)
200908_sorihasi_seitakashigi
上に反り曲がるくちばしで どのように採餌するのか ちょっと興味が沸きました。

ヨーロッパ・黒海沿岸~中央アジア・アフリカの一部で繁殖、
ヨーロッパ南部・アフリカ・インド南部・中国南部で越冬。
日本では数少ない旅鳥または冬鳥として北海道・本州・九州・沖縄島・石垣島で記録があるとのこと。

(参考書籍「日本の鳥550 水辺の鳥」文一総合出版)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

▼優しい表情がいいでしょ(^o^)丿 ガビチョウのようなアイリングの私は誰でしょう? 
  
 名前分かる方がいらしたら 教えてください。  → 私は「オシドリ(♀)」と判明しました。違っていたら教えて下さいね。

 (写真クリックで顔の部分の拡大写真)
20090820_kamo_1

タゲリのケージには孔雀も放し飼いになっていると書いてありましたが、姿は見えません。

でも確かに ここにいた証拠が・・・落ちていました♪
20090820_cujacu
孔雀が羽を広げた姿 いちど写真に撮ってみたいです♪

  今回は楽して鳥見が出来てしまい 初見の鳥にもかかわらず感動があまりありません。

  やはり 散歩しながら 「偶然の出会いがイチバン」 と思うのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コアラ 去年生まれの子・・・♪

先日 10年以上ぶりに多摩動物園に行ってきました。 夏休み中で混んでいるかなと思いましたが、それほどでもなくていろんな動物達をゆっくり見られました・・・けど やっぱりとっても暑かったhappy01sweat01汗だく

20090820_tamazoo

中でも去年~今年生まれの子供が可愛かったです

20090820_tamazoo_2

20090820_tamazoo_3

20090820_tamazoo_1

コアラ館では去年の10月25日に赤ちゃんが生まれ 今年7月に「ミライ」と名づけられたそうです。ミライちゃん 生まれてからずっとお母さんのお腹の中にいて 今年の4月27日袋から完全に出たそうです。

いつも置物のようにジッとしていてちっとも動かないコアラ 「食事時間に合わせて見に行くと良いよ」 と教えてもらったので、ユーカリの交換時間に合わせてコアラ館に行きました。

新しい葉を食べに移動するコアラ やっと動いているコアラが見られました。お母さんが 新しいユーカリの葉のほうへ行ってしまい 後を追いかけるミライちゃん 母の元へダーッシュッ ゆっくり動くイメージのコアラですが、結構早かったですよ~。

▼ 去年10/25誕生のミライちゃん

「お母さん まってよー」
20090820_mirai_1

「お母さんの背中がイチバン♪」
20090820_mirai_2

20090820_mirai_4 

まだ甘えん坊のようですが、一人でユーカリの葉も食べられますよ。 

20090820_mirai 

heart02ミライちゃんとお母さんの様子をスライドショー(約30秒)にまとめました。時間があったらコアラ親子を見てあげてくださいね。

info02 コアラ誕生から命名まで詳しい事は→こちらに

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ルリボシヤンマとトンボ達

まずはご報告 先日の玉虫のご利益か 購入したサマージャンボ(バラ10枚) 5等・6等・7等が当たりました~。いつも末番7等300円しかなので やはりご利益があったのかもと家族で話しています。何に使おう・・・ちょっと嬉しい臨時収入です(^o^)丿 まだ換金はしていませ~ん(^^ゞ 玉虫は→こちら(皆さんにもご利益がありますようにーーー)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

いつもの雑木林から・・・    (今日も写真を沢山載せてしまいました(^^ゞ)

8月前半に出会った生き物 トンボ達です。

春に小さな花をいっぱい咲かせていたエノキ 緑の実が色づいてきました。橙色の実は甘くて食べられるようですが、食べた事がありません。

エノキはゴマダラチョウや国蝶のオオムラサキなどの幼虫の食草です。庭木にしたい1本です。冬には落葉しますから陽も良くあたりますしね。

▼色づいてきたエノキの実 
20090804_enoki_w1000
   エノキ Celtis sinensis var.japonica  、ニレ科の落葉高木

早くも赤くなっているトンボがいました。まだ少数派ですが これから赤とんぼの季節ですね。

▼マユタテアカネ
マユタテアカネ(w850)

▼コノシメトンボ こちらは成熟途中 少し赤くなってきました。
 胸の側面の黒い筋が「つ」の字のようにつながっているので、見分けられます。
 翅の先が黒いトンボでしたが、なぜか写真では翅先の黒が見えません。
20090813_konoshimetonbo

▼キイトトンボ スーッスーッと草の隙間をぬうように飛んでいます。飛翔写真はまぐれの一枚(*^^)v
キイトトンボ(w950)

notesトンボのメガネは水色眼鏡~~♪ でおなじみの <シオカラトンボ>
20090813_shiokaratonbo稲の花も咲いています。

▼ウスバキトンボ  ぶら下がって止まります。卵から羽化まで40日ほど 成長がとても早い  20090813_usubakitonbo
「お腹のほうからゴメンよ!」

何枚もトンボの写真にお付き合いいただいて有難うございます。

でも ここからが今日のメインなのー(^^ゞ もうちょっとお付き合いしてね

▼ルリボシヤンマ 初登場のトンボです♪ 去年に続き今年も見られたルリボシヤンマ

田んぼの上でパトロール中

20090813_ruriboshi_w800

Ruriboshiyanma

顔も見てあげてね
20090813_ruriboshi_kaow950

こちらの雑木林では数が少ないトンボで、あまり見かけません。去年も一度しかあえませんでした。
絶えず飛び回っていて ホバリングも短く カメラで追うのもやっとでしたが、山のようなボツ写真の中に 写っているのがあって大喜びです(^^ゞ
ここで繁殖しているかどうか分かりませんが、今年もやってきてくれて何故か安心しました。
帰りに寄ってみたら まだ飛び回っていました。小さな体のどこにそんなエネルギーを蓄えているのでしょう。。

flag追記:ルリボシヤンマが笹の葉に小休止、止まっている写真が撮れました→こちら

    

ルリボシヤンマ(ヤンマ科)
 ・成虫は7月中旬頃から羽化 10月下旬まで見られる
 ・昼行性 黄昏飛行することはほとんどない
 ・寒冷な気候を好む 高地の池・湿地に多く生息
 ・未熟な個体は体色が灰褐色
 ・成虫は 複眼は青緑色 腹部の模様と腹部の斑紋は黄色に変化
 ・♂では腹部の斑紋の一部が水色
 ・産卵管による産卵 湿地や浅い池沼で ♀単独産卵
 ・孵化して2~4年で成虫
 

▼ドングリがだいぶ大きくなっていましたよ! コナラの木かな?
20090813_donguriw800   

そして 久しぶりにカラ類の混群にあいました♪シジュウカラ・ヤマガラ・コゲラ おなじみの鳥さんたち やっぱり可愛い。

▼ヤマガラ この写真はクリックしても大きくなりません(^^ゞ
20090813_yamagaraw900

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花ふきん 籠目

夜になると チッチッチッ と虫の音がベランダから聞こえて来るようになりました。

Kanetataki カネタタキです。
何年前からか 毎年ベランダにやって来て 秋を知らせてくれます。
(写真は以前アップしたのを再掲しました)

上空では秋の空気に入れ替わりつつあるのか 
山の稜線も少しくっきり見えるようになりました。

お盆を過ぎて夏も後半! とはいえ 残暑はまだ厳しいですから、水分補給をこまめにして熱中症にかからないようにしなくちゃ。

皆様もお気をつけ下さい。

   

0908_hanafukin

さて、先日ブログのお友達から 
 「zuccaさん花ふきん作りましょう!」と 
声をかけられて やりかけの花ふきんがあったのを思い出し、
取り出してみました。

この前に花ふきんをブログにアップしたのは ’06年7月でした→こちら

3年もブランクがあったなんて 自分でもビックリです。

図案の線がうすくなりかろうじて分かる程度になっていました(^^ゞ

何の図案を縫うつもりだったのかも忘れていました。もう一度線を引きなおしていたら なんとなく「籠目」の模様かな?とわかり チクチク。

0908hanafukin_005

縫う順番もすっかり忘れていました。
   
先に外枠を縫ってから中の模様を
縫わないといけないのに、

中の模様から縫い始めたので 端が不揃い(^^ゞ 針目はもっと不ぞろい(^_^;)

ゆびぬきと違って完成後に洗えるので、汗ばむ夏でも出来ますね。

あと一枚分のさらしが残っているので それだけは完成させよう~♪

と言う事で 次の花ふきんの図案を線引き中です ↓

花ふきん 次はこれです 

flag これまでの花ふきんは
   「花ふきんのカテゴリ」にあります
      → こちら
   (作品数はまだとっても少ないですけど)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ペルセウス座流星群 2009/斑入りコバギボウシ

きょうのGoogleのロゴが ペルセウス座流星群のロゴになっていますね、

ご覧になりましたか? こちらです
    
・‥…━━━☆
     ・‥…━━━☆
                     
さて 今年の流星群は今夜がピークですね。   ・‥…━━━☆ 

night 2009年のペルセウス座流星群

 ・今年のピークの予想は おおよそ(日本時間で)13日の未明
   (極大の前後1週間ぐらいは流星の出現が期待できます)
 ・8/13 午前2時頃のペルセウス座の位置は 北東の空 仰角50~60度あたり 
 ・おおよその位置はカシオペアとカペラの間
 ・ペルセウス座は 8/12 午後9時過ぎ頃から北東の空に現われ始め、
   時間と共に天頂へ移動しますから 
   午前2時前でも見ることが出来ますよね

     今年は 月明かりがあるため観測条件はあまり良くないようですが、
     今夜 お天気が良いと いいですね♪

diamond 天文現象 もうひとつ気になるのは 9月4日に「土星の環の消失現象」が起きるとの事。

土星の環の消失 
  土星の環は厚みが薄い為 真横から見た場合 
  望遠鏡でも見ることが出来ず、まるで環がなくなってしまったように見え、
  約15年周期で消失現象が起きるそうです。

望遠鏡がないと見られませんけれど、環のない土星ってどんな? 土星じゃないみたいでしょうね(^o^)丿

詳しいことは国立天文台のHP内「土星の環の消失現象 2009」(こちら)に載っています。

(「環の消失現象」についての解説ムービーのページでは 環がなくなった土星が見られます)  

国立天文台HP参考

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

8月に入り ベランダのギボウシが咲き出しました。特別に手をかけなくても毎年花を咲かせてくれます。手がかからなくて とっても我が家むき~(^^ゞ 

20090809_giboushi_8

(↓クリックで花のアップ写真です)
20090809_giboushi_7b

スプレーで 涼しさを演出してみました(^^ゞ

20090809_giboushi_4

(↓クリックで花のアップ写真です)
20090809_giboushi_6

同じような写真ばかりになってしまいましたね。キレイな花に免じて許してね(^^)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今度の雛は・・・

20090809_40kara_waka_2 夏になってもシジュウカラは相変わらずやってきます。来る回数はぐっと少なくなりましたが、今年生まれの雛 色はまだ薄いですがいっちょ前に元気良い鳴き声を聞かせてくれます。

きょう また窓の外から雛の声が聞こえてきましたnotes chick chick 今度の雛はこの子 

20090809_suzume_hina_1

シジュウカラは ここ何年も雛をお披露目してくれていますが、スズメの雛は初めてでした♪雛は二羽のようです。

20090809_suzume_hina_2

ひまわりの種は 雛には食べ難いようです。お母さんは一度与えた種を取り返し、少し食べやすくしてあげているようでした。

巣立ち後の給餌は10日ほどらしいので、まだ巣立ってから間がないのですね。

20090809_suzume_hina

網戸越しに撮影したのでちょっと見にくいです、スミマセン(^^ゞ

 chick スズメ ひと口memo
   
・尾の長い鳥を 「鳥」 尾の短いのを『隹』 と書き分けた→雀は 小さくて尾が短い鳥
・スズメは 人家が20軒以上ないと巣を作らない
・20つがい集まらないと繁殖できない
・繁殖は 年2回 巣立ち後の給餌(10日)

参考HP「スズメ」 → こちら(そのほかスズメの色々がわかって面白いですよ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

玉虫とアオスジハナバチ

先日 友達と 織田裕二主演の映画「アマルフィ 女神の報酬」を 観て来ました。

0907amalfi_002 オールイタリアロケの映画は見所一杯でとても楽しめました~。中でも サラブライトマンさんの歌がとても素晴らしく最高でした。 

また会話が現地の言葉だったのが自然で良かったなぁと・・・(アメリカ映画だと 舞台がどこであれ 英語で進行してゆくのが多くて 不自然に思うことも度々です) 日本人同士の会話は日本語でしたけれど(^^ゞ

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

30日 蓮の花を見に出かけました。蓮の花は先日(7/17)よりは沢山咲いていましたが、蓮田一面花盛りとはなっていませんでした。

その公園で見つけた昆虫 2つ アップしました。

one  アオスジハナバチ 初見初撮りでした♪

萩の花の蜜を吸いにくるようです。
萩の花から花へと忙しく飛び回るお腹の青い小さな虫 珍しい色なので是非写真をと 少し粘ってみましたが、動きがすばやくて 全然写真が撮れません(^_^;)

アオスジハナバチは 東アジア固有種で 京都府では準絶滅危惧種に指定されています。

ネ 青いでしょ(写真 中央上の方で飛んでいます)
20090730_aosujihanabachiw800

止まっているとお腹が見えませんが・・・(^^ゞ
20090730_aosujihanabachiw750

青が分かると良いのですが(^^ゞ
20090730_aosujihanabachiw700

アオスジハナバチ(Nomia punctulata DallaTorre,1896)
 
  ・ハチ目、 コハナバチ科
  ・大きさ 10mm前後
  ・黒色で、腹部に青い筋模様
  ・時 期 7-10月
  ・分 布 本州・四国・九州
  ・ハギ類などの花で吸蜜
  ・地中で営巣
  ・京都府では準絶滅危惧種
   (京都府のHPから)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

two 玉虫  玉虫は「吉丁虫」とも表わされ 縁起のよい虫と考えられていたようです。良いことあるかな(^o^)丿

翅を広げて飛んできて桜の木に止まり、幹を登ってゆきました。久々に見る玉虫 一体何年ぶりでしょう、キレイ~。

この虫もカブトムシ同様 昆虫採集の子供が見つけたら大喜びかもね。

奈良の法隆寺の宝物「玉虫厨子」の装飾に玉虫の翅が使われていますが、翅は色があせないんですね~。

「玉虫色」の玉虫も この虫のことですね。

一説によると、メタリックな光で鳥の目をくらまし身を守るなどとも言われているようです。効果の程はいかに?

 ▼玉虫   桜の幹の右側にアブラゼミ も貼りついています。
20090730_tamamushi_w900
  

青味がかって見えたりもします↓
20090730_tamamushi_w_950

タマムシ(ヤマトタマムシ) 
  ・学名 Chrysochroa fulgidissima (Schonherr, 1817)
  ・英名 Jewel beetle Metallic wood-boring beetle
  ・タマムシ科の甲虫
  ・本州以南に分布
  ・成虫の餌はケヤキなどニレ科植物の葉

   

sign05「アマルフィ 女神の報酬」公式HPは→こちら

notesサラ・ブライトマンさんの歌声はYouTubeでも聴く事が出来ます

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »