« 薄羽白蝶と逆八蝶 | トップページ | 加賀ゆびぬき 父の日に »

麝香揚羽と尾長揚羽 (裏高尾 2)

裏高尾の続きです。

満開のニセアカシアの花には黒い蝶も蜜をすいにきていました。

20090521_niseakashia03_w1280
(すべての写真は クリックすると大きな画像が見られます)

白い花から花へ 飛び交う黒い蝶2頭 どちらも初見の蝶でした。

20090521_niseakashia_w1000

一頭はジャコウアゲハ(写真手前) もう一頭はオナガアゲハ(写真奥)です。

2頭はとてもよく似ています、遠目には同じように見えますね。

それもそのはず、オナガアゲハは 体内に毒をもつジャコウアゲハの雄に似せて身を守っているのです。

ジャコウアゲは幼虫の時 毒草のウマノスズクサ科植物を食べて育つので、体内に毒素があり それを知っている野鳥は ジャコウアゲハを食べません。

オナガアゲハは 毒のあるジャコウアゲハに似せる事で身を守っていますが、

オナガアゲハはなぜ ジャコウアゲハが毒で身を守っている事を知っているのでしょう、不思議です。

他にも クロアゲハやアゲハモドキ(蛾)がジャコウアゲハに擬態しているとの事。

擬態する蝶は他にもいますね。

▼ ジャコウアゲハ♂ 表翅では赤い斑紋はあまり目立たない
20090521_jakohageha_1w1000

▼ オナガアゲハ♂ 表翅にも赤い斑紋あり
20090521_onagaageha_1w1000

▼ ジャコウアゲハ♂ 裏翅 と胴に赤い斑紋が目立つ
20090521_jakohageha_w1000_2

▼オナガアゲハ♂ 裏翅に赤い斑紋 胴体は黒い
20090521_onagaageha_w1000
後翅前縁に白斑が見られるので 雄だと思います。

▼ ニセアカシアの花 地上に落ちていたのを撮影 ちょっと香りがよかったです。
20090521_niseakashia_w800

sign05 ジャコウアゲハ(麝香鳳蝶、麝香揚羽) アゲハチョウ科

 ・名前の由来:雄成虫が翅から麝香のような匂いをさせるのでこの名前がついた   
 ・学名 Atrophaneura alcinous または Byasa alcinous)
 ・日本では秋田県以南から八重山諸島に分布
 ・成虫は前翅長 45mm - 65mm、 羽の開張 約 10cm ほど
 ・後翅が 他のアゲハチョウより斜め後方に細長く伸びる
 ・成虫は雌雄の判別が容易
   雄の翅色はビロードのような光沢のある黒色
   雌は明るい褐色である。
 ・春から夏にかけて 3-4回発生
 ・幼虫の食草はウマノスズクサ類
 ・蛹で越冬

sign05 オナガアゲハ(尾長揚羽 ) アゲハチョウ科
  
 ・学名 Papilio macilentus
 ・アゲハチョウよりやや大きめ
 ・後翅前縁にある白斑は性標で、雄のみが持つ
 ・日本全国に生息、年2-3回の発生
 ・桜が終わる頃から 秋の中ごろまで見られる
 ・幼虫の食草はミカン科植物
  (コクサギ、カラスザンショウ、ミヤマシキミなど)
 ・蛹で越冬

参考:ウィキペディア

|

« 薄羽白蝶と逆八蝶 | トップページ | 加賀ゆびぬき 父の日に »

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
緑の木の葉をバックに白い花と黒いチョウ、一幅の絵を見るようです。
どれも綺麗な写真で素敵すねgood
ヒラヒラ飛んでいるチョウも、強い(毒のある)ものに似せて生きていく本能ってすごいですね。
どうしてそうなるのか、自然界は不思議ですね。
私も強い人に似せて、肩をいからせてみようかなbleah

投稿: シマのママ | 2009年5月28日 (木) 16:54

シマのママさん、おはようございます。
白い花に黒い蝶 後ろの風景も一緒のほうが と思って、ノートリミングです。

>どれも綺麗な写真で素敵すね
ありがとう~happy01
ちょっと山間の風景がステキでしたし、
白と黒の組み合わせも良かったかな。
擬態して生きる蝶の知恵って すごいですね~。不思議で面白いですよね。
おなじみのツマグロヒョウモンのメスも やはり毒性を持つカバマダラに擬態しているんですって。

>私も強い人に似せて、肩をいからせてみようかな
アハハ 真似してるって見抜かれないようにねeyepunchannoy 

投稿: zucca | 2009年5月29日 (金) 09:06

ジャコウアゲ、その姿は見たことがありません。一度、見てみたいものです。そいて、ジャコウアゲは幼虫の時 毒草のウマノスズクサ科植物を食べて育つのですか、毒蛾あるので野鳥が食べない。鳥も賢いですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009年5月29日 (金) 12:41

ぴょんぴょんさん、こんばんは~。
ジャコウアゲハ 写真で見ると体の赤色がちょっとドギツイ感じですが、
飛んでる姿はキレイです♪
幼虫のときに食べた毒草の毒素が 成蝶になっても残っているそうです。
flairng鳥もちゃんと知っているのですね~。

投稿: zucca | 2009年5月29日 (金) 21:07

以前は黒いアゲハチョウを見ると、皆、カラスアゲハだと思っていましたが、いろいろな種類がいるのですよね~。しかし、よく似ています。見分けられるところがすごい!
飛んでいるところや、吸蜜している姿がとてもきれいです。全部ノートリミングですか。白い花との組み合わせが、絵のようです。それでいて、ちゃんと特徴もとらえているのですから、うまいものです。
黒い蝶は、全然撮らせてくれませんね。背景を考える余裕などありませ~ん。いつか撮れるかな~。
前の記事にトラックバックを送ってみました。無事送れていたら、よろしくお願いします。

投稿: ジュリジュリ | 2009年5月30日 (土) 20:25

ジュリジュリさん、こんばんは~。
TB無事届きました~、ブログの紹介もありがとうございましたhappy01
私も後でTBさせていただきますので、無事届いていたらよろしくお願いします。

黒い蝶2頭 遠目では同じに見えたので 見分けるための写真を撮らなかったのです(^_^;)
帰ってPCで見て「しまった~」と思っても遅いですよね~。
見分けも図鑑とにらめっこ 大変でした~(^_^;(なにしろ新米なもので)

ニセアカシアと黒いアゲハ蝶は ステキな組み合わせですね。
写真の上2枚と4枚目のがノートリミングでした。
でも 地元の雑木林で見るカラスアゲハは全然止まってくれません。
朝早く 日光浴してる時が狙い目かもしれませんね。

投稿: zucca | 2009年5月30日 (土) 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/45138328

この記事へのトラックバック一覧です: 麝香揚羽と尾長揚羽 (裏高尾 2):

« 薄羽白蝶と逆八蝶 | トップページ | 加賀ゆびぬき 父の日に »