« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

カナダオダマキ

我が家のベランダで咲いたお花たちです。

新顔のカナダオダマキ、挿し木で開花したヒメウツギ、消滅したと思っていたヒメイズイ が3年目に芽を出しました(^o^)丿

▼カナダオダマキ(キンポウゲ科)
20090426_canada_odamaki_01

オレンジ色で可愛いよ~ と、小さな鉢(直径6cm)を 知り合いの方からいただきました。

・寒さには強いようですが、暑さと乾燥に弱いそうです。
・こぼれダネでも発芽するかもしれないとの事 (種を採り6月頃にまいても良い)

まだ見たことがない花なので、いつ咲くかと楽しみにしていました。

だんだん蕾が伸びてきましたが、花はうつむいたままで花びらがあるような無いような 

咲いているのか さらに伸びるのか よく分からない???

でも可愛いですね~ オレンジのオダマキ shine

大事にします、ありがとう~。

▼ヒメウツギ(ちょっと盆栽風です) 挿し木して1年目に開花 
20090427_himeutsugi

挿し木でよく着くから と去年の春に 一枝切っていただいたのを、2号深鉢に挿し木しました。

特別な手入れはしなかったのに ちょうど一年で花を咲かせてくれました♪

▼そして今年一番嬉しかったのはこちら ヒメイズイ 

3年前(2006年)の5月にお持ち帰りし 植え替えしたものの(2006.05.23のブログ) 姿が見えなくなり 消滅したとあきらめていました。

鉢に名札をつけていなかったのが幸いしたのかな、何か出てくるかもと ずっと水遣りだけ続けていたら 3年目の今年になって 沢山の芽が伸びてきました~(^o^)丿

花をつけているのも何本かあります(^o^)丿イエイッ

20090420_himeizui

ヒメイズイ ユリ科 多年草 草丈10~30cmくらい

日照条件・・・明るい日陰を好む
水やり・・・表面の土が乾いたら
肥料・・・庭植え(腐葉土や堆肥を入れて植える
      鉢植え(少量の緩効性肥料を入れて植える
           肥料のやりすぎに注意
株分け・・・秋または春、用土は通常の園芸用土

(写真はクリックすると大きくなります。 ブラウザの「←」ボタンで戻ってきてくださいね(^^)ペコッ)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

タマノカンアオイとネコノメソウ

きょうは植物学の日 「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の誕生日(1862年4月24日)にちなんで制定されました。

googleのロゴも植物学の日バージョンで お花になっていますよ~。

その牧野博士命名の「タマノカンアオイ」 先日 雑木林の斜面に咲いているのを見つけました。

見た目 はなやかさはありませんが、毎年楽しみにしているお花です。

東京西部(多摩丘陵から高尾山にかけて)に分布する貴重な植物で 今は絶滅危惧種に指定されています。

▼タマノカンアオイ(ウマノスズグサ科)
20090410_tamano_kan_aoi_01

いつもは土に埋もれて見えない顎筒を 初めて見ました。
20090410_tamano_kan_aoi02

蕾かな? 
20090410_tamano_kan_aoi_03

bell タマノカンアオイ(ウマノスズクサ科)

  • 東京多摩丘陵で発見され 牧野富太郎博士によって命名された
  • 丘陵や山地の木陰に生える常緑の多年草
  • 葉はやや肉厚、茎は地面を這う
  • 花期は4月 花は特有のにおいがある
  • 顎片は丸みがあり波打っている
  • 顎筒の入り口に白いひだがある(きのこへの擬態?)
  • 種は蟻によって運ばれるとの事
  • 分布速度は 1万年に1キロ (単純計算で一年に10cm)
  • 関東のものと九州のものとは系統が異なる
      
  • ギフチョウの幼虫の食草

追記(4/25)
nekozizouさんの「寒葵咲いた」にTBさせていただきました。
パンダカンアオイをアップされています。

      

ネコノメソウ(ユキノシタ科)も咲いていました。

一度見てみたかったお花です。名前があっているかどうか自信がありませんので、違っていたら教えてください。

▼ヨゴレネコノメ(雄しべが4個なのでヨゴレネコノメ かな? 葯は暗紅色)20090410_yogorenekonomew1000

花の周囲が明るいので 暗い林の中でもぱっとそこだけ目立ちます。

でも この時は陽が当たっていたようですね(^^ゞ

撮影してる時は気づきませんでしたが、帰ってPCで拡大してみて初めて 花が咲いている とわかりました(^^ゞ
20090410_yogorenekonome_1w950

▼ヤマネコノメ 花は直径4~5ミリ、ガク片は黄緑色で花が終わると緑色

花は終わり、種が出来ていました。

20090410_yama_nekonome_1

20090410_yama_nekonome_2

私が一番見たかったネコノメソウは シロバナネコノメソウ 白い花びらに赤いしべがとても可愛いお花ですが、今回は見られず残念でした。

写真は 4月10日撮影

参考書籍 山渓ポケット図鑑1「春の花」

(写真はクリックすると大きくなります。 ブラウザの「←」ボタンで戻ってきてくださいね(^^)ペコッ)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

丁字草

公園の草地に チョウジソウが花盛りで とてもキレイでした。

横から見た花の形が「丁」の字に似ているので「丁字草」とつけられたそうです。

20090418_choujisou_1

5弁の花の中心部には細い毛が密集してるとの事なので、アップにしてみました。

20090418_choujisou_6

20090418_choujisou  

・キョウチクトウ科
・湿った草原に生える多年草
・高さ 40~80cm 

小さな虫や蝶がやってきていました。

20090418_choujisou_2

20090418_choujisou_3

20090418_choujisou_4

20090418_choujisou_5

蝶ではほかに コミスジと黒アゲハが初認

林のほうからは キビタキのような澄んだ鳥の声が聞こえてきて ちょっと嬉しくなりました。

(写真はクリックすると大きくなります。 ブラウザの「←」ボタンで戻ってきてくださいね(^^)ペコッ)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

♪木の上で囀るウグイス 04.13

散歩をしていると ウグイスのさえずりが聞こえてきて 気持ちよい季節です~。

いつもの林でも ホ~ホケキョッ ケキョケキョと ウグイスの元気な声が 林の中から聞こえてきますnotes

声を頼りに探してみると・・・あらら 藪の中ではなくて上の方にいました。

20090413_uguisu_3w1280

喉を膨らませて~ (のどの周りの羽毛逆立っていますね(^^ゞ)
20090413_uguisu_2w1280

口を大きく開けて~ ・・・ ホーホケキョッnotesnotes
20090413_uguisu_1w1000

ウグイスの口が黄色かったので雛かと思いましたが、違いますよねsign02

だんだんと木の上の方へ移動してゆきました。

上でもホー ホホホケキョnotes
20090413_uguisu_4w1000

↑のウグイス  じつはこんな高いところに ↓ 

20090413_uguisu_w1000

ここまで登って また別の枝へ飛んでいってしまいました~(^^ゞ

藪の中でさえずるとばかり思っていたウグイス、でも さえずりは高い場所のほうが遠くまで響き渡りますね。

notes追記(09.04.17)
  シマのママさんのブログ「ウグイスの囀り♪」にTBさせていただきました。
  ぴょんと出てきてくれたウグイスの さえずりの練習のスライドショーも可愛いです。

(写真はクリックすると大きくなります。
 ブラウザの「←」ボタンで戻ってきてくださいね(^^)ペコッ)

| | コメント (13) | トラックバック (1)

ミヤマセセリ

ここのところ林を歩いていると 小さな黒っぽい蝶が飛んでいるのを良く見ます。

調べると 早春にしか見られない蝶で ミヤマセセリ という蝶でした。

ミヤマセセリ♀ 開翅
20090407_miyamaseseriw1000
この個体は前翅に白い帯があるので♀と思われます。

先日はスミレの花で蜜をすっていました。
20090406_miyamaseseri_1

この時は カキドオシの花に~♪
20090413_miyamaseseri

ミヤマセセリ
 ・3月下旬から4月にだけ発生
 ・幼虫の食草は  コナラ(小楢),クヌギ(椚),カシワ(柏)
 ・幼虫で越冬
 ・ 大きさ (前翅長)14-22mm
 ・北海道・本州・四国・九州 に分布

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・

他にも いろいろな蝶が飛ぶようになりましたね~。

↓こちらも 春にしか見られない ツマキチョウ 
  去年初めて見た蝶でした(08.04.16のブログに

今年も会えて良かった♪

少し小ぶりの蝶で華奢な感じがします。

よく飛び回るので 写真が撮れませ~ん、証拠写真に
20090406_tsumakicho

テングチョウも 開翅 
20090406_tengucho
長いお鼻のテングチョウも今年の初見でした。

ウサギのような翅模様が面白いです♪

他に シロチョウやキチョウ ベニシジミも飛んでいて いよいよ春爛漫~♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

柊草と羅生門蔓と

野の花シリーズもようやく最終回 ホッです(^^ゞ

きょうは初めて見た春のお花を アップしました。(写真は4/3撮影 クリックすると大きくなります)

diamondラショウモンカズラ(シソ科) 

落葉樹に守られるように 根もとに寄り添うように咲いていました。なんかいい感じ~♪
20090403_rasyoumon_kadura
・名前の由来は
長さ4~5cmもある大きなふっくらした花を 京都の羅生門で渡辺綱が鬼退治をしたときに切り落とした鬼の腕に見立てた との事。

(ちょっとかわいそうな命名のような気がします。 )
   
・蔓は花後ランナーを出すので
・多年草
・葉は 対生でハート型

20090403_rasyoumon_kadura_1

20090403_rasyoumon_kadura_3

diamondヒイラギソウ(シソ科) 多年草 

葉がヒイラギ(柊)に似ているところからこの名前がついた との事。

羅生門蔓にくらべ 花はだいぶ小さいです。

20090403_hiiragisou

20090403_hiiragisou_1

diamondオドリコソウ・踊子草(シソ科)

遠目にも 濃いピンクのお花が可愛く見えました。
20090403_odoriko_sou
 花の形が,笠をかぶった踊り子の姿を思わせることからつけられた名前です。

 ・東南アジアの温帯に広く分布する多年草
 ・花の色は白または淡紅紫色

お花 笑っているように見えませんか?
20090403_odoriko_sou_3
リップのmが○クドナルドのエムに見えてしまいます。
この時 お腹すいてたせいかな (^^ゞ

diamondトウダイグサ・燈台草(トウダイグサ科) 毒草なので要注意

黄緑色の花が目立っていました。 毒草と知らなかったのであとでビックリ(^_^;)
20090403_toudaigusa
名前は 全体の姿が 明かりをともすのにつかった燈台に似ているところから

diamondウラシマソウ・浦島草(サトイモ科) 多年草
20090403_urasimasou

長~い釣り糸をたれていますね~(^o^)丿

    

このほかにも沢山の花が咲いていましたが 載せきれませんので

4月3日撮影の野の花シリーズはこれにて オ・ワ・リ とします。 

見てくださってありがとうございました。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

メジロ ペアで♪

野の花シリーズ ちょっと息切れしてきたので 少休止(^^ゞ・・・ 

きのう出かけた先で 仲良しメジロのペアを見つけました。

大きな桃の木 メジロはこの中にいました。
20090410_mejiro_pair_3

こんだ枝に守られて安心なのでしょうね、
長い間一緒にぴたっと寄り添って・・・とっても可愛かった~♡
20090410_mejiro_pair

20090410_mejiro_pair_1

20090410_mejiro_pair_2

47秒のスライドショーができました。時間があったらのぞいて行ってくださいね♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

エイザンスミレとフデリンドウ

「葉の切れ込んだスミレは珍しいスミレ」 とインプットされていましたが、そのスミレが咲いているではありませんか。

flair珍しいスミレ とワクワクしながら写真を撮って・・・調べたらエイザンスミレとわかりました。

エイザンスミレ(叡山菫) 花は直径2センチ内外

沢沿いの道端や斜面など 日陰のやや湿ったところに多い。

20090403_eizan_sumire_1

20090403_eizan_sumire_2

20090403_eizan_sumire_3

菫が群落であちらこちらに咲いていました。

20090403_sumire_1

20090403ngw_023

あいにく 日陰の場所でしたが、一株 ひっそり咲くフデリンドウを見つけました♪

20090403fuderindou

(写真は4/3撮影 クリックでポップアップ画像が)

次回も続きます(^^ゞ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

一人静~十二単

お昼頃から出はじめた風にふかれて 桜の花びらが窓の外をひらひら、ベランダにも花びらが舞い降りてきました。

花のいのちは短くて・・・

公園に野の花を見に行ってから もう1週間 のんびりしてると花の季節が過ぎてしまいます(^^ゞ

少しずつアップしてゆきますね。

(写真は4月3日撮影、クリックすると大きくなります)

自然観察園内の草はらの上に作られた散策路は林の入り口に続き、林の中は土の道を歩きます。
20090403_park

きょうは数字にちなんだお花などを載せました。

one 一人静(センリョウ科) 

一人静は 静御前の白拍子姿に例えられてつけられた名前

数本ずつまとまってはえるとの事だけどこれは大集団。
みんなで賑やか~♪
20090403_hitori_1

白い糸のようなものは雄しべ。花弁や顎片はないとの事。
20090403_hitori

one 一輪草(キンポウゲ科) 二輪の花をつけるのもある
20090403_ichirinsou

two 二輪草(キンポウゲ科) 小さな群落があちらこちらにありました。
20090403_nirin_sou_2

花は一輪草より小さい 葉の切れ込みの深さなどが違います。
20090403_nirin_sou_1

five 連福草(レンプクソウ科) 多年草 
  別名:五輪花(ゴリンバナ) 茎の先に花が5個つくことから

1センチもない小さなお花でした。
周りの 4 個は花弁が 4 枚,先端につく 1 個だけが 5 弁です。
20090403_5rinsou

onetwo 十二単(シソ科) 咲きだしたばかりのようでした。
20090403_12hitoe

以上 

ハッハッハ 数字の花 すぐに終わっちゃいました(^^ゞ

threeのお花も候補があったのですが キジムシロと見分けられないので 参考までに載せます。

三葉土栗又はキジムシロ(バラ科) 葉のつき方などで見分けるのですがこの写真からでは分からないので・・・(^^ゞ
20090403_mitubatutiguri

幾度かに分けて載せますので、コメントいただけるのでしたら最後の回にいただけたらと思います。

最後にお約束の 桜とメジロ
20090403_mejiro

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エナガのブルブルッ!シメのお口 ポカン

きょうは 大きな写真ばかり載せました、マウスオンで遊んでくださ~い♪

いつもの公園では 元気な小鳥の鳴き声が聞こえてきますが、なかなか写真を撮る事が出来ませんでした。

久しぶりのエナガ ちょっと高い場所で ちょこまか動き回っています。

ボケ写真承知で 後を追って撮っていたら エナガのブルブルッ が写っていました。

外から見ると白いお腹も 地肌は黒っぽいんですね~

flair マウスオンしてくださいね。

エナガ やっぱり可愛いですね~♪

   

榎の枝に シメがいました。 嘴がちょっとグレーっぽくなって、夏の色に変わりつつあるようです。

暖かな陽射しの中で のんびり まったりしているように見えましたので、少しずつ近寄ったら こっちを向いて・・・・ こっち来ないでannoy って、威嚇かな(^^ゞ(^^ゞ

flair マウスオンしてくださいね 

野の花の写真整理 ちっとも進みません、もうちょっとかかりそうです(^_^;)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

長寿梅/タイリントキソウ 2009

いつも野の花ばかり載せていますが、きょうは 我が家で育てているお花を 2つ載せますね~。

flair 最初は長寿梅 

去年は花数が少なかったけれど、今年はいっぱい蕾があります。

ボケの仲間ですが、八重なので 花は ちょっと華やかで 全部咲くと 見事ですshine

20090406_chojubai

20090406_chojubai_2

ちょっと緑がかった蕾もきれいなんですよ~。
20090406_chojubai_1

毎年頭を悩ませるのは 小さな蕾が開かないまま しおれてしまう事(^_^;)

上手く咲かせるには 何に気をつければよいのでしょうね?

flair2つ目は タイリントキソウ 

冬の間に シジュウカラにかじられて球根に穴があき、大丈夫かと心配しましたが、蕾が伸びてきました。

けれど寒の戻りのせいか なかなか咲かず きのう やっと開花。 

いつもよりだいぶ早い開花です。

20090406_tairintokisou

シジュウカラは 食べ物がなくなると 浅植えのチューリップの球根やトキソウの球根をかじる事を覚えてしまったようです。

球根 美味しいのかな?

横顔
20090406_tairintokisou_2

正面 も見てあげて下さい(^^ゞ
20090406_tairintokisou_1

~~~~★~~~~★~~~~

追記(09.05.12) 管理memoはこちら→マイフォト「トキソウ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ビロウドツリアブ

花冷えの日がずっと続き 都心の桜は開花宣言が出てから満開まで最長記録となったとか、おかげで今年は長く桜を楽しめますね。

昨日は 久しぶりにぽかぽかと穏やかな春の陽気 暖かさに誘われて 花を見に出かけました。

桜はまだ蕾も多くて ちょっと期待はずれでしたが、いろいろな野の花が目を楽しませてくれました。

小さな虫や蝶も 元気に飛びまわっていました。

その中で 一番気になったのは 何匹も飛んでいたこの子
  
春にしか見られないビロウドツリアブ  
20090403_tsuriabu01

長い口吻のツリアブ 去年始めてみて チョット気に入ってしまいました。

今年も見られて良かった♪

細長い毛で覆われた体 もこもこで愛らしいです♪
20090403_tsuriabu02

ホバリングしながら 長い口吻で吸蜜しますが・・・吸蜜せずに葉の上で休んでばかりでした。日光浴かな?
20090403_tsuriabu03

ホバリングしている所を撮ってみたいのですが、お花にはちっとも止まってくれませんでした(^^ゞ

「日当たりの良い林縁などに生息し、都市郊外でもよく見られる普通種」(参考:昆虫エクスプローラー)との事ですが、今のところ 雑木林でしか見たことがありません。

   

他の昆虫は

ゲンゲの花で蜜集めのアブ 
20090403_abu01

スミレにはキタキチョウが止まってくれました。チョット遠くてピンボケ(^^ゞ
20090403_kita_kicho

ルリタテハ 今年初撮り!すぐ前の木の幹にとまってくれました~
20090403_ruritateha
翅の切れ込みなどは 影のほうが良くわかりますね。

ツマグロオオヨコバイ
20090403_yokobai
以前写真を撮った時は葉裏にいたので ツマの部分が黒く見えましたが、紺色だったのですね、おしゃれ♪

公園の春の野の花は 次回に載せたいと思います。

(写真はクリックすると大きくなります)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ホシザクラ 09.03.28

この3年ほど 春のお花見で楽しみにしているのは 東京の多摩地方に自生している桜の花 ホシザクラを見に行くことです。

ソメイヨシノより少し早く咲くので 先日(3/28) 公園に見に行ってきました。

世界に たった100株しか自生していないのだそうです。

たった100株しかない桜が いつも行く公園で見られるのは嬉しい事です♪

環境省は07年、ホシザクラを絶滅危惧種の「1A」に指定しました。
 (1Aは 危険度の最も高いランクで ごく近い将来に絶滅しかねない種)

絶滅危惧種にもかかわらず 特別扱いされる事なく、ここではふつうに 他の樹木と同じに たたずんでいました。

珍しい桜ですが 知らない人も多いのでしょうか、立ち止まって眺める人はありません。

近くで写真を撮っていた自分達のほうが注目されてしまいました(^^ゞ

花冷えの寒い日が続いているせいか ホシザクラも蕾が多かったです。

090328_hoshizakuraw900

花は パッと開かず 抱え咲き 花数もソメイヨシノのようには密ではないような気がします。

090328_hoshizakura03

ガクが星型をしているところから付けられた名前です。

それなので ホシザクラの写真を撮る時 花よりもガクに注目してしまいます(^^ゞ

けれど花の上にあるガクを撮るのは難しいです(汗)

090328_hoshizakura02

同じ公園ではカタクリも沢山咲いていました~。

ここも見物の人はいなくてひっそり

20090328_katakuri01s 20090328_katakuri

  

私の好きなクロモジやキブシの花も咲いていました~。

20090328_kibushi

20090328_kuromoji

エナガの尾曲がりさんも飛びまわっていました~♪

   

これからの楽しみのひとつは これ↓春に咲くリンドウです。

まだ固い蕾が多く この一株だけ 蕾の先が色づいていました。

20090328_rindou

今頃は咲いてるかも・・・♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »