« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

加賀ゆびぬきミニ さざ波・さくら

miniといえばミニクーパー いえいえ最近は 加賀ゆびぬきミニ なんちゃって(^^ゞ

ミニのゆびぬきの作り方は NHKおしゃれ工房 2006年11月号に載っていますね。

Sazanamisakura_1 左のブルー系のが
本のを参考に作った 
さざ波 

右のが 山路のもようで作ったミニで
さくら と命名しました。

ちょうど こちらの桜も咲き始めました~♪
   
・さざ波
これまでの模様は8分割でしたが、さざ波は15分割 
1コマが狭いので 真ん中に入れる色違いの糸が 引き立つかどうか心配でしたので、ちょっと無理をして 一コマ 9段 でかがりました。

・さくら 
かがり方は山路と同じです。
とても可愛いい模様なので、花びらの位置などあれこれ変えながら いくつか作ってみたいなぁ と思っています。

Yubinuki_keitaiyou 友人から 携帯ストラップを頼まれたので きょう自分で紐を編んでみました。

紐とゆびぬきの色も合わせないといけないし・・・だんだん難しくなりますね。

あとは金具を付けて完成ですが、金具が不足しちゃったので ちょっと中休みです。

flairこれまでのゆびぬきは
 マイフォトや 「ゆびぬきのカテゴリ」で見られます。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

flag オマケ

Kanimiso ツナ缶を使った美味しい料理を 友人から教えてもらったので紹介します。

作り方はとっても簡単で カニかま・ツナ缶・ネギのみじん切り・味噌 を加えて混ぜるだけ

ご飯に良く合いますよ~。

1品足りないなぁ という時に、重宝しそうです。

(「こうちゃんレシピ」だそうです)

  

| | コメント (18) | トラックバック (0)

行徳野鳥観察舎にて

baseball WBC(ワールドベースボールクラシック) 日本優勝しましたね。

9回裏 同点にrun追いつかれた時は 正直なところ負けるんじゃないかとはらはら、でも ヤッパリ 強かった!

おめでとう~ サムライJAPANsign03

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて だいぶ 日にちが過ぎてしまいましたが、

先日の葛西臨海公園のあとに寄った 行徳・鴨場の鳥達の写真を載せます。

宮内庁管轄の鴨場には入れないので外側をグルッと一周し、隣にある行徳野鳥観察舎に寄りました。

宮内庁新浜鴨場や地域一帯は鳥獣保護区になっています。

「行徳野鳥観察舎」は、「行徳近郊緑地特別保全地区」の一角にあります。
ここは、かつて「新浜(しんはま)」と呼ばれ、水鳥の生息地として世界に知られた行徳・浦安地域一帯のうち、宮内庁の「新浜鴨場」を含む一部を水鳥や水辺の自然環境の保護のため保存・造成されたところです。(HPより抜粋)

   

観察舎の2階には望遠鏡が備えられていて 水鳥たちを観察できます。

カモメや鴨などの鳥が沢山いて賑やかなのが ちょっと嬉しい♪

岸の近くでは オナガガモやユリカモメが 見られました。

山野の鳥に比べて大きな体の水鳥 ピントも合わせやすいので写真を撮るのは楽しかったです。

オナガガモ♂ 表情が愛らしいですね
20090315_onagagamoosu_w1100

オナガガモ♀ 眠そうな目元・・・(^_^;) 
20090315__onagagamo_mesu1024
地味ですが メスの羽も美しいですよね♪

 オナガガモ(英名 Pintail)
  ・長く伸びた尾羽が特徴
  ・本州~九州で越冬、
  ・雑食性(水草や水生昆虫)、
  ・逆立ちが得意   

    

ユリカモメ 

毎年11月頃に渡ってきて5月頃帰るそうです。

近くに旋回してくるので 何枚も写してしまいました(^^ゞ

20090315_yuri_kamome_w1100_3

20090315_yuri_kamome_w1100_2

白い体に赤い嘴・足がキレイに映えます。
20090315__miyakodori_7

上の写真の右下の鳥です。写真をトリミングし大きくしてみました
20090315_yurikamome_w900_2

もっと高くを飛んでくれると 羽が透けて見えて良かったのになぁ(^^ゞ
20090315_yuri_kamome_w1100_1

ユリカモメは 「東京都の鳥」で 業平の歌にある都鳥としても有名。

名にしおはばいざ言問はむ都鳥我がおもふ人はありやなしやと 在原業平

japanesetea余談ですが 東京隅田川にかかる言問橋は この歌が語源となったとか。

近くのお団子やさんの 言問団子 も有名ですー。

http://www.kototoidango.co.jp/index.html

| | コメント (12) | トラックバック (0)

加賀ゆびぬき ミニとビッグと

昨日(3/21)東京都心で「桜が開花」との事、こちらでもマメザクラなどが咲き始めたようです。

きょうは 朝から風が強く 雨も降ってきて 春の嵐のような一日でした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

先日途中までのをupした 大きな加賀ゆびぬきが 完成~sweat01>Valletta 少しだけ使った金ラメの糸が キラキラと効果的♪

あとは金具を付けて バレッタに仕上げるだけです。
(シマのママさん 正解でした~(^o^)丿)

でも もったいないから使わないでしまっておこう~(^^ゞ

最初 >うろこ模様で作る予定でしたが、紺の糸が不足しそうなので、琴柱の模様に変更しました。

そのため グレーの糸を くぐり刺しする事となり、ちょっと時間がかかりましたsweat01

(最初から琴柱と決めていれば グレーの糸を始めにかがるので くぐりざしせずに済みます)

大きなゆびぬきをかがっていると 小さいものに気持ちが動くのでしょうか・・・・ストラップやチョーカーに利用できる 「ミニゆびぬき」 を作ってみました。

>Mini_4 ミニはすぐに完成するので、嬉しくて何個も作ってしまいました。

最初 胡蝶蘭の模様の 色違いを・・・

左から3つ目の黄色系の青海波は 余り糸でかがっています。

>Mini_dodai

ミニの加賀ゆびぬき ちょっとはまりそう

で、土台をまとめ作りしました~。

土台は シャープペンシルに巻きつけて作ります。

小指も入らない小さなゆびぬき~♪

    

ストラップにする場合 先日 いっちさんがブログに載せていらした 「ボタンとビーズを使ってストラップに仕上げる」アイデアも参考になるなぁと思いました。

   flag いっちさんのブログ記事は→>こちら

今回はちょうど合う材料がなかったので 次回以降に作ってみたいと思います。

   

flairこれまでのゆびぬきは >マイフォトや 「ゆびぬきのカテゴリ」で見られます。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 

clip2009.06.04追記:ミニゆびぬき用地割作成
  
  
  これまで ミニの加賀ゆびぬきをいくつか作ってきましたが、地割が面倒だったので CADで作った「地割」を PDFファイルにし 

当ブログ右サイドバーのウェブページ「>加賀ゆびぬき ミニ用地割にアップしました。

ミニを作られる方は ご自分のパソコンにダウンロードしてご利用下さい。

また 普通のゆびぬきで 小さいサイズ用(周長65~75ミリ)の地割も一緒に載せています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お墓参りと鳥見で・・・ヒレンジャク

昨日(3/17)は「彼岸の入り」 そこできょう お墓参りに・・・。

その帰り さいたま市にある荒川沿いの公園まで足をのばしました。

この日のお目当ては レンジャク。 

関越道を利用したら 1時間かからずに目的地に到着♪ 

今週に入り 暖かな日が続いたので レンジャクはもう北へ旅立ったのでは とすこし気がかりでしたが・・・

ぴょんぴょんさんに教えていただいた場所をぶらぶらしていると、カメラマンが大勢集まり 熱心に撮影中 

カメラの向かう先に レンジャクが・・・いましたっ!

良かった間に合って♪

ヒレンジャク(スズメ目 レンジャク科) 雌雄同色
20090318renjaku

シメより大きいですね~。
20090318renjaku_buck

キラリッ 光る瞳がカッコいい!
20090318renjaku_6

レンジャク 漢字で書くと「連雀」 その名の通り 群れで連なって移動するようです。

20090318renjaku_3wa

お腹は黄色味を帯びている。尾の先が赤色
20090318renjaku_5

頭部に黒い過眼線と冠羽
20090318renjaku_1

ジャノヒゲ?の実をついばむヒレンジャク、赤い下尾筒が見えます。
20090318renjaku_3

ヤドリギやナナカマドなど木の実をついばみながら移動するとの事。   

近くで写真を撮ってもあまり逃げなかったので かなり人馴れしたのかと思いましたが、隣の方が 「こんなのは珍しい」とつぶやいていました。   

短時間の鳥見のせいか この時は キレンジャクはいませんでした。

(西日本にはヒレンジャク、東日本にはキレンジャクの飛来数が多いと言われています。)

   

ここはとっても広い公園でした。大きな林や池があり 沢山の野鳥が見られるのも頷けます。公園の近くに住む人がうらやましい。   

公園からの帰り道 多摩川を眺めながら ふと「多摩川にもあんな公園があったらいいのに」と思いました~。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

処々聞啼鳥

お昼前 久しぶりにいつもの林を散歩したら ウグイスのホーホケキョを3箇所で聞くことが出来ましたnotes

鳴き方はスムースで上手でしたよ~。

ウグイスの声を聞いていたら「処々聞啼鳥」が思い出されて 今日のタイトルとしました。

前後はあまり思い出せませんけれど・・・(^^ゞ

4月下旬から5月頃の暖かさとあって 蝶も飛んでいました。

明るい開けた場所で キタテハを2頭目撃  越冬した割りには痛んでなくてキレイなハネですね。

20090317_kitateha

草はらでは ホオジロのオスが二羽で追いかけっこをしていました。

傍らに一羽のメス

ホオジロのおじょうさん この子は可愛い顔をしていますね~♪
20090317_hoojiro

↓この子がメスと一緒にいるホオジロ君です
20090317_hoojiro01

すきあらば 僕だって・・・と狙っているのか
20090317_hoojiro02

カタクリも咲いていました。

暖かな日が続いてるので たくさんの蕾もすぐに花開く事でしょう~。

20090317_katakuri

*** オマケ ***

「春暁」 孟浩然

   春眠不覚暁     (春眠暁を覚えず)

   処処聞啼鳥     (処処、啼鳥を聞く)

   夜来風雨声     (夜来風雨の声)

   花落知多少     (花落つること知る多少)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

葛西臨海公園で鳥見

きのうの日曜日 海辺の鳥を見に葛西臨海公園に行ってきました。

前日の土曜日は 強風のため 朝方は京葉線が運転見合わせになるなど悪天候でしたが、今日は風も強く無く、寒くもなくて 鳥見日和となりました♪

近くには東京ディズニーランド↓やアクアラインが見え、遠くには 富士山がかすんでいます。20090315_tdl

20090315__fuji_enbou

葦の茂る池には水鳥が沢山いました。20090315_hoshihajiro

水鳥は見慣れないので名前が良くわかりません。

キンクロハジロだけはこの前見たので分かりましたが、ここには 頭部から首が赤褐色のホシハジロが沢山写っているようです(^^ゞ

海鳥だけでなくモズやウグイスもいました。

葦には 葦原のホオジロ類 オオジュリン(?)が3羽 

遠いので 小さくしか写せませんでした(^_^;)

20090315__oojurin_4

口に何かくわえているようです
20090315__oojurin_2

水溜りで 水浴びをしていました。
20090315__oojurin

オオバン(?)も初めて見ました。
20090315__ooban_1

このあと 行徳の宮内庁の鴨場のとなりにある 千葉県行徳野鳥観察舎 に行ってみました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ザゼンソウと春の妖精②・・

先日nekozizouさんに「ザゼンソウ咲いてますよ~」と教えていただいたので 天気とにらめっこ 

やっと昨日晴れたので 午後出かけてきました。

sign05 ザゼンソウ 

前回(2/21)はまだ小さな蕾でしたが・・・  

20090221_zazensou

 ↓昨日の様子 
   寄り添っているようです

20090310_zazensou

ザゼンソウ(サトイモ科) 別名:ダルマソウ(達磨草) 
  ・花期:晩冬~初春  
  ・ダルマソウ(達磨草)という別名は,達磨大師にちなむ  
  ・褐色(個体によっては黄緑)の仏炎苞(ぶつえんほう)の中に花茎がある

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

枯れ葉に埋もれた林床の所々から 小さな花が顔をのぞかせていました。

春の妖精たちが踊っているかのよう・・・

sign05 ミスミソウ(キンポウゲ科) 自生しているのは初めて見ました♪
20090310_misumisou_1 20090310_misumisou

3 つに別れた葉の先が少しとがり トランプの「クラブ」に似ているため,「ミスミソウ(三角草)」と呼ばれるとの事

sign05 ヒメウズ(キンポウゲ科) 

薄いピンクの花は1センチもないほど小さくて可愛いかったです。
   
20090310_himeuzu_w1280
(写真をクリックすると花の部分の拡大写真に)

 ・関東以西に分布
 ・小さな花のように見えるのは萼片
 ・ウズとはトリカブトのことで,「小さなトリカブト」ということ。
 ・花の構造は オダマキに似ているそうです(オダマキも同じキンポウゲ科)

sign05 キクザキイチゲ(キンポウゲ科)多年草

20090310_kikuzakiichige

・茎葉が細かく裂けている
・花びらのように見えるのは萼片,本当の花びらはありません
・花の色は薄紫色と白の二種類あるとの事

sign05 アズマイチゲ(キンポウゲ科) 多年草

気温が低い時間では花は開きません

20090310_azumaichige

20090310_azumaichige_1

・一本の茎に一つの花を咲かせるので一華と呼ばれる
・キクザキイチゲ(菊咲き一華)(キンポウゲ科)に似ていますが、
 アズマイチゲの茎葉は細かく裂けていないので区別出来る
・白く花のように見えるのは花弁ではなく萼片

下の写真は アズマイチゲの後ろに咲く白い小さな花 セントウソウ

少し拡大してみました

sign05 セントウソウ(セリ科) 
20090310_sentousou
  
 ・山野の木陰に生える多年草
 ・小さい花弁が内側にカールしているのが特徴

花名など間違っているようでしたら そっと教えてくださいませ。

(参考HP:植物園へようこそ!)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

椿 2009.早春

2/28のブログの公園での事

ここには 410種類、約1,100本の椿を見ることが出来、当日は椿の展示会が催されていました。

「写真はどうぞご自由に」との事でしたので、沢山撮らせていただきました。

その中から いくつかを載せました。

椿と言っても、花やしべの色・形がさまざま、個性が豊かでとても新鮮でした。

20090228_tsubaki_9

20090228_tsubaki_12

20090228_tsubaki_11

20090228_tsubaki_10

20090228_tsubaki_2

20090228_tsubaki_4

20090228_tsubaki_5

20090228_tsubaki

お茶の花を思わせる小さなお花で、蕾の紅が愛らしい
20090228_tsubaki_13

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大きな加賀ゆびぬき

ビッグサイズの加賀ゆびぬきを作っています。

実際には「ゆびぬき」にしないので ゆびぬきではないですね^(^^ゞ

模様は「重ねうろこ-2」 かがってもかがっても ちっとも埋まりません(^_^;)

写真は まだ途中のものです
20090308_big_2

普通サイズのゆびぬきを置いて見ると 大きさが良くわかると思います~。

絹糸をかがるのは半分だけで、ゆびぬきを2つに折って使います。

完成したら何になるか 想像つきますか~? 

20090308_big_1

sign05 追記 完成したビッグサイズはこちら→3/22のブログ

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

3月に入っても晴れの日が少なく 陽射しが恋しいこのごろです。

先週 目にした春の・・・足音 

ネコヤナギが咲き出して
20090302_nekoyanagi

コブシも冬眠から覚めて動き出しました
20090305_kobushi

尾曲がりのエナガ 目撃
20090307_enaga_omagari

オタマジャクシ、まだ小さいけれど 2/8にUPした卵たち 孵っていました
20090307_otama

*** オマケ ***

何鳥の羽でしょうね、ウツギの枝についていました。羽先の空色がきれいでした♪

20090304_torihane

*** オマケ② ***

ウィンドウズのアップデートについて

2/24に windowsのアップデートで更新プログラムKB967715をインストールしましたが、翌日もそのまた翌日も 同じプログラムの更新を知らせてきました。

おかしいと思い、検索したところ 他にも多くの方が同じ症状で困っている事が分かりました。

マイクロソフトに質問したところ「セーフモードでインストールする」事を教えていただき、どうにか無事解決しました。

皆さんのPCは大丈夫でしたか?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

加賀ゆびぬき「山路」/巣材集め(苔)するエナガ

加賀ゆびぬき 今度は「山路」をかがろうと色選び。

選んだ二色はこれ!アイスクリームが食べたかったわけではないのですが・・・

タイトルは  これしかないですよね~(^^ゞ

抹茶小豆Yamaji_maccha_w300

使用糸 
タイヤー №31抹茶色 
              №206小豆色
   
   

矢鱈縞  
Yatarajima_0303

青い鳥と赤い鳥のゆびぬきの
あまり糸を利用して
   
   

flairこれまでのゆびぬきは マイフォトや 「ゆびぬきのカテゴリ」で見られます。   

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

カタクリの見ごろは毎年3月20日頃ですが、この冬は暖冬だったので、開花も早いかもしれないと思い、自生地に様子を見に出かけましたが・・・

カタクリは まだ芽を出したばかり でした(^o^)丿
20090305_katakuri

1週間後くらいにまた見に来てみましょう。

シュンランは いつもの場所で陽を浴びて咲いていました。
20090305_syunran

今年は4輪 花をつけています。他にもあるはずですが、落ち葉に埋もれて見えません。

途中 おなじみのエナガやコゲラを見かけました。20090305_enaga01

先日は ふわふわの綿を引っ張って巣材集めに奮闘していましたが、

こちらの公園のエナガは 木の幹についた苔を 集めていました。

苔はこういうところから集めるんですね~。

短い嘴にどれくらいはさめるのでしょう、幾度 巣材運びをするのでしょう。

20090305_enaga03

どの林でも抱卵の準備に忙しいようです。

エナガの巣 写真は → こちら(2007年マイフォト) にあります。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

ツチグリとシロハラ(2/28)

前回のつづきです。

初めて見たきのこ ツチグリと きれいに撮れたシロハラなどを載せました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

池に流れ込む小川の横の地面に小さな丸いきのこ発見!

星型の座布団の上に、袋が乗っているように見えます。大きなきのこかと思っていましたが、丸い袋は金柑よりも小さくみえました。

▼ツチグリ 地上の星~♪ 一度見たいと思っていたきのこです。
20090228_tsuchiguri_w900

ツチグリ
・扁球形の袋の中に胞子を作る。
・外側には皮質の厚い外皮があり、成熟すると7-10片に裂けて星形に開く。
・外皮は、乾湿にあわせて開閉する。
 乾燥すると、外皮は丸まり、胞子の袋を包んで、全体が球形になるが、
 その際に袋が押されて胞子が放出される。 (参考「ウィキペディア」)

▼シロハラ (白腹、学名Turdus pallidus)スズメ目ツグミ科
20090228_shirohara_w1000
今季 何度も出会っていましたが、やっと写真が撮れました♪

もくもくと枯葉をほじって虫を探していました。

青い鳥 

その1 椿にやってきたルリビタキ 赤い花と青い鳥 グーです♪ 
20090228_ruribi_w1000

その2 カワセミ 

池に張り出た枝に止まってじっと池の中を見ていましたが、飛び込まないで飛んでいってしまいました。
20090228_kawasemi_w900

梅と 鳥たち

満開の梅園
20090228baienn_w800

ここにもウメジロウ 群れで枝から枝 次々と渡ってゆきます。
20090228_umejirou_w1000

シジュウカラが 元気良く鳴いていました♪♪
20090228_ume40_w1000

野の花ではオドリコソウ↓やホトケノザ・オオイヌノフグリなども沢山咲いています。
20090228_odorico_w800

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »