« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

加賀ゆびぬき 檜垣・矢鱈縞・紅椿

加賀ゆびぬきを作り始めて大分たちますが 

ひとつ気に入った模様があると そればかり作ったり、
HPでステキなゆびぬきがあると真似て作ってみたりと 作る模様が偏り 
テキストにあるパターンで 作っていない模様が沢山あります。

まずは基本 

で これからは まだ作ってない模様を一つずつかがってゆきたいと思います。

時々悪いクセが出て横道にそれるかもしれませんが・・・(^^ゞ

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今週は風邪ひきさんが家にいるため 私もあまり出かけられず、おかげで ゆびぬきが3つ出来ました。

加賀ゆびぬき 左から 檜垣・矢鱈縞・紅椿

Yubinuki_higaki_tsubaki_yatara (写真はクリックでポップアップ画像が)

   

Yubinuki_higaki_1 ☆檜垣   

お友達からいただいた優しい色の糸と一緒に・・・春霞のような檜垣になりました。
   
   
   

使用糸 
 ・オリヅル №172(濃ピンク)、№105(水色)
 ・タイヤー №131(薄緑)
 ・薄紫 、薄いピンクは品番不明

 ・檜垣は 
  檜(ひのき)の薄板を斜めに互い違いに組んだ垣根を文様化したもの。
  能装束や小紋の文様、着物の地模様などにも使われています。

   

Yubinuki__yatarajima_090128_2 ☆矢鱈縞 

五色ウロコと檜垣などのあまり糸で
   
   
 
     

と作り終えたところで さっそく悪いクセが・・・(^^ゞ

   

お友達のブログでみた 椿のお細工物がステキだったので ゆびぬきで椿を作ってみました。    

Yubinuki_tsubaki_1 ☆紅椿 (他の方のHPにあったのを参考に)

本に載っているのをアレンジ、
自分でかがり方を決めて作ってみました。

21コマ 7飛び 
刺し方は 並刺し、開き刺し、重ね刺し

使用糸 
 ・タイヤー  №29黄
 ・オリヅル №175濃黄、№4赤、№124黄緑、№29緑

・椿は春の季語 
  寒い中で咲いてる姿から 椿は冬の花のイメージがありますが、
  俳句では春の季語になるんですね。

flairこれまでのゆびぬきは マイフォトや 「ゆびぬきのカテゴリ」で見られます。

 椿のお細工物はこちら→シマのママさんorengeさん のブログに。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

風邪引きさんも 大分よくなってきました。

私は元気ですが、風邪がうつらないよう気をつけなくては(^^ゞ

皆様もお気をつけ下さい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ルリビタキ Ⅱ

林には 今年は青い鳥が二羽入っていると聞きました。

そのうちの一羽には先日 たくさん遊んでもらいました。(2009.01.06にUP

もう一羽にもあいたいね~・・・トコトコ・・・林を挟んで反対側の散策路で会うことが出来ました。

去年は こちら側に若いルリビタキが来ていました(マイフォト ルリビタキ)が、去年の子と同じかどうか分かりません。

ルリビタキの雄は キレイな青い色になるのに4年くらいかかるのだそうです。それまでは雌と同じような目立たない羽の色をしています。

もう一羽のルリビタキ
20090111_ruribitaki

ジェームスディーン のような眼差し と夫が申しております。ちょっと憂いを含んだ表情に見えなくも無いですね(^^ゞ

オットー 脇腹は羽の下まできれいなオレンジ色♪

20090111_ruribitaki_1

遠くへ行ってしまったルリ君を追いかけて 

枝に止まる直前の姿が写っていました(連写の賜物、ちょい・・・かなり ピンボケです(^_^;))) 

羽の内側は白なんですね。 

20090111_ruribitaki_2

地面におりて採餌しながら だんだん近くの枝にやってきてくれました。

20090111_ruribitaki_3

何をおしゃべりしてるのかな?

(写真はクリックすると大きくなります。撮影 2009.01.11)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

古代の豆と仙人さん

20090106_tutankhamens_pea 写真は 今月初めに いつもの公園で撮影したものです。

撮影してから後 雪のちらつく寒い日もあったので、今はどうなっているか分かりませんが、

このエンドウ豆は エジプトの王家ツタンカーメンの墓の中から発見された事で有名です。

王墓の埋葬品リストには記述が無く 「死後の備えとして入れられた食物の中に穀物の入った壷があり、その中に豆類が混じっていた」との事。

エジプトで自生している野生種なので、さほど珍しくはないようです。(ロマンぶち壊しで スミマセン(^^ゞ)

でも もしこれが ツタンカーメンの墓に埋葬された種から育ったものの子孫だとしたら、それはすごいですよねぇ~。

種は販売されているので自分でも栽培できます。もし育てられたら どんな味なのか教えてください♪ お赤飯風の豆ご飯にもできるようですよ。

   

20090106tutankhamenspea 季節外れですが、お花も咲いていました。

寒さで花も元気ありませんが、えんじ色のリップに ピンクの花びら 春にはもっとキレイなんだろうな~。

sign05 ツタンカーメンの豆(エンドウ)  
   tutankhamen's pea

・豆科 エンドウ属 pisum sativum
・エンドウ豆の古い品種
・草本 
・花期は春
・豆は緑色から紫色に変化
・原産地:ヨーロッパ~中央アジア?

ウィキペディア参考

  

  

仙人草

散策路の傍らに咲いていたセンニンソウ その種がもうずっと前から しろい綿毛となっています。

写真はクリックすると ヒゲの部分を少し拡大した写真となります。

0901senninsou_s650_2

種の姿が 仙人のヒゲになぞらえてつけられた名前だそうですが、お髭「ホンとに長生き」って・・・ちょっと違うかな(^^ゞ

センニンソウの花はこちらに→花を見てみる(マイフォト「花」センニンソウ)

撮りためた写真の整理を少しずつしてゆきたいと思いますので よろしくお付き合いください!

| | コメント (10) | トラックバック (1)

加賀ゆびぬき 立春

今日は盛りだくさん 4つのテーマです(^^ゞ

one 加賀ゆびぬき

寒い日が続いていますが、梅の花もちらほら咲き出したので、春らしいのを作りましょ。

ゆびぬきを作るとき 模様を選んでから 糸を決める場合が多いですが、

今回は春らしい色がテーマなので最初に糸選びをし、それから模様選び

 → 五色ウロコをかがる事に決定

端がちょっと波打ってしまいましたが、明るいゆびぬきができました♪

20090121yubinuki_rissyun_2 「立春」 (五色うろこ) と命名(^o^)丿 

使用糸 
   
 ・タイヤー 
   18(藍色)、29(薄橙)
 ・オリヅル 
   103(薄藍)
   133(黄緑)
   171(明るい緋色)

   

20090121_yubinuki_rissyun_1

作りためして置いた土台が ゼロになりましたので土台作りも・・今回は 濃淡 いろんな生地の土台が計14個できました。
(きょうの五色ウロコは薄い水色の土台でつくりました。)

土台の布地の色によって 完成したときの雰囲気も大分違う気がしますし、糸と同じ色の生地だと針目が目立たないのがいいですね~(^^ゞ

flairこれまでのゆびぬきは マイフォトや 「ゆびぬきのカテゴリ」で見られます。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

two ファビコン

先日別館ブログ「あっとレシピ」には載せたのですが・・・自分専用のファビコンが付けられると知り試してみました。

今のところ コメント確認ページのみ ファビコンが表示されます。

コメントの投稿確認された時 下のようなファビコンにかわると思いますが、驚かないで下さいね。

200901z_favicons

また赤いケトルが表示されているかどうか気になるので、教えていただけたら幸いです。自分のPCでも表示される時とされない時とあり、不安定ではあるのですが・・・。

以前は コーヒーを淹れる時 ホーローの赤いケトルを愛用していたのでした(^^♪

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

three 編み物

20090121_knit_tabikkusu 二足目のタビックスが編み終わりました。

やはり布ぞうりにはタビックスが履きやすいですね。

前回の残り毛糸(グレー)と紫の毛糸 2玉で 男性用完成~♪

親指にもグレーを使ったのですが 面白い配色になったかしら(^^ゞ 
    

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

four夜空の星のお知らせ 

ちょっと興味のある天文現象が新聞に載っていたのでmemoします。

  ☆1月23日 金星と天王星接近
  ☆1月30日 金星と月が並ぶ

良いお天気になって 星が見えるといいですね!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

可愛いホオジロ / 白梅

朝からの曇り空が、お昼頃 少し陽が射しはじめたので いつもの林に出かけました。

日曜日なので混雑しているかと思いましたが あまり人出もなく 少し ホッ(^^ゞ

久しぶりの田んぼでは アオジやホオジロが行く先々で見られ 数が増えたような気がしました。

アオジ 
20090118_aoji_s800

ホオジロ♂ 寒さでふっくら姿が可愛かった 
20090118_hoojiro_s800

ホオジロ ♀
帰ってから写真を見たら 愛嬌のある顔のお嬢さん(^o^)丿
20090118_hoojiros1000 A0090118_hoojiros1000_1 20090118_hoojiros1000_2

今日は主役に・・・上の3枚の連続写真をアニメにしてみました♪
Gif10_hoojiro_s505

白梅 1本だけ花をつけている木がありました。春近し と願いたいですね。
20090118_hakubai_s950

| | コメント (14) | トラックバック (0)

草はらのコジュケイ

10日ほど前の散歩で・・・・

広い草むらに何やら動くものを察知 双眼鏡で見たら コジュケイが8羽、

水鳥が流れに顔を入れて採餌するように、野鳥は冬枯れの草はらに顔を入れて食餌をしていました。

どんなものを食べているのか分かりませんが、様子を見ているといつも幾羽かは顔をあげて周りを警戒しているようでした。

もくもくと草はらで食餌する姿は どことなくのどかな風景でした。

(今の時期 餌が少ないでしょうから、野鳥たちは必死なのでしょうが・・・)

ファミリーかと思いましたが、繁殖期以外は小さな群れで生活するのだそうです。

いつもは林や林縁を歩きまわり、時々開けた場所にも出てきます。

いつも笹薮の中で見かけていたので はっきり姿を見ることは滅多にありませんから、写りはイマイチですが アップしました。

コジュケイ 8羽       (2009.01.07撮影)
20090107_kojyukei_s1024 20090107_kojukei_1 20090107_kojukei_4

シャッター音が聞こえたのか 警戒して笹薮に隠れてしまいました(^^ゞ

羽根の白い斑点がきれいでした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+   

sign05 コジュケイ (英名 chinese Bamboo Partridge)

・キジ目 キジ科  
・雌雄同色(雄には蹴爪がある)
・食べるのは 主に植物の種や芽・実 他には昆虫や蜘蛛も
・繁殖期のオスの鳴き声が「ちょっと来い」と聞こえる
・中国に分布 1919年に東京都と神奈川県に放鳥したものが自然増加

| | コメント (6) | トラックバック (0)

やっとイカル♪

といっても 怒っているわけではありません(^^ゞ

成人の日(今年は1/12) お天気が好かったので 近くの公園を散歩。

ここは 小さいながらも雑木林や池があり、夏にはトンボ、冬には野鳥や水鳥を見ることが出来ます。

初めてウソに会えた場所でもあり、年明けには 若いルリビタキやシロハラにも会えたので再会を期待しながら散歩。

そして・・・ シメとイカル にsign01   イカルは初見初撮りですscissors

枝に止まる鳥 右上が イカル、左下がシメ です。
カエデの実をついばんでいました。
20090112_shime_ikaru

▼イカル

太い嘴でかえでの種をちぎり 中の実を食べます。ちょこんと手をそろえて枝を掴む可愛い姿が ごつい嘴のイメージとギャップがあります
20090112_ikaru_2

体はしなやか~
20090112_ikaru_1

お腹ばかりで 背中の様子が見れませんでした。
20090112_ikaru_3_2

写真を見ると 嘴が少し黒ずんでいるで 次に見た時 見分けるポイントになりそうです♪

・奈良の斑鳩の里にはたくさん見られたそうで、それが名前の由来になっているとの事(ぴょんぴょんさんのブログより)

・そして その斑鳩をほうふつとさせる シマのママさんのブログのイカルの群れ→こちら

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

▼シメは 今年もあちこちで見ます。
20090112_shime

ぎゃ 振り向いた顔 迫力あります~ 「ワレー なんか用かい」
20090112_shime_2

シメの羽根模様は とてもシックでステキ! でも地面にいると全然目立ちません。
20090112_shime_1

新年早々から 〆るつもりは無かったのですけれど・・・(^^ゞ

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

帰り道 植栽のツツジに絡み付いていた実 赤い鞘に黒い実が光ってキレイだったので、絡んでいるのを解いていたら 切れちゃった(^^ゞ

ゴンズイの実によく似ています、なんだろう~??
20090112_tsuru

| | コメント (6) | トラックバック (0)

加賀ゆびぬきと 手編みの靴下

去年暮れから年初めに作った小物たち

晴れの日が続いたお正月の三が日 窓際で日向ぼっこをしながら 加賀ゆびぬきをかがりました。

▼矢鱈縞(左)と 二色うろこ(右) Kagayubinuki_2uroko_yatarajima

 └「初日の出」と命名
(じのさんのコメントから拝借しました、ありがとうございました)

 二色うろこ   
  紅白の絹糸を使用し、少しお正月らしく 金色の帯もつけてみました
  が・・・ちょっと単調になりました(^^ゞ   

 矢鱈縞
  余り糸で作った今回の矢鱈縞は ポップな色合いになりました♪
  糸をくぐらせて斜めの線を生かすようにしたら いい感じ♪

▼ 矢鱈縞 (少し大きくしてみました)
Kagayubinuki_yatarajima4

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

近くのスーパーでお買い得品を見つけ、靴下用に買って置いた毛糸で、

暮れに編んだ靴下、 一足の材料費 300円くらいです(^^ゞ 

0812_knit

毛糸が太いためサイズが大きくなり 

夫へのpresentに早がわり(^^ゞ

「オーッ、あったかいじゃん」と喜んでくれました♪

0812_knit_1s

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

0901_knits

次は自分用に 目数を減らして編むことにしました。

きのうの寒さで 編み物に拍車がかかり 昨日午後に完成~♪

今度は親指をつけて タビックス風にしてみました。

布ぞうりを履くには 親指があるほうが履きやすいですものね。

これなら 鼻緒があっても大丈夫(*^^)v

出来上がったタビックスを見て、布ぞうりをこよなく愛す家族から 同じ靴下のリクエストがありました・・・もう一足 足袋ックスを編まなくちゃ(^_^;)

0901_knit_1s

でも、一つ気がかりな点が・・・

親指をつけたことで履く足が決まってしまうため、
穴のあくのが早そうな気がしています(^_^;)
 
       

(memo:テキストは NHK「おしゃれ工房」2008.11月号
     親指用には14目で10段、 残り28目)

flair1/13追記:
シマのママさんにTBさせていただきました→こちら(1/12「ゆびぬきそして布ぞうりも」)
シマのママさんが作られたゆびぬきも 同じ矢鱈縞で配色も似ています。
そして刺し方も同じ 「くぐり刺し」でした。
なんと言う偶然 お互い相談したわけではないのに・・・とっても不思議sign02

| | コメント (18) | トラックバック (1)

ルリビタキに再会♪

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

午後散歩に出かけ また ルリビタキに会いました♪

今日の子はとても人馴れしたルリビタキ、ここでは 去年もその前の年も 鳥撮りの人たちが ルリビタキに餌付けをしていました。

もしかすると去年来ていたルリビタキかもしれない、白い眉の形や長さが良く似ています。

近寄ってくるのは可愛いのですが、食べ物を待っているのかなぁ といじらしくなりました。

しばらく近くにいてくれましたが、餌はもらえないと見切りをつけたのか 遠くへ飛び去りました。 

写真のデータを確認したら 飛び去るまで約40分ほど、おかげで写真をたくさん撮る事が出来ました♪ 

選ぶのに迷った末に 6枚載せました。

 ルリビタキ♂     
20090106_ruribitaki 20090106_ruribitaki_1 20090106_ruribitaki_2 20090106_ruribitaki_3 20090106_ruribitaki_4 20090106_ruribitaki_5

20090106_koubai
梅林の紅梅が一輪 花を咲かせていました。

寒に入りましたが今のところこちらは暖かい日が続いています。
最低気温は寒中に記録される事が多いとの事、
皆様暖かくして元気にお過ごし下さい。

01.08追記:
ルリビタキの写真をスライドショーにまとめてみました。
静止画は後日 マイフォトにアップしようと思います。
どちらもよろしくお願いします。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

2009年元旦

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

上の写真は 初詣に出かけた神社でのお神楽。舞台の端っこには小さなひょっとこが踊っていました。

20090101_kagura_hyottoko_1 お面の下は4~5歳くらいの可愛い女の子でした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

   

shoe きょうは お昼からいつもの雑木林へ初散歩

散策路に出てすぐに 青い鳥のルリビタキ♂に会いました。

今シーズン初めてで お年玉をもらった気分です♪

でもすぐに飛んで行ってしまい よい写真が撮れません、証拠写真です。

この子は 去年この辺りに来ていた 若ルビちゃんかなと思ったりしています。

ルリビタキ ♂   今シーズン初見
20090101__aoitori

ジョウビタキと新年のご挨拶 今年もよろしく!20090101__jobitaki

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »