« 加賀ゆびぬき 立春 | トップページ | ルリビタキ Ⅱ »

古代の豆と仙人さん

20090106_tutankhamens_pea 写真は 今月初めに いつもの公園で撮影したものです。

撮影してから後 雪のちらつく寒い日もあったので、今はどうなっているか分かりませんが、

このエンドウ豆は エジプトの王家ツタンカーメンの墓の中から発見された事で有名です。

王墓の埋葬品リストには記述が無く 「死後の備えとして入れられた食物の中に穀物の入った壷があり、その中に豆類が混じっていた」との事。

エジプトで自生している野生種なので、さほど珍しくはないようです。(ロマンぶち壊しで スミマセン(^^ゞ)

でも もしこれが ツタンカーメンの墓に埋葬された種から育ったものの子孫だとしたら、それはすごいですよねぇ~。

種は販売されているので自分でも栽培できます。もし育てられたら どんな味なのか教えてください♪ お赤飯風の豆ご飯にもできるようですよ。

   

20090106tutankhamenspea 季節外れですが、お花も咲いていました。

寒さで花も元気ありませんが、えんじ色のリップに ピンクの花びら 春にはもっとキレイなんだろうな~。

sign05 ツタンカーメンの豆(エンドウ)  
   tutankhamen's pea

・豆科 エンドウ属 pisum sativum
・エンドウ豆の古い品種
・草本 
・花期は春
・豆は緑色から紫色に変化
・原産地:ヨーロッパ~中央アジア?

ウィキペディア参考

  

  

仙人草

散策路の傍らに咲いていたセンニンソウ その種がもうずっと前から しろい綿毛となっています。

写真はクリックすると ヒゲの部分を少し拡大した写真となります。

0901senninsou_s650_2

種の姿が 仙人のヒゲになぞらえてつけられた名前だそうですが、お髭「ホンとに長生き」って・・・ちょっと違うかな(^^ゞ

センニンソウの花はこちらに→花を見てみる(マイフォト「花」センニンソウ)

撮りためた写真の整理を少しずつしてゆきたいと思いますので よろしくお付き合いください!

|

« 加賀ゆびぬき 立春 | トップページ | ルリビタキ Ⅱ »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ツタンカーメンも食べたかもしれないお豆はどんな味かしら?
お花も小さくて可愛いし、その実の色も古代の色かな。

そして見たいと思っていたセンニンソウの髭、今頃お髭になるのですね。
こちらで見られたセンニンソウ、下草狩りされてなくなったようだけど確認に行ってみなくちゃ。

pcのファビコンがちゃんと現れましたよeye
そちらで何か操作しましたか?
私の方で、昨日少し調べてみて
IEのインターネットオプション→閲覧の履歴の削除から一時ファイルとCookieと履歴の削除を実行してみました。
その時はちゃんと見てなかったのですが、今朝「赤いケトル」がちゃんと見られて可愛いheart04
zuccaさんの方で何か操作していなければ、一度試してみてください。
ただし、Cookieが削除されたので少しパソの作動が遅く感じられますよ~coldsweats01

投稿: シマのママ | 2009年1月27日 (火) 07:37

ツタンカーメンの豆、最近、あちらこちらで、見かけるようになりましたね。でも、私も未だ食べたことがありません。
エンドウの仲間は、冬でも強いですね。我が家の菜園のつるなしエンドウは、いま、この冬空の下で、春を待ち侘びて頑張っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2009年1月27日 (火) 08:36

ツタンカーメンのエンドウですかぁ。
きっと普通のサヤエンドウとは違うんでしょうね。
なんかエンドウ一つでもエジプトまでさかのぼれるってすごいですよね。
センニンソウも渋いっす。
そこを持ってくるところが素敵です。^^

投稿: ブリズ | 2009年1月27日 (火) 09:30

シマのママさん、こんばんは。
見えた!赤いケトル見えましたよ~、ありがとうございました~scissors
先ほど 教えていただいたとおりにファイルの削除をしてみました。
その直後はまだ表示されませんでしたが、PCのスイッチをOFFにして 今開いてみたら なんと!赤いケトルが表示されていました。
わぁ~嬉しい!
調べて下さってありがとうございました。
閲覧の履歴が邪魔をしていたのかぁ、良く気づかれましたね、感謝感謝(^o^)丿

ファビコン 最近は 全然表示されなかったので 
他のブラウザ(Firefox)をダウンロードし ファビコンを再設定しました。
でその後 チェックしたら、Firefoxでは正常に見られ、IEではやはり表示されませんでした。
それであきらめていたのですが、ヨカッタァ~、
嬉しいです。どうもありがとう~。
シマのママさんがファビコン設置される時は 何でも聞いてきてくださいねhappy01

ツタンカーメンのお豆 エジプトのファラオやクレオパトラも食べたかもしれません、どんなお味なのでしょうね。
炊き込みご飯にして 炊き上がってもしばらくそのままにしておくとお赤飯のような色になるそうです。
センニンソウは 晩秋頃からずっとお髭をつけています。先週行った時もまだついていましたから、そちらでも お髭が残っているかもしれませんね。

投稿: zucca | 2009年1月27日 (火) 20:02

ぴょんぴょんさん、こんばんは。
ツタンカーメンの豆 栽培されてる方も多いのですね、
ぴょんぴょんさんは栽培されないのですか。

エンドウは寒い冬を乗り越えてたくましく生長してゆくのですね、春が楽しみnote
でもぴょんぴょんさんは 春になると 菜園の方がまた忙しくなりますね。

投稿: zucca | 2009年1月27日 (火) 20:10

ブリズさん、こんばんは。
ツタンカーメンは 紀元前1300年代の王様、その副葬品の小さな種までちゃんと分かるってすごいですよね。
ブリズさんもお庭でbud育ててみませんか?
お花キレイですよ、種は豆ご飯にできるし いいと思いませんか?

センニンソウ 渋かったですね~japanesetea 
名前の由来をちゃんと見届けなくちゃね(^o^)丿

投稿: zucca | 2009年1月27日 (火) 20:17

古代マメの花、きれいですね~。
また、鞘の色がとてもシックなムラサキで素敵です。
栽培は無理ですが、食用として、お豆を売っていないかしら。お赤飯風の豆ご飯を食べてみたいですね~。
センニンソウの種の綿毛は、鳥の羽みたい。まだ、飛ばされずに残っているのですね。
ファビコンはIEのバージョンが関係しているかと思ったら、閲覧履歴が関係しているの?
といっても良くわかっていない・・・あとで、理解できようじっくり考えて見ます。

投稿: ジュリジュリ | 2009年1月29日 (木) 18:56

ジュリジュリさん、こんばんは~。
キレイですよね~、豆の花♪ 
サヤも熟すと緑から紫になるんですって、面白いですね~。
紫の豆 売っててもいいですよね、でもまだ見たことありません。
豆をお知り合いに栽培してもらって おすそ分けをいただくのも良いかもしれませんね。
沢山収穫できるみたいですよnote

センニンソウの綿毛はとっても長持ち。だんだん少なくなっていますけど、晩秋からずっとついてます。

ファビコンは ブラウザをFirefoxに変えてファビコンの設定しなおしてみたのですが、その後でも IEのほうでは見られませんでした。
シマのママさんのコメント通りにして、しばらくして電源を入れたら なんと!私のPCのIEでも見られました♪
ともあれ自分のファビコンが見られてちょっと嬉しいですhappy01
ジュリジュリさんも試してみてください。で見られたら 次は ご自分のファビコン設置ですね♪

投稿: zucca | 2009年1月29日 (木) 20:50

おはようございます。
私も仙人さんのお髭を見ることが出来ましたよ~♪
前にセンニンソウが咲いていた場所にいってみつけました。
ずっと見たいと思っていたのでとても嬉しいです。
それにしても、zuccaさんの見られた時期より早いのですが。
私の見た仙人さんは、これからお髭が伸びるのかなぁ?

事後承諾ですが、記事にリンクさせて頂きました。
いつもながらの勝手をお許しくださいませ~ m(_ _)m

投稿: シマのママ | 2009年10月21日 (水) 08:11

シマのママさん、おはようございます!
仙人さんのお髭 見られて良かったですねhappy01
私も お髭はずっと見ていたのですが、写真を撮ってはボツになっていたので、upが遅くなりました。
こちらでもきっとお髭になっていると思いますので、今度チェックしてきます。
仙人さん お近くにお住まいでしたら、そして草刈にあわなかったら
お髭の伸び具合を記録して見せてくださいませ(^^ゞ

記事の紹介とリンクありがとうございました。
TBも大歓迎ですよ!好かったらTBしてくださいね。

追:私もお言葉に甘えてTBさせていただきましたので、よろしくお願いします。

投稿: zucca | 2009年10月21日 (水) 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/43862243

この記事へのトラックバック一覧です: 古代の豆と仙人さん:

» 秋祭りとセンニン [茶飲み話]
この時期は、あちこちで神社の秋祭りののぼりが見られます。18日は当地でも氏神様の [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 12:43

« 加賀ゆびぬき 立春 | トップページ | ルリビタキ Ⅱ »