« コゲラ親子 | トップページ | クロイトトンボ(5/26)&アイス変身 »

ハンショウヅルとカザグルマ

両方とも 日本に自生する原種のクレマチスで 今年初めて見ました。

bell ハンショウヅル 

何時も歩いている場所のモミジイチゴやコゴメウツギの枝に絡まっていて、花は下からのぞかないと気づきません。 去年は素通りしていたようです。

ほんとに半鐘のようですね。かわいい花にちょっと感激♪

20080515_hansyous

花のアップ写真 小さなベル形♪ 花弁に見えるのはガクで 花弁はないそうです。

20080512_hansyous

 ハンショウヅル 学名 Clematis japonica   原産地:日本
           キンポウゲ科センニンソウ属の蔓性低木
           種は ひげのような形

flag 先にブログにアップされていた ぴょんぴょんさん、sasama_teaさんの記事を参考にさせていただきました。 

ぴょんぴょんさんは鉢植えで育てていらっしゃるそうです。
http://gazo.cocolog-nifty.com/my_tiny_flower_garden/2008/05/post_a882.html

sasama_teaさんも初めて実物を見られたそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/spiranthes/diary/200805210000/

   

bellカザグルマ(学名 Clematis patens) 原産地:日本( 湿った場所に自生するそうです)

公園の管理事務所中庭に咲いていたカザグルマ とってもきれいで涼しげでした。

20080506_kazaguruma_1s

20080506_kazagurumas

園芸品種のクレマチスは 日本のカザグルマがヨーロッパに伝わって交配され、逆輸入されたのだそうです。

~~~ ~~~ ~~~

bud ちょっと話がずれますが・・・昨日のNH「K趣味の園芸」はクレマチス特集でした。

クレマチスは バラのコンパニオンプランツ としても最適との事。

バラとクレマチスは日常の管理(剪定や施肥など)がほとんど同じなのだそうです。

クレマチスを木立性のバラやつるバラのアーチに絡ませたりすると とてもいい感じです。

下記の品種が紹介されていましたがどれもステキな色でした。

・大輪系 ワルシャフスカニキ(濃い紫)
・小輪系 ミケリテ(濃い紫)
・ベル形 プリンセスダイアナ(ローズ) 

|

« コゲラ親子 | トップページ | クロイトトンボ(5/26)&アイス変身 »

ガーデニング」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

今日は
ハンショウヅル、カザグルマ、どちらも日本生れの植物ですね。大事に育てたいですね。
ハンショウヅルのリンクどうも有り難うございました。
< クレマチスは バラのコンパニオンプランツ としても最適との事。
そうですか、育て方や管理など似ているのですか、良いことを聞きました。有り難うございます。
昨日、お隣り(奥様がバラ好きで沢山育てています)からピンクのバラを1株頂いたので、バラも一所懸命育ててみようと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008年5月26日 (月) 18:10

自生している原種のクレマチスが見られるのですか。
素敵な環境の林ですね。
どちらの花も素敵だな。
zuccaさんの林は、毎年、新しい発見があるようで、いつまでも楽しませてくれそうね。
クレマチスがバラのコンパニオンプランツとは知りませんでした。ただ、一緒に植わっているのを見て素敵だなって眺めていました。

投稿: ジュリジュリ | 2008年5月26日 (月) 19:00

こんばんは。
ハンショウヅル、カザグルマ、どちらも実物は見たことがありません。
山野草にはタイミング好く出会わなければ、又来年まで会うことが出来ませんね。
いつかどこかでなんて思っていると、ずっと出会いえないままなんですよね。

カザグルマはセンニンソウの仲間ならいつかお髭が見られるかもしれませんね。

投稿: シマのママ | 2008年5月26日 (月) 19:02

ぴょんぴょんさん、こんばんは。
ハンショウヅルの記事 参考になりました、ありがとうございました。

ハンショウヅルもカザグルマも日本生まれなんですね~♪大切にしなくては・・・。

お隣から バラがお嫁入りしてくれたんですね。また楽しみがふえましたね♪
ぴょんぴょんさんは沢山のクレマチスを育てていらっしゃいますから、そのうちにバラとクレマチスのステキな組み合わせが見られそうですね。

バラとクレマチス それぞれが鉢植えでしたら 一緒の鉢には植えないで 別々の鉢に植えたままで、クレマチスをバラに絡ませるのが良いようです。
地植えでしたら 50cmほど間隔をあけて植えつけされると良いみたい。
クレマチスは、バラと同時に咲く種類で四季咲きのが適してるようです。

投稿: zucca | 2008年5月26日 (月) 20:55

ジュリジュリさん、こんばんは、こちらにもありがとう~happy01
ハンショウヅルもカザグルマも原種のクレマチスなんですね~、今回初めて知りました。
タイプが全然違うお花ですけど クレマチスも奥が深そう~(^^ゞ
この雑木林を散歩するようになって一年半になりますが、新しい出会いがあって嬉しかったです。でもだんだんマニアックになりそうで・・・コワイ(^o^)丿 (まぁ自分のアバウトな正確からいって それほどにはならないと思うけれど)

バラにクレマチスを絡めたもの ステキですよね~。
鉢植えのものは 同じ鉢に植えずそれぞれ別の鉢に植えたままで隣に置き、ツルをからませると良いみたいですよ。
ジュリジュリさんのおうちにもクレマチスありましたよね、バラと一緒にいかがですか?「コラっ」て言われちゃうかな(^^ゞ

投稿: zucca | 2008年5月26日 (月) 21:21

シマのママさん、こんばんは。
ハンショウヅルとカザグルマ 私も今年初めて見ましたhappy01
私も この林を歩くようになって いろんな野草を見ることが出来ました。
シマのママさんの方に山野草園がありましたね、そこで見られるかもね。
今年 こちらでは花は終わってしまったけれど、
高原など涼しい場所ならまだ見られるかもしれません。
またcardash連れてってもらえると良いですね!

カザグルマもお髭が見られるのね、
1本抜いて種から育ててみたいですね(^^ゞ

投稿: zucca | 2008年5月26日 (月) 21:33

リンクの件、問題なっしんグゥgoodです。

毎年、天気と自分の行動の予定と照らし合わせながら、
どこへ行こう、あそこへ行ってあの花が見たい、
でもあの花も見なくちゃ・・・
と脳内で自分会議を開いています。
結局妥協させられて、意に沿わない散策行となるのですが、
それまで気づかなかったいろいろな出来事にも遭遇できますね。
(今年も、正体不明の妙な木を見つけましたが、手がかり難で正体不明のままです。)
いつも思うのですが、「何かに導かれている」と感じます(気のせい)。

長年の目標がありまして、
「今年こそはトリカブトの花を!」というものです。
葉を見る限りはおそらく、それ。
いつもタイミングを逃しています。
かじってみると同定できるかもしれませんが、
それではこの世と「おさらば」してしまいますね。

投稿: sasama_tea | 2008年5月26日 (月) 22:34

sasama_teaさん、こちらにもありがとうございます。
> リンクの件、問題なっしんグゥgoodです。
記事参考になりました、リンクの件も有難うございますhappy01
sasama_teaさんの周りには自然がいっぱいなんですね、「きょうはどこへ行こう」と迷う程候補地があってうらやましいです。
短い花の時期をベストのタイミングで見たいですものね、迷われるのも無理ありません
「何かに導かれている」・・・そうかも!いつも珍しい植物との出会いがありますものね、絶対そう!!

トリカブトの花 むか~しテレビのニュースで見ましたが、野山では見たことありません。
葉っぱを見つけておられるのでしたら、花の時期が待ち遠しいですね、私もブログで拝見できるのを楽しみにしています。
しか~し 葉っぱで同定など無謀な事はなさらないで下さいng

投稿: zucca | 2008年5月27日 (火) 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/41303660

この記事へのトラックバック一覧です: ハンショウヅルとカザグルマ:

« コゲラ親子 | トップページ | クロイトトンボ(5/26)&アイス変身 »