« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

会えました,!キビタキ♪

夏鳥のキビタキがやって来た という情報があったので、今朝 いつもより早く鳥見に行ってきました。

出かける前に キビタキの鳴き声をホームページでしっかり確認(^^ゞ
(皆さんもキビタキの鳴き声 聞いてみてください。ことりのさえづり野鳥の歌

林では 樹上ばかりをみながら しばらく歩くと  キビタキの鳴き声が聞こえてきました~~~

声を頼りに・・・・キョロキョロ・・・キビタキが ちょうど見える場所に止まってくれました(^o^)丿

林の中 遠い・暗い であまり良い写真ではありませんが 初見初撮り記念にアップ。
背中と喉もとのオレンジ色がきれいでした。

 

20080426kibitaki_1

20080426kibitaki_2

20080426kibitaki

イマイチの写真ですが16秒ほどのスライドショーにまとめましたので、良かったら見てください。    

また林についてすぐに 胸の白が卵形をした鳥を見たのですが(オオルリと思われます)
残念ながら写真は間に合いませんでした。

散歩中 ビビビビと聞きなれたシジュウカラの雛の鳴き声も聞こえてきましたよっ。

きょう会えた鳥 
ヤマガラ・シジュウカラ・コゲラ・ガビチョウ・アオゲラ・オオルリ・ヒヨドリ・キビタキ・メジロ

shoe 田んぼには レンゲが沢山~ (撮影 2008.04.25)

20080425w1024

| | コメント (18) | トラックバック (0)

今年も無事でした、野の花

去年 フデリンドウが沢山あった場所 今年も咲いてるかな?と足をのばしたら・・・・やはりありました! あらされていはしないかと思っていたのでホッとしました。

去年の写真は2007.04.23にup。今年も偶然ですが 同じ日になりました。

20080423_1

 

そしてチゴユリも 無事に・・・。

ここのチゴユリは ある時来て見たらごっそり一塊が根こそぎ抜かれていました。それ以来 気になっている自生地です。 こちらも大丈夫 沢山 芽を出して 花をつけています。

20080423

20080423_3

我が家の鉢物 チゴユリは去年あまり手をかけてやれなくて 今年は蕾をつけませんでした。

植物も正直ですね(^^ゞ

       

花の写真を撮り終えて振り向くと ホオジロが草地にいました。まだいるんですね~、ずっといるのかな?

ホオジロ「留鳥・漂鳥」と図鑑にありましたが、「漂鳥」とは何?

20080423_2

    

こちらは ハナイバナ(葉内花)  

可愛い花だったので写真を撮って帰り 調べてみたら 「ハナイバナ」と分かりました。

花の直径は3mmくらい、とても小さな花です、キュウリグサに似ています。

名前の由来は「葉と葉の間に花が咲くことから」だそうです。

20080425_001w640

ハナイバナ(葉内花)
・ムラサキ科 学名:Bothriospermum tenellum  
・花期:春~初冬
・東アジアに分布 

キュウリグサの花は マイフォト ↓ にあります
( http://zucca.way-nifty.com/photos/2006_hana/20060506_062.html

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コインケース

カードケースと 同じ本に「コインケース」の作り方も載っていたので

hairsalon 作ってみました。

お出かけ用のはお友達にいただいたのがあるので、普段用に地味目に・・・初めてでしたが、小さいので縫う箇所も少なく、半日ほどで出来ました。

コーナーの布の始末が上手く出来なくて イマイチでしたsweat01

20080422_a 20080422_b

表生地はパッチワークせず 接着芯のみ(少しだけ斜めにキルティング)、薄く仕上がったので かさ張らず、ポッケにも入れられそうです♪

とめ金具は 後でスナップボタンと取り替える予定

これもいくつか作って 作りながら上達できればよいかな(^^ゞ

小物はすぐに完成するので 楽しいですね♪

~~~ shoe ~~~ shoe ~~~

いつもの林で 出会った花と虫

shoe ツマグロオオヨコバイ(横這) 俗称「バナナ虫」 紫陽花の葉裏に

警戒すると「横にずれながら歩く(=横這)」そうです。 

ヨコバイ類は稲の害虫でもあり(植物の液汁を吸う)また 人を刺したりもするとか、痛みはそれほどでもないとの事ですが 刺されたらいやですよね、注意しましょう。

20080407_tsumaguroooyokobai_s

shoe 利休梅 自生の植物ではなくて植栽された木ですが、白い花びらが独特ですね。

茶人に好まれこの名がついたそうです。明治に輸入された植物なので、千利休さんはご覧にはなってないでしょう。

梅と名前がついていますが梅とはちょっと違う感じがします。

080416_52w800rikyuubai

リキュウバイ(利休梅)  バラ科  学名:Exochorda racemosa  
別名:マルバヤナギザクラ(丸葉柳桜)バイカシモツケ(梅花下野), 

(ウメ・梅  バラ科  学名:Prunus mume)

shoe イチリンソウ 今年も会えました。

20080416_ichirinsou

雑木林の林床 ついこの前までは一面落ち葉に埋もれていたけれど、いろんな野草が伸びだして茶色の落ち葉の間に緑の葉が目立つようになりました。

一面緑色の林床になるのも近いですね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

春向きに

hairsalon 春向きのカードケース

先日作ったカードケースは 色が春向きでなかったので、軽い感じの生地で作ってみました。

20080416_cardcase 20080416_cardcase_1

四角つなぎのパッチワークにキルティング少々しました。

今回もハギレ利用で~す。

以前にカットしてあった布を利用したので、サイズが少し短めでした・・・6枚のカードを入れるとちょっと窮屈だけどdollar(^^ゞ 

次は ひざ掛けとかソファーカバーとか 少し大きめのを作りたいなぁ。

ハギレと相談しながら決めてゆきましょう。

~~~sun~~~sun~~~

今朝は久しぶりの青空 ちょっと雲が多いけど遠くに見える森の木々も緑がこんもりしてきました。

bread 昨日は雨で 散歩も行けず、家で朝食用のパンを焼きました。

シンプルなバターロールと 小豆餡のロールパン

20080418_panew400

バターロールは パン生地が伸びなくて 何時も形良く巻けません、けっこう難しい~。

小豆の ロールパンは イメージ的には美味しそうな予感がしたのですが、餡が砂糖控えめに作ってあるので 軽い甘みで イメージどおりにはならなかったなぁ(^^ゞ 

アンパンのように 餡を一まとめにしたパンのほうが 餡が活きるかもしれません。

それでも ふっくらと焼き上がり、パンの良い香りも部屋中に漂って・・・満足。

    

小麦粉も相当値上がりしてますが、今日使ったのは暮れにまとめ買いしたもの、あと3~4回パン焼き出来そうgood

その後は・・・う~ん、回数が減りそう・・・sweat02

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

フデリンドウ/ツマキチョウ

去年は3月末に咲いていた春のリンドウ(2007.03.22の備忘録にup)、今年は4月に入っても顔を出しません。

ぴよさんのブログ(4/14)では花を見たとの事 早速 午前中に出かけてみました。

去年見た場所へ・・・あった~、やはりこちらの林にも咲いていました(^o^)丿

080416_10w800

春に咲くリンドウは ハルリンドウ、コケリンドウ、フデリンドウの3種類。

その中のフデリンドウは 根生葉が無く、枝分かれする事で見分けられるそうです。

(他の2つのリンドウは地面から直接生える大きな葉=根性葉 がある。コケリンドウはガク片の上部が反り返る)

花が終わると、紡錘形の果実ができ、熟すと割れて口を開き、中の沢山の種は雨によって流れ出し・・・秋に発芽しある程度成長した状態で冬を越し、翌春開花 というサイクルのようです。

【フデリンドウ・筆竜胆】(Gentiana zollingeri) リンドウ科リンドウ属の越年草
 ・生育地 日当たりの良い雑木林や草原など 
 ・分布 北海道~九州 
 ・花期 3~5月 

     参考HP
     http://www.geocities.jp/primulakisoana/flowers/fuderindo.html

~~~ ~~~ ~~~

しばらく行かないうちに 蝶の姿も目につく様になりました。

初めて見た「ツマキチョウ」  前翅表面の先端が黄色いので♂のようです。

年1回、春だけに見られる蝶です。(通常 夏~冬をサナギで過ごし、翌春羽化)

天気の悪い日は活動せずにお休みだそうなので、晴れてて良かったー。

写真ではちょっと分かり難いかもしれませんが 後翅の裏は編目模様の迷彩色になっています。

080416_27tsumakicho_w640s

【ツマキチョウ・褄黄蝶 】 学名 Anthocharis scolymus チョウ目・シロチョウ科

 ・分布:北海道から九州
 ・雄は前翅表面の先端が黄色 雌は白色である
 ・後翅の裏は編目模様の迷彩色になっている
 ・大きさ: 約5cm(モンシロチョウより一回り小さい)
 ・幼虫はアブラナ科の植物の花や果実を食べる。

飛び方が 他のシロチョウよりも直線的なことで見分けられるとの事ですが、他のシロチョウの飛び方も良く知らないとダメですね~(^^ゞ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

桜とスズメ

昨日は久しぶりに晴れて気持ちよいお天気だったので カメラを持って散歩に出ました。

桜の花はほとんど散ってしまいましたが、桜は 顎だけになっても 全体にピンクがかって見えて 花後も楽しめます。

桜の枝にスズメが飛んできました。

20080411_2

シマのママさんのブログで ニュウナイスズメの「花喰い鳥」のことを教えてもらったので、スズメも桜を食べるかなとしばらく観察。

するとやはり はじめました!

桜の顎を嘴でちぎって咥え、2~3度クチュクチュ顎をかんで(るように見えました) ポイっ!蜜がお目当てなのかな?

下には 桜の顎がいっぱい落ちていました。

20080411_3

   

こちらはオマケのヒヨドリ さかんにさえずっていました。この桜は遅く咲いたのでまだ大丈夫、花は散っていません。 

20080411s

   

こちらは メジロ 3/26に撮影 花粉をいっぱいつけて満足げに見えるんですが・・・。見た事ないけれど メジロも花を食べるのだろうか?

080326_12mejiros

   

wineグレープフルーツの赤ワインゼリー

きょうは最高気温が20度くらいになるとの予報だったので、久しぶりにゼリーを作って見ました。

赤ワインとグレープフルーツの果汁・果肉が入っています。ワインの甘酸っぱさがありますので、赤ワインがお好きな方にはオススメ。

20080412gf_1

present レシピは あっとレシピに
   (http://zucca.way-nifty.com/piatti/2008/04/080412_c29e.html

| | コメント (10) | トラックバック (0)

箸袋 4/10

外食の時に出される割り箸を使うのにちょっとためらいがあったので、マイ箸を持ち歩こうと 箸袋 を作ってみました。

20080410hashifukuro2

これをバッグに入れておけば割り箸を使わなくて済みますね。箸を使った後 ティッシュやナプキンで箸の先を拭いてから包んで戻せば、袋の汚れも少なくて済みます。

直線縫いですぐにできるので何枚か作っておけば、その都度洗濯できて衛生的、 

日替わりで楽しむのも良いかなぁ~。

デザインは先日の新聞に載っていたのを参考に ハギレで作りました。

20080410hashifukuro_2

出来上がり寸法は女性用24cm、男性用26cmです。(女性用の箸の長さは約21cm、男性用は23cm あります。)

hairsalon 参考までに 今回作った箸袋の寸法をmemoしておきます。
  (追記:写真が分かりにくかったので、寸法など書き加えました。
      箸入れの部分の長方形は上下 同じ巾です。
      16cmは 4cmの折り返し分も含みます)

20080410hashifukuro_3

長さ50cmのひもにビーズを通して2つ折りにしました。

箸袋はこの他に 正方形の生地から2枚作る縫い方や 箸入れのような形の細長い箸袋もあります。

ハギレの整理にも良さそうなアイテム、

最近「マイ箸」がブームのようなので、プレゼントしたら喜んでもらえそうhappy01

~~~~~~~~~

今週は雨の日が多くて 雑木林へは月曜に行ったきりです。

月曜日も散歩をはじめて1時間ほどで雨が降り出して来ました。

林では 野鳥の鳴き声が いまとてもにぎやかですね~。

先日は変わったさえずりを聞きました。ピーリンリンピーリンリン・・・鈴を鳴らしたような残響のある鳴きかた、 声のほうを見ると・・・ヤマガラでした。面白いさえずりでしたが、シジュウカラも 今の時期 リンリンとちょっと響く鳴き方をしますよね。

さて月曜日 最初に聞こえてきたのは ウグイスでした。いつ聞いても嬉しくなる鳴き声です。

sign01けたたましいくらいの鳴き声のガビチョウ 

珍しくヤブから出てきてたので写真をパチリ、おやっ 口に何かくわえてますね。ドングリ ガビチョウに食べられちゃった。

080407_5gabichow640

sign01散策路には アオジのペアが。

先に行くメスの後を歩くオス 前のメスが後ろを気にしながら歩く姿が 微笑ましく感じます。私を警戒して後ろを気にしてるのかな ゴメン

このアオジ達はこちらで子育てするのでしょうか?それともやはり北へ帰ってしまうのかしら? 君達 どうなの?

080407_6_aojiw850

sign01ミツバツツジは沢山花をつけて・・・きれいですね、鮮やかな色♪  

080407_7mitsubatutuji_w800s

(ちょっとボケ写真になってしまいました)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ゆびぬき「5色うろこ」/ソラマメの花

加賀ゆびぬき 「5色うろこ」 

20080408_yubinukis

グレーを2度使って4色で 春霞のイメージのつもりだったのですが(^^ゞ 

月曜から降り続いた雨で こちらの桜は散ってしまいました。

これからは八重桜~新緑の季節になりますね。ゆびぬきも季節の先取りしなくちゃ・・・と思いつつ、一足遅れでした(^^ゞ

shoe 先日近所を2時間ほど花見をしながら散歩しました。

住宅に囲まれた畑に野菜の花が咲いていました。

良く見るときれいなお花です。さてこれは何の花でしょう~。

080403_26sw800 080403_27h800s

答えは
← です。

葉っぱの下ほうに見えるものは 

「だいこん」ではありませんか。

初めて見ましたけれど 

うっすらピンクに色づいて可愛い花ですね。

そしてこちらも名前が分かりませんでしたが、ぴょんぴょんさんのブログで同じ花を見ました。 

ソラマメでした。 野菜からはイメージできない花の美しさですね~。(ソラマメの料理memoは あっとレシピ 2006.05.12にUP)

080403w1024_soramames

散歩から帰ると すぐに靴下を脱いで「素足に布ぞうり」・・・そろそろ布ぞうりも作りたいなぁ~と思うこのごろです。

~~~ bread ~~~ bread ~~~

昨日作ったネギ味噌ロールとかぼちゃのパン。両方とも 200度で15~20分焼きます。

ネギ味噌はバターと味噌とネギを混ぜて生地にぬり クルクル巻いて作ります。

写真はこちらに http://zucca.way-nifty.com/ciao/2006/08/post_3d8a.html

bread かぼちゃのパンは 下にオレンジマーマレードを敷いてあります。あればオレンジの薄切りも上に飾るとおしゃれになりますね。どちらかと言うと菓子パンですね。

20080408_zucca_w400

雨の一日 家でのんびりパン焼きしました~。

loveletter ひと口memo かぼちゃはイタリア語で zucca(ズッカ)

       オレンジは arancia(アランチャ)と言います。

※ぴょんぴょんさんにTBさせていただきました。宜しくお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

チューリップ/ルリビタキの水浴び

20080402tulip

昨日やっと開いた今年のチューリップ

花冷えでずっと蕾のまま咲きあぐねていました。

色は サーモンピンクかな? とても気に入りました。

花ビらの基部は黒、オシベは黒に近い紫、メシベは うすい黄色。

水仙も同じ日に咲き出しました。

冬の間 ブルーデージーとパンジーだけの鉢が 賑やかになって春らしくなりました♪ 

     

20080402_1suisen

この冬の在庫写真から 

池で水浴びしていたルリビタキのアニメを載せます。メジロが水浴びしそうでしなかった池です。

前にも小さなせせらぎで水浴びしているのを見ましたが、今度は繰り返し何度も水浴びをしていました(2008.03.09撮影)

「この前見たからもういいよ~」って聞こえてきそうですけれど(^^ゞ

クリックするとアニメになります(アニメは1.68M)

20080309ruri

ルリビタキは3/22に会ってから、姿を見ていません。

在庫写真は続きます(^^ゞ

| | コメント (18) | トラックバック (0)

おたまじゃくし(3/30)

日曜日 林の水溜りで カエルの卵とおたまじゃくしを見ました~。おたまじゃくしは2センチほどの小ささで、まだ足は出ていません♪ 

20080330_48otamajyakushi640

今年は「国際カエル年」 そのイベントで 「カエルを見かけたよ」キャンペーンを行っています。(日本全国で行われているかもしれません・・・が、良くわかりません)

詳しいことは こちらに http://mypl.org/event/00000002533/ 

◎「国際カエル年」とは  両生類を絶滅の危機から救おうと、2006年、国際自然保護連合(IUCN)や世界動物園水族館協会(WAZA)が中心となり、「両生類の箱舟」(Amphibian Ark)プロジェクトが発足しました。この「両生類の箱舟」プロジェクトが2008年に推進する世界的キャンペーン、それが「国際カエル年」です。

 

落ち葉ばかりだった林床にも 少しずつ花が咲き出しました。

・カキドオシ(シソ科) 葉を指先でつぶしすと良い香りがします♪

20080330_52kakidooshi2

・キランソウ(シソ科)別名「地獄の釜の蓋」 地面に広がって行きます。

「キというのは紫を表す古語,ランは藍 」とありました。(HP「植物園へようこそ!」より)

20080330_46kiransou800

下の写真は 花のつき方に少し間があいたキランソウ 

もしかすると 十二単との雑種かも と教えていただきました。 十二単は蕾が伸びだしたところでまだ花は咲いていませんでしたが、きょう当たり咲いてるかもしれませんね。

20080330_008kiransous

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »