« キブシとメジロ | トップページ | ヤブ・マメ・☆(ホシ) さて共通点は? »

春のゆびぬきと 春蘭・長寿梅

20080327

加賀ゆびぬき 春のイメージで作りました。

シマのママさんのブログで素敵なゆびぬきを見て、久しぶりに私も作ったのですが だいぶ忘れていました~(^^ゞ

「始めは どうするんだっけ?」・・・本とにらめっこです。

やっぱり時々かがらないとダメですね~。

    

bud 我が家の鉢物のシュンラン やっと開花しました。

去年より2週間遅く、一昨年と比べると約1ヶ月遅い開花です。

株が増えて窮屈そうなので、花後植え替えしてあげましょう。

開花時期 年によってずいぶんばらつきがありますが、このずれは何によるのか知りたいところです。(2007は03.10 2006年は02.20 2005年は02.21 の開花でした)

20080327_1syunran

bud ボケの仲間の「長寿梅」(バラ科)

いつも4月に入ってから咲くのですが、少し早めの開花です。

去年 手入れがあまり出来ず、今年は花数が少ないですweep 

20080327_2tyoju

  (花いっぱいの長寿梅はこちらに ↓
   http://zucca.way-nifty.com/photos/2006_hana/20040410choju_bai.html

~*~*~*~

loveletter  長寿梅を育てるポイント

  1. 植替えは秋に(9月~10月中旬)・・・根頭ガン腫病は暖かくなるにつれ活発になる。
             こまめに植替えをして、ガン腫病早期発見
  2. ムロ入れ前に消毒・・・殺菌・殺虫効果の高い石灰硫黄合剤にひたし、
                  良く乾燥させてから入れる。
  3. 冬季保護は過保護にならぬよう・・・寒風・霜が防げる程度。
                          暖房や温室の必要はない。
  4. ムロ出しは早く。・・・新芽が伸びだす前に外気に慣らす。
  5. 花に水をかけない。
  6. 充分な施肥・・・骨粉入り置き肥を月 1回
  7. 定期消毒・・・アブラムシがつきやすいので、月に1~2回の消毒
  8. 夏は涼しく・・・入梅~八月下旬まで寒冷紗で遮光。
             水切れによる落葉は翌年の花つきを悪くする。
  9. 晩夏の落葉は生理的なもの・・・夏を越すと半分以上の葉が茶色くなり落葉、
                       生理的なものなので心配なし。
  10. 剪定は秋中心に・・・ただし、完成木はこの限りではない。

|

« キブシとメジロ | トップページ | ヤブ・マメ・☆(ホシ) さて共通点は? »

ゆびぬき」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

手作り」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。最近加賀ゆびぬきにはまっていまして、検索していてこちらにたどり着きました。ゆびぬきは同じ模様でも色の組み合わせによって印象がガラリと変わるところが面白いなぁと思い、ゆびぬきを作成されている方のブログを拝見して、色合わせの参考にさせて頂いております。
今回のゆびぬきは、まさに春といった趣で素敵ですねshine良く晴れた日の桜並木が浮かびましたlovely

投稿: あろあろ | 2008年3月27日 (木) 19:05

こんばんは。
ブログの紹介とリンクありがとうhappy01
後で私もTBさせてもらおうと思いますのでよろしくお願いしま~す。

zuccaさんでも久々のゆびぬきで迷いましたかbook
楽しい趣味ですが少し離れると、勘を取り戻すのに離れた時間以上掛かるような気もしますね。
でも、zuccaさんの配色はいつも通り素敵ですshine
これに続いてのゆびぬきもまた見せてくださいね。
私も前ほどの勢いでは作れないけれど、細々と作り続けたいと思っていますconfident

シュンランはとても綺麗に咲きましたね。
葉の色も焼けてなくてお手入れがよかったのですね。
長寿梅もお手入れが大変そう、手のかけようで結果が(花の咲き具合が)違うのは植物も同じなのね。

投稿: シマのママ | 2008年3月27日 (木) 19:46

あろあろさん、こんばんは。
備忘録への訪問とコメント有難うございました。

加賀ゆびぬきは あろあろさんの言われるとおり 配色によっても印象が違ってきますよね。楽しみは無限大・・・私も 作り始めの時はすっかりはまってしまいました。

ゆびぬきは お友達のシマのママさんもブログ「茶飲み話」に沢山載せていらっしゃるので、配色の参考になると思いますよ。

最近は あまり作っていませんでしたが、これからまた少しずつ作っていこうと思います。私もあろあろさんの配色 参考にさせていただきますねhappy01

投稿: zucca | 2008年3月27日 (木) 22:23

シマのママさん、こんばんは。
TB有難うございました。私も先ほどTBさせていただきましたので、宜しくお願いします。

ゆびぬき ほんとに久々で すっかり忘れていましたよ~sweat01
やっぱり 少しずつでもかがってないとダメですね~。少し分かってきたつもりが 振り出しに戻ってしまったみたいです。
次のはいつになるか 私も細々と作り続けます!
シマのママさんのゆびぬきも楽しみにしていますねhappy01

シュンランは 朝日の当たる場所に置いて夏は日陰なので、あまり葉焼けはしないようですけど、傷んでるところは写してないのでありました(^^ゞ
長寿梅は何年たっても良くわからなくて・・・きれいな花なので申し訳ない。
植物も過保護は良くないのですよね、水や栄養を与え過ぎたり・・・それぞれにあった育て方をしないとね。
それがなかなか出来ないのですけれど・・・。
でもこうやってちゃんと咲いてくれて 嬉しいですshine

投稿: zucca | 2008年3月27日 (木) 22:36

桜の季節にぴったりのゆびぬきができましたネ♪
吉野の桜だったかな?
そんな雰囲気をすぐ思い出してしまいました~
季節折々のゆびぬき(色合わせ)を楽しみにしています♪
春蘭、とても優しい色のお花ですネ
>朝日の当たる場所に置いて夏は日陰
がいいのですね。
今年お土産に一鉢いただいたのですが、とても地味目なお花でした。育て方がわからないので部屋の中で大事にしています(^^ゞ
白花のボケ、素敵ですねぇ~
でも「長寿梅」と言うのですネ
こちらは育て方大変そうですねぇ
それだけに、いっぱいお花が咲いてくれると嬉しいですよネ♪

投稿: orenge | 2008年3月28日 (金) 01:19

flagこんにちは。
ゆびぬき綺麗ですね。
淡い春らしい色でcherryblossomのイメージやね。
先日のウグイスと一句のハガキを母がとても喜んでくれましたheart04
シュンランも上手に育てられるんですね。
私は園芸はかなり苦手なんよcoldsweats01

投稿: じの | 2008年3月28日 (金) 16:18

orengeさん、こんばんは。
春のイメージのゆびぬき 吉野の桜 いいですね~。
最近すっかりご無沙汰だったゆびぬき こうして出来上がるとやはり楽しいです。
また 細々作って行きますので、見てやってください♪

シュンラン 貴重な植物なので 神経質になりますよね。
自生地は林床ですから、それと同じようにすればよいのでしょうね、鉢植えではなかなか難しいけれど・・・。
夏の暑さと冬に根を凍らせないように気をつければ良いかな・・・と思っています。
用土は 水はけ良い方が良いみたいですよ。
蘭鉢の一番下は赤玉の大粒・中間は中粒・上の方は小粒で・・・と聞いたことがありますが、私は一番下にごろ土を多めに入れて、山野草用の土と腐葉土少々で植えています。
ちょっとうろ覚えですが、夏の水遣り 渇き気味にすると花つきが良くなるとか・・・。

長寿梅 これは八重のボケですね、大輪の花が素敵ですよ~。
一年に何度も葉が黄ばんで落ちるので・・・いまだに良くわかりませ~ん。

投稿: zucca | 2008年3月28日 (金) 19:20

じのさん、こんばんは。
ゆびぬき 絹糸の光沢がなんとも言えず良いのです。
じのさんも作られませんか?楽しいですよ♪

>先日のウグイスと一句のハガキを母がとても喜んでくれました。
良かったですね~、ウグイスの写真が思わぬところでお役に立って、親孝行のお手伝いをさせていただけました。お母様に喜んでいただけて 嬉しいです。ありがとう~happy01

私も園芸苦手でした。特に虫が・・・。
でも 園芸好きの義父から沢山鉢を頂いて・・・本を読んだり、テレビの園芸番組を見たりして少しずつ覚えてきました。
失敗も沢山ありまして、かわいそうな事をした鉢も(涙)
お花を咲かせてくれると嬉しさ倍増、楽しいですよ。

投稿: zucca | 2008年3月28日 (金) 19:30

久しぶりに
指ぬきを見ることができて嬉しいです!
そして、また新しい仲間が増えていますね
私もさっそくお邪魔してみましたよ

春蘭は難しい~って思ってます
というか、今のアパートは灼熱地獄にこれからなるので
栽培はできないです
毎年咲く花は季節の変化を教えてくれますね
もっともっと皆がこういう事で
季節感をもって日々を過ごしていったら
自然破壊はなくなるのではないでしょうか

長寿梅はバックに
白いおひげの中国人(仙人みたいな人)が立っていそうな
綺麗なお花ですね
ボケってそんなに品種がない、と思ってました
これもまた綺麗な白色ですね

投稿: kikikibi | 2008年3月28日 (金) 23:22

kikikibiさん、こんばんは。
久しぶりのゆびぬき お待ちどうさまでした。
なかなか 作れませんが、これからも細々と作ってゆきますので、また見てやってください。

シュンラン 難しそうでしたが、水はけ良く、夏涼しく・・・と気をつけるくらいです。こちらも夏は暑いので、スダレをかけたり夏越しは気を使います。
豊かな自然 なくなってからでは遅いですものね。

長寿梅は ほんとにきれいなお花です。中心部が青みがかって・・・ 白いアマリリスもそうでしたね。
ボケって全然詳しくないので、良くわかりませんが、これは八重で少し華やかな感じですよ。

投稿: zucca | 2008年3月29日 (土) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/40653831

この記事へのトラックバック一覧です: 春のゆびぬきと 春蘭・長寿梅:

» ゆびぬき 連山 [茶飲み話]
今日は朝から肌寒い雨が降りました。外は雨だし出かけずに、落ち着いて手仕事に取り掛 [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 19:49

» 蕃山連嶺完全縦走 西風(ならい)蕃山から白滝不動尊 [花と山歩き]
 市内に程近いとは思えない「原生林」が残されている。大梅寺から開山堂そして西風蕃山そして萱ケ崎山をまわり白滝不動までのコース。蕃山は麓に生きる人々には信仰の山だった。小さな滝をご神体とした山岳霊場だった。    夏目漱石の「草枕」にもこの大梅寺がでてくる。  開山堂のなかには雲居(うんご)和尚と磐ニ磐三郎兄弟が奉られている。  芽吹きまであと1週間ぐらいか。  あいにくの曇り空でこの後、西風蕃山でラーメンと熱いコーヒーを沸かして飲んだ。その後春の雨に当たった。 鉄塔が走ってい... [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 20:46

« キブシとメジロ | トップページ | ヤブ・マメ・☆(ホシ) さて共通点は? »