« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

今年初 パン焼きとスミレ

今年初(だと思う) パンを焼きました。 鳥見優先の今年は パン焼き用の時間がなかなか取れません。

ここ数日 風が強く砂埃が舞うお天気 外に出られそうもないので 昨日は家の中でパンを焼く事にしました。シュトレン2回目用のレーズンも長い間ラム酒につけっぱなしだし・・・。

で 全粒粉入りレーズンロールとウインナロールを作りました。

自家製 見た目はイマイチですが、ヤッパリ美味しいね!パンの香りが廊下にまであふれています(^o^)丿

bread  レーズンロール

バターロールの生地にラムレーズンを入れて巻き、焼き上がりにアイシングをかけました。他は味付けなし(今回のアイシング 固さもちょうどで良い感じでしたが、粉糖が少なくて ちょっぴりになってしまった)
2008_02_26_budou_pan

     

bread  ウインナーロール

パン生地はレーズンロールと同じもの、パン生地1個分は45g。ウインナーは一度ゆでて、パンの中に粒マスタードを塗ってあります。
2008_02_26_sausage_roll

諸物価値上がりの春ですが、小麦粉もだいぶ値上がりしていますね。

4月(?)から再値上げになるのでしょうか?

粉を使ったもの パンの他に うどん・ラーメン・スパゲッティ どれも好きなものばかり。原材料の値上がりで今までと同じようには食べられなくなる?

これからは お米を食べようね~。

もち米を使ったパンもありますね。美味しいのでしょうか?

~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~

苔球に小さなスミレの花が咲きました。こぼれダネから咲いたようです。ほかにも 小さな葉と蕾らしきものが見えます。 

何が咲き出すか分からない楽しみが苔球にはありますね!
2008_02_23_sumire
2008.02.23開花

~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~

同じく鳥見優先でなかなか進まないバッグ作りですが、各パーツが出来、完成間近となりました。後はそれぞれを縫い合わせて バッグの形にしてゆきます。

マウスオン すると・・・(^o^)丿

| | コメント (14) | トラックバック (0)

エナガ巣材運搬?2/21

いつも青ルビちゃんのいる場所で 鳥見に来ていた方とお話しする事が出来、鳥のことや鳥見ポイント、写真の撮り方など教えていただきました。私は初心者で教えてもらうばかりでした・・・。

2008_02_21_ruribitakiosu

しばらくおしゃべりしてると エナガがやってきました。

うっ 可愛いです。久しぶり~

2008_02_21_enaga_1

カラ類の混群 先頭はエナガ、その後 ヤマガラ・シジュウカラ・コゲラ 次々やってきて、久しぶりの群です heart04

いつもはあちこち散策しながらの鳥見で会えない日もあります。同じ場所で待ち受けてるとやってくるものなのですね。 

エナガは 大きな幹(コナラ?)の樹皮の裂け目に嘴を入れて この前見たメジロと同じしぐさを繰り返しています。
2008_02_21_enaga_2

中にいる虫を食べるのだそうです。

「何見てんの~」 喉元を膨らませて・・・これは威嚇でしょうか?怒らせちゃった?
2008_02_21_enaga_3

すぐに気を取り直して また木をつついています。虫のいそうな木の裂け目を探して上のほうへあがってゆきました。
2008_02_21_enaga_5

こちらのエナガは 綿のようなふわふわでやわらかそうなのを咥えていました。これは巣材なのかな?もう巣作りに入ったのでしょうか?
2008_02_21_enaga

去年 エナガの巣の場所は分かっていたのに、巣立ちを見逃しました。今年はどうでしょう、見たいですね(^^)

今週は 暖かな日が続いていますが、花粉はまだのよう。

こちらではやっと マンサクの花が咲き出しました。
2008_02_21mansaku

(写真は 2008.02.21撮影)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

土曜日の林にて 2/16

先週の土曜日 いつもより早く鳥見に出かけました。土日はベニマシコを撮ろうと 鳥撮りの方がふえますが、ベニマシコには1月の中旬に会ってから見ていません。まだここの林にいるのだろうか?

ともあれ その場所をパスして林の中の散策路を歩きました。 落ち葉を踏みしめると サクッと霜柱の崩れる音が聞こえます。

霜が陽の光を受けて あちこちキラキラshine

足元には 雪化粧ならぬ 霜化粧(^^ゞ の落ち葉がありました。

20080216_simo

      

田んぼ横の水路にカワラヒワが降りてゆくのが見えました。

水浴び!と期待しましたが、1回水を飲んで飛んでってしまった。

川底が少し赤茶色く見える水路 お水はきれいなのかな?

動物は水のみの時が一番無防備でほかの動物に狙われやすいとか?

ここは両脇から枝や草が覆いかぶさる水場で 少し安全そうかな。

20080216_kawarahiwa

    

けれど この前 メジロが水を飲んでいた場所は 上が開けていて身を隠してくれるものはなく、ちょっと危ない感じもしました。
20080202_mejiros_1
前のめりになって水を飲んでいます。ここから先は深いのかな?

20080202_mejiros

水浴びしそうな雰囲気でしたが カメラが邪魔をしたか、お水を2~3回飲んで行ってしまいました。ゴメンね(メジロの写真は 2008.02.02撮影)

~~~ ♡ ~~~ ♡ ~~~

20080214_butakyabe

キャベツが食べたくなって 簡単でキャベツが沢山食べられる こんなお料理作りました。

細切りにした豚肉に調味料を絡ませて焼いたものを、キャベツの上に乗せ、食べる時に混ぜていただきます。

最近鍋物が多いので ちょっと新鮮に感じました。

このお料理「豚肉のキャベツ和え」のレシピは こちら↓です。
http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/06/post_e3f1.html

今回は 大葉の細切りも加えました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ハンノキ と シメ

いつも鳥見散歩する公園の里山にある 田んぼの傍の落葉樹 その枯れ枝にはビヨ~ンと細長い赤茶色の筒状のものが沢山付いていて、目を惹きます。

2008_01_05han_no_ki

「これはハンノキ。毎年シメが食べに来るんだよ~」と教えていただきました。

「ハンノキは 水を好む植物で、昔 多摩川の両岸には 沢山あった」そうですが、今は保護しないといけないくらい少なくなってるそうです。

シメ ↓ は雑木林のハンノキに群れでやってくるそうです。が保護区域内にあるため入る事が出来ません。見たいなぁ(^^ゞ
20080120shimes

ハンノキの花期は2~3月 最近 雄花序が伸びてきました。

細長いのが雄花、雄花の付け根にある小さな赤い部分が雌花
Dpp_080130_0013han_no_kis

雌花は成熟すると長さ 2 センチほどの松毬状の果穂になり翌年の春まで木についています。だ円形のマツカサのようなのは、咲き終えた実 との事。
080202_han_no_ki2s

ハンノキ(榛の木) 学名:Alnus japonica  別名 ハリノキ 花期:早春

 ・ブナ目、 カバノキ科 ハンノキ属の落葉高木
 ・分布 北海道、本州、四国、九州、中国、アジア北東部
 ・低地の湿地や低山の川沿いに生える。田の畦に植えられる。
 ・材は軟質で、家具や器具に使われる。種子は染料になる。
 ・樹皮は縦に浅く裂けてはがれる。
 ・葉は長さ5~13cmで互生
 ・雌雄同株
   雄花が尾状花序になり
   雌花がだ円形のマツカサのようになる
   松の球果に似た小さな実が翌春まで残る。

参考:
樹木ガイドブック(永岡書店発行、平野隆久監修・写真)他

~~~  ~~~  ~~~

花粉情報(本日のテレビの天気予報からの情報)

スギ花粉は 1月1日からの最高気温の合計が450度に達すると飛散を始めるそうです。

きょうまでの合計温度は413度 

「あと1週間くらいで飛び始めるでしょう~」との事。

我が家もそろそろ花粉症対策しなくちゃ。

鼻枕作ろう~。眼鏡もおしゃれなものが売られてるそうですね。

鼻枕(2006.03.08にアップ)は花粉除去率99%だそうです。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

コサギ

この林では初見の コサギ です。

いつかアオサギがいた池で わっ シラサギ・・・と思ったら

シラサギと言う名前の鳥はいないそうで、野鳥図鑑に「シラサギ」はありませんでした(^^ゞ(主な白いサギ類は ダイサギ・チュウサギ・コサギ)

コサギは 2羽いました。

幼鳥か若なのでしょうか、一羽は冠羽がまったく見られませんでした。

水の中で片足を小刻みに震わせて、魚を追い出しているようですが、見てる間にはゲットできませんでした。夕飯 ちゃんと捕れたかな。

20080211_kosaghis

20080211_kosaghi2s

餌を探したり追いかけっこしたりして 美しい舞いを見せてくれましたが、2羽一緒の写真はピンボケでほぼ全滅(^^ゞ

かろうじて写っていたのがこれです。↓

20080211_kosaghi3ss

コサギ コウノトリ目サギ科 留鳥又は漂鳥

・学名 Egretta garzetta  ・全長 61cm 
・嘴と足は一年中黒く 足指は黄色
・成鳥夏羽 二本の長い冠羽があり、胸・肩羽・背面の羽毛が飾り羽になる。
・冬羽では 飾り羽が短くなって目立たなくなる。
・幼鳥や若鳥には飾羽は無い。

~~~★~~~★~~~

memo きょうは何の日

niftyのHP右上に「きょうは何の日」が表示されていますが、今日は「銀行強盗の日」だそうです。

1866年2月13日にアメリカでジェシー・ジェイムズ (w:Jesse James) が世界初の銀行強盗に成功したことから。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ルリビタキ水浴び

先日の雪が残る雑木林で きょうは ルリビタキ♀ によく会いました。

林の縁を流れるせせらぎで水浴びをしていました。

このせせらぎでは たびたび野鳥の水浴びシーンを目撃しています。水量は多く無いので、小さな野鳥には丁度良い水浴び場のようです。

それで野鳥がここにいると 水浴びが見られるかもと期待してしまいます。

先日もシジュウカラが水浴びしていました。(近いうちにアップしますね。)

20080209_ruribi_1
ルリビタキがどこにいるか分かるでしょうか?

     

遠くて小さな画像なので アニメにしてみました。(サイズ 1.52MB)

★追記 アニメの精度がイマイチでしたので、フォトアルバムにしました。
「ルリビタキの水浴び」
http://zucca.way-nifty.com/photos/080209ruribitaki/index.html

     

すぐ近く まるで写してねと言わんばかり その距離2m。 マウスオンしてくださいね。

きょう会えた鳥は少なかった。

ツグミ・ヤマガラ・アオジ・シジュウカラ・ホオジロ・ジョウビタキ・カワラヒワ でした。 

~~~ snow ~~~ snow ~~~

外は雪 だいぶ積もっています。今週は3度目の雪です。

寒かったので 今日の3時は cafe ココア にしました。

何時もアバウトに作るココア 濃すぎたり・薄かったりなので、ちゃんとした作り方を調べてみました。

一人分の分量は、砂糖・ココア それぞれスプーン1杯(約4g)が目安

冷たいミルク 又は水を少量(大さじ1~2杯)加え、なめらかなペースト状になるまでよく練ります

参考:ヴァンホーテンのHP
http://www.vanhouten.jp/recipe/howto.html 

な なんと「水でといてペースト状になるまで良く混ぜる」

何時もお湯でといでました・・・・。(^^ゞ

早速カップにココアと砂糖と水を入れ かき混ぜるけど 

ココアが水に 浮いてしまい上手く融けない。

でも・・・しばらく混ぜてたら・・・ ペースト状になりました(^o^)丿

牛乳を加え レンジで1分 完成です。(ここは自己流)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

雪の節分 & タルトタタン

朝からずっと雪の一日 

花台の雪の白の中に 咲きかけたブルーデージーが一輪
20080203bds

スズメも じっと耐えているかのよう
20080203_suzume_1s

20080203_suzumes
追記(08.02.25)

   「 雪の朝 スズメも寒し 軒かりる 」 

   上の句をブログ「woolhorse」 のshimaさんが作ってくださいました。
   有難うございました。 

     

メジロのペアは ブルーベリーの枝に並んで止まり、オスがメスに毛づくろいしてあげてました。見ててほのぼの(^o^)丿 
(カメラの準備が間に合わず写真は撮れませんでした。)

~~~ ♡ ~~~

雪で出かけられないので、午後からお菓子を焼きました。

「食べたいなぁ」と前から思っていた タルトタタン・・・ 評判は上々でした(^o^)丿

マウスオンで・・・(^^ゞ

タルトタタンは りんごを、バターとグラニュー糖で煮詰め、上にパートブリゼ(パイ生地のようなもの)を乗せて オーブンで焼くというものです。

私は パートブリゼの替わりに冷凍のパイ生地を利用しました。

今度は是非 紅玉で作りたい。美味しい~(^o^)丿

apple 追記 タルトタタンのレシピはこちら「あっとレシピ」に載せました。
http://zucca.way-nifty.com/piatti/2008/02/080205_tatin_20d5.html

| | コメント (22) | トラックバック (0)

アオゲラ

前回の続きです。

   

公園ではアオゲラにもあえました。

トントントンと木をつつく音 コゲラかなと見上げると 頭の赤がパッと目に飛び込んで来ました。

アオゲラ、近いっ!

すぐ真上にいて写真が良く撮れたので アップします。

     

アオゲラ 緑啄木鳥 Picus awokera 日本列島の特産種・留鳥

  ・大きさ 29cm
  ・ヤマゲラに似るが腹部に黒い横斑がある
  ・顎線の一部が赤い
  ・オスは頭頂から後頭部まで赤く、メスは後頭部のみ赤色がある

    

二枚の写真とも同じ個体です。

写真上では 後頭部に赤が見られ♀のようにも見えますが、
写真下では 頭頂も赤いので、この子は♂のようです。

080126_aoghera_3sa

080126_aoghera_5s

写真撮影 2008.01.26

~~~ ♡ ~~~ ♡ ~~~

アオゲラのパズル↓ を追加しました。

    *    9パズル

    *   16パズル

    *   25パズル

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カシラダカ

早いもので 2008年もひと月が過ぎました。きょうから2月。

風はまだ冷たいけれど 陽射しは少し暖かくなったみたい。

日もだいぶのび、メジロは夕方5時近くまで 花台にいるようになりました。

シジュウカラのさえづりも少し聞けるようになりました。

~~~ ♡ ~~~ ♡ ~~~

1/26(土)バッグ材料の買い足しに手芸屋さんへ。

途中、初めての公園に寄って、鳥見散歩 (バッグは1月完成を目標にしてましたが、すこしずれ込みそうです。)

小さな山が 丸々ひとつ公園になったようで、駐車場は一番高い場所にあります。

往きは下りでラクチンですが、帰りは登りばっかりで大変でした(汗)

林の中を散策すると モミジの落ち葉が散り敷かれている小径もあり、桜の木も沢山ありました。春の桜・秋の紅葉 期待できそう。

★芝生の上で 動くものが・・・カシラダカの群れでした。今年初見・初撮です。

芝生と同じ色で見つけ難いけど、もくもくと地面をつついていました。去年初めて見たときは とても感激した事 思い出しました。

20080126kashiradaka

頭のてっぺんを逆立ててモヒカンのよう・・・。
20080126kashiradaka_1

カシラダカ(ホオジロ科) 体長 約15cm 春先 オスは頭が黒くなる。

  • カシラダカは冬に日本にやってくる鳥で、春になると北へ帰ってゆきます。
  • 日本ではカシラダカは渡りのシステムの研究材料になった鳥。それによると、
     ★約13時間の日照時間を境に渡りの気分が高まってくる
     ★春は気温18度を越えると、その衝動に拍車がかかる    らしい。
  • 日の長さが変わるとホルモン分泌が変化して、渡りたい気分になってくるらしい。
    脂肪がつき、旅じたくが始まる。
        「鳥のおもしろ私生活」ピッキオ編著より

★3日前に降った雪がまだ残っていて素敵な舞台が出来ていました。

ルリビタキが近くにいて 鳥撮りの方が大勢カメラを構えてました。

私も仲間に入れてもらって・・・昨日(1/25)も沢山写真を撮らせてもらったけど、ここでもパチリ!

なんだかカッコいいですね~(^o^)丿 ヤッパリ 舞台も大事?

2008_01_26_ruribitaki_3

水仙が咲き出していました。
20010126_suisen3s

どんぐりも芽出しの準備
20080126donguri

写真は1月26日撮影

| | コメント (10) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »