« 隣町のイルミネーション | トップページ | キイロテントウ »

クロモジの黄葉

20071205_kuromoji_1s

林を歩いていて 目にした花の名前は覚えやすいのですが、木の名前はなかなか覚えられません。

木の名前も分かったら 散歩もより楽しくなるだろうなぁ
と思います。

今年 一つ 木の名前 覚えました♪

クロモジです。

クロモジは爪楊枝に使われる香りの良い木で、
枝は緑色の樹皮ですべすべしています。

いったん覚えるとクロモジの木があちこちにあるのがわかりました。

見つけるたびに爪先で枝をチョットさわり、指についた香りをクンクン、
すきっとした 清涼感のある香りを楽しみます。

先日林を歩いた時も 黄色く色づいたクロモジを見つけました。

この時期 黄葉はもう終わり近いですが、林の中で目立っていました。

20071205_kuromoji_2s20071205_kuromoji_3s

20071205_ushihakobe 紅葉したり枯れてゆく植物が多い中 

ウシハコベ が新しい葉を出して
花も咲かせていました。

   

  ☆クロモジの花は2007.03.21にup
  http://zucca.way-nifty.com/ciao/2007/03/321.html

    

クロモジ(黒文字)  クスノキ科    

学名:Lindera umbellata  花期:春  

・山地に生える落葉低木 
・雌雄異株
・樹皮が暗緑色で,黒い斑点があることから黒文字という名前がつく

参考HP「植物園へようこそ!」

|

« 隣町のイルミネーション | トップページ | キイロテントウ »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

クロモジという木があるのは知っていましたが、
実物はまだ見たことがありませんでした。
割と身近に見られる木なのかしら?
HNに使っているのですから、一度見て触って、
匂いもかいで見たいですね。
近くの植物園ででも探してみましょうか。

私のHNの黒文字はお茶で使われる黒文字から頂きました。
と言っても茶道に詳しいわけではないんです。
友人が作ってくれた布草履の仕上げべらが、
黒文字を利用した物だったからなんですよ。

投稿: 黒文字 | 2007年12月 9日 (日) 22:15

最近まともに自然散策が出来ていないので、
最後にいつクロモジを見たのか忘れてしまいましたが
11月の下旬辺りでは、まだその葉は緑色でした。
ただ花芽は出来上がっていましたので、
また来春には花見が楽しめるでしょう。

今年の春、つるの巻きついたクロモジを助けようとして
つるを引っ張ったときに枝を折ってしまいました。
申し訳ないと思いつつ、その枝は持ち帰りました。
そして、半年以上経って乾燥しきった枝を削ると、
今でも香気が感じられますよ。いい香りです。

投稿: sasama_tea | 2007年12月10日 (月) 02:17

黒文字さん、こんにちは。
私もクロモジの木 林を歩くようになって 初めて見ました。というより 初めて気づきました。
林では あちこちにありましたけど、普段お買い物途中とかでは こちらでは見ませんねぇ。
でも庭木に使われるみたいですし、散歩中にも見られるかもしれませんね。
HNの植物ですから、ご挨拶しなくちゃね(^o^)丿
すきっとした清涼感のある香りですよ。ヒノキなどとも似てるかな。

私もお茶に詳しくないですけど、お茶で使われる楊枝ですよね。素敵なHNです(^^♪
黒文字の木で作られた布ぞうり用の仕上げべら 香りも良さそうで私もほしいなぁ。
私は竹で作ってもらいましたが、竹は加工が難しくて(汗)

投稿: zucca | 2007年12月10日 (月) 12:59

TVで、クロモジの木から黒文字作ってる様子を見ました。
でも、まだその木を確認できないでいます。
花が咲いてたり、実がなってるところを見てインプットできることってありますよねぇ~
木の種類はわからないなぁ~
まだ注意力も欠如しててダメです~(^^ゞ
でも、黄葉が綺麗でかわいい葉っぱですネ
枝だけになる前に、お目にかかりたいなぁ~

投稿: orenge | 2007年12月10日 (月) 13:06

sasama_teaさん、こんにちは。
クロモジ 遅くまで緑色をしているのですね、
そちらとこちらでは温度差もかなりあるでしょうけど、
もう今頃は黄変してるかしら?
それでも花芽をちゃんと確認されるところはさすがsasama_teaさんですね!
クロモジの枝 スキッとした良い香りですよね、枝を乾燥させて何か作られたのですか?
形にしなくても香りに癒されるだけでも良いですね!

投稿: zucca | 2007年12月10日 (月) 13:08

orengeさん、こんにちは。
クロモジは カタカナから漢字に変わると 茶道の世界になるのですね(^o^)丿
黒文字作り 面白そうですねぇ。とっても良い香りの木ですから。
花の時期に見て場所を覚えておくと、その後の新芽など葉の季節にも見られて覚えられるかもしれませんね。
黄色く色づいた葉 きれいでしょ。
暗い林では黄色の葉っぱが目立ってました♪
葉が落ちて枝だけになっても、つんとした芽(葉芽か花芽かわからないけれど)を付けていて、それも特徴になるかも。
濃緑色の枝の色も覚えやすいかも。
でも 木の種類って特徴をつかみにくくて 覚えられませんよね~。
毎年 少しずつでも覚えて種類をふやしたいですねぇ~(^o^)丿

投稿: zucca | 2007年12月10日 (月) 13:43

身近にあるんですね、黒文字
お茶の席などで使う上物が黒文字ですよね
なかなか普段には使えません
木の香りは触ると香るんですか?
こんなに綺麗な黄色ということも知りませんでした
是非今度は実物を見てみたいです

投稿: kikikibi | 2007年12月10日 (月) 14:11

クロモジは爪楊枝になる木ですね。
いつか、自然に生えているところを見つけたいですね~

投稿: ぴょんぴょん | 2007年12月10日 (月) 19:04

kikikibiさん、こんばんは。
黒文字 身近にありましたね~。
お茶席で使う楊枝の材ですけれど、普通用のもあるみたいですよ、ちょっと割高かかも知れませんけどね。
木の香り 何時も枝を爪で押したりします。
秋の紅葉もきれいでしょ、私も初めてなんですけれど、林が明るくなった感じ(^o^)丿
実物に会ったら 香りも楽しんでね!

投稿: zucca | 2007年12月10日 (月) 22:00

ぴょんぴょんさん、こんばんは。
黒文字の楊枝は 茶道で使われるようですね。
香りの良い楊枝 自宅用にも使いたいですね~。
筑波山や自然の森など自然に生えていそうですけれど、
見つけたら是非 枝の香りを楽しんでくださいね♪
こちらの林では 日蔭のせいかどうか どれも樹高は2mにも満たない低木でした。

投稿: zucca | 2007年12月10日 (月) 22:05

おはようございます。
少し出遅れました(^^ゞ
木の名前は花が咲いてるとか特徴が何か無いと覚えられませんね。
クロモジはどこかで見てるかもしれないけれど、これと判らないです。
クスノキの仲間だからいい香りがするのですね。

ウシハコベの若葉、寒さに向かってもみずみずしいですね(^^♪

投稿: シマのママ | 2007年12月11日 (火) 09:52

シマのママさん、こんにちは。
木の名前 やっとひとつ覚えましたよ♪
でも花の名前ほどには覚えられませんね。
シマのママさんも クロモジ きっとどこかで見てるかも知れません。
楠も良い香りなの?
クロモジもすきっと爽やかな香りでした。

ウシハコベ 新しく芽を出したみたいに青々ときれいでしょ、白いお花も 可愛いかったよ~(^o^)丿

投稿: zucca | 2007年12月11日 (火) 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/17317555

この記事へのトラックバック一覧です: クロモジの黄葉:

« 隣町のイルミネーション | トップページ | キイロテントウ »