« かすみ草・パンジー・ルリヒナギク | トップページ | 秋空と苔だまのインパチェンス »

クロアゲハ& 豆桜

今年 雑木林で黒アゲハを何度か見かけましたが、なかなか写真が撮れませんでした。

下の写真は彼岸花で吸蜜中の一枚。

近づいても逃げる様子もなく何枚も撮れましたが、上手く撮れているものが少なかった・・・(^_^;)

赤と黒 はるか昔に読んだ小説のタイトルにあったよう

20070926kuroageha_7s

20070926kuroageha_9s

ナミアゲハもやってきました。
20070926namiageha_1s

~~~★~~~★~~~

豆桜 

ソメイヨシノより小ぶりで春に咲く桜ですが、葉が落ちてしまうと、
季節を勘違いすることもあるようです。

20070926_mamezakura_2_2

20070926_mamezakura_1_3←アップで。

豆桜とエドヒガンザクラが合わさったのが「ホシザクラ」で、2003年 多摩丘陵で見つかった新種の桜。
桜の図鑑に、今年初めて ホシザクラの写真が載りました。

(「ホシザクラ」2007.04.11のブログにhttp://zucca.way-nifty.com/ciao/2007/04/hoshizakura3.html

|

« かすみ草・パンジー・ルリヒナギク | トップページ | 秋空と苔だまのインパチェンス »

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
地震があったようですがそちらは大丈夫でしたか?

彼岸花とアゲハのツーショット、赤と黒のコントラストが素敵です。
zuccaさんの前に「撮って、撮って!」とひらひらやって来たようですね(^.^)

季節はずれの桜、私も公園で発見してアップし忘れていました。
勘違いの桜の花暑さが一段楽していて良かったね♪

投稿: シマのママ | 2007年10月 1日 (月) 08:54

シマのママさん、おはようございます。
大きな地震だったようですね。
こちらも少し揺れましたが大丈夫です。どうもありがとう~。
ちょっと目を覚ましてまたすぐにグーグーでした。(^^ゞ

アゲハチョウは長い間 ヒラヒラと良いモデルになってくれました。カメラがイマイチで、なかなかピントがあいません(^^ゞ
桜 そちらでも咲いてました?
葉が落ちてしまうと、勘違いすることもあるみたいよ。
その木の葉っぱはどうでしたか?

投稿: zucca | 2007年10月 1日 (月) 09:29

彼岸花にクロアゲハ・・・赤と黒の、どことなく妖しい雰囲気がいいですね。
アゲハはせわしなく蜜を集めているとなかなかきれいに写真を撮れませんよね。
お写真、とても美しいと思います。

豆桜というのは、名前もかわいいですね。
桜って、なぜか時々ヘンな季節に咲いたりしますね。それも一輪二輪・・・
枯れ枝にぽつんと寂しそうに咲いていると、なんとなくいじらしいです。

投稿: misao | 2007年10月 1日 (月) 10:19

misaoさん、おはようございます。
赤と黒 それにシロとクロのナミアゲハもやってきて、忙しかったです。
アゲハはせわしない動きで、ちっとも翅を休めてくれません、難しい。
>お写真、とても美しいと思います。
有難うございます。

豆桜 名前も可愛いですよね。
この豆桜の木は葉が落ちて、ぽつぽつと若葉が芽を出していました。
桜は葉が落ちると勘違いをおこす事もあるそうです。
これから紅葉シーズン、桜もまだ沢山葉をつけていていいはずですけれど、この木には葉がありませんでした。
桜の花は春が似合いますよね。

投稿: zucca | 2007年10月 1日 (月) 10:36

あぁ、アゲハの仲間は
特に写真を撮るのが難しいですよね。
とにかく、すぐ気配を感じて
飛んでしまうんですよね。
自分の雑念が多いからなのかもしれません。
なので、こんなに上手に撮られるなんて
すごいです。@@

投稿: brizu | 2007年10月 1日 (月) 11:12

こんばんは~。
クロアゲハと真っ赤な彼岸花の取り合わせ、
きれいですね♪
ちょっと夢の中の映像のような感じも。
ひらひらとクロアゲハが動く様子が見えるようです。
豆桜、かわいい名ですね~。
ぽつんと咲く小さな桜、これに
出会ってしばし足を止めてみたいなぁ。

PCがしばしダメだったので、お邪魔できず
少々つまらない日々だったのですが、
またこうやって、素敵な写真を見せてもらってうっとりです(^^)

投稿: ぴよ | 2007年10月 1日 (月) 19:50

brizuさん、有難うございます。
アゲハチョウ ジッとしててくれません(^_^;)
吸蜜中も翅をバタバタ・・・難しいです。
こちらの雑念が伝わるのでしょうか、
野生の生き物は敏感ですね。

投稿: zucca | 2007年10月 1日 (月) 21:17

ぴよさん、こんばんは。
クロアゲハ ちょうど彼岸花に来てくれてラッキー♪
ずっとヒラヒラパタパタさせながら吸密してました。
豆桜 名前の通り花も少し小さめ。
樹高もそれほど大きくならないようです。
挿し木でも良くつくので盆栽にもされるそうですよ。

PC 復活したのですか?
ぴよさんのとこにコメント置いてよいものか迷いました。
PCのご機嫌を伺いながら、調子の良いときにはまた遊びに来てくださいね。

投稿: zucca | 2007年10月 1日 (月) 21:27

今晩は!
赤い彼岸花と黒アゲハのなかなかいい組み合わせの写真が撮れましたね。スタンダール、忘れていた人を思い出しました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007年10月 1日 (月) 21:49

ぴょんぴょんさん、有難うございます!
赤と黒 私も忘れていましたが、クロアゲハと彼岸花が思い出させてくれました。
あっ、小説の中身はすっかり忘れて思い出せません(^^ゞ
スタンダールやモーパッサン 今でも読まれているのかな?

投稿: zucca | 2007年10月 2日 (火) 06:53

昔話になりますが、お彼岸参りの帰りに
母と山の温泉に寄りました。縁側で休んで
いると、クロアゲハがゆらゆら舞いながら
藤棚の上へ飛んで行きました。母がいうには
「あれ、お祖母さんが来たのだよ。黒い
アゲハには魂が宿るというから・・」
 そのときはそんなの迷信よ、と笑いました
けれど、鮮明な思い出になっています。
クロアゲハに神秘な美を感じます。

投稿: nekozizou | 2007年10月 2日 (火) 13:40

nekozizouさん、こんにちは。
クロアゲハにはお母様との素敵な思い出とお話があったのですね。
偶然の黒いアゲハ、
不思議なめぐり合わせを感じます。

投稿: zucca | 2007年10月 2日 (火) 15:53

おはようございます。
私も勘違いの桜の花の記事をアップして、
勝手にリンクさせて頂きました(少し前ですが(^^ゞ)
遅ればせながら報告と、TBもさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

投稿: シマのママ | 2007年10月 3日 (水) 09:23

シマのママさん、こんばんは。
TBありがとう~、それと記事の紹介もm(__)m
私もTBさせていただきます。
宜しくお願いします。

投稿: zucca | 2007年10月 3日 (水) 19:42

こんばんわ
スタンダールの赤と黒でしょうか、確かに赤い色と黒い色の
コントラストは他の色の組み合わせと違った感じがするのは
私だけでしょうか?

桜は知りませんでした
しかし、暑すぎて狂うのはわかるのですが
なんで今春に咲く花がひらくのでしょうか・・・

一人ひとりがほんのちょっと気をつけたら
自然が守れるのにな、って今年はつくづく思いました

投稿: kikikibi | 2007年10月 3日 (水) 22:18

kikikibiさん、こんにちは。
赤と黒 大人のイメージがありますね。
色は不思議なもので、その時の自分の状況によっても受け取り方はいろいろ。

桜は 葉がいったん落ちると時々勘違いをおこすそうですよ、今の時期 普通はまだ葉がついていますものね。
寒い日のあとに暖かな日があると春と思ってしまうのかも・・・?

エコ心がけましょうね。

投稿: zucca | 2007年10月 4日 (木) 16:15

zuccaさん
黒アゲハと彼岸花の色の対比、組み合わせ、いいですね。

それと、月の写真、私は未だにあのように撮れません!
まいった。

投稿: shima | 2007年10月 6日 (土) 19:20

shimaさん、こんばんは。
写真 ほめていただいて有難うございます。
クロアゲハ 長い間 彼岸花にいてくれました。
ラッキーでしたね。

お月様・・・ 参りました?(笑)
私も何枚も撮って ほとんどボツ(^^ゞ
難しいですよね、まぐれで一枚撮れました。
もっときれいに撮りたいです。

投稿: zucca | 2007年10月 6日 (土) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/16622066

この記事へのトラックバック一覧です: クロアゲハ& 豆桜:

» ヤマジノホトトギスとさくらの花 [茶飲み話]
10月に入った途端に涼しくなりました。まるで夏の異常な暑さを埋め合わせてるようで [続きを読む]

受信: 2007年10月 3日 (水) 09:26

« かすみ草・パンジー・ルリヒナギク | トップページ | 秋空と苔だまのインパチェンス »