« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

フタマタイチゲとウツボグサ

昨日(5/30) 午前中ちょっと歩いてきました。

シオヤキソウ(ヒメフウロ)の匂いを確かめようと公園へ行ってきました。葉っぱをちょっとだけいただいて、クンクン・・・??? 匂いあるかなぁ、よくわからなかったです。ちなみに 塩を少し茶色に色づくまで炒って匂いをかぎましたが、塩の匂いもよくわかりませんでした。(^^ゞ 香りはあまり強くないのでしょうね。

公園で咲いていたお花です。フタマタイチゲ・ウツボグサは初見です。

キンポウゲ科では アズマイチゲイチリンソウの花も今年初見でした。

20070530_futamataichige_1kinpouge_ka フタマタイチゲ(キンポウゲ科)

20070530_utsubo_gusa_sisokaウツボグサ(しそ科)

20070530_gumiグミもこんなに色づいてます。
庭にあったので実は子供の時よく食べました、懐かしい。

20070530_oyabuzirami_2オヤブジラミ(セリ科) 

紫色の綺麗な実をつけていました。実の大きさは5~6ミリ、もっと大きいのかと思っていました。葉も紫色に紅葉?していて、全体的に赤紫の植物になっていました。(写真をクリックすると少し大きな実と花が見られます。)
先日misaoさんのブログ ↓ で初見でした。
http://misao.cocolog-wbs.com/sige/2007/05/post_3d59.html 

20070530_koban_40kara_1

☆小判草 

シマのママさんに教えてもらった小判草、
今年もいつの間にか小判がなっていて、
もう黄ばんできています。

シジュウカラの雛が小判を見上げて、何を思っているのか・・・。

「何も思ってないよ」

ここは歩道の上です。小判草の向こうは車道なので、雛が車道に出て行きはしないか、反対側の歩道から見ていてひやひやしました。

(写真は5/30撮影) 

~~~☆~~~☆~~~  

夕方からの激しい雨と雷 窓が光ったすぐ後にとどろいた大きな音と地響きにビックリしましたが、そんな中 シジュウカラが二羽 ひまわりの種を食べにやってきました。

きょうで5月もおしまい、あすから6月!梅雨の季節になりますが、雨にめげずにがんばろう~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

シジュウカラの雛 2007

買い物帰り 若葉の茂る木立から ビービービーとシジュウカラの雛の鳴き声が聞こえてきました。

足を止めて周りをきょろきょろ。いましたっ!雛が3~4羽 親鳥も一緒です。

巣立ってどのくらいたつのでしょう、つぶらな瞳~。

20070529_1 20070529_2

これまでの雛の写真はマイフォトにもあります。(左サイドバーから)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ショウジョウトンボ 5/27(日)

20070527hayashi ショウジョウトンボ・イチモンジチョウ・ウシガエル・アオガエル 今日は林の生き物編になっております。

昨日の日曜日、朝から良いお天気だったので駐車場が混まないうちにと、早めに雑木林に行きました。

九州では35℃以上の猛暑日となったところもあったようですが、林に一歩足を踏み入れると、ひんやり気持ちよい。 ♪

コゲラの巣を 毎週気にして見ましたが、いつも静かで、子育てはどうしちゃったのでしょう。

でも、すぐそばでシジュウカラの雛の鳴き声を聞くことができました(姿は確認できず)。それとオオススメバチが飛んでいました。胴の太さは親指ほどもあって、羽音もブ~ンと大きい。この時期はまだおとなしいらしいけれど、怖いですね。

池では赤とんぼ が見られましたが、今の時期の赤とんぼは「ショウジョウトンボ」で、いわゆる赤とんぼとは種が違うらしい。 

♂が右写真のトンボにアタックしていたので、きっと♀なのだろうと思います。

     ショウジョウトンボ(♂)          ショウジョウトンボ(♀)

20070527shojo_tombo_1

20070527shojo_tombof

20070527murasaki64  

この綺麗な虫さん 葉っぱの先で迷っています。

「とびます、飛びます・・・」

それとも
「たまには日光浴ですわよ~~~ん」かな(^^ゞ

     

20070527ushigaerus

時々汽笛のような重低音

ウシガエル の鳴き声が聞こえてきてビックリ。

ウシガエルは、おたまじゃくしもビッグだそです。

20070527_aogaeru_2

そのおたまじゃくしよりも 多分 小さい

アオガエル

孵ったばかり? かわいいですね! 

20070527ichimonj_cho_1a ←イチモンジチョウ も見られました。
     ↓
20070527ichimonj_cho_3 初見です。

   

   

20070527_yamaboushis 最後に お花の写真も載せましょう。

ヤマボウシ 

秋には実が熟し、食べられるのですよね。

美味だとか。 

(5/27記 撮影も)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ヤマサナエ(トンボ)とフウロソウ

先日 ブログに載せたトンボとお花、名前がわからなかったのですが、
トンボの名前はmisaoさんに、
お花の名前はsasama_teaさんに教えていただきました。

ありがとうございました。

過去記事をそのまま訂正すればよいのですが、トンボもお花も私には珍しいものでしたので、再登場させました。

トンボの名前は「ヤマサナエ」 春に出現する大形のトンボで、里山の清流に生息する種類とのこと。
(追記:尻尾の先端付近が黄色い)

オニヤンマに似てるけれどちょっと縞々がちがうようで「なんだろう~?」と思っていました。 先日は写真一枚だけだったので、他の角度からの一枚も追加(右の写真)。もっとちゃんとした写真があればよかったね。

20070512yamasanae_2

20070512yamasanae_1_1

~~~☆~~~☆~~~

20070512_fu_ro

ヒメフウロ(姫風露)  フウロソウ科

学名:Geranium robertianum  
別名:シオヤキソウ(塩焼草) 

全体が 塩を焼いたときの匂いに似ているので塩焼き草

葉が深く 3 ~ 5 裂、更に細かく裂けています。

野生のゲラニウムも素敵です。お花からスーッと1本 白い筋が上に伸びてるんですが、何でしょう??

~~~☆~~~☆~~~

我が家にあるこちらも 姫フウロと呼ばれていますが、

姫フウロは流通名で、本来のヒメフウロは属が違うゲラニウム属の植物との事です。

流通名 姫フウロ  地中海地方原産の園芸種。

科名 フウロソウ科 属名 エロディウム属
学名 Erodium ×variabile 和名 英名 性状 多年草 用途 小~中鉢花壇

Himefuro

20060522himefuro_1

~~~☆~~~☆~~~

20070512_aosujiageha

ハルジオンにアオスジアゲハ

(雑木林にて 5/12)

※5/31追記 
ヤマサナエの写真は
ジュリジュリさんのブログ(5/31の日記)にも載っています。
http://komorebi-yureru.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_ed71.html

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ログキャビン作られた方 教えてくださいませ。

ハギレの整理 ず~~~っと前からの課題です。布ぞうりでは小さな布は使えないので、全然減りません。

20070523logcabin_1 ログキャビンで作品を作ろうと、本やWebでパターンを探したら、2通りあって、迷ってしまいました。

AとB わずかな違いですが、2のところから違ってきます

最後まで縫うと
Aのパターンは薄い色が3つのコーナーを占めていますし、
Bは濃淡 2コーナーずつになっています。

縫う時は Aのほうが縫いやすそうで、Bはちょっとめんどうそう・・・。

たくさんつなげていったら、各コーナーの差が何か影響するのかな・・・など、初心者の私にはちょっとの違いが大きな疑問になっています。 ログキャビン作られた方 教えてくださいませ。

それでログキャビンちょっと後回し。

在庫の中に5cm角の布切れが沢山あったので、これを利用してボーダーを作り 袋物を作ることにしました。

20070523bag_1 ←最初はこの分だけと思っていましたが、
リバティの布地を切ってしまうのはもったいないので、全部生かすことにしました。

     

↓ あとから三角形(土台と同じ紺の生地)を縫い足すことになり手際が悪いのですが、計画変更では仕方ない。
 20070523bag

    

☆ハギレの整理 まず手始めにアイロンかけなおしから・・・それだけでも気が遠くなる~。(^_^;)

   

   

20070520_osaru 日曜日

アウトレットでは人気者の 
大道芸のお猿さんが竹馬に乗って・・・ずいぶん上まで上っていますね~♪

ズボンからちょこんと出てる尾っぽがかわいい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サラサウツギとニシキウツギ

月曜日まで忙しくて大変そうだと思っていたら、思いのほか早くに手が空きました(^^ゞ
それで今朝は ちょっと早めに林へGO-ッ、朝食代わりにマーマレードサンドを持って行きました。(^o^)丿

林で見る花は白い花が多いですが、少しピンクのかわいいお花を見つけました。

サラサウツギとニシキウツギ。 

二つとも、名前の語尾に「ウツギ」とつきますけれど、
 ★サラサウツギはアジサイ科  ウツギ属、
 ★ニシキウツギはスイカズラ科 タニウツギ属    区分も花の形も違いますね。

★それでウツギについて調べたら 「茎が中空のために空木(ウツギ)」とよばれるとの事。

以前コゴメウツギの写真を載せましたが、やはり茎が中空なのでしょうね。

20070520sarasa_utsugi_3

☆サラサウツギ(更紗空木)
アジサイ科 ウツギ属  
学名 Deuyzia crenata f. plena

落葉低木
葉は対生。
葉縁には鋸歯が有る。

20070520sarasa_utsugi_2_1

ウツギの八重咲き種

花弁の外側が紅紫色になる
変異種をサラサウツギと呼ぶ
のだそうです。

20070520_nishiki_utugi_1

☆ニシキウツギ(二色空木)
スイカズラ科  タニウツギ属

学名:
Weigela decola (Nakai) Nakai

 

 20070520_nishiki_utugi_2

花は咲き始めは白で、その後 赤に変化していくそうです。

同じ木で赤と白の花が入り混じっていて、なんか不思議。

20070520_noibara_2

野イバラ

「ノイバラの香りはそれほど甘すぎなくてとてもいい香り」とmisaoさんに教えていただいたので、早速顔を近づけてみました。

ほのかにバラの香りがします♪

野イバラを見つけたら、これからはクンクンしなくちゃ。

20070520hoojiro桜の梢のてっぺんで気持ちよさそうにさえずっている鳥 すずめのようですずめでない 帰ってからチェックしたら ホオジロ。

写りはいまいちなので、記念にね(^^ゞ

ホオジロはまだこちらにいるのね。

あらら びっくりで巣。

 

 

misaoさんのノイバラのブログにTBさせていただきます。よろしくね。
最近 こちらからのTBがうまく届かないので、今回はうまくゆくでしょうか?

   植物名等の参考HP
   「植物園へようこそ!」・「oNLINE植物アルバム

| | コメント (10) | トラックバック (1)

谷啓さんではありません?

月曜まで忙しくなりそうなので、皆様のブログへも遊びに行けないかもしれません。

そんなわけで 以前撮った写真の中から没にできず出番を待っていたこの鳥を・・・(^^ゞ

雑木林では一番大きな声で とてもにぎやかに鳴いています。

04gabityo_nn

チョ~ン(^^ゞ

鳴き声はこちらから 
小鳥のさえずり
http://midopika.cool.ne.jp/songs/gabi.html   

★ガビチョウでした(^^;

  (4月1日撮影)     

  

                 

ガビチョウは 日本では外来生物法で特定外来生物に指定されています。
在来種の減少が心配されています。
   参考:国立環境研究所ホームページ
    http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/detail/20150.html

   

~~~★~~~★~~~

Fpan3_1_1

先日焼いた 「昔風フランスパン」 久しぶりでした。

材料はフランスパン用の準強力粉と全粒粉、イースト、塩、水、砂糖だけ。バターなど油類は使いません。

イーストも 粉類500gに対し たった2g、ゆっくりじっくり醗酵させます。焼きあがると小麦の良い香りがする美味しいパンです。醗酵時間を長く取るので、時間に余裕のある日でないと このパンはなかなか焼けません。

Fpan3_3 クルミとレーズン入りです。

パルミジャーノの薄切りを添えてみました。

久しぶりでしたが、やっぱり美味しい!

時間をかけただけの事はあるパンです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

オカタツナミソウ&ユウゲショウ

20070514_40kara

今日は いつもより少し早めに林に行って来ました。

シジュウカラは朝の水浴びタイム 
このあとにもう一羽 水浴びしてゆきました、
ペアのようです?(^^)

ヒヨドリもやってきて水浴び
シジュウカラに比べると バシャバシャと大きな水音
をたてていました。   
     

20070514_uguisu

林の中を歩いていたら 近くから
ウグイスのきれいな鳴き声が聞こえてきました。

声のほうに目をやると、
枝から枝へ飛び移る鳥が・・・暗かったけれど
一枚だけ 鳥の姿が写っていました~。

ウグイスかなぁ~(^^ゞ
       

~~~★~~~★~~~

<< 今日 出会った花 >>

20070514_okatatsunami_3

★オカタツナミソウ(シソ科)多年草

フタリシズカと同じ場所に咲いていました。

コバノタツナミよりも背丈が高く 
30cmくらいはあったでしょうか。

学名  Scutellaria bracyspica Nakai et Hara
       

20070514_yugesyou

★ユウゲショウ アカバナ科 
  (別名 アカバナユウゲショウ)

可愛いお花でしたが、帰化植物だそうです。

   

   コゲラの巣 今日も静かでした・・・。   

| | コメント (12) | トラックバック (1)

血液サラサラ生活♪

新タマネギ20070513_2 今年も兄夫婦から届きました。ありがとう~。
写真ではわからないけれど、1玉がとっても大きいです。

早速 お昼にいただきました。

スライスしてから20分くらいおくと良い(血液サラサラ効果がアップする)そうなので、まず最初にタマネギをスライスしてから他の料理に取り掛かるべし・・・ですね。

20070513

先日作った三杯酢があったので、

+オリーブオイル+クレイジーソルトで・・・サラダ風にしました。

三杯酢 
酢 1/3カップ、砂糖大さじ 1、塩 小さじ1/3、
うすくち醤油 小さじ1/3(又は濃い口醤油少々)

そして夜には 薄切りの豚肩ロースをさっと湯通しし、味噌マヨネーズであえていただきました。こちらも美味しかったです。(後ほどあっとレシピにupの予定)
    ★追記 レシピ5/14にアップしました。
    http://zucca.way-nifty.com/piatti/2007/05/post.html

去年の日記はこちらに。新タマネギのレシピもあります。
http://zucca.way-nifty.com/ciao/2006/05/post_c761.html

~~~★~~~★~~~

今月散歩中にあった花たちをいくつか載せました。

20070512名前 不明 検索中です。
                        └ヒメフウロ と判明。
                          sasama_teaさん、ありがとうございました。

20070512_5タツナミソウ

2007054ホタルカズラ

200705チョウジソウ

詳しい場所などは 内緒です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

エナガの幼鳥

Sa20070512_027 コゲラの巣を偵察に行って、

久しぶりにエナガの群れに

合いました~(*^。^*)

木の茂みの中に何羽かいたので、

雛がいたらよいなと写真を撮って帰ったら・・・

やっぱり(^_^)v

目の周りが赤いのはエナガの雛の特徴のようです。

巣立ちは見逃しちゃったけど、雛にあえて良かった~。

 ↓ こちらは成鳥。雛のほうが大きく見えますね。子育てでやつれた?

20070512_020

~~~☆~~~☆~~~

★コゲラの巣は まだ静かでした。往きと帰りにちょっと見ただけなので、じっと観察しないとどういう状態とはいえませんが、時間が無かったのでゴメン・・・(^^ゞ

続きを読む "エナガの幼鳥"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

アサギマダラ 渡りをする蝶

20070507_cho

午後 花を見に出かけた公園で 

はらはらひらひら ゆっくり優雅に舞っていた蝶

羽に茶色が入っていて、初めてみる蝶のような気がします。

帰ってからネット検索したら

「アサギマダラ(♂)」であることがわかりました。 

アサギマダラは長距離の渡りをする蝶で、移動ルート解明のためマーキング調査なども行なわれているようです。

以前テレビで放送されたのを見ていましたが、まさか自分がアサギマダラに出会うなんて思ってもいなかったので、とても感激しています。

★アサギマダラ・マーカーの広場
 http://www.asagi-org.jp/xoops2/

追記 2007.05.08
こちらのHPには 2004年以前の春の北上の記録などが載っています。
★アサギマダラの移動調査ネット
 http://www2h.biglobe.ne.jp/~pen/asaginet000.htm

| | コメント (20) | トラックバック (0)

リスと小鳥と桜ジェラート 5/4

ゴールデンウィーク後半 良いお天気が続きました。そんな陽気に誘われて井の頭公園(東京)に行ってきました。

5/4はみどりの日(祭日)で 公園内の動物園の入場料が無料との事、ラッキー(^_^)v

園内は小鳥や小動物のケージがあって、沢山の小鳥たちを見ることが出来ました。

オオルリ、アカゲラ、アオゲラ、キビタキ、ベニマシコ、カシラダカ、ヒガラ、イカル・・・そして スズメも小鳥のケージにいました(^0_0^)

25℃をこえる夏日とあって、動物たちはグッタリ&まったり~。

0504_029

0504_01

0504_02

0504_018_1

この放し飼いのゴイサギは 違っていました。

池の中の小魚を狙って、視線はずっと池の中に・・・。

小魚たちも良くしたもので、ゴイサギの近くまで行ってはUターン。なかなかゲットできません。

ゴイサギは池の中に足を踏み入れず、魚が近くまで来るのをジッと待っています。待ちくたびれて生唾を飲み込んだり、池の水を飲んだり。

こちらも待ちくたびれて その場を離れましたが、そのあとどうだったのかな。

続きを読む "リスと小鳥と桜ジェラート 5/4"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

コウゾ から 煙モワッ?

0502_1

きのう(5/2)午前中 ちょっと時間があったので、林へ行ってきました。

鶯やシジュウカラの鳴き声が良く聞こえてきて、とても気持ちよい。

池に着いて 鳴き声にうっとりしていたら、池の中央あたりを横切るブルーの鳥が・・・アーッ カワセミ!

でも 目で追うのが精一杯・・・また現れないかと、池の方に目を向けていると 時々 白い煙がホワッ ホワッ と・・・。

近くに誰もいないのにタバコの煙?・・・おかしい、なんだろうこの煙は・・・・良く見ると、前にあるコウゾの木から出ているようです。

調べてみたら、白い煙の正体は「コウゾの花粉」でした。

”満開時には微風で白い花粉が飛ぶ”のだそうです。 (写真をクリックして見てください。中央部分に煙がモワッと・・・) 

(参考HP: http://www2.odn.ne.jp/~had26900/wild_plant/wp2_f/kouzo.htm

続きを読む "コウゾ から 煙モワッ?"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

布ぞうり

きょうから5月。鮮やかな緑よ~・・・そんな唱歌をふと思い出しました。いまは若葉の美しい季節ですね~。

作りかけの布ぞうり 鼻緒をつけて3つ完成しました。

3足でぞうりが6個あるわけですが、大きさ・形 みんな不ぞろいで見事というほかない・・・まさしく手作りの良さ「オンリーワン」の布ぞうり。

(すごい開き直りです・・・(^^ゞ)

S0501_007 0501_005 0501_017_1真ん中のピンクのぞうりは、先日ブログに載せた物を、鼻緒だけ挿げ替えました。

ねじり鼻緒なので、少し線が細いですが、実際履いて見ると涼しげです。

ここのところ いくつかぞうりを作ったので、そろそろ生地もなくなりそうです。

これからは ぞうり用に格安生地を探さなくては・・・50円/m の生地 こっちにも売ってないかな(^^ゞ

~~~☆~~~☆~~~

追:布ぞうり関連記事です。

 ☆「布ぞうり」のカテゴリー↓ もあります。
  http://zucca.way-nifty.com/ciao/cat4425114/index.html

 ☆作り方は↓(参考程度ですが・・・(^^ゞ)
  http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/10/zouri.html
  http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/10/how_to_2.html

  ☆作業台は↓(台は ご希望の方にお作りしています。)
   http://zucca.way-nifty.com/ciao/nunozouri_dai.html

~~~☆~~~☆~~~  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

林から 4/29

0429_002

先週は 鳥見の相方が多忙で、林には行けませんでした。

4/28に林に行ったら、着いたとたんに雨。
翌29日 お天気も良く絶好の散歩日和で巣の様子を見る事ができましたが、
あんなに大勢いたカメラマンが・・・いません。
写真は エナガの巣ですが、頻繁にえさを運んでいたエナガの親鳥も見られませんでした。

巣の周りは静かでした。双眼鏡で覗いたら 巣の上のところに小鳥の羽がひとつ 残っていました。アーア きっと巣立ってしまったのに違いない、と~っても残念です。

コゲラの巣も静かですが、コゲラが入ってゆくのを一度だけ見ましたので、「抱卵中」と思われます。

0429_042

林は 若葉もだいぶ茂ってきて

見通しがきかなくなってきましたね。

0429_033

今 林の中の小屋で炭焼きをしています。

モクモク立ち上る白い煙と一緒に 

薪の燃える懐かしいにおいもしてきます。

    

林の中では白いお花がひっそり咲いていました。

左:マユミやコマユミに似ているお花ですが、
  名前はツリバナ検索中です。(sasama_teaさんに教えていただきました。)
      
中:ホウチャクソウ
右:アマドコロ(茎を触ったら角ばっていたので)

0429_036

0429_013 0429_054 

0429_020

亀も甲羅干し 

狭くたって負けないぞ!

(写真は 4/29撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »