« シジュウカラの給餌♪ | トップページ | タイリントキソウ »

林から 4/20

今週は月曜からさえないお天気が続き、やっとよいお天気になりましたね~。

コゲラの巣はあれからどうなったかと期待して、林の散歩に行って来ました。

0420_012a

コゲラの巣 きょうは静かでした。

巣を見ていた時間は数分だけだったので、コゲラの姿を見られないのも無理ありませんが、

巣の中にいて抱卵中なのかどうか、気になりますね。

ちなみにOtomiさんのコゲラ観察記録によると 抱卵約2週間で雛が孵るようです。   

0420_036a

 きょうはもうひとつ新しい巣を見つけました。

親鳥がさかんに巣に近寄ってはまたどこかへ
飛んでゆくなど、忙しそうな様子、
こちらはすでに雛がかえっているのではと思われます。

さて この巣はいったい何鳥の巣でしょう。
ヒント・・・抱卵中は尾が曲がったりすることもあります。

答えは下の写真 何番の何鳥 でしょう。
( 易しすぎたでしょうか、すみません(^^ゞ ) 

    ①               ②                ③
0420_028a0420_015a0420_013a

林の中は芽吹いた木々の花など眼をひくものがありました。

0420_002a

★イチリンソウ

アズマイチゲ(3/28の日記)のあった林床 
きょうはイチリンソウが咲いていました。
陽を浴びて 白い花がまぶしい。
一輪草  キンポウゲ科  学名:Anemone nikoensis  
別名:イチゲソウ(一華草),ウラベニイチゲ(裏紅一華)
多年草 

0420_037aa

★コバノガマズミ(スイカズラ科)  山野に生える落葉低木

ガマズミより1ヶ月ほど早く花をつけるそうです。

ガマズミの開花はまだ先なので、
これはコバノガマズミかも?

0420_008

★コウゾ(楮) クワ科 別名:ヒメコウゾ(姫楮) 花期:春  
学名:Broussonetia kazinoki

樹皮が非常に強いので,和紙の原料になるのですね。 

雌雄同株、雄花序は集まって枝の基部に腋生し,雌花序は球形で上部の葉腋につき,長い糸状の花柱が周りに伸びています。

0420_001

これは 名前がわかりませんので、調査中。
枝についた球状の緑色のものは 何なのか
興味が沸いたので、写真載せました。
  ↓
”緑色の球体は、虫こぶ(「虫えい、ちゅうえい」ともいいます)。
「ナラハマダラケタマフシ」?”
詳しくはsasama_teaさんのコメントにあります。

植物名など参考HP:植物園へようこそ! 
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html

|

« シジュウカラの給餌♪ | トップページ | タイリントキソウ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

鳥の巣は3ですか? こんな感じだったような。

ニリンソウの花を見たさに2週続けて同じ場所へ出向くも、
暖かくならないのが原因か、先週も花はありませんでした。
今度こそ、と意気込みながら、また行って来ます。

妙な緑色の球体は、虫こぶ(「虫えい、ちゅうえい」ともいいます)ですよ。
検索で調べてみましたが「ナラハマダラケタマフシ」かな?
ハチの一種が取り付いて、植物体内で活動するときに分泌するタンパク質などに反応すると、
植物体の一部があのように異常生長(変形)するみたいです。
自然の不思議な仕組みです。

投稿: sasama_tea | 2007年4月21日 (土) 03:02

おはようございます。
やっと好いお天気になったのにこちらはもう下り坂です。
何とかの心と春の空、変わりやすいようですね。
さて、クイズはzuccaさんのファンならすぐ判りますよ(^.^)

イチリンソウ、可愛い花ですね。
この時期の野草はひっそりと名前も優雅ですね。

投稿: シマのママ | 2007年4月21日 (土) 09:29

sasama_teaさん、こんにちは。
鳥の巣 正解です。エナガの巣ご覧になったことあるのですか?
私もお友達のブログで見せていただきました。
きょうはとても暖か、ニリンソウ 咲き出してくれると良いですね。
ここにはヒトリシヅカなども待機中でした。

緑色の球体は 虫こぶ ですか、ありがとうございます。
ずいぶんきれいな色です。
これは 中から何か出てくるとかじゃないですよね。
不思議がいっぱいです。(勉強不足を棚に上げて (^^ゞ )

投稿: zucca | 2007年4月21日 (土) 10:42

シマのママさん、こんにちは。
お天気 もう下り坂ですか、春の空は「女ごごろ」ではなくて「男ごころ」だと言う説もありますよね。
巣名クイズ クイズにならなかった?
小さい身体なのに、しっかりした巣を作りますよね。感心します。
巣の出入り口は反対側なので、エナガの姿は撮れませんでした。
反対側のポイントには三脚に一眼レフのカメラマンさんが大勢いらしてて、シャッターチャンスを待ってる様子。
折りたたみの椅子なども準備されて、意気込みが違います。

イチリンソウ 可愛いお花でした。近くにはこれまた優雅な名前のヒトリシヅカも・・・あと少しで咲きそうでした。

投稿: zucca | 2007年4月21日 (土) 10:48

私も昨日(20日)コゲラの巣穴見に行ってきました♪
コツコツ巣穴を作ってるとわかるけど、みんなお留守だか抱卵中だかわかりませんネ
近くでは、コゲラのさえずりは聞こえても、雛の声はまだわかりませんでした。
2週間ですネ♪
また、ちょこちょこ覗きに行こう~(^o^)丿
 
三ツ又の枝を見かけると、見上げているのですが、まだ私にはエナガの巣は見つけられません。
観覧者が多そうですネ
zuccaさんも、是非雛の写真頑張って~♪

投稿: orenge | 2007年4月22日 (日) 00:09

orangeさん、おはようございます。
コゲラの巣 気になりますね~。
巣の周りが静かだと様子がわかりませんけれど、抱卵中を期待したいですね。
私も ちょこちょこ覗きに行ってみま~巣(^^ゞ

エナガの巣 大勢のカメラマンがいらしたので、わかりました。
だいぶ上のほうに作っていましたので、
雛の写真 私のデジカメではかなり難しそうだけれど、
がんばって見ますね~。

投稿: zucca | 2007年4月22日 (日) 08:54

ふふふ・・・zuccaさんのブログをずっと見せていただいていれば簡単にわかってしまいます。(ヒントでね!)
この巣は木の葉がしっかり茂っていて安全そうな場所にありますね。
なんだかホッとします。
ぜひ元気な雛を無事に巣立たせて欲しいですね。

林の中は花もいろいろで楽しいですね。
コウゾの花というのは初めて見せていただきました。
なんだかきれいな色のウニが木についているみたい♪
枝の根元についている丸っこいのが雄花なのですね。
コウゾの実は美味しいのだそうですね。私も探してみよう!(実がなるまでに・・・)

投稿: misao | 2007年4月22日 (日) 22:50

misaoさん、おはようございます。
問題 ちょっと易しすぎましたね。
尾羽が曲がって のヒントでわかるようになったのは、
misaoさんのおかげもありますよ。

エナガたち しっかりした巣を作りますね!
そして子育てころには ちゃんと葉も茂ってきて、より安全になるのですね。
こちらの巣では、エナガの往来が頻繁でしたから、雛がかえっていると思います。無事巣立ちを迎えて欲しいですね。巣立っても危険がいっぱいだけど・・・。

コウゾの花 私も初めて見ました。
>きれいな色のウニ
プップッ 言い得てますよ~(笑)
実は食べられるの? 私も木の場所を覚えておかなくちゃ・・・って、どの辺だったかなぁ。
生で食べるの?ゆでないといけないの?

投稿: zucca | 2007年4月23日 (月) 09:58

コゲラの巣にエナガの巣。子育て観察がいろいろできる楽しい林ですね。こちらのエナガさんの巣は茂った葉に隠れていて、安全そうです。無事に雛が孵りますように!
林の中では、いろいろな花がどんどん咲いていますね。こうぞの花も面白い花ですね。misaoさんのコメントによると、実がおいしいのですね。桑の実みたいなのかしら。実がなったらまた見せてくださいね。
大きな虫こぶですね。聞いたことがありますが、また、sasama_teaさんのコメントで勉強させていただきました。まるで、実がなっているみたいです。割ってみたい気がしますが、幼虫がうじゃうじゃ出てきたらちょっといやかな。

投稿: ジュリジュリ | 2007年4月23日 (月) 21:14

ジュリジュリさん、こんばんは。
久しぶり。
小鳥たち 子育てに忙しそうです。
無事に雛が巣立ってくれますように・・・お祈りするしかないですね。
こうぞの花 ウニのようで面白いですよね。
実は5月ごろだそうですから、待っててね。
虫こぶ きれいでしょ、何かの実みたいに見えました。

>割ってみたい気が・・
私はパス。でもちょっと興味ありますね、中はどんな なのかな?

投稿: zucca | 2007年4月23日 (月) 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/14787329

この記事へのトラックバック一覧です: 林から 4/20:

« シジュウカラの給餌♪ | トップページ | タイリントキソウ »