« 緑色のキツツキ「アオゲラ」とヒメシャクナゲ 3/26 | トップページ | エナガ巣作り&液晶真っ暗 »

アズマイチゲとルリタテハ

先日は曇天で花が閉じていたアズマイチゲでしたが、

きょうは陽射しもあって暖かだったので、きっとお花も咲いてるはず・・・と、花を見に出かけました。

0328azuma

0328azumaichige

まだ花の少ない林床に 
白いお花がひときわ輝いていました。 

(写真は2枚とも
先日写したのと同じ株です。)

   

     

アズマイチゲのとなりには山菜も顔を出していました。

0328sansai

~~~★~~~★~~~

成蝶で越冬するルリタテハ(学名 Osmunda japonica Thunb  )
                       └ゼンマイの学名でした(^^;すみません

カワセミの池の前をひらひら飛んでいました。きょうもカワセミ君はいませんでした。遠出しているのかもね。

★ルリタテハ

Cho_yoko5

Cho4

ウィキペディアより

日本に生息するルリタテハのうち、トカラ列島以南の南西諸島のものは南西諸島亜種 K. c. ishima (Fruhstorfer, 1899)、種子島・屋久島以北のものは本土亜種 K. c. no-japonicum (Von Siebold, 1824) として分類されている。なお、本土亜種はシーボルトによって命名されたもので、"no-japonicum" は「日本語の『ノ』の字」という意味がある。これは水色の帯模様が緩やかな曲線を描き、文字通り「ノ」の字となることに由来する。

|

« 緑色のキツツキ「アオゲラ」とヒメシャクナゲ 3/26 | トップページ | エナガ巣作り&液晶真っ暗 »

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

直前の記事に対して書き忘れたことがありまして、
またやって来ました。

リンドウの花は、太陽光が当たっているときにだけ
開く性質があります。
つまり、曇の日や、夕方には閉じてしまいます。

この性質が、何を根拠にしているのかを知るため、
ある実験をしてみました。
太陽光のどの要素の反応しているか?
曇天時の室内で、赤外線ヒーターの近くに置いてみると、
その光に反応して花が開いたのでした。
そうです、暖かい光に当たって初めて開くのですね。

最近気づいたのですが、実はタンポポも同じ性質を持っていました。
暇なときにでも、試してください。


それと、ルリタテハのことはWikipediaに書かれていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%8F
へぇ~、という内容でしたので、ご自分の目で確認してみてください。

アズマイチゲは見つかりませんが、
ニリンソウの開花を待っているところです。
芽出しは確認したのですが、
「さて、暖冬の影響で開花がずれるのか?」
と、出動時期を窺っています。

投稿: sasama_tea | 2007年3月29日 (木) 00:46

おはようございます。
咲いてますねアズマイチゲの花。
空に向かってぱっと手を上げているような感じ。
春らしさが増して元気になってる(^o^)丿

カワセミには逢えずに、ルリタテハですね。
カワセミの翡翠色と今度は瑠璃色で、和の色関連ですね。
どちらも綺麗な色ですね、ゆびぬきを思いだしました(^.^)

投稿: シマのママ | 2007年3月29日 (木) 10:11

Sasama_teaさん、こんにちは。
ルリタテハの学名 間違って直前記事のゼンマイの学名を載せていました。(^^;
お気遣いいただきありがとうございました。
Wikipediaのページ 面白かったです。
シーボルトが名付け親になっているものもあるのですね。あとで加筆しておきましょう。

リンドウの花 夕方ではダメなんですね、暖かい光が必要なんですね~・・・アズマイチゲも同じみたいです。
オオイヌノフグリも夕方には花を閉じますが、これもそうなのかしら?チューリップも・・・他にもいっぱい 夕方に閉じてしまう花ありますね。
Sasama_teaさん、いろいろな花で試して、また教えてください。

二輪草も白い可憐なお花、春の野草 楽しみですね。やはり暖かな光が必要なのでしょうか?
晴れた日にお出かけされたほうが良さそうですね。

投稿: zucca | 2007年3月29日 (木) 15:35

シマのママさん、こんにちは。
アズマイチゲ お昼過ぎに見に出かけたら 咲いていました。
花の直径3センチくらい ホントだね、手を広げてるように見えますね♪
暖かな光を浴びて パッと開きました。
白がまぶしい。

カワセミの替わりに瑠璃色の蝶・・・全然意識せずにいましたが、言われてみればなるほどです。
さすがシマのママさん、 目の付け所がグッドです。
ゆびぬき しばらくかがっていませんけれど、シマのママさんは?
もう少しで編物終わりそうです。
ゆびぬきも作りたいけれど、ぞうりがくたびれてきたので、まず布ぞうり作ろうかな・・・と、思っています。

投稿: zucca | 2007年3月29日 (木) 15:41

アズマイチゲ、咲くとこんな可憐でかわいいお花なんですネ
小さそう~♪
野草も、いろいろお目覚めで散歩も楽しくなりますネ
上を見て、下を見て・・・いそがしいお散歩になりそう~♪
アオゲラもペアで見られたの~?
すごいなぁ~
私はやっとモズに出会いました♪

投稿: orenge | 2007年3月29日 (木) 17:36

orengeさん、こんばんは。
アズマイチゲ 可愛いでしょう~。
花の直径は3センチくらい、可憐で清楚で 素敵でした。
キランソウも咲いてましたし、スミレもいっぱい咲いていますね。
上見たり下見たり そう!お散歩忙しいですよね~。

アオゲラ すごいでしょ、ペアでいましたよっ!
orengeさんはモズに合われたのですか。
きのう モズは見かけなかったけど、どうしているかしら。
ペアたち 気になりますね。

投稿: zucca | 2007年3月29日 (木) 20:25

アズマイチゲ、こちらではなかなか見られません。可愛い綺麗な花ですね。
ルリタテハもこちらではなかなか見られません。水色の鮮やかな帯模様が綺麗で、印象的です。

投稿: ぴょんぴょん | 2007年3月30日 (金) 11:32

アズマイチゲ、真っ白でかわいい花ですね。葉が柔らかそうに垂れて、はかなげな感じ。はかなげって、なぜか憧れちゃうのです。
山菜おいしそうだけど、やたらに取れないですよね。
ルリタテハの青がきれい~。WIkipediaを見に行ってきました。学名の「ノ-ジャポニカ」カタカタのノの字に見たてたなんて、笑っちゃいますね。素敵な言葉を入れてくれればいいのにね。ところで、羽を閉じていると、蛾と間違えちゃいそうです。探してみたいので、内側と外側両方載せてくれてとても参考になります。柳なら、見つかりそうだし、こっちにもいるかも。

投稿: ジュリジュリ | 2007年3月30日 (金) 13:38

ぴょんぴょんさん、こんばんは。

アズマイチゲもルリタテハも初めて見ました(^^)
アズマイチゲは 落葉樹林の林縁や草原、山麓の土手などで見られるそうですよ。
ぴょんぴょんさんの近くの林の落ち葉から顔を出しているかもしれませんね。

ルリタテハは北海道南部以南で見られるそうです。
羽根を閉じてると枯葉のようで、気づきませんけれど、あえると良いですね!

投稿: zucca | 2007年3月30日 (金) 20:52

ジュリジュリさん、こんばんは。

アズマイチゲ 素敵なお花でした。
“はかなげって、なぜか憧れちゃう”・・・ふふふ、私には無縁の言葉ですね~、一度でいいから言われてみたいものです。(^^ゞ

山菜 ポキッと手折って持ち帰りたかったけれど、公園内ではだめですよね、ぐっとこらえました。(^^ゞ あく抜きも大変そうですし・・・。
ルリタテハの学名 ノ-ジャポニカの 「ノ」・・羽根の帯模様がノの字ようだからって、シーボルトさん、シンプルな名前の付け方ですね。
羽を閉じたところ シブイです、蝶じゃないみたいです。
ジュリジュリさんのほうも公園いっぱいあるし、見られるでしょう。
見られると良いですね。

投稿: zucca | 2007年3月30日 (金) 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/14437149

この記事へのトラックバック一覧です: アズマイチゲとルリタテハ:

« 緑色のキツツキ「アオゲラ」とヒメシャクナゲ 3/26 | トップページ | エナガ巣作り&液晶真っ暗 »