« 雛の季節 シジュウカラ | トップページ | 丹沢 5/20 »

雑木林から 5/20

20060520park_016

風は強いけれど久しぶりに良いお天気になったので、
午前中 雑木林へ行ってきました。

昨日の雨で入り口の上り坂が滑りやすくなっていて、足をとられながら急な坂道を登り、鮎の道と呼ばれる小道へ。

鮎の道は緑も濃くなって 野草の草丈もだいぶ伸びていました。

今日の収穫は 

  • フタリシズカ にあえた事、タツナミソウもありました。
       
  • 空には絹雲のような薄い雲が広がっていて、時々見上げて楽しんでいましたが、太陽の近くに雲が進んでいって、ピンクやブルーの色が雲の中に見えました。
  • これって「彩雲」ですよね?
       
  • メジロを見かけたこと(写真はボケちゃった)
    シジュウカラ・ウグイス・ガビチョウ・ヒヨドリ声はすれども・・・姿はサッパリでした。
    シジュウカラの雛の鳴き声も聞こえてました~♪
       
  • それと 落ち葉でふかふかの散歩道で、苦手な両生類に出くわした事。
    夫は 私の少し先を歩いていましたが、ふり返るや否や、急いでこちらに戻ってきたので、何事?と思ったら、

    「蛇が出た~、アオダイショウ、茂みの中へUターンしていった~~~。あ~ぁ今夜夢に出てきそうだなー」と、ショックだった様子。
    前回は大スズメバチも見てしまったし・・・。

フタリシズカ    タツナミソウ       ?     スミレサイシン?  散策道
20060520park_02520060520park_02820060520park_07620060520park_01220060520park_053

  エゴノキ      彩雲♪      メジロ健在(写真はボケで、m(_ _)m
20060520park_03720060520park_07420060520park_008 20060520park_020

鮎の道を引き返して 帰路へ・・・。

約2時間半の散策でした。

   

   

~*~*~*~

写真に色がないので少し色のある写真も載せましょう。

道の途中の人家で クレマチスがきれいに咲いていました。道路沿いには ムラサキツメクサ アメリカフウロフウ そして、公園内で見られた注意看板何時も「トカゲ」と間違えちゃう
20060520park_009 20060520park_084 20060520park_085 20060520park_086

フタリシズカ センリョウ科 チャラン属
二本の花が付くので「二人静」。
「一人静」「三人静」「四人静」・・もあるそうです。

|

« 雛の季節 シジュウカラ | トップページ | 丹沢 5/20 »

自然」カテゴリの記事

コメント

zuccaさん、こんばんは。
今日は久しぶりに良いお天気になりましたよね~♪
緑いっぱいの雑木林、気持ちよい空気が流れてきそう!
『彩雲』、あ、ほんとだ、きれいな色!
『?』は、オオバコかな?
アオダイショウ・・・これはきゃー!ですね!
(なんと我が家の庭でトグロを巻いていた事もあるんです・・・)

こちらは夕方から急に強い雨でしたが、zuccaさんは雨に合いませんでしたか?

投稿: ぴよ | 2006年5月20日 (土) 19:25

こんばんわ。
雨に洗われて緑がまばゆいですね。
えごの木の花、私も見ました。
初め、卯の花と勘違いしてましたが(^^ゞ
タツナミ草の隣は、オオバコではないでしょうか?
お散歩はいいけれど、爬虫類は嫌ですね。

投稿: シマのママ | 2006年5月20日 (土) 19:25

ぴよさん、こんばんは。
久しぶりに良いお天気でしたね~。ぴよさんもお散歩に行かれたみたいですね~。
彩雲 きれいでしょう~。
太陽の近くにうすい雲がある時に、気を付けて見ていると、雲がこんな風に見えることがあります。
今日の雲も 薄い雲だったので、もしかして・・・と思ったら、やはり彩雲を見ることが出来ました。でもしばらくは目がチカチカしてましたけれど。


>『?』は、オオバコかな?
今調べたら エゾオオバコ のようです。ありがとう。オオバコで小さい頃遊んだことがあるようなきがしますが・・・。

蛇がぴよさんちの庭でとぐろを・・・こわい!
アオダイショウは(あとで分ったのですが)毒は無いそうなので、良かったです。

雨は大丈夫でした。早めに戻りましたので。
ご心配いただきありがとうございます。

雨の後 涼しくなって良かったですね~。

投稿: zucca | 2006年5月20日 (土) 21:20

シマのママさん、こんばんは~。
エゴノ木 シマのママさんのところも今日写真がありましたね~。散歩から帰って、名前を調べて・・・。
お勉強になります(^^ゞ

>タツナミ草の隣は、オオバコではないでしょうか?
ぴよさんとシマのママさんに教えていただいたので、先ほど調べてみましたら、「エゾオオバコ」というらしいです。ありがとう。

私は見なかったので良かったけれど、いるんですね~蛇。
これからは気楽に散歩も出来ないわ~、おっかなびっくり歩く事になりそう~(^^ゞ

投稿: zucca | 2006年5月20日 (土) 21:33

緑がどんどん濃くなって、散策をしていてもうっすらと汗をかく季節になってきますね。
『トゲに注意』って、いったい何のトゲがあるのですか?
ノイバラでも咲いているのでしょうか?

オオバコ、私も子供の頃遊びました。
花穂のついた茎で引っ張りあいをして、切れてしまったほうが負け。
あれで勝つコツは『決して引っ張らないこと』でした。
今度試してください。

投稿: misao | 2006年5月20日 (土) 21:54

雑木林の道というのは
とっても落ち着きますね。
そのなかで、マイナスイオンを
もらいながら
野草を見られるのですから
最高です。^^

投稿: ブリズ | 2006年5月20日 (土) 22:20

ZUCCAさん 真夜中にお邪魔しま~す。
おおばこ懐かしいですね。畦道にあったのは葉の輪郭がはっきりして(フリルがなくて)いたような・・・。
また種類の違うオオバコでなのでしょうか?
庭で咲いたタツナミソウも十二単衣も園芸種らしいです。元は野生かしら?
ZUCCAさんの写真のは逞しくて太陽の向かって背を伸ばしている感じですね!

投稿: Kayosan | 2006年5月21日 (日) 00:45

なんと、発熱と背中痛で臥せっていました。ようやく
開いた「雑木林」の鮎の道に元気づけてもらいました。写真を眺め、深呼吸して、この道を歩いている
つもりになります。フタリシズカもタツナミソウも
素敵! 緑の息吹と鳥たちの声が伝わるようです。

投稿: nekozizou | 2006年5月21日 (日) 09:13

misaoさん、こんにちは~。
林の中は日陰が多いのでヒンヤリして気持ちよいですが、ちょっと林を出ると、やはり暑く感じる季節になりましたね。
トゲって、何のトゲなのか・・・あたりを良く見回したことなくて、「なんでここに看板があるの?」と言う感じ。
でも林の下草にも野イバラガあちこちにありますから、きっと「野イバラ」の事を言っているのでしょう。
オオバコの茎でで引っ張り合いの遊び・・ソウソウその遊びです。♪
コツを教えてしまって良いの~、「決して引っ張らない事」了解で~す。今度やってみます。
コツを伝授してくださって、ありがとう。
ポッキーで遊ぶのに似てませんか?
ポッキーの両端を持って折りっこするの、長く残っているほうが勝ちなんだけれど、これも力を入れないほうが勝ちますよね~。

投稿: zucca | 2006年5月21日 (日) 16:51

ブリズさん、こんにちは~。
雑木林の中を歩いていると、何故かリラックスできて、気持ちよい空間です。
マイナスイオンいっぱいなのですね~。
野草も行く度に違う表情になっているので、また新しい発見もあります。
そういえばカタクリの種(実)がはじけて、外側の皮だけ残っていました。花を咲かせるまで8年かかるそうですね~♪

投稿: zucca | 2006年5月21日 (日) 16:58

kayosanさん こんにちは~。
ずいぶん夜更かし・・・私はちょうどこの頃に寝ました。
オオバコも子供の頃 遊びましたね。懐かしいです。
オオバコ もう一度調べてみました。
前回はOnline植物アルバムで、今回は「植物園へようこそ!」で・・・これはエゾオオバコではなくて、やはり普通のオオバコかもしれません。
オオバコ科でも 15種類くらい○○オオバコというのがありましたよ~。(^^;
タツナミソウも十二単も園芸種だったの?
どなたかにいただいたのかしら?
私のところにも鉢で頂いたタツナミソウがありますよ。
写真のタツナミソウは斜面の草地に自生していました。自生しているのは初めて見ました。
のびのびして見えますよね~。

投稿: zucca | 2006年5月21日 (日) 17:21

nekozizouさん、こんにちは~。
お身体の具合 大丈夫ですか?
こうしてコメントくださったということは、快方に向かっていると言うことでしょうか。大事になさってくださいね。
林の緑は目にも優しいですよね。
林や野草の写真が、少しでもお役に立てば幸いです。
嬉しいひと言を、ありがとう~。
でもくれぐれも無理なさらずに、お大事に。

投稿: zucca | 2006年5月21日 (日) 17:27

zuccaさん、こんばんは
この時期、緑が生い茂り、小鳥の姿を見つけるのはなかなか難しくなってきました。
わたしも今日、観察の森を歩いてきたのですが、小鳥達の声はすれども、なかなか姿は見えず・・・それでも、専門の方と一緒でしたので、20種類ほどの鳥を確認することが出来ました。
ふくろう親子がいるということでしたが、よその方のファインダー越しに親鳥を見ることが出来たものの、自分の目では確認できず。雛は声だけ、聞くことが出来ました。あとで、巣立ちの瞬間の映像を見せていただいたのですが、巣立ちというよりは、巣落ちでした(笑)

青大将がいるということは、餌になる動物もいるということ、つまりその雑木林がとても豊かである証です。いつまでもそういう場所が残っていて欲しいですね。

投稿: kyara-mama | 2006年5月21日 (日) 23:50

kyara-mamaさん、おはようございます。
観察の森で20種類もの野鳥を確認する事が出来たのですね~、20種類とはすごい♪ 良かったですね~。
ふくろうも生息しているなんて、素敵な森ですね~。

青大将・・・とても大きかったそうです。
あまりお目にかかりたくはありませんが、豊かな環境であると言う事でなので、「良し」としましょう。
大人になっても怖いものはコワイけれど、これが自然の姿なのよね。

投稿: zucca | 2006年5月22日 (月) 10:17

zuccaさん
沢山の花が咲いていますね。
2列目の一番左の花はシロドウダンツツジですか?
日曜日の六甲でベニドウダンツツジを見ました。

雰囲気と合わない「トゲに注意」の看板は余計な御世話と言いたくなりますね。

投稿: shima | 2006年5月23日 (火) 00:12

shimaさん、おはようございます。
ドウダンツツジはブルーベリーの花に似て愛らしい花ですね。紅ドウダンも六甲の山の中で見たらさらに素敵でしょうね。
2列目左の花 今Online図鑑で再チェックしましたが、ドウダンツツジとはチョッと違うかな~。やはりエゴノキ だと思います。写真が分りにくいかも・・・ゴメンナサイ。

看板はほんとに無粋ですね~、実用一点ばりで。もうチョッと考えたほうが良さそうですね。

投稿: zucca | 2006年5月23日 (火) 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/10153220

この記事へのトラックバック一覧です: 雑木林から 5/20:

« 雛の季節 シジュウカラ | トップページ | 丹沢 5/20 »